榎木 裕紀 (エノキ ユウキ)

Enoki, Yuki

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬効解析学講座 (芝共立)

職名

助教

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 調剤と情報-高齢者の低栄養と薬-

    榎木 裕紀松元 一明, じほう, 2018年10月

    担当範囲: 高齢者が低栄養になるとどうなる?-体内動態の変化と服薬上のリスク-

  • 新薬展望2018

    松元 一明榎木 裕紀, 医薬ジャーナル, 2018年02月

    担当範囲: 抗菌薬

論文 【 表示 / 非表示

  • Carbon monoxide rescues the developmental lethality of experimental rat models of rhabdomyolysis-induced acute kidney injury.

    Taguchi K, Ogaki S, Nagasaki T, Yanagisawa H, Nishida K, Maeda H, Enoki Y, Matsumoto K, Sekijima H, Ooi K, Ishima Y, Watanabe H, Fukagawa M, Otagiri M, Maruyama T

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 372 ( 3 ) 355 - 365 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  0022-3565

  • Experimental verification of factors influencing calcium salt formation based on a survey of the development of ceftriaxone-induced gallstone-related disorder

    Ito R., Yoshida A., Taguchi K., Enoki Y., Yokoyama Y., Matsumoto K.

    Journal of Infection and Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  25 ( 12 ) 972 - 978 2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  1341321X

     概要を見る

    © 2019 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases Ceftriaxone (CTRX) forms salts with calcium (Ca) in the gall bladder and bile duct, and induces the formation of gallstones. In this study, factors of CTRX-induced gallstone formation were extracted from the results of a retrospective survey using the Japanese Adverse Drug Event Report (JADER), and the causal relationship between the factors and gallstone formation was investigated. From JADER, 136 patients who developed ‘gallstone-related disorder’ with CTRX as a suspected drug were extracted. The incidence of gallstone-induced adverse effects was high in patients treated with CTRX at a dose exceeding the normal daily dose and in children younger than 10 years old, suggesting that CTRX at a high level is a factor for gallstone formation. Thus, after mixing CTRX and Ca2+ at different concentrations under different pH condition, the number of particles in the solutions was measured using a Coulter counter. As a result, the number of minute particles significantly increased at all pH values when Ca2+ and CTRX were mixed at a concentration of 10 mEq/L or higher and 1.5 g/L or higher, respectively. At pH 6.5 or 7.0, visible crystals were detected when 25 mEq/L of Ca2+ and 2.0 g/L of CTRX were mixed. Based on these findings, attention should be sufficiently paid to the development of ‘gallstone-related disorder’ in pediatric patients and in patients treated with CTRX at a dose exceeding the normal dose. Furthermore, gallstone formation and growth may be promoted when CTRX and Ca2+ coexist at high concentrations under low pH conditions.

  • ヘパリン類似物質含有製剤の選択に有用な情報構築に関する検討

    6. 石渡 涼子,榎木 裕紀,横山 雄太,田口 和明, 木津 純子,松元 一明

    日本老年薬学会雑誌 (日本老年薬学会)  2 ( 2 ) 19 - 26 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    保湿剤として臨床現場で汎用されているヘパリン類似物質ソフト軟膏5銘柄(A、B、C、D、E)とクリーム6銘柄(F、G、H、I、J、K)を用いて、患者に適した薬剤を選択する際に役立つ情報を構築するために、製剤学的特性(展延性、稠度)、使用感および角質水分量の変化に関する研究を行った。ソフト軟膏ではAの延びが最も低く、最も軟らかい製剤はEであった。クリーム製剤ではFの延びが最も低く、最も硬い製剤はFであった。ソフト軟膏製剤間の使用感比較では、最も使いやすいとされた製剤、使いにくいとされた製剤はいずれもDであり、クリーム製剤では最も使いやすいとされたのはJ、最も使いにくいとされたのはHであった。ソフト軟膏塗布後の角質水分量の変化量に関して銘柄間で差はみられず、クリーム製剤では銘柄Fが銘柄JおよびKと比較して有意に角質水分量の増加がみられた。

  • Evaluation for optimal dosing of vancomycin in patients with different physical types

    Hashimoto M., Iketani O., Ichinose N., Enoki Y., Taguchi K., Uno S., Uwamino Y., Hasegawa N., Matsumoto K.

