中村 智徳 (ナカムラ トモノリ)

Nakamura, Tomonori

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    千葉大学薬学部, 活性構造化学研究室, 教務職員

  • 1997年04月
    -
    1997年06月

    千葉大学薬学部, 活性構造化学研究室, 助手

  • 1997年07月
    -
    1999年03月

    北里研究所基礎研究所, 微生物薬品化学研究室, 博士研究員(日本学術振興会特別研究員)

  • 1999年04月
    -
    2005年03月

    千葉大学大学院薬学研究科(院), 薬物治療学講座, 助手

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    千葉大学大学院薬学研究院, 薬物治療学研究室, 講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    日本大学, 理工学部薬学科, 薬学科

    大学, 卒業

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

    千葉大学, 薬学研究科, 活性構造化学

    大学院, 修了, 博士前期

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    千葉大学, 薬学研究科, 活性構造化学

    大学院, 退学, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 千葉大学, 論文, 1997年05月

    和漢薬・民間伝承薬由来の向神経活性成分に関する化学的・薬理学的研究

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 1989年09月

  • 日本医療薬学会指導薬剤師, 2007年01月

  • 日本臨床薬理学会指導薬剤師, 2018年10月

  • 日本医療薬学会認定薬剤師, 2005年01月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医療薬学 (Clinical Pharmaceutical Science)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 個別化薬物治療

  • 分子糖尿病学

  • 医療薬学教育

  • 漢方薬・生薬

  • 臨床薬理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 和漢薬・生薬の適正使用の推進と薬効薬理メカニズムの解析, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 医療薬学に関連した薬学教育の洗練化, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 薬剤抵抗性の発現機構解明と薬動力学解析に基づく個別化薬物治療法の構築, 

    2013年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • フィジカルアセスメントに基づく症例解析と薬物治療

    大林恭子、中村智徳 編著, 京都廣川書店, 2021年08月

  • 今日のOTC薬 改訂第5版

    伊東明彦、中村智徳 編, 南江堂, 2021年02月

  • 現代医療における漢方薬 改訂第3版

    中村 智徳, 南江堂, 2020年02月,  ページ数: 175

    担当範囲: 第7章 漢方薬の服薬指導,  担当ページ: 121-135

  • NEO 薬学シリーズ12 早期臨床体験テキスト

    田口忠緒 編, 中村 智徳, ネオメディカル, 2017年03月

    担当範囲: 第10章 調剤の基礎を体験する

  • 現代医療における漢方薬 改訂第2版

    中村 智徳, 南江堂, 2016年01月

    担当範囲: 第7章 漢方薬の服薬指導

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Proton pump inhibitors and cyclin-dependent kinase 4/6 inhibitors in patients with breast cancer

    Takahashi K, Uozumi R, Mukohara T, Hayashida T, Iwabe M, Iihara H, Kusuhara-Mamishin K, Kitagawa Y, Tsuchiya M, Kitahora M, Nagayama A, Kosaka S, Asano-Niwa Y, Seki T, Ohnuki K, Suzuki A, Ono F, Futamura M, Kawazoe H, Nakamura T

    The Oncologist (Oxford University Press)  2024年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者, 査読有り,  ISSN  10837159

  • Drug repositioning study on the antiemetic efficacy of anamorelin for cisplatin-induced nausea and vomiting in rats

    Nishino H, Kawazoe H, Sekiguchi M, Jibiki A, Yokoyama Y, Suzuki S, Nakamura T

    BPB Reports (The Pharmaceutical Society of Japan)  7 ( 1 ) 1 - 6 2024年01月

    共著, 最終著者, 査読有り

  • Patient prognosis and prediction model for taking Kampo formulas in dysmenorrhea: An observational study

    Maeda-Minami A., Kawamoto A., Yoshino T., Yokoyama Y., Suzuki S., Horiba Y., Nakamura T., Mimura M., Watanabe K.

