種村 菜奈枝 (タネムラ ナナエ)

Tanemura, Nanae

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医薬品開発規制科学講座 (芝共立)

職名

助教

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 群馬医療福祉大学 看護学部, 非常勤講師

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    千葉大学, 医学薬学府, 先端医学薬学専攻(医学領域)

    大学院, 卒業

  •  

    大阪大学, 医学部, 保健学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 千葉大学, 課程

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 保健師

  • Medidata Rave 5.6.4 スタディ構築担当者認定

  • Medidata Rave 5.6.4 スタディ管理担当者認定

  • 看護師

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 食生活学

  • 環境・衛生系薬学 (医薬品開発)

  • 衛生学・公衆衛生学 (規制科学)

  • 衛生学・公衆衛生学 (消費者科学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • コンシューマーサイエンス

  • レギュラトリーサイエンス 

  • 人工知能

  • 保健機能食品

  • 医薬品開発

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • NIH 臨床研究の基本と実際

    井村裕夫(監修)竹内正弘・花岡英紀・藤原康弘・山本晴子(監訳)/(Chapter 34)種村菜奈枝, 武井利充(訳), 丸善出版, 2016年10月

    担当範囲: Chapter 34 臨床研究データ:特徴, 表現, 保存と検索

論文 【 表示 / 非表示

  • Differences in efficacy evaluation endpoints in clinical trials for claiming reduction of post-prandial glycemic response between Japan and the European Union

    Nanae Tanemura, Keisuke Ito, Naobumi Hamadate, Masaya Koshizaka, Hisashi Urushihara

    Critical Reviews in Food Science and Nutrition 受理 2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 複数の用語集を利用した『機能性表示食品の機能性および安全性に関する一般消費者向け情報』に含まれる難解語の抽出手法の提案

    種村菜奈枝, 木村正吾, 町井湧介, 長雄一郎, 柿崎真沙子, 小野寺理恵, 漆原尚巳

    医療情報学 39 ( 2 ) 45 - 60 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 薬学部におけるレギュラトリーサイエンスの基礎となる医薬品開発教育の実態調査

    崔 允瑄, 三宅 真二, 種村 菜奈枝, 漆原 尚巳

    レギュラトリーサイエンス学会誌 9 ( 3 ) 123 - 130 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Development of an electronic medical record-based algorithm to identify patients with Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis in Japan

    Fukasawa T., Takahashi H., Kameyama N., Fukuda R., Furuhata S., Tanemura N., Amagai M., Urushihara H.

    PLOS ONE (PLoS ONE)  14 ( 8 )  2019年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2019 Fukasawa et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Stevens-Johnson syndrome (SJS) and toxic epidermal necrolysis (TEN), severe drug reactions, are often misdiagnosed due to their rarity and lack of information on differential diagnosis. The objective of the study was to develop an electronic medical record (EMR)-based algorithm to identify patients with SJS/TEN for future application in database studies. From the EMRs of a university hospital, two dermatologists identified all 13 patients with SJS/TEN seen at the Department of Dermatology as the case group. Another 1472 patients who visited the Department of Dermatology were identified using the ICD-10 codes for diseases requiring differentiation from SJS/TEN. One hundred of these patients were then randomly sampled as controls. Based on clinical guidelines for SJS/TEN and the experience of the dermatologists, we tested 128 algorithms based on the use of ICD-10 codes, clinical courses for SJS/TEN, medical encounters for mucocutaneous lesions from SJS/TEN, and items to exclude paraneoplastic pemphigus. The sensitivity, specificity, positive predictive value (PPV), negative predictive value (NPV), and diagnostic odds ratio (DOR) of each algorithm were calculated, and the optimal algorithm was defined as that with high PPV and maximal sensitivity and specificity. One algorithm, consisting of a combination of clinical course for SJS/TEN, medical encounters for mucocutaneous lesions from SJS/TEN, and items to exclude paraneoplastic pemphigus, but not ICD-10 codes, showed a sensitivity of 76.9%, specificity of 99.0%, PPV of 40.5%, NPV of 99.8%, and DOR of 330.00. We developed a potentially optimized algorithm for identifying SJS/TEN based on clinical practice records. The almost perfect specificity of this algorithm will prevent bias in estimating relative risks of SJS/TEN in database studies. Considering the small sample size, this algorithm should be further tested in different settings.

