中村 智徳 (ナカムラ トモノリ)

Nakamura, Tomonori

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    千葉大学薬学部, 活性構造化学研究室, 教務職員

  • 1997年04月
    -
    1997年06月

    千葉大学薬学部, 活性構造化学研究室, 助手

  • 1997年07月
    -
    1999年03月

    北里研究所基礎研究所, 微生物薬品化学研究室, 博士研究員(日本学術振興会特別研究員)

  • 1999年04月
    -
    2005年03月

    千葉大学大学院薬学研究科(院), 薬物治療学講座, 助手

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    千葉大学大学院薬学研究院, 薬物治療学研究室, 講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    日本大学, 理工学部薬学科, 薬学科

    日本, 大学, 卒業

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

    千葉大学, 薬学研究科, 活性構造化学

    日本, 大学院, 修了, 博士前期

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    千葉大学, 薬学研究科, 活性構造化学

    日本, 大学院, 退学, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 千葉大学, 論文, 1997年05月

    和漢薬・民間伝承薬由来の向神経活性成分に関する化学的・薬理学的研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 1989年09月

  • 日本医療薬学会指導薬剤師, 2007年01月

  • 日本臨床薬理学会指導薬剤師, 2018年10月

  • 日本医療薬学会認定薬剤師, 2005年01月

  • 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師, 2004年02月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学 (Clinical Pharmaceutical Science)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 個別化薬物治療

  • 分子糖尿病学

  • 医療薬学教育

  • 漢方薬・生薬

  • 臨床薬理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 和漢薬・生薬の適正使用の推進と薬効薬理メカニズムの解析, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 医療薬学に関連した薬学教育の洗練化, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 薬剤抵抗性の発現機構解明と薬動力学解析に基づく個別化薬物治療法の構築, 

    2013年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 現代医療における漢方薬 改訂第3版

    中村 智徳, 南江堂, 2020年02月,  ページ数: 175

    担当範囲: 第7章 漢方薬の服薬指導,  担当ページ: 121-135

  • NEO 薬学シリーズ12 早期臨床体験テキスト

    田口忠緒 編, 中村 智徳, ネオメディカル, 2017年03月

    担当範囲: 第10章 調剤の基礎を体験する

  • 現代医療における漢方薬 改訂第2版

    中村 智徳, 南江堂, 2016年01月

    担当範囲: 第7章 漢方薬の服薬指導

  • NEO薬学シリーズ3 Principal Pharmacotherapy

    中村 智徳, ネオメディカル, 2015年06月

    担当範囲: 第1部 身体の病的変化を知る 医薬品の安全性

  • 臨床検査データブック

    中村 智徳, 医学書院, 2013年02月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Discrimination of prediction models between cold-heat and deficiency-excess patterns

    Maeda-Minami A., Yoshino T., Katayama K., Horiba Y., Hikiami H., Shimada Y., Namiki T., Tahara E., Minamizawa K., Muramatsu S., Yamaguchi R., Imoto S., Miyano S., Mima H., Mimura M., Nakamura T., Watanabe K.

    Complementary Therapies in Medicine (Complementary Therapies in Medicine)  49 2020年03月

    ISSN  09652299

     概要を見る

    © 2020 Elsevier Ltd Objective: The purpose of this study was to extract important patient questionnaire items by creating random forest models for predicting pattern diagnosis considering an interaction between deficiency-excess and cold-heat patterns. Design: A multi-centre prospective observational study. Setting: Participants visiting six Kampo speciality clinics in Japan from 2012 to 2015. Main outcome measure: Deficiency–excess pattern diagnosis made by board-certified Kampo experts. Methods: We used 153 items as independent variables including, age, sex, body mass index, systolic and diastolic blood pressures, and 148 subjective symptoms recorded through a questionnaire. We sampled training data with an equal number of the different patterns from a 2 × 2 factorial combination of deficiency–excess and cold–heat patterns. We constructed the prediction models of deficiency–excess and cold–heat patterns using the random forest algorithm, extracted the top 10 essential items, and calculated the discriminant ratio using this prediction model. Results: BMI and blood pressure, and subjective symptoms of cold or heat sensations were the most important items in the prediction models of deficiency–excess pattern and of cold–heat patterns, respectively. The discriminant ratio was not inferior compared with the result ignoring the interaction between the diagnoses. Conclusions: We revised deficiency–excess and cold–heat pattern prediction models, based on balanced training sample data obtained from six Kampo speciality clinics in Japan. The revised important items for diagnosing a deficiency–excess pattern and cold–heat pattern were compatible with the definition in the 11th version of international classification of diseases.

