大谷 壽一 (オオタニ ヒサカズ)

Ohtani, Hisakazu

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 病院薬剤学教室 (信濃町)

職名

教授

HP

外部リンク

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 医療薬学や臨床薬物動態学の楽しさを知っていただければと思います。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 物理薬剤学や生物薬剤学、生化学、薬理学といった基礎薬学から、ヒトにおける臨床試験、患者や医療従事者を対象とした調査、疫学的調査、 医薬品情報、ファーマコメトリクス、IT技術にいたるさまざまな薬学領域の研究手法を活用することにより、おもに市販後の医薬品に関して、臨床的な問題点を解明し、適正かつ有効に使用するための 情報をつくるための研究を行っています。 具体的には、以下のような領域の研究を展開しています。 (1) 薬物の代謝過程やそこでの薬物相互作用の解析とテーラーメード医療への応用 (2) 消化管吸収過程における薬物相互作用の定量的予測 (3) 副作用軽減を目指した投与設計のための in vivo薬物動態・動力学的研究 (4) IT技術やファーマコメトリクスの活用による薬物治療の最適化

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学病院, 薬剤部, 部長

  • 薬学部, 臨床薬学講座, 兼担教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1999年01月

    東京大学医学部 助手(附属病院薬剤部)

  • 1999年01月
    -
    1999年10月

    オータニ・エステート株式会社

  • 1999年11月
    -
    2005年03月

    九州大学, 大学院薬学研究科 製剤設計学分野, 助教授

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    東京大学大学院薬学系研究科 客員助教授

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    東京大学大学院学際情報学府 特任准教授 (兼任)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1990年03月

    東京大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

  • 1990年04月
    -
    1992年03月

    東京大学, 薬学系研究科

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (薬学) Ph.D. (Pharmacy), 東京大学, 論文, 1999年05月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 1990年05月

  • 日本医療薬学会 指導薬剤師, 2003年01月

  • 全国通訳案内士 (英語), 2016年02月

  • 第一種放射線取扱主任者, (2010/10/28 試験合格), 2018年06月

  • 甲種危険物取扱者, 1990年07月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医療薬学 (Clinical Pharmaceutical Science)

  • ライフサイエンス / 薬理学 (Applied Pharmacology)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ファーマコメトリクス

  • 個別化薬物治療

  • 薬物動態の個人差

  • 薬物相互作用

 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Determination of single-molecule transport activity of OATP2B1 by measuring the number of transporter molecules using electrophysiological approach

    Yajima K., Akiyoshi T., Sakamoto K., Suzuki Y., Oka T., Imaoka A., Yamamura H., Kurokawa J., Ohtani H.

    Journal of Pharmacological Sciences (Journal of Pharmacological Sciences)  153 ( 3 ) 153 - 160 2023年11月

    ISSN  13478613

     概要を見る

    Transporter-mediated clearance is determined by two factors, its single-molecule clearance, and expression level. However, no reliable method has been developed to evaluate them separately. This study aimed to develop a reliable method for evaluating the single-molecule activity of membrane transporters, such as organic anion transporting polypeptide (OATP) 2B1. HEK293 cells that co-expressed large conductance calcium-activated potassium (BK) channel and OATP2B1 were established and used for the following experiments. i) BK channel-mediated whole-cell conductance was measured using patch-clamp technique and divided by its unitary conductance to estimate the number of channels on plasma membrane (QI). ii) Using plasma membrane fraction, quantitative targeted absolute proteomics determined the stoichiometric ratio (ρ) of OATP2B1 to BK channel. iii) The uptake of estrone 3-sulfate was evaluated to calculate the Michaelis constant and uptake clearance (CL) per cell. Single-molecule clearance (CLint) was calculated by dividing CL by QI·ρ. QI and ρ values were estimated to be 916 and 2.16, respectively, yielding CLint of 5.23 fL/min/molecule. We successfully developed a novel method to reliably measure the single-molecule activity of a transporter, which could be used to evaluate the influences of factors such as genetic variations and post-translational modifications on the intrinsic activity of transporters.

  • Irinotecan-induced gastrointestinal damage alters the expression of peptide transporter 1 and absorption of cephalexin in rats

    Imaoka A., Hattori T., Akiyoshi T., Ohtani H.

