藤本 和子 (フジモト カズコ)

Fujimoto, Kazuko

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 社会薬学部門 (芝共立)

職名

専任講師

メールアドレス

メールアドレス

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    共立薬科大学, 薬学部

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 共立薬科大学, 論文

  • 薬学, 共立薬科大学, 論文, 2005年

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 1979年06月

  • 臨床検査技師, 1979年12月

  • 認定薬剤師, 2005年02月

  • スポーツファーマシスト, 2010年04月

  • 健康食品管理士, 2012年04月

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • NEO薬学シリーズ11 セルフケアとOTC医薬品

    藤本 和子, ネオメディカル, 2017年03月

    担当範囲: 総論 4 薬剤師のアンチ・ドーピング活動について

  • Basic English Communication Skills for Pharmacistys 薬剤師のための基礎英語コミュニケーション.

    菅家甫子, 中野暖子, 藤本和子., 慶應義塾大学薬学部生涯学習センター, 東京, 2012年02月

    担当範囲: 1-183

  • 慶應義塾大学薬学部 薬剤師継続学習通信講座 第V講座テキスト OTC薬販売のための外国語対応.

    Fujimoto K, Watanabe Y, Nakano H, Maruika H, Ohu A., 慶應義塾大学薬学部 生涯学習センター, 東京, 2011年11月

    担当範囲: 1-120

  • 疾患と薬物治療 第10章 精神疾患.

    鈴木岳之, 藤本和子, 横田恵理子, 井澤早苗., 医歯薬出版, 東京, 2008年05月

    担当範囲: 303-328

  • 通信講座テキスト 第4講座「レセプターと薬の作用機序」.

    鈴木岳之, 藤本和子., 東京/共立薬科大学, 2006年04月

    担当範囲: 1-80

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A survey on awareness of the "finger-tip unit" and medication guidance for the use of topical steroids among community pharmacists

    Oishi N, Iwata H, Kobayashi N, Fujimoto K, Yamaura K

    Drug discoveries & therapeutics 13 ( 3 ) 128 - 132 2019年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1881-784X

     概要を見る

    Atopic dermatitis (AD) is a common chronic, pruritic inflammatory skin condition. AD is most commonly treated with topical corticosteroids, and the finger-tip unit (FTU) should be used as a guideline for the amount to be used per application. In this study, we investigated the adequacy of pharmacists' instructions on the amount of topical steroids to be applied and the way in which they enhance the effect of pharmaceutical interventions. A self- administered anonymous questionnaire was distributed using QLifePro to 300 pharmacists working in insurance pharmacies that filled at least one dermatologist's prescription per month on average in Japan. Out of 300 pharmacists, 196 (65.3%) recognized the Japanese Dermatological Association's 2016 guidelines for the treatment AD, 107 (35.6%) gave instructions using the FTU as an index of external dose of topical steroids, 157 (52.3%) explained the amount of steroid application using an index other than FTU, and 61 (38.9% of 157) had inadequately instructed AD patients to apply steroids as a thin layer. Pharmacists who had read the guidelines for AD tended to give an appropriate instruction using FTU as an index of external dose of topical steroids (p < 0.001). We found that many pharmacists in pharmacies gave inadequate instructions on the amount of topical steroid application and deviated from the guidelines for AD, mainly because of inadequate knowledge of the guidelines.

  • Expression of precipitating factors of pruritus found in humans in an imiquimod-induced psoriasis mouse model

    Oishi N., Iwata H., Kambe N., Kobayashi N., Fujimoto K., Sato H., Hisaka A., Ueno K., Yamaura K.

    Heliyon (Heliyon)  5 ( 6 )  2019年06月

    ISSN  24058440

     概要を見る

    © 2019 The Authors Aims: To use a mouse model of imiquimod-induced psoriasis to investigate the relationship between pruritus and mast cells, nerve growth factor (NGF) and endogenous pruritogenic peptides, which are highly expressed in the skin of psoriasis patients. Main methods: We developed a mouse model of imiquimod-induced psoriasis and measured the frequency and duration of the model animals’ self-scratching behavior using the SCLABA®-Real real-time scratch counting system. We then harvested the ears and subjected them to toluidine blue staining and real-time PCR. Key findings: Topical application of imiquimod increased the Psoriasis Area and Severity Index score as well as the frequency and duration of self-scratching. Regarding internal factors, increases in mast cells number and mRNA expression of NGF and endogenous pruritogenic peptide precursor were confirmed. Significance: Self-scratching behavior is accompanied by increased number of mast cells and expression of NGF and endogenous pruritogenic peptides in our imiquimod-induced psoriasis model. The expression of these factors was consistent with the features in patients with pruritic psoriasis, suggesting that our model reflects at least some of the precipitating factors of pruritus found in humans.