  • Pediatric off-label use of psychotropic drugs approved for adult use in Japan in the light of approval information regarding pediatric patients in the United States: a study of a pharmacy prescription database

    Nanae Tanemura, Maika Asawa, Mayuko Kuroda, Tsuyoshi Sasaki, Yoshiaki Iwane, Hisashi Urushihara

    World Journal of Pediatrics (World Journal of Pediatrics)  15 ( 1 ) 92 - 99 2019年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  17088569

     概要を見る

    © 2018, Children's Hospital, Zhejiang University School of Medicine. Background: Off-label use of psychotropic prescriptions for pediatric patients has been increasing in Japan. This study sought to clarify pediatric patients’ off-label use of psychotropics approved only for adults in Japan. Methods: This retrospective study on psychotropic utilization employed a pharmaceutical health insurance claims database supplied by a pharmacy for the fiscal year 2016. Seven psychotropic drugs were examined. For each drug, we calculated the proportion of patients aged < 16 years or who were under the approved age limit set in the United States out of all patients. The maximum daily dose of each drug within the study period was plotted by age. Results: Data of 45,715 patients (female: 26,799, male: 18,916) with 331,920 prescriptions were examined in this study. For each drug, the proportion of pediatric patients aged < 16 years ranged from 0.15 to 1.1%, while the proportion of those under the approved age limit in the United States ranged from 0 to 0.27%. Olanzapine had the highest reported proportion. No drugs other than olanzapine were taken under the approved age limit in the United States. Conclusions: We identified the pediatric off-label use of psychotropics that were limited to adult use in Japan. The results indicated the possibility of referring to international guidelines or evidence in clinical practice, but these factors do not discount the existing problems with off-label use. More clinical trials within the pediatric population in Japan are needed to address the issue of off-label use and obtain useful and reliable information in the package inserts for rational use in future pediatric patients.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Real World Dataを用いた薬剤疫学研究の薬事利用に関する一考察 GCP renovationにおける“Fit-for-purpose data quality”の実践

    漆原尚巳, 種村菜奈枝

    医学のあゆみ (医歯薬出版株式会社)  265 ( 11 ) 945 - 951 2018年06月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 臨床試験の品質とは何か 第6回 信頼性の高い臨床試験のために

    小宮山靖, 横堀真, 関根恵理, 花輪道子, 種村菜奈枝

    Clinical Research Professionals (メディカル パブリケーションズ)  62   14 - 27 2017年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 臨床試験の品質とは何か 第5回 信頼性の高い臨床試験のために

    小宮山靖, 横堀真, 関根恵理, 花輪道子, 種村菜奈枝

    Clinical Research Professionals (メディカル パブリケーションズ)  61   16 - 25 2017年08月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 臨床試験の品質とは何か 第4回 信頼性の高い臨床試験のために

    小宮山靖, 横堀真, 関根恵理, 花輪道子, 種村菜奈枝

    Clinical Research Professionals (メディカル パブリケーションズ)  60   16 - 22 2017年06月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 臨床試験の品質とは何か 第3回 信頼性の高い臨床試験のために

    小宮山靖, 横堀真, 関根恵理, 花輪道子, 種村菜奈枝

    Clinical Research Professionals (メディカル パブリケーションズ)  58/59   24 - 32 2017年05月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 初学者を対象とした後ろ向き観察研究を行う上で知っておきたいこと「データの品質管理の意味とそのマネジメントの実践~過去の事例から学べること~」

    種村 菜奈枝

    日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020 (博多) , 2020年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 小児臨床試験の未完遂に至る試験デザインの特徴及びその要因の検討 -欧州からの学び-

    種村菜奈枝, 佐々木剛, 佐藤淳子, 木村正吾, 漆原尚巳

    第40回日本臨床薬理学会学術総会 (東京都) , 2019年12月, 口頭(一般)