    Biopharmaceutics and Drug Disposition (Biopharmaceutics and Drug Disposition)  44 ( 5 ) 372 - 379 2023年10月

    ISSN  01422782

     概要を見る

    Irinotecan causes severe gastrointestinal damage, which may affect the expression of intestinal transporters. However, neither the expression of peptide transporter 1 (Pept1) nor the pharmacokinetics of Pept1 substrate drugs has been investigated under irinotecan-induced gastrointestinal damage. Therefore, the present study quantitatively investigated the effects of irinotecan-induced gastrointestinal damage on the intestinal expression of Pept1 and absorption of cephalexin (CEX), a typical Pept1 substrate, in rats. Irinotecan was administered intravenously to rats for 4 days to induce gastrointestinal damage. The expression of Pept1 mRNA and the Pept1 protein in the upper, middle, and lower segments of the small intestine of irinotecan-treated rats was assessed by quantitative real-time polymerase chain reaction (PCR) and western blotting, respectively. The pharmacokinetic profile of CEX was examined after its oral or intravenous administration (10 mg/kg). In irinotecan-treated rats, ∼2-fold increases in Pept1 protein levels were observed in all three segments, whereas mRNA levels remained unchanged. The oral bioavailability of CEX significantly decreased to 76% of that in control rats. The decrease in passive diffusion caused by intestinal damage may have overcome the increase in Pept1-mediated uptake. In conclusion, irinotecan may decrease the intestinal absorption of Pept1 substrate drugs; however, it increased the expression of intestinal Pept1.

  • 多発性骨髄腫患者におけるダラツムマブ皮下投与時の有害事象に対するジフェンヒドラミンとレボセチリジン前処置の比較

    末廣 直哉, 長島 彩乃, 西川 はる, 鈴川 真由, 櫻井 洋臣, 村松 博, 青森 達, 大谷 壽一

    医療薬学 ((一社)日本医療薬学会)  49 ( 8 ) 303 - 309 2023年08月

    ISSN  1346-342X

     概要を見る

    当院で2021年8月~2022年7月に多発性骨髄腫に対してダラツムマブ皮下投与を新規に開始した患者31例を対象とし、前処置薬にジフェンヒドラミンを使用した群(7例)とレボセチリジンを使用した群(24例)に分け、Infusion reaction(IR)の発現頻度と、治療後の眠気の発現頻度を群間比較した。IRの発現は両群とも認めなかった。眠気はジフェンヒドラミン群の2例(29%)、レボセチリジン群の1例(4例)に認め、ジフェンヒドラミン群で頻度が高い傾向にあった。

  • The influence of temperature on the metabolic activity of CYP2C9, CYP2C19, and CYP3A4 genetic variants in vitro

    Kojima M., Machida K., Cho S., Watanabe D., Seki H., Shimoji M., Imaoka A., Yamazaki H., Guengerich F.P., Nakamura K., Yamamoto K., Akiyoshi T., Ohtani H.

    Xenobiotica (Xenobiotica)  53 ( 5 ) 357 - 365 2023年

    ISSN  00498254

     概要を見る

    1. Temperature is considered to affect the activity of drug-metabolizing enzymes; however, no previous studies have compared temperature dependency among cytochrome P450 genetic variants. This study aimed to analyse warfarin 7-hydroxylation by CYP2C9 variants; omeprazole 5-hydroxylation by CYP2C19 variants; and midazolam 1-hydroxylation by CYP3A4 variants at 34 °C, 37 °C, and 40 °C. 2. Compared with that seen at 37 °C, the intrinsic clearance rates (V max/K m) of CYP2C9.1 and.2 were decreased (76 ∼ 82%), while that of CYP2C9.3 was unchanged at 34 °C. At 40 °C, CYP2C9.1,.2, and.3 exhibited increased (121%), unchanged and decreased (87%) intrinsic clearance rates, respectively. At 34 °C, the clearance rates of CYP2C19.1A and.10 were decreased (71 ∼ 86%), that of CYP2C19.1B was unchanged, and those of CYP2C19.8 and.23 were increased (130 ∼ 134%). At 40 °C, the clearance rates of CYP2C19.1A,.1B,.10, and.23 remained unaffected, while that of CYP2C19.8 was decreased (74%). At 34 °C, the clearance rates of CYP3A4.1 and.16 were decreased (79 ∼ 84%), those of CYP3A4.2 and.7 were unchanged, and that of CYP3A4.18 was slightly increased (112%). At 40 °C, the clearance rate of CYP3A4.1 remained unaffected, while those of CYP3A4.2,.7,.16, and.18 were decreased (58 ∼ 82%). 3. These findings may be clinically useful for dose optimisation in patients with hypothermia or hyperthermia.