  • 検体測定室の未申請薬局における簡易血液検査の普及を阻害する要因の調査-検体測定室の普及・継続に向けた全国調査研究(第2報)-

    宮﨑源生,岩田紘樹,小林典子,藤本和子,吉田加奈,岡﨑光洋,山浦克典

    医療薬学 43 ( 1 ) 34 - 40 2017年01月

    共著, 査読有り

  • 脂質異常症の早期発見における検体測定の有用性および地域住民の病識に関する研究

    岩田紘樹、増尾涼、岡﨑光洋、福本正勝、藤本 和子、小林典子、山浦克典

    35 ( 2 ) 80 - 86 2016年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 検体測定室届出薬局における簡易血液検査の継続を阻害する要因の解明

    吉田 加奈, 岩田 紘樹, 小林 典子, 藤本 和子, 岡崎 光洋, 山浦 克典

    医療薬学 42 ( 7 ) 543 - 548 2016年07月

    共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 薬学実務実習における代表的8疾患の経験数が概略評価に与える影響

    清宮啓介,池淵由香,津田壮一郎,別府紀子,青森達,鈴木小夜,地引綾,横山雄太,河添仁,岩田紘樹,小林典子,藤本和子,早川智久,山浦克典,中村智徳,村松博,望月眞弓

    第29回日本医療薬学会年会 (福岡) , 2019年11月, ポスター(一般), 日本医療薬学会

  • 愛知県内保険薬局における薬学的疑義照会の不対応事例に関する実態調査

    加藤光彦、魚住三奈、近藤靖子、日上健太、大石信雄、岩田紘樹、小林典子、藤本和子、山浦克典、岩月 進

    第52回日本薬剤師会学術大会 (下関) , 2019年10月, ポスター(一般), 日本薬剤師会

  • 慢性疾患患者の災害への備えに関する意識調査および災害リスク別の比較

    金子信吾, 岩田紘樹, 藤本和子, 小林典子, 山浦克典

    セルフメディケーション推進協議会学術フォーラム2019, 2019年10月, ポスター(一般), セルフメディケーション推進協議会

  • 薬局薬剤師業務に対する国民の認知度と必要性の理解度の関連性

    竹内淳, 大石信雄, 岩田紘樹, 小林典子, 藤本和子, 山浦克典

    日本社会薬学会第38年会 (松山) , 2019年09月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

  • 医師および患者による抗菌薬の不適正使用に対する薬局薬剤師の対応の実態

    清悠人, 小林典子, 藤本和子, 岩田紘樹, 山浦克典

    日本社会薬学会第38年会 (松山) , 2019年09月, ポスター(一般), 日本社会薬学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(社会薬学)

    2020年度

  • 演習(社会薬学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 実務実習事前学習5

    2020年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2020年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 消費者庁「機能性表示食品制度における臨床試験及び安全性の評価内容の実態把握の検証・調査事業」

    2017年02月
    -
    2017年07月

     概要を見る

    消費者庁に届けられた【機能性表示食品 検証事業】安全性WGで 報告書の作成を行なった

  • 東京都人権擁護委員

    2016年07月
    -
    継続中

     概要を見る

    港区からの人権擁護委員として 東京都人権擁護委員で都民の人権相談を法務局で年間2-3日間、1日7時間都民の相談に応じている。また初年度は感染症委員、2年目からは、研修会委員として人権擁護員の啓発や研修のための研修員を務めている

  • 東京都薬剤師会 ドーピング防止活動 ワーキンググループ

    2011年07月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本災害医療薬剤師学会, 

    2010年09月
    -
    継続中
  • 日本社会薬学会, 

    2009年08月
    -
    継続中
  • 日本薬剤師会, 

    2005年10月
    -
    継続中
  • 日本医療薬学会, 

    2005年07月
    -
    継続中
  • 日本薬理学会, 

    1979年06月
    -
    継続中

全件表示 >>