榎木 裕紀 (エノキ ユウキ)

Enoki, Yuki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬効解析学講座 (芝共立)

職名

助教

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 調剤と情報-高齢者の低栄養と薬-

    榎木 裕紀松元 一明, じほう, 2018年10月

    担当範囲: 高齢者が低栄養になるとどうなる?-体内動態の変化と服薬上のリスク-

  • 新薬展望2018

    松元 一明榎木 裕紀, 医薬ジャーナル, 2018年02月

    担当範囲: 抗菌薬

論文 【 表示 / 非表示

  • The monitoring of vancomycin: a systematic review and meta-analyses of area under the concentration-time curve-guided dosing and trough-guided dosing.

    Tsutsuura M, Moriyama H, Kojima N, Mizukami Y, Tashiro S, Osa S, Enoki Y, Taguchi K, Oda K, Fujii S, Takahashi Y, Hamada Y, Kimura T, Takesue Y, Matsumoto K

    BMC infectious diseases 21 ( 1 ) 153 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • The optimal trough-guided monitoring of vancomycin in children: Systematic review and meta-analyses.

    Moriyama H, Tsutsuura M, Kojima N, Mizukami Y, Tashiro S, Osa S, Enoki Y, Taguchi K, Oda K, Fujii S, Takahashi Y, Hamada Y, Kimura T, Takesue Y, Matsumoto K

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  1341-321X

  • Pharmacokinetics/Pharmacodynamics Evaluation of Flomoxef against Extended-Spectrum Beta-Lactamase-Producing Escherichia coli In Vitro and In Vivo in a Murine Thigh Infection Model.

    Tashiro S, Hayashi M, Takemura W, Igarashi Y, Liu X, Mizukami Y, Kojima N, Enoki Y, Taguchi K, Yokoyama Y, Nakamura T, Matsumoto K

    Pharmaceutical research 2021年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0724-8741

  • Rational dosage regimens for cephalothin and cefazolin using pharmacokinetics and pharmacodynamics analysis in healthy horses.

    Kuroda T, Minamijima Y, Niwa H, Tamura N, Mita H, Fukuda K, Kaimachi M, Suzuki Y, Enoki Y, Taguchi K, Matsumoto K, Toutain PL, Bousquet-Melou A, Kasashima Y

    Equine veterinary journal 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0425-1644

  • Remdesivir for the treatment of coronavirus COVID-19: A meta-analysis of randomised controlled trials.

    Enoki Y, Igarashi Y, Watabe Y, Honma K, Suzuki Y, Hayashi Y, Hiraoka K, Taguchi K, Matsumoto K

    Journal of global antimicrobial resistance 24   81 - 82 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  2213-7165

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • フルコナゾールの血中濃度が定常状態に達するまでに時間を要した移植後患者の一例

    坂本 靖宜, 松元 一明, 磯野 ひかる, 小池 博文, 榎木 裕紀, 田口 和明, 萩原 真紀, 松本 憲二, 中島 秀明, 佐橋 幸子

    日本薬理学会年会要旨集 (公益社団法人 日本薬理学会)  93 ( 0 ) 2 - O-036 2020年

    その他記事, 共著

     概要を見る

    <p>[Introduction]</p><p>Fluconazole is anti-fungal agent widely used to prophylaxis and treatment. In the ECIL6 Guidelines, it is recommended that the dose of FLCZ for treatment should be established as ≥10 to 15 mg/mL, which is a trough level. We report a patient in whom a specific interval was required until the blood concentration of FLCZ reached a steady state.</p><p>[Case]</p><p>The patient was a 50-year-old male. To treat acute lymphocytic leukemia, remission induction and consolidation therapies were performed. After remission was achieved, umbilical cord blood transplantation was conducted. On Day 18, graft survival was confirmed. A blood culture test on Day 27 detected yeast-like fungus. Micafungin (MCFG) at 150 mg, used for empiric therapy, was switched to liposomal amphotericin B (L-AMB) at 3 mg/kg. On Day 36, renal hypofunction was noted, and L-AMB was switched to MCFG at 150 mg. On Day 65, there was a decrease in the β-D-glucan level from ≥600 to 375.2 pg/mL, and MCFG at 150 mg was switched to FLCZ at 200 mg. On Day 71, the trough level of FLCZ was 21.0 mg/mL, and its concentration 2 hours after administration was 24.4 mg/mL. The β-D-glucan level was 232.1 pg/mL. On Day 79, the trough and 2-hour levels of FLCZ were 30.6 and 32.1 mg/mL, respectively, and the β-D-glucan level was 167.6 pg/mL. On Day 85, the trough level of FLCZ was 38.4 mg/mL, and the β-D-glucan level was 161.4 pg/mL. Subsequently, blood culture was negative, and FLCZ administration was continued until Day 229. During the administration period, the creatinine clearance ranged from 33.0 to 45.9 mL/min.</p><p>[Discussion]</p><p>The half-life of FLCZ is approximately 30 hours. Its clearance depends on the renal function. In the present case, a target trough level was achieved in the early phase, but the blood concentration of FLCZ increased with the prolongation of the administration period. Therefore, the appearance of central nervous toxicity must be considered. In the future, it may be necessary to establish individualized, optimized FLCZ dosimetry in accordance with the renal function for the optimal use of FLCZ.</p>