  • Comparison of the transport kinetics of fexofenadine and its pH dependency among OATP1A2 genetic variants

    Han H., Akiyoshi T., Morita T., Kataoka H., Katayama K., Yajima K., Imaoka A., Ohtani H.

    Drug Metabolism and Pharmacokinetics (Drug Metabolism and Pharmacokinetics)  47   100470 2022年12月

    研究論文(学術雑誌), 最終著者, 責任著者, 査読有り,  ISSN  13474367

     概要を見る

    Little is known about the influence of non-synonymous genetic variations in the organic anion-transporting polypeptide (OATP) 1A2 on the transport kinetics of its substrate fexofenadine. Moreover, the pH-dependency of fexofenadine uptake also remains unclear. This study aimed to evaluate the effects of genetic variants (Ile13Thr, Asn128Tyr, Glu172Asp, Ala187Thr, and Thr668Ser) on the OATP1A2-mediated uptake of fexofenadine at pH 6.3 and 7.4 and compare the pH dependency of OATP1A2-mediated uptake of fexofenadine and estrone 3-sulfate. The uptake clearances of 0.3 μM and 300 μM fexofenadine were compared with those of 0.3 μM and 300 μM estrone 3-sulfate at pH 6.3 and 7.4. Among the six variants examined, the Thr668Ser variant showed the highest fexofenadine uptake clearance (Vmax/Km); i.e., 4.53- and 6.28-fold higher uptake clearance than the wild type at pH 6.3 and 7.4, respectively. All variants exhibited significantly higher fexofenadine uptake at pH 6.3 than at pH 7.4. Compared with estrone 3-sulfate uptake, the uptake of 0.3 μM fexofenadine was less sensitive to pH. Our findings suggest that genetic variations in OATP1A2 may lead to altered intestinal absorption of fexofenadine, such as increased absorption in subjects bearing the Thr668Ser variant, which showed higher uptake activity.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 骨髄腫の薬物治療の留意点 薬物動態と薬物相互作用の視点から(Pharmacokinetic aspects of drugs used for the treatment of myeloma)

    大谷 壽一

    International Journal of Myeloma ((一社)日本骨髄腫学会)  13 ( 3 ) 95 - 95 2023年05月

  • 薬物相互作用の科学的評価とpersonalized medicationへの応用

    大谷 壽一

    TDM研究 ((一社)日本TDM学会)  39 ( 2 ) 38 - 38 2022年05月

    ISSN  0911-1026

  • MeDaCaアプリを活用した妊娠・授乳と薬相談 オンライン相談の取り組み

    櫻井 しおり, 三浦 あす美, 鈴木 靖奈, 小谷 宙, 清宮 啓介, 村松 博, 青森 達, 大谷 壽一

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  142年会   27PO1 - pm2 2022年03月

    ISSN  0918-9823

  • OATP1A2 variantsの輸送活性に対する温度の影響

    片岡 寛樹, 冬木 陽大, 秋好 健志, 森田 時生, 矢島 広大, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 大谷 壽一

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  142年会   27PO6 - am1 2022年03月

    ISSN  0918-9823

  • 消化管吸収過程におけるP糖蛋白質を介した薬物相互作用のin vitro ATPase活性からの予測

    土谷 聡耀, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  142年会   27PO5 - am2 2022年03月

    ISSN  0918-9823

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Drug-beverage interaction

    Hisakazu Ohtani

    29th Dubai International Pharmaceutical & Technologies Conference & Exhibition - DUPHAT (Dubai) , 

    2023年01月

    口頭発表(招待・特別)

  • Pharmacy education in Japan - Clinical rotation and preceptorship -

    大谷 壽一

    Seminar National. Asosiasi Pendidikan Tinggi Farmasi Indonesia (APTFI) II (バンジャルマシン、インドネシア) , 