  • Liquid Formulation of Gemcitabine Increases Venous Pain in Patients With Cancer: A Retrospective Study

    Kawazoe H., Mori N., Ido S., Uozumi R., Tsuneoka K., Takeuchi A., Matsuo M., Yamauchi M., Nakai M., Sumikawa S., Nakamura T., Yakushijin Y.

    Clinical Therapeutics (Clinical Therapeutics)  In press ( 4 ) 712 - 719 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  01492918

     概要を見る

    © 2020 Elsevier Inc. Purpose: Venous pain induced by peripheral intravenous infusion of gemcitabine has remained an unresolved issue in clinical practice. This study aimed to identify differences between gemcitabine formulations as well as risk factors associated with gemcitabine-induced venous pain in patients with cancer. Methods: We retrospectively analyzed data from consecutive patients with cancer who had received chemotherapy including a lyophilized or liquid formulation of gemcitabine diluted with 5% glucose solution via a peripheral vein. The study was conducted at Ehime University Hospital using electronic medical records dated between January 2015 and July 2017. The primary end point was the prevalence of venous pain at the administration site during gemcitabine infusion, classified as injection site reaction of grade ≥2 according to the Common Terminology Criteria for Adverse Events, version 4.0. A multivariate logistic regression analysis with generalized estimating equations for longitudinal data was used to identify risk factors for venous pain during all courses of gemcitabine treatment. Findings: A total of 1150 treatment courses in 141 Japanese patients were evaluated in this study. Venous pain occurred in 115 courses (10.0%) and in 49 patients (34.8%). The multivariate logistic regression analysis with generalized estimating equations revealed that a dose increase of gemcitabine and use of the liquid formulation of gemcitabine were significantly associated with an increased risk for venous pain (dose increase, adjusted odds ratio [OR] = 1.25; 95% CI, 1.11–1.40 [P < 0.001]; and liquid formulation, adjusted OR = 12.43, 95% CI, 5.61–27.51 [P < 0.001]), whereas age, course number of gemcitabine, and use of the soft-back product of 5% glucose solution were significantly associated with a reduced risk for venous pain (age, adjusted OR = 0.75; 95% CI, 0.57–0.98 [P = 0.037]; course number, adjusted OR = 0.96; 95% CI, 0.92–0.99 [P = 0.023]; and soft back, adjusted OR = 0.39; 95% CI, 0.21–0.74 [P = 0.004]). Implications: The use of the liquid formulation of gemcitabine was associated with a significant increase in the frequency of gemcitabine-induced venous pain despite dilution with 5% glucose solution compared to that with the lyophilized formulation. The lyophilized formulation of gemcitabine should hence be used in peripheral intravenous infusion for the treatment of patients with cancer.

  • 実務実習生の薬学専門科目に対する自己効力感は実務実習での成功体験に影響を与える

    菊山史博, 鈴木小夜,地引 綾,横山雄太,河添 仁, 中村智徳

    薬学雑誌 (日本薬学会)  In press 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • デキサメタゾン配合後における先発及び後発医薬品のゲムシタビン注射剤の製剤学的安定性の評価

    吉浦誠海, 河添 仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引 綾, 中村智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 (日本臨床腫瘍薬学会)  In press 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Cardiac Pacemaker Cells Generate Cardiomyocytes from Fibroblasts in Long-Term Cultures

    Kiuchi S., Usami A., Shimoyama T., Otsuka F., Yamaguchi S., Nakamura T., Suzuki S., Ono K.

