永沼 達郎 (ナガヌマ タツロウ)

Naganuma, Tatsuro

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 代謝生理化学講座 (芝共立)

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 皮膚は体の最外表を覆う組織であり,病原体やアレルゲン,損傷といった外部の脅威に常に晒されています。皮膚は,こうした脅威に対する物理的バリアや,侵入してきた抗原に応答する免疫システム,損傷を受けた際の修復機構を備えており,それらが正常に働くことで皮膚の恒常性を維持しています。 皮膚の恒常性は,多種多様な脂質代謝物が独自の生理機能を発揮することで形成・維持されています。例えば,セラミドはバリアの本体として機能するため,セラミド合成系の異常はバリア機能の破綻を引き起こし,各種皮膚炎や角化症の原因となります。また,ω3 脂肪酸の一種であるドコサヘキサエン酸は,抗炎症作用をもつレゾルビンD1に代謝され,皮膚の炎症収束を促進します。これら以外にも,中性脂質やイノシトールリン脂質,脂肪族アルデヒドなど,様々な脂質代謝系の異常が,皮膚疾患の発症と密接に関わることが知られています。つまり,皮膚疾患の発症メカニズムを探るためには,皮膚恒常性の制御に関わる脂質代謝系を包括的に解析する必要があります。  私は,質量分析技術を利用し,アトピー性皮膚炎や乾癬などの各種皮膚疾患モデルの発症過程において,脂質代謝バランスにどのような異常を生じるのかを継時的かつ網羅的に捉えるリピドミクス解析を行っています。さらに,リピドミクスにより見出された脂質代謝異常を,皮膚疾患の発症に関わる細胞機能の異常と紐付けすることで,皮膚疾患の影に潜む病態メカニズムの究明,および皮膚恒常性の制御に関わる新たな脂質代謝系の発見と生理的意義の解明を目指しています。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2016年07月

    理化学研究所, 生命医科学研究センター メタボローム研究チーム, 基礎科学特別研究員

  • 2016年08月
    -
    継続中

    理化学研究所, 生命医科学研究センター メタボローム研究チーム, 客員研究員

  • 2016年08月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 薬学部 代謝生理化学講座, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2012年03月

    北海道大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

    北海道大学, 大学院生命科学院, 臨床薬学専攻

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 臨床薬学, 北海道大学, 課程, 2016年03月

    皮膚神経疾患シェーグレン・ラルソン症候群原因遺伝子 Aldh3a2 のノックアウトマウスを用いた皮膚病態解析

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 脂質,生化学,メタボローム,皮膚,酸化リン脂質

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Decreased Skin Barrier Lipid Acylceramide and Differentiation-Dependent Gene Expression in Ichthyosis Gene Nipal4-Knockout Mice

    Honda Y., Kitamura T., Naganuma T., Abe T., Ohno Y., Sassa T., Kihara A.

    Journal of Investigative Dermatology (Journal of Investigative Dermatology)  138 ( 4 ) 741 - 749 2018年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0022202X

     概要を見る

    © 2017 The Authors NIPAL4 is one of the causative genes for autosomal recessive congenital ichthyosis. However, the role of NIPAL4 in skin barrier formation and the molecular mechanism of ichthyosis pathology caused by NIPAL4 mutations, have not yet been determined. Here, we found that Nipal4-knockout (KO) mice exhibited neonatal lethality due to skin barrier defects. Histological analyses showed several morphological abnormalities in the Nipal4-KO epidermis, including impairment of lipid multilayer structure formation, hyperkeratosis, immature keratohyalin granules, and developed heterochromatin structures. The levels of the skin barrier lipid acylceramide were decreased in Nipal4-KO mice. Expression of genes involved in skin barrier formation normally increases during keratinocyte differentiation, in which chromatin remodeling is involved. However, the induction of Krt1, Lor, Flg, Elovl1, and Dgat2 was impaired in Nipal4-KO mice. NIPAL4 is a putative Mg2+ transporter, and Mg2+ concentration in differentiated keratinocytes of Nipal4-KO mice was indeed lower than that of wild-type mice. Our results suggest that low Mg2+ concentration causes aberration in the proper chromatin remodeling process, which in turn leads to failure of differentiation-dependent gene induction in keratinocytes. Our findings provide insights into Mg2+-dependent regulation of gene expression and skin barrier formation during keratinocyte differentiation.