    2017年11月

    口頭発表(招待・特別), インドネシア薬学高等教育協会

  • 医療連携で薬剤師に求められる臨床薬物動態学の基本

    大谷 壽一

    日本薬学会関東支部 薬剤師向け研修講演会 (前橋) , 

    2017年10月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 日本薬学会関東支部

    yakuzaishi2017.pdf

  • 受理される論文・されない論文

    大谷 壽一

    第1回 医療薬学教育セミナー (東京) , 

    2017年04月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 日本医療薬学会

  • フェノバルビタールと活性炭の相互作用は食事により減弱する

    今岡 鮎子, 小形 有香, 秋好 健志,大谷 壽一

    日本薬学会第 137 年会 (仙台) , 

    2017年03月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • CYP2Cs及びOATPsを介した薬物ー飲食物間相互作用とその個人差の定量的解明

    2018年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 大谷壽一, 補助金,  研究代表者

  • CYP2Cs及びOATPsを介した薬物-飲食物間相互作用とその個人差の定量的解明

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大谷 壽一, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本研究では、CYP2C9, CYP2C19, OATP1A2, OATP2B1 を介した相互作用に個人差をもたらす遺伝的要因を定量的に解明することを目的に、これらの遺伝的バリアント (アミノ酸変異を伴うもの) の代謝/輸送活性に対する各種飲食物成分の阻害特性を定量的に評価することを目的としている。
    本年度は、まずCYP2C9についてCYP2C9.1, .2, .3 の3種のバリアントにおいて、代謝活性に対する飲食物成分(レスベラトロール及びセサミン)の阻害特性を比較検討した。その結果、セサミンはいずれのバリアントに対しても時間依存的阻害を示したが、その阻害強度 (kinact/KI) はバリアント間で大きく異なった。一方、興味深いことにレスベラトロールはCYP2C9.2に対してのみ時間依存的阻害を示した。
    CYP2C19に関しては、昨年より継続している6種の遺伝的バリアントについての詳細なキネティクス解析を終えて国際学会で発表した。現在、基質の種類を変更して同様の解析を実施している。さらに、レスベラトロール、ベルガモチン、ジヒドロキシベルガモチンに関して、6種の遺伝的バリアントに対する阻害特性及び阻害強度の解析を進めており、いずれの阻害様式も主に時間依存的阻害であることが示された。
    OATPs に関しては、天然果汁由来OATP1A2阻害成分として、ナリンギン、ナリンゲニンに加えて、かんきつ果汁から、強い阻害作用を有するナリルチンを同定し、その阻害特性を解析し、学会発表した。また、OATP2B1については、クランベリーに強い阻害作用を有するか区分を見出し、現在、その単離同定を進めている。
    研究対象としているCYP2C9, CYP2C19, OATP1A2, OATP2B1 について、それぞれの遺伝的バリアントの機能を評価する系が順調に確立稼働し、各種飲食物の影響が順次定量的に評価されている。そして、飲食物から新たな阻害成分 (ナリルチン) を発見することもできた。また、研究1年目の成果については、国際学会や国際誌にその成果が発表された。今後も学会発表も継続される予定である。
    今後は、飲食物由来の各種阻害剤について阻害様式の評価や阻害特性の定量的評価を行うとともに、さまざまな飲食物について広くサーチし、新たな阻害成分の同定につとめる。併せて、バリアント間での阻害様式の差異や、それをもたらす機構についても解明を進めていきたい。また、得られた成果をもとに、薬物-飲食物間相互作用の臨床的インパクトを評価するための IVIVE (in vitro-to-in vivo extrapolation) についても実施する予定である。

  • 薬物−飲食物間相互作用の強度に個人差をもたらす遺伝的要因の解明

    2015年04月
    -
    2018年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 大谷壽一, 補助金,  研究代表者

  • 薬物-飲食物間相互作用の強度に個人差をもたらす遺伝的要因の解明

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大谷 壽一、秋好 健志, 今岡 鮎子, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    薬物代謝酵素 CYP3A4 の遺伝的 variants を用いた検討から、阻害剤の阻害特性に対して遺伝的変異がもたらす影響は、阻害剤の種類や、評価に用いる基質によって異なることが明らかとなった。また、CYP2C9 や CYP2C19 を用いた検討からは、飲食物に含まれるさまざまな阻害剤の阻害様式は、CYP3A4, 2C9, 2C19 といった isoform 間で様々であり、臨床的に寄与する阻害特性を考慮に入れた検討が必要であることがわかった。
    薬物トランスポータ OATP1A2 および OATP2B1 を用いた検討から、グレープフルーツジュース中に新規の阻害成分が含まれる可能性を見出した。