    Scientific Reports (Nature Publishing)  9 ( 1 ) 15174 2019年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2019, The Author(s). Because cardiomyocyte generation is limited, the turnover of cardiomyocytes in adult heart tissues is much debated. We report here that cardiac pacemaker cells can generate cardiomyocytes from fibroblasts in vitro. Sinoatrial node cells (SANCs) were isolated from adult guinea pig hearts and were cultured at relatively low cell densities. Within a week, a number of fibroblast-like cells were observed to gather around SANCs, and these formed spontaneously beating clusters with cardiomyocyte structures. The clusters expressed genes and proteins that are characteristic of atrial cardiomyocytes. Pharmacological blocking of pacemaker currents inhibited generation of action potentials, and the spontaneous beating were ceased by physically destroying a few central cells. Inhibition of beating during culture also hampered the cluster formation. Moreover, purified guinea pig cardiac fibroblasts (GCFs) expressed cardiac-specific proteins in co-culture with SANCs or in SANC-preconditioned culture medium under electrical stimulation. These results indicate that SANCs can generate cardiomyocytes from cardiac fibroblasts through the influence of humoral factor(s) and electrophysiological activities followed by intracellular Ca2+ oscillations. This potential of SANCs to generate cardiomyocytes indicates a novel mechanism by which cardiomyocytes turns over in the vicinity of pacemaker cells and could be exploited in the development of strategies for cardiac regenerative therapy in adult hearts.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 漢方製剤,健康食品,サプリメントによるDILI

    中村智徳

    月刊薬事 1月臨時増刊号 (じほう)  62 ( 2 ) 190 - 195 2020年01月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • がん薬物療法における職業性曝露対策の新たな動きと未来展望

    河添 仁,鈴木小夜,横山雄太,地引 綾,中村智徳

    医薬品安全性学 (日本医薬品安全性学会)  5 ( 2 ) 67 - 76 2019年12月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • がん患者の服薬アドヒアランス~安全で有効な治療の遂行と適切な服薬管理のために~

    河添 仁, 鈴木小夜, 中村智徳

    がん看護 (南江堂)  24 ( 6 ) 543 - 546 2019年07月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • がん薬物治療におけるステロイド

    地引 綾, 横山 雄太, 河添 仁, 鈴木 小夜, 中村 智徳

    医薬品安全性学 (日本医薬品安全性学会)  5 ( 1 ) 1 - 14 2019年06月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 研究方法のレクチャー 研究方法 臨床薬学的研究の紹介

    河添 仁, 鈴木 小夜, 横山 雄太, 地引 綾, 中村 智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 (日本臨床腫瘍薬学会)  9   20 - 25 2019年01月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Prediction of traditional clinical diagnostic patterns, deficiency-excess and cold-heat patterns, in Japanese Kampo medicine: A multicentre prospective observational study

    Ayako Maeda-Minami, Tetsuhiro Yoshino, Yuko Horiba, Hiroaki Hikiami, Yutaka Shimada, Takao Namiki, Eiichi Tahara, Tomonori Nakamura, Kenji Watanabe

    5th International Symposium for Japanese Kampo Medicine (ISJKM) (Hann.Münden, Germany) , 2019年09月, 口頭(一般), International Society for Japanese Kampo Medicine

  • AI技術を活用した漢方薬の処方および服薬指導支援システムの構築

    中村智徳

    日本病院薬剤師会 関東ブロック第49回学術大会 (山梨) , 2019年08月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本病院薬剤師会

  • 実習生の一般性自己効力( Gneralized self efficacy )は薬局実務実習における課題達 成行動(成功体験)に寄与する

    菊山史博、鈴木小夜、横山雄太、地引 綾、河添 仁、中村智徳

    第4回日本薬学教育学会大会 (大阪) , 2019年08月, ポスター(一般), 日本薬学教育学会

  • 実務実習生の成長実感度は指導者の「目標の明示」と「フィードバック」により向上する - 学生視点に基づくア ウトカム評価とルーブリックによる教育効果向上のための提案 -