  • Factorial Analysis of <i>Clostridioides Difficile</i> Colitis and Pseudomembranous Colitis Using JADER

    Takaya Risako, Misawa Kana, Tashiro Sho, Enoki Yuki, Taguchi Kazuaki, Matsumoto Kazuaki

    BPB Reports (公益社団法人 日本薬学会)  3 ( 1 ) 1 - 6 2020年

    その他記事, 共著

     概要を見る

    <p><i>Clostridioides difficile</i> (<i>C</i>. <i>difficile</i>) colitis and pseudomembranous colitis are known as healthcare-associated intestinal infections. In this study, the incidence of <i>C. difficile</i> colitis and pseudomembranous colitis was investigated using the Japanese Adverse Drug Event Report (JADER). Using JADER data between April 2004 and September 2017, the patient who developed <i>C. difficile</i> colitis and pseudomembranous colitis were investigated. During the study period, 375 cases of <i>C. difficile</i> colitis and 903 cases of pseudomembranous colitis were reported. The numbers of reported cases of both <i>C. difficile</i> colitis and pseudomembranous colitis were largest in those in their 70s, accounting for 24.7% and 25.6%, respectively. Patients in their 60s-90s comprised the majority of all patients with both <i>C. difficile</i> colitis and pseudomembranous colitis. Both <i>C. difficile</i> colitis and pseudomembranous colitis were caused by antibiotics in many patients, and signals of all antibiotics were detected. In <i>C. difficile</i> colitis, signals of immunosuppressants, corticosteroids, and alkylating drugs were also detected among drugs other than antibiotics. For pseudomembranous colitis, the use of molecularly targeted drugs, antimetabolic drugs, and corticosteroids was reported other than antibiotics. Using JADER, we revealed risk factors for the development of <i>C. difficile</i> colitis and pseudomembranous colitis, and firstly revealed that molecularly targeted drugs other than antibiotics could also be potential risk factors. Our findings may be useful for the early detection of drug-induced <i>C. difficile</i> colitis and pseudomembranous colitis.</p>

  • 土-P2-280 異常ファーマコキネティクスを示したフェニトイン投与患者における要因解析(TDM・投与設計,ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来)

    平田 憲史郎, 猿渡 淳二, 渡邊 博志, 丸山 徹, 福永 栄子, 岩田 一史, 浦田 由紀乃, 四郎園 巧, 上田 賢太郎, 合澤 啓二, 陣上 祥子, 榎木 裕紀, 前田 仁志

    日本医療薬学会年会講演要旨集 (一般社団法人 日本医療薬学会)  23 ( 0 )  2013年

    その他記事, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 腎機能障害を伴う高齢者におけるダプトマイシンのクリアランスと各種腎機能評価法に関する検討

    佐村 優, 高田 啓介, 山本 理紗子, 伊藤 勇人, 南雲 史雄, 内田 仁樹, 倉田 武徳, 腰岡 桜, 榎木 裕紀, 田口 和明, 谷川 浩司, 松元 一明