    Medicine (United States) (Medicine (United States))  102 ( 48 ) e36191 2023年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00257974

     概要を見る

    Two representative Kampo formulas, keishibukuryogan and tokishakuyakusan, are frequently prescribed for patients with dysmenorrhea. We previously constructed a model that could predict which of these 2 formulas was most suitable, which is based on 4 subjective symptoms and 3 objective signs. To evaluate the prognosis of patients with dysmenorrhea using the established prediction model and assess the treatment outcomes between those treated in accordance with the prediction model and those who received various other treatments. In this retrospective, observational study, we included patients with menstrual pain who visited the Kampo Clinic at the Keio University Hospital for the first time between October 2014 and December 2020. These patients were monitored over a 90-day follow-up period. Participants were categorized into 2 groups: model-accordance and various-options. The progression of visual analogue scale (VAS) values was evaluated by determining the slopes from regression analysis between these 2 groups, with changes corroborated by the medical records. The study comprised 57 patients: 37 in the model-accordance group and 20 in the various-options group. Notably, the various-options group reported a significantly higher number of subjective symptoms (P = .03). The VAS value showed a decline, as indicated by the negative slope value of the regression line, across both groups - irrespective of their classification. There were no significant differences in the occurrence of adverse events between the 2 groups. The prognosis of patients with dysmenorrhea and the incidence of adverse events remained consistent, regardless of whether the treatment approach was in accordance with the prediction model or varied. Further studies are warranted to assess the prognosis when Kampo formulas are chosen based on the prediction model in the various-options population.

  • Influence of menopause on chemotherapy-induced nausea and vomiting in highly emetogenic chemotherapy for breast cancer: A retrospective observational study

    Yokokawa T., Suzuki K., Tsuji D., Hosonaga M., Kobayashi K., Kawakami K., Kawazoe H., Nakamura T., Suzuki W., Sugisaki T., Aoyama T., Hashimoto K., Hatori M., Tomomatsu T., Inoue A., Azuma K., Asano M., Takano T., Ohno S., Yamaguchi M.

    Cancer Medicine (Cancer Medicine)  12 ( 18 ) 18745 - 18754 2023年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Background: Female sex and younger age are reported risk factors for chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) in highly emetogenic chemotherapy, but the underlying mechanism has not been elucidated. The purpose of this study was to clarify the impact of menopause on CINV. Methods: This retrospective observational study analyzed data from consecutive patients who received their first cycle of perioperative anthracycline-based chemotherapy for breast cancer between January 2018 and June 2020. The endpoints were association between CINV (vomiting, ≥Grade 2 nausea, complete response [CR] failure) and menopause as well as the association between CINV and follicle-stimulating hormone [FSH]/estradiol [E2]. Results: Data for 639 patients were analyzed. Among these patients, 109 (17.1%) received olanzapine (four antiemetic combinations) and 530 (82.9%) did not (three antiemetic combinations). Premenopausal state (amenorrhea lasting ≥12 months) was significantly associated with ≥Grade 2 nausea and CR failure in univariate analysis but not in multivariate analysis. The premenopausal FSH/E2 group (defined by serum levels; FSH <40 mIU/mL and E2 ≥20 pg/mL) had a significantly higher rate of ≥Grade 2 nausea than the postmenopausal FSH/E2 group (FSH ≥40 mIU/mL and E2 <20 pg/mL) (48.8% vs. 18.8%, p = 0.023). Conclusions: Our results suggest that changes in FSH and E2 due to menopause may affect the severity of nausea and that FSH and E2 (especially FSH) levels might be useful indicators for CINV risk assessment.

  • Development of a novel drug information provision system for Kampo medicine using natural language processing technology

    Maeda-Minami A., Yoshino T., Yumoto T., Sato K., Sagara A., Inaba K., Kominato H., Kimura T., Takishita T., Watanabe G., Nakamura T., Mano Y., Horiba Y., Watanabe K., Kamei J.

