服部 豊 (ハットリ ユタカ)

Hattori, Yutaka

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 病態生理学講座 (芝共立)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1986年04月

    慶應義塾大学病院, 内科, 研修医

  • 1986年05月
    -
    1988年03月

    川崎市立川崎病院, 内科, 医員

  • 1988年10月
    -
    1996年04月

    国立がんセンター研究所, 分子腫瘍学部, 研究員

  • 1993年03月
    -
    1995年07月

    Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, Hematologic Oncology

  • 1996年05月
    -
    2006年09月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 血液・感染・リウマチ内科, 助手

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1978年04月
    -
    1984年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 慶應義塾, 1991年02月

    K-sam, an amplified gene in stomach cancer, is a member of the heparin-binding growth factor receptor genes.

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1984年06月

  • 日本内科学会認定内科医, 1987年12月

  • 日本内科学会指導医, 2000年05月

  • 日本血液学会認定血液専門医, 2004年10月

  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医, 2005年09月

全件表示 >>

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 多発性骨髄腫 新規治療薬の使い方・考え方

    服部 豊, 先端医学社(東京), 2017年06月

    担当範囲: 開発中の薬剤 pp174-179

  • 骨髄腫治療を理解するためのMyeloma Biology

    服部 豊, 医薬ジャーナル社(大阪), 2017年05月

    担当範囲: 肝細胞増殖因子(HGF)およびその受容体(c-MET) pp137-144

  • 悪性腫瘍の薬、病態、治療 スタンダード薬学シリーズ 医療薬学 IV.薬理、病態・薬物治療(4) 日本薬学会編

    服部 豊, 東京化学同人, 2017年04月

    担当範囲: pp207-218

  • 多発性骨髄腫の診療指針 第4版 日本骨髄腫学会編

    服部 豊, 文光堂, 2016年08月

  • 低分子化合物 免疫調節薬 サリドマイド

    服部 豊, 日本臨床社, 2016年07月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A novel derivative (GTN024) from a natural product, komaroviquinone, induced the apoptosis of high-risk myeloma cells via reactive oxygen production and ER stress.

    1. Okayama M, Kitabatake S, Sato M, Fujimori K, Ichikawa D, Matsushita M, Suto Y, Iwasaki G, Yamada T, Kiuchi F, Hirao M, Kunieda H, Osada M, Okamoto S, Hattori Y

    Biochem Biophys Res Commun. 2018年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • A novel phenylphthalimide derivative, pegylated TC11, improves pharmacokinetic properties and induces apoptosis of high-risk myeloma cells via G2/M cell-cycle arrest.

    Aida S, Hozumi M, Ichikawa D, Iida K, Yonemura Y, Tabata N, Yamada T, Matsushita M, Sugai T, Yanagawa H, Hattori Y

    Biochem. Biophysic. Res. Commun. 493 ( 1 ) 514 - 520 2017年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Despite the development of new drugs for multiple myeloma (MM), the prognosis of MM patients with high-risk cytogenetic abnormalities such as t (4; 14) and del17p remains poor. We reported that a novel phenylphthalimide derivative, TC11, induced apoptosis of MM cells in vitro and in vivo, and TC11 directly bound to a-tubulin and nucleophosmin-1 (NPM1). However, TC11 showed low water solubility and poor pharmacokinetic properties. Here we synthesized a water-soluble TC11-derivative, PEG(E)-TC11, in which HOEtO-TC11 is pegylated with PEG through an ester bond, and we examined its anti-myeloma activity. We observed that PEG(E)-TC11 and its hydrolyzed product, HOEtO-TC11, induced G2/M arrest and the apoptosis of MM cells. Intraperitoneal administration of PEG(E)-TC11 to xenografted mice revealed improved pharmacokinetic properties and significantly delayed tumor growth. TC11 and its derivatives did not bind to cereblon (CRBN), which is a responsible molecule for thalidomide-induced teratogenicity. These results suggest that PEG(E)-TC11 is a good candidate drug for treating high-risk MM.

  • CXorf48 is a potential therapeutic target for achieving treatment-free remission in CML patients

    Matsushita M, Ozawa K, Suzuki T, Nakamura M, Nakano N, Kanchi S, Ichikawa D, Matsuki E, Sakurai M, Karigane D, Kasahara H, Tsukamoto N, Shimizu T, Mori T, Nakajima H, Okamoto S, Kawakami Y, Hattori Y

    Blood Cancer J 7   e701 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Synthesis and biological evaluation of the natural product komaroviquinone and related compounds aiming at a potential therapeutic lead compound for high-risk multiple myeloma.

    Suto Y, Sato M, Fujimori K, Kitabatake S, Okayama M, Ichikawa D, Matsushita M, Yamagiwa N, Iwasaki G, Kiuchi F, Hattori Y.

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 27   4558 - 4563 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Identification of novel HLA-A*24:02-restricted epitope derived from a homeobox protein expressed in hematological malignancies.

    服部 豊

    PLoS One 11 ( 1 ) e0146371 2016年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • A Challenge to Aging Society by microRNA in Extracellular Vesicles: microRNA in Extracellular Vesicles as Promising Biomarkers and Novel Therapeutic Targets in Multiple Myeloma.

    Yamamoto T, Kosaka N, Hattori Y, Ochiya T.

    J Clin Med. 7 ( 3 ) E55 2018年03月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 下痢の受診勧奨のポイント

    服部 豊

    日本薬剤師会雑誌 (日本薬剤師会)  67 ( 10 ) 1439 - 1441 2015年

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 便秘の受診勧奨のポイント

    服部 豊

    日本薬剤師会雑誌 (日本薬剤師会)  67 ( 7 ) 957 - 961 2015年

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 多発性骨髄腫の生物学、最近の話題

    服部 豊

    臨床血液 (日本血液学会)  54 ( 8 ) 692 - 695 2013年

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 難治・再発性多発性骨髄腫の治療 造血器腫瘍.

