藤本 和子 (フジモト カズコ)

Fujimoto, Kazuko

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 社会薬学部門 (芝共立)

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    共立薬科大学, 薬学部

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 共立薬科大学, 論文

  • 薬学, 共立薬科大学, 論文, 2005年

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 1979年06月

  • 臨床検査技師, 1979年12月

  • 認定薬剤師, 2005年02月

  • スポーツファーマシスト, 2010年04月

  • 健康食品管理士, 2012年04月

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • NEO薬学シリーズ11 セルフケアとOTC医薬品

    藤本 和子, ネオメディカル, 2017年03月

    担当範囲: 総論 4 薬剤師のアンチ・ドーピング活動について

  • Basic English Communication Skills for Pharmacistys 薬剤師のための基礎英語コミュニケーション.

    菅家甫子, 中野暖子, 藤本和子., 慶應義塾大学薬学部生涯学習センター, 東京, 2012年02月

    担当範囲: 1-183

  • 慶應義塾大学薬学部 薬剤師継続学習通信講座 第V講座テキスト OTC薬販売のための外国語対応.

    Fujimoto K, Watanabe Y, Nakano H, Maruika H, Ohu A., 慶應義塾大学薬学部 生涯学習センター, 東京, 2011年11月

    担当範囲: 1-120

  • 疾患と薬物治療 第10章 精神疾患.

    鈴木岳之, 藤本和子, 横田恵理子, 井澤早苗., 医歯薬出版, 東京, 2008年05月

    担当範囲: 303-328

  • 通信講座テキスト 第4講座「レセプターと薬の作用機序」.

    鈴木岳之, 藤本和子., 東京/共立薬科大学, 2006年04月

    担当範囲: 1-80

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 検体測定室の未申請薬局における簡易血液検査の普及を阻害する要因の調査-検体測定室の普及・継続に向けた全国調査研究(第2報)-

    宮﨑源生,岩田紘樹,小林典子,藤本和子,吉田加奈,岡﨑光洋,山浦克典

    医療薬学 43 ( 1 ) 34 - 40 2017年01月

    共著, 査読有り

  • 脂質異常症の早期発見における検体測定の有用性および地域住民の病識に関する研究

    岩田紘樹、増尾涼、岡﨑光洋、福本正勝、藤本 和子、小林典子、山浦克典

    35 ( 2 ) 80 - 86 2016年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 検体測定室届出薬局における簡易血液検査の継続を阻害する要因の解明

    吉田 加奈, 岩田 紘樹, 小林 典子, 藤本 和子, 岡崎 光洋, 山浦 克典

    医療薬学 42 ( 7 ) 543 - 548 2016年07月

    共著, 査読有り

  • Methods for estimating causal relationships of adverse events with dietary supplements.

    井出 和希、山田 浩、北川 守、川崎 陽平、武野 由香、松下 久美、加治 正行、藤本 和子、脇 昌子、中島 光好、梅垣 敬三

    BMJ Open (the BMJ Publishing Group Limited.)  5 ( 11 ) 2015;5:e009038. doi:10.1136/bm 2015年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Abstract
    OBJECTIVE:
    Dietary supplement use has increased over past decades, resulting in reports of potentially serious adverse events. The aim of this study was to develop optimised methods to evaluate the causal relationships between adverse events and dietary supplements, and to test these methods using case reports.
    DESIGN:
    Causal relationship assessment using prospectively collected data.
    SETTING AND PARTICIPANTS:
    4 dietary supplement experts, 4 pharmacists and 11 registered dietitians (5 men and 14 women) examined 200 case reports of suspected adverse events using the modified Naranjo scale and the modified Food and Drug Administration (FDA) algorithm.
    PRIMARY OUTCOME MEASURES:
    The distribution of evaluation results was analysed and inter-rater reliability was evaluated for the two modified methods employed using intraclass correlation coefficients (ICC) and Fleiss' κ.
    RESULTS:
    Using these two methods, most of the 200 case reports were categorised as 'lack of information' or 'possible' adverse events. Inter-rater reliability among entire assessors ratings for the two modified methods, based on ICC and Fleiss' κ, were classified as more than substantial (modified Naranjo scale: ICC (95% CI) 0.873 (0.850 to 0.895); Fleiss' κ (95% CI) 0.615 (0.615 to 0.615). Modified FDA algorithm: Fleiss' κ (95% CI) 0.622 (0.622 to 0.622).
    CONCLUSIONS:
    These methods may help to assess the causal relationships between adverse events and dietary supplements. By conducting additional studies of these methods in different populations, researchers can expand the possibilities for the application of our methods.

  • 学習を続ける薬剤師に.

    藤本和子.

    薬剤学 (公益社団法人 日本薬剤学会)  74(4)   235-239 2014年07月

    単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 薬局実務実習におけるセルフメディケーション実習の実施状況と学生のニーズに基づいた事前学習の構築

    大島彩、小林典子、藤本 和子、岩田紘樹、山浦克典

    日本社会薬学会第37年会, 2018年10月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

  • サルコペニアの予防に向けた高齢者の生活指導に活用する薬剤師用情報集の作成

    賀来瑛宏、藤本 和子、小林典子、岩田紘樹、山浦克典

    日本社会薬学会第37年会 (千葉) , 2018年10月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

  • 保険薬局におけるプライバシー保護に対する来局患者の意識および要望

    高橋亮憲、岩田紘樹、藤本 和子、小林典子、山浦克典

    日本社会薬学会第37年会 (千葉) , 2018年10月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

  • 自記式質問紙方式による乾癬患者の患部所見と掻痒との相関性の検討

    里 和也、大石信雄、岩田紘樹、小林典子、藤本 和子、山浦克典

    日本社会薬学会第37年会 (千葉) , 2018年10月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

  • 乳幼児服薬支援ツールの検討 ―乳幼児の服薬指導に対する薬剤師の意識とニーズの調査―

    近藤玖美花、小林典子、藤本 和子、岩田紘樹、山浦克典

    日本社会薬学会第37年会, 2018年10月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(社会薬学)

    2019年度

  • 演習(社会薬学)

    2019年度

  • 卒業研究A

    2019年度

  • 実務実習事前学習5

    2019年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 消費者庁「機能性表示食品制度における臨床試験及び安全性の評価内容の実態把握の検証・調査事業」

    2017年02月
    -
    2017年07月

     概要を見る

    消費者庁に届けられた【機能性表示食品 検証事業】安全性WGで 報告書の作成を行なった

  • 東京都人権擁護委員

    2016年07月
    -
    継続中

     概要を見る

    港区からの人権擁護委員として 東京都人権擁護委員で都民の人権相談を法務局で年間2-3日間、1日7時間都民の相談に応じている。また初年度は感染症委員、2年目からは、研修会委員として人権擁護員の啓発や研修のための研修員を務めている

  • 東京都薬剤師会 ドーピング防止活動 ワーキンググループ

    2011年07月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本災害医療薬剤師学会, 

    2010年09月
    -
    継続中
  • 日本社会薬学会, 

    2009年08月
    -
    継続中
  • 日本薬剤師会, 

    2005年10月
    -
    継続中
  • 日本医療薬学会, 

    2005年07月
    -
    継続中
  • 日本薬理学会, 

    1979年06月
    -
    継続中

全件表示 >>