  • シンポジウム3「今考える食の情報リテラシー:リスクをもたらす情報,ベネフィットにつながる情報とは」専門家と非専門家のリスク認知の差を解消した食の安全に関する効果的なベネフィット・リスクコミュニケーションの推進を目的とした研究

    種村菜奈枝

    17回 日本機能性食品医用学会総会 (東京都) , 2019年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 本邦における患者参画型臨床研究の取り組みやその認識に関する実態調査

    種村菜奈枝, 佐々木剛, 佐藤淳子, 漆原尚巳

    第40回日本臨床薬理学会学術総会 (東京都) , 2019年12月, 口頭(一般)

  • ワークショップ 2 落とし穴に陥らない臨床研究実践のための極意(入門編)

    オーガナイザー:漆原尚巳,中川俊作、 企画・実行委員長:種村菜奈枝

    第29回 日本医療薬学会年会 (博多) , 2019年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 機能性に係るベネフィット情報の表示乖離解消に向けた有効性の評価系確立に関する検討

    2020年04月
    -
    2022年03月

    公益財団法人ロッテ財団, 第7回研究助成事業 奨励研究助成(A), 種村菜奈枝, その他, 

  • 小児患者やその家族の治療や薬に対する潜在的ニーズの実態調査

    2020年01月
    -
    2020年12月

    テルモ生命科学振興財団, 2019年度 Ⅲ. 研究助成 7.医療安全・レギュラトリーサイエンス研究, 種村菜奈枝, その他,  代表

  • 患者参画の視点を取り入れた小児医薬品開発を推進するための基盤研究

    2019年04月
    -
    2021年03月

    公益財団法人薬学研究奨励財団, 第39回(平成30年度)研究助成金, 種村菜奈枝, その他, 

  • 患者参画の視点を取り入れた小児医薬品開発を推進するための基盤研究

    2018年12月
    -
    2019年11月

    ファイザーヘルスリサーチ振興財団, ファイザーヘルスリサーチ助成, 種村菜奈枝, その他, 

  • 保健機能食品に関する専門家と非専門家のリスク認知の差を解消した効果的なリスクコミュニケーション推進を目的とした研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 種村菜奈枝, 補助金,  代表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学薬学部長賞(研究)

    2019年03月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 感謝状(専門医共通講習(医療倫理))

    種村 菜奈枝, 2019年01月, 第29回 日本頭頚部外科学会総会ならびに学術講演会, 診療と研究の境界を知る 患者さんと共に作るエビデンスの意義

  • 東京ドーム賞(一般演題優秀プレゼンテーション賞)

    種村 菜奈枝, 2018年11月, 第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会 合同年会, 小児患者における向精神薬の適応外使用に関する実態調査 -薬局調剤レセプトデータベースを用いた後ろ向きコホート研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Outstanding reviewer status achieved

    Nanae Tanemura, 2018年07月, Elsevier

  • 大阪大学 課外研究奨励賞(総長賞)

    2004年08月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(医薬品開発規制科学)

    2019年度

  • 演習(医薬品開発規制科学)

    2019年度

  • 卒業研究A

    2019年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2019年度

  • 薬学英語演習O

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 実務実習事前学習

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験

  • 実務実習事前学習(実習)

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験

  • 医薬品の開発と規制

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義

  • 疫学方法論

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 演習

  • 臨床薬物評価特論

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 演習

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • Chiba Cross School Science Festival 2019

    千葉市立千葉高校

    2019年12月

     概要を見る

    SSH交流会での科学に関する研究発表の指導・助言

  • Chiba Cross School Science Festival 2019

    千葉市立千葉高校

    2019年11月

     概要を見る

    SSH交流会での科学に関する研究ポスター発表の指導・助言

  • Critical Path Institute

    2018年08月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床腫瘍薬学会, 

    2019年04月
    -
    継続中
  • 日本医療情報学会, 

    2019年01月
    -
    継続中
  • 日本臨床精神神経薬理学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 日本疫学会, 

    2017年
    -
    継続中
  • 日本臨床薬理学会, 

    2017年
    -
    継続中

全件表示 >>