    BMC Medical Informatics and Decision Making (BMC Medical Informatics and Decision Making)  23 ( 1 ) 119 2023年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Background: Kampo medicine is widely used in Japan; however, most physicians and pharmacists have insufficient knowledge and experience in it. Although a chatbot-style system using machine learning and natural language processing has been used in some clinical settings and proven useful, the system developed specifically for the Japanese language using this method has not been validated by research. The purpose of this study is to develop a novel drug information provision system for Kampo medicines using a natural language classifier® (NLC®) based on IBM Watson. Methods: The target Kampo formulas were 33 formulas listed in the 17th revision of the Japanese Pharmacopoeia. The information included in the system comes from the package inserts of Kampo medicines, Manuals for Management of Individual Serious Adverse Drug Reactions, and data on off-label usage. The system developed in this study classifies questions about the drug information of Kampo formulas input by natural language into preset questions and outputs preset answers for the questions. The system uses morphological analysis, synonym conversion by thesaurus, and NLC®. We fine-tuned the information registered into NLC® and increased the thesaurus. To validate the system, 900 validation questions were provided by six pharmacists who were classified into high or low levels of knowledge and experience of Kampo medicines and three pharmacy students. Results: The precision, recall, and F-measure of the system performance were 0.986, 0.915, and 0.949, respectively. The results were stable even with differences in the amount of expertise of the question authors. Conclusions: We developed a system using natural language classification that can give appropriate answers to most of the validation questions.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 一般的な薬物と免疫チェックポイント阻害薬の体内動態~薬物は体内でどのような運命をたどって効果を発揮し体内から消失していくのか~

    鈴木小夜,中村智徳

    がん看護 (南江堂)  27 ( 2 ) 200 - 205 2022年02月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 免疫チェックポイント阻害薬の体内動態と有効性/毒性との関係

    鈴木小夜,中村智徳

    がん看護 (南江堂)  27 ( 2 ) 206 - 212 2022年02月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • LC-MS/MSを用いた第二、三世代EGFR-TKI未変化体及び活性代謝物の血清中濃度同時測定法の構築と臨床に向けた検討

    石川恵海, 横山雄太, 千島陽奈, 国吉央城, 佐藤 到, 中谷直喜, 中島日出夫, 木村元範, 袴田 潤, 末廣直哉, 中田英夫, 池村辰之介, 平賀ゆい, 地引 綾, 河添 仁, 村松 博, 鈴木小夜, 中村智徳

    TDM研究 (日本TDM学会)  38 ( 2 ) 187 2021年05月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  0911-1026

  • がん化学療法に伴う有害反応の回避あるいは軽減を目的とした臨床薬学的取り組みと臨床アウトカム

    河添 仁、中村智徳

    医療薬学 (日本医療薬学会)  46 ( 9 ) 467 - 480 2020年09月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • 漢方薬の副作用に関連した最近の研究成果から 甘草による偽アルドステロン症の新たな原因物質の可能性

    中村智徳、吉野鉄大、堀場裕子、渡辺賢治、三村 將、小川恵子、南澤 潔、並木隆雄、牧野利明

    医薬品相互作用研究 (医薬品相互作用研究会)  44 ( 2 ) 6 - 17 2020年06月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生腸内細菌目細菌感染患者に対する遊離形セフメタゾール濃度を用いたPPK/PD解析と最適投与法の構築

    並木孝哉, 横山雄太, 枦 秀樹, 織田錬太郎, 地引 綾, 河添 仁, 松元一明, 鈴木小夜, 中村智徳

    第44回日本臨床薬理学会学術総会, 

    2023年12月

    口頭発表(一般)

  • 実習生の実務実習終了時における到達度評価を向上させる要因の検討

    石川春樹, 河添 仁, 岩田紘樹, 中村友紀, 地引 綾, 横山雄太, 小林典子, 鈴木小夜, 山浦克典, 中村智徳

    第33回日本医療薬学会年会, 

    2023年11月

    ポスター発表

  • ESBL産生腸内細菌科細菌に対する血液透析患者の遊離形CMZ濃度を用いたPK/PDに基づく最適投与法の評価

    並木孝哉, 横山雄太, 枦 秀樹, 地引 綾, 河添 仁, 松元一明, 鈴木小夜, 中村智徳

    第32回日本医療薬学会年会, 

    2023年09月

    口頭発表(一般)