    日本腎臓病薬物療法学会誌, 2020年11月, その他, 日本腎臓病薬物療法学会

  • Clostridioides difficile感染症に対するメトロニダゾールとバンコマイシンの有効性及び安全性評価

    三澤 可奈, 池谷 修, 榎木 裕紀, 田口 和明, 松元 一明, 宇野 俊介, 上蓑 義典, 長谷川 直樹

    日本化学療法学会雑誌, 2020年09月, その他, (公社)日本化学療法学会

  • 非好中球減少患者のカンジダ血症におけるアゾール系薬とポリエン系薬の有効性及び安全性に関するsystematic review、メタ解析

    長 邑花, 田代 渉, 五十嵐 裕貴, 劉 小茜, 榎木 裕紀, 田口 和明, 真弓 俊彦, 竹末 芳生, 松元 一明, 渡部 佑樹

    日本化学療法学会雑誌, 2020年09月, その他, (公社)日本化学療法学会

  • 造血器腫瘍患者及びそれ以外の患者におけるcandida血症の原因菌と薬剤感受性比較

    坂本 靖宜, 鈴木 智代, 川邊 一寛, 榎木 裕紀, 田口 和明, 加藤 英明, 松元 一明, 小池 博文, 佐橋 幸子

    日本化学療法学会雑誌, 2020年09月, その他, (公社)日本化学療法学会

  • 造血器腫瘍患者におけるフルコナゾールの母集団薬物動態解析

    坂本 靖宜, 磯野 ひかる, 榎木 裕紀, 田口 和明, 松元 一明, 萩原 真紀, 松本 憲二, 小池 博文, 中島 秀明, 佐橋 幸子

    日本化学療法学会雑誌, 2020年09月, その他, (公社)日本化学療法学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 筋作動因子-尿毒症物質クロストークを標的としたCKD誘発サルコペニアの治療戦略

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 榎木 裕紀, 若手研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究は、慢性腎臓病誘発サルコペニアにおける筋作動因子および尿毒症物質のプロファイルによる病態構造を基盤としたサルコペニアの予防・診断ならびに新規治療戦略を構築するための基盤的情報を明らかにすることである。そのため、本年は、慢性腎臓病誘発サルコペニアモデルマウスを用いて、骨格筋萎縮病態形成の経過について検討し、それに伴う筋作動因子の変動について検討した。慢性腎臓病モデル作製後、4、8、12週と経過するに伴い、体重、腓腹筋、前脛骨筋、ヒラメ筋の重量が減少した。また骨格筋萎縮関連遺伝子である、atrogin-1遺伝子発現は増加し、骨格筋断面積も減少した。顕著な差は12週から認められたものの、8週目においても上述した筋萎縮関連因子の変動が認められた。また骨格筋ミトコンドリア活性を指標としたコハク酸デヒドロゲナーゼ染色による筋線維タイプの検討において、モデルの経過に従い、ミトコンドリア活性の低下が観察された。慢性腎臓病によって持続的にサルコペニア病態が誘導されていることを確認した。そこで骨格筋における各種筋作動因子の発現について評価した。骨格筋の萎縮や筋タンパク分解との関与が報告されているmyostatinは、経月的に増加していた。しかし炎症因子であるmif発現に変動は認められなかった。一方、骨格筋肥大との関連が報告されている筋作動因子であるirisinについては8週目において一過性の上昇が観察されたものの、12週においては減少していた。また筋肥大作用を有する成長因子であるigf-1に変化はみられなかった。
    慢性腎臓病誘発サルコペニアモデルの作製に成功し、それに伴う筋作動因子の発現について検討できている。すでに尿毒症物質を吸着する活性吸着炭(AST-120)を用いた検討を進めており、今後経過について評価する予定である。以上のことから概ね順調に進展している。
    今後は、現在進行中である慢性腎臓病誘発サルコペニアモデルに対するAST-120投与による筋作動因子への影響について評価を行う。また2次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)モデルの作製とSHPT治療薬の筋作動因子の発現に及ぼす影響について検討を進める。In vitro培養細胞を用いた検討により尿毒症物質が筋作動因子発現に及ぼす影響とその発現機序について検討を進める。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 真菌症フォーラム2020奨励賞

    榎木裕紀他, 2020年12月, 日本医真菌学会, カンジダ血症におけるカテーテル抜去の有用性に関する検討:ランダム化比較 試験のサブグループ解析に基づく検証

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(薬効解析学)

    2021年度

  • 演習(薬効解析学)

    2021年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 実務実習事前学習4

    2021年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2021年度

全件表示 >>