    服部 豊.

    日本臨床 (日本臨床社)  70   597-602 2012年04月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Elucidation of the IMiDs-Resistant Mechanism and Development of the Overcoming Drugs Inducing CRBN Independent G2/M Cell Cycle Arrest in Myeloma Cells.

    服部 豊

    60th AMERICAN SOCIETY of HEMATOLOGY Annual Meeting and Exposition abst 4451 (San Diego CA) , 2018年12月, ポスター(一般), American Society of Hematology

  • Understanding the Role of Extracellular Vesicles in Lenalidomide-Resistance Multiple Myeloma.

    服部 豊

    60th AMERICAN SOCIETY of HEMATOLOGY Annual Meeting and Exposition. abst 1887 (San Diego CA.) , 2018年12月, ポスター(一般), American Society of Hematology

  • Immunomodulatory Effects of Proteasome Inhibitors in Multiple Myeloma

    服部 豊

    60th AMERICAN SOCIETY of HEMATOLOGY Annual Meeting and Exposition (San Diego CA.) , 2018年12月, ポスター(一般), American Society of Hematology

  • Proteasome inhibitors work as immunomodulatory drugs by inducing immunogenic cell death

    柏崎翔、神子智史、宇於崎涼、山本智史、市川大樹、服部 豊、松下麻衣子

    第80回 日本血液学会学術集会 (大阪市 大阪国際会議場) , 2018年10月, 口頭(一般), 日本血液学会

  • 新規天然化合物コマロビキノン化合物の抗骨髄腫効果および構造展開

    岡山幹夫、北畠翔太朗、佐藤真梨子、藤森宏太、左俣光一、市川大樹、松下麻衣子、須藤豊、岩崎源司、山田健人、木内文之、岡本真一郎、服部 豊

    第80回 日本血液学会学術集会 (大阪市) , 2018年10月, 口頭(一般), 日本血液学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ハイリスク造血器腫瘍の髄外病変に着目した新規ターゲットの探索と創薬研究

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 服部 豊, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 治療法の進歩からとり残された高リスク骨髄腫に対する新しいコンセプトによる創薬研究

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 服部 豊, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    新規薬剤の登場により骨髄腫の予後は改善したが、高リスク症例の予後は未だに不良であり、髄外病変形成は深刻な問題である。当研究では、高リスク骨髄腫細胞に各種cadherinを含む上皮間葉系遺伝子が高発現し、SCIDマウスへの造腫瘍性を有することを見出した。さらに、高リスク骨髄腫治療薬として、従来の免疫調節薬(IMiDs) とは異なる薬理作用を有する新規プタルイミド誘導体TC11の開発にも成功した。

  • 難治性多発性骨髄腫に対する骨髄腫瘍血管新生を標的とした遺伝子治療法の開発と実践.

    2003年05月
    -
    2004年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 補助金, 

  • 腫瘍血管新生を標的とした難治性多発性骨髄腫の新規治療法の開発と実践.

    2003年03月
    -
    2004年03月

    財団法人 がん研究振興財団, 第35回がん研究助成金, 補助金, 

Works 【 表示 / 非表示

  • 教育上の業績

    服部 豊

     

    その他

     発表内容を見る

    慶應義塾大学病院研修医指導担当として,初期研修医の病棟・外来診療業務を直接指導.

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • フェニルフタルイミド修飾体及びそれを有効成分とする抗癌剤

    特願: 2016-207402  2016年10月 

    特許, 共同

  • 化合物もしくはその薬理学的に許容される塩、抗腫瘍剤、又は活性酸素産生剤

    特願: 特願2016-031897  2016年02月 

    公表: 特開2017-149658  2017年08月 

    特許, 共同

  • ペプチド、樹状細胞、細胞傷害性T細胞、白血病ワクチン、及び白血病受動免疫療法剤

    特願: 特願2013-194119  2013年09月 

    公表: 特開2015-71543  2015年04月 

    特許: 特許第6204130号  2017年09月

    特許, 共同

  • がん免疫療法

    特願: 特願2012-132288  2012年06月 

    公表: 特開2013-256454  2013年12月 

    特許: 特許第5984113号  2016年08月

    特許, 共同

  • 多発性骨髄腫に伴う骨融解症状を診断するための診断剤及びその使用法.

    特願: P2011-17058  2011年01月 

    公表: 特開2012-159297  2012年08月 

    特許, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • がん集学的治療研究財団第29回一般研究助成

    服部豊., 2008年12月, がん集学的治療研究財団, サリドマイドを用いた多発性骨髄腫に対する自家造血幹細胞移植後の維持・強化療法.

     説明を見る

     

  • 日本白血病研究基金平成20年度一般研究賞

    服部豊., 2008年10月, 日本白血病研究基金, 多発性骨髄腫の再発の分子機構とその克服.

     説明を見る

     

  • 高松宮妃癌研究癌研究基金研究助成受賞

    服部豊., 2008年01月, 高松宮妃癌研究癌研究基金, 難治性造血器腫瘍に対するポストサリドマイド世代の画期的治療法の開発.

     説明を見る

     

  • がん集学的治療研究財団 第29回一般研究助成受賞

    2008年

  • 高松宮妃癌研究癌研究基金研究助成受賞 

    2008年

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • C14(1)体の変化を知る 疾病と検査値A

    2019年度

  • 課題研究(病態生理学)

    2019年度

  • 演習(病態生理学)

    2019年度

  • 卒業研究C

    2019年度

  • 卒業研究A

    2019年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床血液学会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  •  

    Board of Councillors, The Japanese Society of Hematology