  • 効果的な薬物治療とヘルスサイエンス向上を目指した新規モバイル・ヘルス関連アプリケーション開発に向けた現状調査(2)

    斉藤将志, 福井一玄, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引 綾, 河添 仁, 中村智徳

    第32回日本医療薬学会年会, 

    2023年09月

    ポスター発表

  • セフメタゾールに関連する国際標準比(INR)上昇のリスク因子特定と予測モデルの構築

    並木孝哉, 横山雄太, 木村元範, 福田正悟, 瀬山翔史, 池谷 修, 佐村 優, 石川春樹, 地引 綾, 河添 仁, 大谷 壽一, 長谷川直樹, 松元一明, 枦 秀樹, 鈴木小夜, 中村智徳

    第17回次世代を担う若手のための医療薬科学シンポジウム, 

    2023年09月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 和漢薬と西洋薬との併用における適正使用に向けた臨床薬理学的研究

    2013年04月
    -
    2017年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 中村智徳, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    実臨床での和漢薬と西洋薬との併用事例を検証し、東西医薬の併用に関する適正性の検証および有効性の科学的根拠と有害事象の発生を回避する指標の確立を目的とする。本研究期間内に、①当医療施設過去1~3 年間の全処方から西洋薬と和漢薬との併用事例を抽出し、その処方意図および有効性・安全性に関する事例をカルテ調査する。②無効例や有害事例での西洋薬の薬物動態に与える和漢薬の影響を精査する。③併用事例の有効性に関する実験薬理学的検証を行う。

  • アルコール含有抗がん薬投与時の自動車運転動作への影響の検討

    2013年04月
    -
    2014年03月

    全国共済農業協同組合連合会JA共済, 平成25年度JA共済交通事故医療研究助成, 中村智徳, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    抗がん薬の中にはアルコールを含有する製剤が存在し、単身乗用車で通院した際に自動車運転に影響を及ぼす可能性があり、帰宅前に迅速にアルコール血中濃度を測定し、自動車運転の可否を判断する方法を確立する必要がある。そこで本研究では、アルコール含有抗がん薬の投与を受けた患者の呼気中濃度と血中濃度との相関性を明らかにし、自動車運転動作への影響を検討する。

  • 実務実習における薬学生の薬学的介入に関する実態調査

    2013年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 中村智徳, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本学部5年次の病院・薬局実務実習を通じて経験した、薬物治療における未解決の臨床的課題に対する薬学的介入の有効性についての検証を目的として、以下の3点について検討した。
    ① OTC薬実習の実習内容に関する調査研究
    ② 実務実習での薬学生の服薬指導・コミュニケーションスキルの検証
    ③ 実務実習での薬学生の点眼薬服薬指導の有効性に関する検証

  • 生物学的製剤のリウマチ治療効果予測モデルの構築

    2014年04月
    -
    2015年03月

    公益財団法人 上原記念生命科学財団, 上原記念生命科学財団 平成25年度研究助成金, 中村智徳, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    関節リウマチ(RA)、全身性エリテマトーデス(SLE)等自己免疫疾患の薬物治療において大きな課題である「治療抵抗性」の克服に向けて、治療薬及びその代謝産物の体内動態と治療効果との相関性について検討することにより、薬動力学的解析に基づく適切な薬物療法支援システムの構築を目的とする。

  • 治療抵抗性リウマチ性疾患に対する個別化薬物治療に向けた臨床薬理学的研究

    2014年04月
    -
    2015年03月

    公益財団法人 薬学研究奨励財団, 第33回薬学研究奨励財団研究助成金, 中村智徳, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    全身性血管炎、全身性エリテマトーデスおよびリウマチ性疾患などの難治性自己免疫疾患の治療には主にステロイド剤や免疫抑制剤などが盛んに用いられている。しかし、これらの薬剤に対する抵抗性の発現により疾患制御が困難な症例が存在するが、その原因究明が十分に行われておらず、臨床上重要な課題となっている。そこで本研究ではステロイド応答性の個人差を規定する生体内因子を解明し、ステロイド抵抗性の改善策の確立を目的とする。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第8回日本薬学教育学会大会優秀発表賞