  • P450のMBIを介した薬物相互作用に個人差をもたらす遺伝的要因の定量的解明

    2012年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 大谷壽一、山本 康次郎, 秋好 健志, 山崎 浩史, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    薬物相互作用 (くすりの飲み合わせ) の起こりやすさには個人差がある。特に、薬物相互作用の中でも、薬物酸化代謝酵素である P450 の不可逆的な阻害は、臨床上問題となっていることから、本研究では、P450 の不可逆的な阻害を介した薬物相互作用のリスクが、遺伝的な要因によってどの程度影響を受けるかについて、さまざまな遺伝的変異型 P450 酵素分子 (CYP3A4, 2D6 変異型) を用いて、in vitro (試験管レベルの) 酵素実験を行い、解析した。その結果、薬物代謝酵素の阻害を介した薬物相互作用は、さまざまな程度で、遺伝的要因の影響を受けることが明らかになった。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本医療薬学会奨励賞

    2007年09月, 日本医療薬学会, 薬物動態・動力学の活用によるテーラーメイド処方設計支援システムの基盤技術の確立

  • 年会優秀発表賞

    "丹羽しおり, 秋好健志, 今岡鮎子, 大谷壽一.", 2014年03月, 日本薬学会第134年会, In vitro データをもとにした、CYP2D6 variants における paroxetine の非線型体内動態の予測.

  • 最優秀ポスター賞

    "三井梨恵子, 秋好健志, 今岡鮎子, 大谷壽一.", 2013年08月, 医薬品情報学会 (第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会), 免疫抑制剤、βblocker、ステロイドの低用量域における全身性副作用の用量依存性評価.

  • 優秀発表賞

    "○青野いづみ, 桑原亜記, 今井奈津美, 剱田侑希, 手塚淑人, 門田佳子, 小林典子, 鈴木小夜, 大谷壽一, 佐伯晴子, 木津純子.", 2013年03月, 日本薬学会第133年会, 学生主体で構築した新たな服薬指導事前実習の評価.

  • 優秀ポスター賞

    "秋好健志, 齊藤隆志, 村瀬沙織, 宮崎光江, 中村克徳, 中村智徳, Guengerich F, Peter, 山本康次郎, 大谷壽一.", 2010年07月, 医療薬学フォーラム2010/第18回クリニカルファーマシーシンポジウム, CYP3A4 変異型分子種の代謝活性に対する阻害剤の阻害強度の比較.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(臨床薬学)

    2024年度

  • 演習(臨床薬学)

    2024年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2024年度

  • 実務実習事前学習2

    2024年度

  • 看護のための薬理学

    2024年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 薬学への招待

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期, 講義

  • C16(2)剤形をつくる

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    秋学期, 講義

  • C15(3)テーラーメイド薬物治療を目指して

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期, 講義, 専任

  • 臨床物理薬剤・製剤学

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期, 講義

  • 老年薬学と在宅医療

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    秋学期, 講義

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 第3回アジア薬科大学連合 Deans Forum "Regional Harmonization of Pharmacy Education in Asia" (組織委員・座長・ポスター発表)

    2014年06月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 陸上自衛隊 予備自衛官

    2011年11月
    -
    継続中

     概要を見る

    衛生科薬剤官 (予備2等陸佐)

メディア報道 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会, 

    1990年
    -
    継続中
  • 日本医療薬学会, 

    1997年
    -
    継続中
  • 日本医薬品情報学会

     
  • 日本薬理学会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年10月
    -
    2029年09月

    連携会員, 日本学術会議

  • 2019年02月
    -
    継続中

    臨時委員, 薬事・食品衛生審議会

     特記事項を見る

    医薬品第一部会

  • 2009年05月
    -
    継続中

    専門委員, 医薬品医療機器総合機構

  • 2010年04月
    -
    継続中

    学術評議員, 日本薬理学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    委員, 公財)法人MR認定センター (旧: (財) 医薬情報担当者教育センター) 試験委員会

全件表示 >>