杉本 芳一 (スギモト ヨシカズ)

Sugimoto, Yoshikazu

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 化学療法学講座 (芝共立)

職名

教授

HP

外部リンク

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1980年03月

    東京大学, 薬学部, 薬学科

    Japan, 大学, 卒業

  • 1985年03月

    東京大学, 薬学系研究科, 生命薬学専攻

    Japan, 大学院, 修了, 博士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学 (Clinical Pharmaceutical Science)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ABCトランスポーター

  • 分子標的治療

  • 抗がん剤耐性

  • 遺伝子治療

 

著書 【 表示 / 非表示

  • がん化学療法・分子標的治療update.

    杉本芳一., 中外医学社, 東京, 2009年10月

    担当範囲: 59-63

  • がん薬物療法学.

    杉本芳一., 大阪/日本臨床社, 2009年01月

    担当範囲: 349-355

  • がんの分子標的治療.

    '野口耕司, 杉本芳一.', 東京/南山堂, 2008年09月

    担当範囲: 278-290

  • 薬剤師生涯研修ガイド.

    杉本芳一., 東京/学校法人医学アカデミー出版部, 2008年05月

    担当範囲: 223-224

  • 薬学の未来を拓く.

    杉本芳一., 東京/慶應義塾, 2008年04月

    担当範囲: 72-81

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of 5-hydroxy-3’,4’,7-trimethoxyflavone (HTMF) and related compounds and elucidation of their reversal effects on BCRP/ABCG2-mediated anticancer drug resistance.

    Tsunekawa R, KatayamaK, Hanaya K, Higashibayashi S, Sugimoto Y, Sugai T.

    CalBioChem 20 ( 2 ) 210 - 220 2019年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Cytotoxicity of sesquiterpene alkaloids from Nuphar plants toward sensitive and drug-resistant cell lines.

    Fukaya M, Nakamura S, Hegazy MEF, Sugimoto Y, Hayashi N, Nakashima S, Yoshikawa M, Efferth, Matsuda H.

    Food Funct 9 ( 12 ) 6279 - 6286 2018年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Cytotoxicity of nimbolide towards multidrug-resistant tumor cells and hypersensitivity via cellular metabolic modulation.

    Mahmoud N, Saeed MEM, Sugimoto Y, Klauck SM, Greten HJ, Efferth T.

    Oncotarget 9 ( 87 ) 35762 - 35779 2018年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • BCR-ABL tyrosine kinase inhibition induces metabolic vulnerability by preventing the integrated stress response in K562 cells.

    Kato Y, Kunimasa K, Sugimoto Y, Tomida A.

    Biochem Biophys Res Commun 504 ( 4 ) 721 - 726 2018年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Repurposing of Bromocriptine for Cancer Therapy.

    Seo EJ, Sugimoto Y, Greten HJ, Efferth T.

    Front Pharmacol 9   1030 2018年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Human ABC transporter ABCG2/BCRP expression in chemoresistance: basic and clinical perspectives for molecular cancer therapeutics.

    Noguchi K, Katayama K, Sugimoto Y*.

    Pharmacogenomics and Personalized Medicine (Dove medical Press)  7   53-64 2014年02月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • トランスポーターの遺伝子多型.

    杉本芳一.

    がん分子標的治療 (メディカルレビュー社)  9(3)   29-35 2011年07月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 分子標的薬.

    杉本芳一.

    薬局 (南山堂)  61(2)   11 2010年02月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 抗悪性腫瘍薬の薬理学・薬力学・薬理遺伝学ー薬物相互作用.

    杉本芳一.

    日本臨床 (日本臨床社)  67, Suppl 1   349-355 2009年01月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 抗癌剤開発における民族差について.

    杉本芳一.

    臨床評価 (/臨床評価刊行会)  33(2)   393-398 2006年04月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • BCR-ABL tyrosine kinase inhibition induces metabolic vulnerability by preventing the integrated stress response in K562 cells.

    Kato K, Kunimasa K, Sugimoto Y, Tomida A.

    The 23rd Japanese Foundation for Cancer Research International Symposium on Cancer Chemotherapy (Tokyo) , 2018年12月, ポスター(一般)

  • Heat shock protein 90 inhibitors overcome the resistance to various Fms-like tyrosine kinase 3 inhibitors.

    Katayama K, Noguchi K, Sugimoto Y.

    The 30th EORTC-NCI-AACR Molecular Targets and Cancer Therapeutics Symposium (Dublin, Ireland) , 2018年11月, ポスター(一般)

  • Poly (ADP-ribose) polymerase1 deficiency is not correlated with rucaparib and veliparib sensitivity in A2780 cells.

    Nonomiya Y, Noguchi K, Katayama K, Sugimoto Y.

    The 30th EORTC-NCI-AACR Molecular Targets and Cancer Therapeutics Symposium (Dublin, Ireland) , 2018年11月, ポスター(一般)

  • IL-10プロモーターにおけるK-RTAとSP1/3の相互作用解析.

    宮澤雅典, 野口耕司, 片山和浩, 杉本芳一.

    第66回日本ウイルス学会学術集会 (京都市) , 2018年10月, ポスター(一般)

  • 患者由来胃がん細胞におけるCD44v陽性細胞の薬剤抵抗性への寄与とそのメカニズム.

    川上隆兵, 馬島哲夫, 熊谷厚志, 杉本芳一, 右田敏郎, 佐野武, 山口研成, 清宮啓之.

    第77回日本癌学会学術総会 (大阪市) , 2018年09月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • がん分子標的治療薬に対する治療抵抗性獲得の分子機構

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 杉本 芳一, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • がん幹細胞の自己複製能と多分化能を制御する因子の解明とがん治療への応用

    2015年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 杉本 芳一, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    SP(+)細胞は、色素Hoechst 33342の排出能を持つ細胞で、幹細胞形質の一つである。ヒト大腸がん細胞由来116/slug-25細胞より分取したSP(+)細胞では、薬物排出トランスポーターABCG2とヒストンアセチル基転移酵素HAT1の発現が上昇し、ヒストンメチル基転移酵素EZH2の発現が低下していた。116/slug-25細胞のSP(+)細胞は、ヒストンのアセチル化/メチル化に関連する酵素の阻害薬により著明に減少した。SP(-)細胞にshRNAライブラリーを導入するスクリーニングにより、細胞のSP(+)形質を制御する遺伝子を得た。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(化学療法学)

    2019年度

  • 演習(化学療法学)

    2019年度

  • 卒業研究A

    2019年度

  • 薬学英語演習K

    2019年度

  • 微生物学実習

    2019年度

全件表示 >>