    鈴木小夜、地引綾、横山雄太、河添 仁、中村智徳

    第4回日本薬学教育学会大会 (大阪) , 2019年08月, ポスター(一般), 日本薬学教育学会

  • 偽アルドステロン症を疑われた患者の血中および尿中からのグリチルリチン酸代謝産物の探索

    髙橋かのん, 吉野鉄大, 牧野利明, 並木隆雄, 龍 興一, 小川恵子, 白井明子, 南澤 潔, 中村智徳, 渡辺賢治

    第70回日本東洋医学会学術総会 (東京) , 2019年06月, ポスター(一般), 日本東洋医学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 和漢薬と西洋薬との併用における適正使用に向けた臨床薬理学的研究

    2013年04月
    -
    2017年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 中村智徳, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    実臨床での和漢薬と西洋薬との併用事例を検証し、東西医薬の併用に関する適正性の検証および有効性の科学的根拠と有害事象の発生を回避する指標の確立を目的とする。本研究期間内に、①当医療施設過去1~3 年間の全処方から西洋薬と和漢薬との併用事例を抽出し、その処方意図および有効性・安全性に関する事例をカルテ調査する。②無効例や有害事例での西洋薬の薬物動態に与える和漢薬の影響を精査する。③併用事例の有効性に関する実験薬理学的検証を行う。

  • アルコール含有抗がん薬投与時の自動車運転動作への影響の検討

    2013年04月
    -
    2014年03月

    全国共済農業協同組合連合会JA共済, 平成25年度JA共済交通事故医療研究助成, 中村智徳, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    抗がん薬の中にはアルコールを含有する製剤が存在し、単身乗用車で通院した際に自動車運転に影響を及ぼす可能性があり、帰宅前に迅速にアルコール血中濃度を測定し、自動車運転の可否を判断する方法を確立する必要がある。そこで本研究では、アルコール含有抗がん薬の投与を受けた患者の呼気中濃度と血中濃度との相関性を明らかにし、自動車運転動作への影響を検討する。

  • 実務実習における薬学生の薬学的介入に関する実態調査

    2013年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 中村智徳, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本学部5年次の病院・薬局実務実習を通じて経験した、薬物治療における未解決の臨床的課題に対する薬学的介入の有効性についての検証を目的として、以下の3点について検討した。
    ① OTC薬実習の実習内容に関する調査研究
    ② 実務実習での薬学生の服薬指導・コミュニケーションスキルの検証
    ③ 実務実習での薬学生の点眼薬服薬指導の有効性に関する検証

  • 生物学的製剤のリウマチ治療効果予測モデルの構築

    2014年04月
    -
    2015年03月

    公益財団法人 上原記念生命科学財団, 上原記念生命科学財団 平成25年度研究助成金, 中村智徳, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    関節リウマチ(RA)、全身性エリテマトーデス(SLE)等自己免疫疾患の薬物治療において大きな課題である「治療抵抗性」の克服に向けて、治療薬及びその代謝産物の体内動態と治療効果との相関性について検討することにより、薬動力学的解析に基づく適切な薬物療法支援システムの構築を目的とする。

  • 治療抵抗性リウマチ性疾患に対する個別化薬物治療に向けた臨床薬理学的研究

    2014年04月
    -
    2015年03月

    公益財団法人 薬学研究奨励財団, 第33回薬学研究奨励財団研究助成金, 中村智徳, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    全身性血管炎、全身性エリテマトーデスおよびリウマチ性疾患などの難治性自己免疫疾患の治療には主にステロイド剤や免疫抑制剤などが盛んに用いられている。しかし、これらの薬剤に対する抵抗性の発現により疾患制御が困難な症例が存在するが、その原因究明が十分に行われておらず、臨床上重要な課題となっている。そこで本研究ではステロイド応答性の個人差を規定する生体内因子を解明し、ステロイド抵抗性の改善策の確立を目的とする。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019優秀演題賞