    牧山大輝, 松野昂樹, 小林聡太, 野々宮菜彌, 地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 津田壮一郎, 大谷壽一, 中村智徳, 鈴木小夜, 2023年08月, 日本薬学教育学会, フィードバックと省察ワークシートによる介入が病院実務実習生のプロフェッショナリズム評価と省察能力に与えた影響

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第16回日本性差医学・医療学会学術集会優秀演題賞

    地引 綾, 村上紗恵子, 吉野鉄大, 堀場裕子, 横山雄太, 河添 仁, 鈴木小夜, 渡辺賢治, 中村智徳, 2023年02月, 日本性差医学・医療学会, 更年期症状に対する漢方治療不応例の分析

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第32回日本医療薬学会年会 YIA(Young Investigator's Award)(社会人部門)

    並木孝哉, 横山雄太, 枦 秀樹, 地引 綾, 河添 仁, 松元一明, 鈴木小夜, 中村智徳, 2022年09月, 日本医療薬学会, ESBL産生腸内細菌科細菌に対する血液透析患者の遊離形CMZ濃度を用いたPK/PDに基づく最適投与法の評価

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第3回和漢医薬学会若手研究者フォーラム優秀発表賞

    仲道公輔, 地引 綾, 横山雄太, 河添 仁, 鈴木小夜, 吉野鉄大, 渡辺賢治, 秋山雅博, 金 倫基, 中村智徳, 2022年08月, 和漢医薬学会, 抗肥満作用を有する漢方薬の薬効と腸内細菌叢構成の関連性の検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • ACCP 2022 in Nagoya Best Poster Presenter <Student>

    Kikuyama F, Suzuki S, Jibiki A, Yokoyama Y, Kawazoe H, Nakamura T, 2022年02月, 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy in Nagoya, Ingenol Mebutate Inhibits Proliferation of Pancreatic Cancer Cells at Lower Concentration than Other Established Antitumor Agents for Pancreatic Cancer

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床薬学特論

    2023年度

  • 臨床薬剤学

    2023年度

  • Case Study Practice

    2023年度

  • 海外アドバンスト実習

    2023年度

  • 国内アドバンスト実習

    2023年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 早期体験学習(薬学科)

    慶應義塾

    2020年04月
    -
    2021年03月

    春学期, 演習, 専任, 3時間

    薬剤師の職能、病院・薬局見学、調剤体験、BLS実習、車いす・高齢者疑似体験

  • 実務実習事前学習

    慶應義塾

    2020年04月
    -
    2021年03月

    秋学期, 実習・実験, 専任, 164人

  • 薬局実務実習

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 151人

  • 病院実務実習

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 151人

  • D1病院・薬局に行く前にB

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    秋学期, 講義, 専任, 164人

    医薬品の管理・供給、リスクマネージメント、処方解析

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 早期臨床体験テキスト NEO薬学シリーズ12

    2017年03月

    , 教科書・教材の開発

  • 現代医療における漢方薬 改訂第2版

    2016年01月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    第7章 漢方薬の服薬指導

  • NEO薬学シリーズ3 Principal Pharmacotherapy

    2015年06月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    第1部 身体の病的変化を知る 医薬品の安全性

  • 女性とくすりQ&A 患者に適した薬剤選択のために

    2008年09月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    Ⅲ章 漢方、代替医療、サプリメント

  • ファーマコセラピー 病態生理からのアプローチ

    2007年08月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    第51章 酸塩基平衡異常

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医薬品安全性学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 米国薬理学会, 

    2011年
    -
    継続中
  • 日本薬物動態学会, 

    2009年
    -
    継続中
  • 日本臨床薬理学会, 

    2008年
    -
    継続中
  • 日本糖尿病学会, 

    2007年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    関東地区調整機構委員長, 薬学教育協議会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    関東地区調整機構委員, 薬学教育協議会

  • 2017年01月
    -
    2017年11月

    第27回日本医療薬学会年会 実行委員, 日本医療薬学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    学術評議員, 日本薬理学会

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    学術雑誌編集委員, 日本薬学会

全件表示 >>