  • 脂肪酸クオリティと炎症・アレルギーの制御

    永沼 達郎 有田 誠

    炎症と免疫 (先端医学社)  25 ( 4 )  2017年06月

    共著

  • Disruption of the Sjogren-Larsson Syndrome Gene Aldh3a2 in Mice Increases Keratinocyte Growth and Retards Skin Barrier Recovery

    Naganuma Tatsuro, Takagi Shuyu, Kanetake Tsukasa, Kitamura Takuya, Hattori Satoko, Miyakawa Tsuyoshi, Sassa Takayuki, Kihara Akio

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 291 ( 22 ) 11676 - 11688 2016年05月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0021-9258

  • Long-chain bases of sphingolipids are transported into cells via the acyl-CoA synthetases

    Narita Tomomi, Naganuma Tatsuro, Sase Yurie, Kihara Akio

    SCIENTIFIC REPORTS 6   1395 - 1401 2016年05月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  2045-2322

  • Mouse aldehyde dehydrogenase ALDH3B2 is localized to lipid droplets via two C-terminal tryptophan residues and lipid modification

    Kitamura Takuya, Takagi Shuyu, Naganuma Tatsuro, Kihara Akio

    BIOCHEMICAL JOURNAL 465   79 - 87 2015年01月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0264-6021

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 皮膚の網羅的リピドミクスと疾患モデルへの適用

    永沼達郎,飯野雄大,有田誠

    第11回セラミド研究会学術集会, 2018年10月, 口頭(招待・特別)

  • Untargeted analysis of skin lipid profiles in the development of dermatitis

    Tatsuro Naganuma, Yudai Iino, Makoto Arita

    Japan-Korea Joint Lipid Symposium, 2018年09月, 口頭(一般)

  • アトピー性皮膚炎マウスにおける脂質代謝異常の網羅的解析

    飯野雄大,永沼達郎,有田誠

    第17回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2018, 2018年09月, 口頭(一般)

  • 皮膚のリポクオリティの包括的解析とアトピー性皮膚炎モデルへの適用

    飯野雄大,永沼達郎,有田誠

    新学術領域研究「脂質クオリティが解き明かす生命現象」第4回班会議, 2018年06月, 口頭(一般)

  • アトピー性皮膚炎発症に関わる脂質代謝系の網羅的メタボローム解析

    飯野雄大,永沼達郎,有田誠

    第60回日本脂質生化学会, 2018年05月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 皮膚炎発症過程における脂質代謝変化の網羅的リピドミクス解析

    2019年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 若手研究, 補助金,  代表

  • 皮膚疾患の発症に関わる脂質代謝系のマルチオミクス解析

    2017年04月
    -
    2020年03月

    セコム科学技術振興財団, 挑戦的研究助成, 補助金,  代表

  • 皮膚恒常性に関わる脂質代謝系の包括的理解を目指した網羅的メタボローム解析

    2017年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 皮膚炎発症の抑制に関わる脂肪酸代謝物の探索と分子メカニズムの解析

    2017年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 補助金, 

  • ω3脂肪酸による皮膚恒常性制御機構の解析

    2017年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾大学, 福澤諭吉記念基金, 補助金, 

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語演習(薬科学科)

    2019年度

  • 生物系薬学特論Ⅱ

    2019年度

  • 代謝生化学

    2019年度

  • 薬学基礎実習

    2019年度

  • 卒業研究(薬科学科)

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 実験法概論

    慶應義塾, 2017年度, 秋学期

  • 代謝生化学

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 専門科目

  • 機能生理学2

    慶應義塾, 2017年度, 春学期

  • システム生体機能学特論

    慶應義塾, 2017年度, 春学期

  • 生物系薬学特論II

    慶應義塾, 2017年度, 春学期

全件表示 >>