    河添 仁, 亀井義明, 村上朱里, 山下美智子, 薬師神芳洋, 中村智徳, 2019年03月, 日本臨床腫瘍薬学会, 標準制吐療法下における乳がんアンスラサイクリン誘発悪心・嘔吐の患者関連リスク因子

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第59回日本薬学会関東支部大会 優秀ポスター賞

    羽田有里, 青森達, 坡下真大, 荒木拓也, 山本康次郎, 鈴木小夜, 地引綾, 中村智徳, 2015年09月, 日本薬学会関東支部, アプレピタントによる補助療法ががん化学療法の治療経過に与える影響

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第66回日本食道学会学術集会優秀ポスター演題賞(メディカルスタッフ)

    荒木聖美、長嶺 歩、青森 達、荒木拓也、飯塚恵子、田中成岳、浅尾高行、桑野博行、中村智徳、山本康次郎., 2012年06月, 日本食道学会, 食道癌化学放射線療法における免疫栄養剤併用の有用性.

  • 医療薬学フォーラム2010 第18回クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞

    "伊藤真理恵, 秋好健志, 村瀬沙織, 宮崎光江, 中村克徳, 中村智徳, Guengerich F, Peter, 山本康次郎, 大谷壽一.", 2010年07月, 日本薬学会, CYP3A4変異型分子種の代謝活性に対する阻害剤の阻害強度の比較.

  • Journal of Natural Medicines優秀論文賞2007

    中村智徳、駒井信子、磯上一成、上野光一、池上文雄、小野景義、矢野眞吾, 2007年09月, 日本生薬学会, 大建中湯の記憶学習能増強作用(Memory and learnig-enhancing effect of Daikenchuto, a traditional Japanese herbal medicine, in mice)

    受賞国: 日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(医療薬学)

    2020年度

  • 演習(医療薬学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 実務実習事前学習3

    2020年度

  • 実務実習事前学習1

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 早期体験学習(薬学科)

    慶應義塾, 2020年度, 春学期, 専門科目, 演習, 専任, 3時間

    薬剤師の職能、病院・薬局見学、調剤体験、BLS実習、車いす・高齢者疑似体験

  • 実務実習事前学習

    慶應義塾, 2020年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験, 専任, 164人

  • 病院実務実習

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 実習・実験, 専任, 151人

  • 薬局実務実習

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 実習・実験, 専任, 151人

  • 実務実習の前に(6)

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 150人

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 早期臨床体験テキスト NEO薬学シリーズ12

    2017年03月

    , 教科書・教材の開発

  • 現代医療における漢方薬 改訂第2版

    2016年01月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    第7章 漢方薬の服薬指導

  • NEO薬学シリーズ3 Principal Pharmacotherapy

    2015年06月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    第1部 身体の病的変化を知る 医薬品の安全性

  • 女性とくすりQ&A 患者に適した薬剤選択のために

    2008年09月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    Ⅲ章 漢方、代替医療、サプリメント

  • ファーマコセラピー 病態生理からのアプローチ

    2007年08月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    第51章 酸塩基平衡異常

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医薬品安全性学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 米国薬理学会, 

    2011年
    -
    継続中
  • 日本薬物動態学会, 

    2009年
    -
    継続中
  • 日本臨床薬理学会, 

    2008年
    -
    継続中
  • 日本糖尿病学会, 

    2007年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    関東地区調整機構委員, 薬学教育協議会

  • 2017年01月
    -
    2017年11月

    第27回日本医療薬学会年会 実行委員, 日本医療薬学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    学術評議員, 日本薬理学会

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    学術雑誌編集委員, 日本薬学会

  • 2013年04月
    -
    継続中

    編集委員, 日本医薬品情報学会

全件表示 >>