    Journal of Infection and Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  25 ( 9 ) 735 - 737 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  1341321X

     概要を見る

    © 2019 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases The sufficient dose to obtain an optimal trough concentration of vancomycin (VCM) in patients with non-standard physical types remains controversial. In this study, we examined the relationship between the dose and physical type in patients in whom an optimal trough concentration was obtained among VCM-treated patients. We retrospectively investigated the dose of VCM and physical type in patients treated with VCM between January 2012 and January 2017 at two medical institutions (n = 272). The physical type was classified using the body mass index (BMI). Patients with a BMI of <18.5 kg/m2 were assigned to the lean group, those with a BMI of 18.5–24.9 kg/m2 were assigned to the standard group, and those with a BMI of ≥25 kg/m2 were assigned to the obesity group. The mean doses of VCM per time (mg/kg) to achieve the target trough concentration of VCM, 15–20 μg/mL, were 19.8 ± 4.3, 16.5 ± 3.7, and 13.7 ± 2.7 mg/kg in the lean, standard, and obesity groups, respectively. The dose per time to achieve the target trough concentration decreased significantly in association with an increase of BMI. The upper limit of the recommended dose (15–20 mg/kg) or higher in lean patients, and the lower dose in obese patients than the recommended dose might be appropriate to achieve the target trough concentration when we calculated the dose per time based on actual body weight.

  • Age-associated theophylline metabolic activity corresponds to the ratio of 1,3-dimethyluric acid to theophylline in mice

    Kuroda Y., Taguchi K., Enoki Y., Matsumoto K., Hori S., Kizu J.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin (Biological and Pharmaceutical Bulletin)  42 ( 8 ) 1423 - 1427 2019年

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  09186158

     概要を見る

    © 2019 The Pharmaceutical Society of Japan. Age is known as one of influencing factor for theophylline (TP)-metabolizing capacity. In a previous our study, the ratio of TP and its major metabolite 1,3-dimethyluric acid (DMU) in serum (DMU/TP) is a useful index to estimate TP-metabolizing capacity, and this value markedly increased by influencing factor, such as the history of smoking. However, it is unknown whether DMU/TP values in serum reflect age-associated changes of TP-metabolizing capacity. In this study, the effect of age on the DMU/TP values in serum were investigated using mice of different age due to the limited blood sampling in human. The concentrations of TP and its metabolites in mouse serum were simultaneously measured using HPLC. As observed in human serum, serum TP concentrations were closely correlated with DMU concentration in mice, which indicates that the DMU/TP ratio is a good indicator of TP metabolic ability in mice. When TP was administered subcutaneously in 2?8-week-old mice, age-associated changes in the DMU/TP ratio in mice were observed. In conclusion, age-associated changes in TP-metabolizing capacity can be estimated by the DMU/TP ratio in serum.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • LC-MS/MSにおけるヒト、マウス及びラット血漿中Nivolumab測定方法の開発

    大内 麻由, 柳下 薫寛, 山田 穂高, 榎木 裕紀, 田口 和明, 松元 一明, 濱田 哲暢

    臨床薬理, 2019年11月, (一社)日本臨床薬理学会

  • ダプトマイシンによりクレアチニンキナーゼが上昇した肥満患者

    榎木裕紀,山本理紗子,佐村優,田口和明,松元一明

    第67回日本化学療法学会総会 (東京) , 2019年05月, ポスター(一般), 日本化学療法学会

  • リネゾリドにより低ナトリウム血症から痙攣を発症した患者

    山本 冴華, 田口 和明, 榎木 裕紀, 松元 一明, 池谷 修, 宇野 俊介, 上蓑 義典, 長谷川 直樹

    日本薬学会年会要旨集, 2019年03月, (公社)日本薬学会

  • リネゾリド血中濃度上昇に伴い低ナトリウム血症が発現した症例

    田口 和明, 榎木 裕紀, 松元 一明, 池谷 修, 宇野 俊介, 上蓑 義典, 長谷川 直樹

    日本化学療法学会雑誌, 2019年03月, (公社)日本化学療法学会

  • Clostridioides difficile腸炎と偽膜性大腸炎発現に関する要因解析

    松元 一明, 高家 理紗子, 榎木 裕紀, 田口 和明

    日本環境感染学会総会プログラム・抄録集, 2019年02月, (一社)日本環境感染学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 筋作動因子-尿毒症物質クロストークを標的としたCKD誘発サルコペニアの治療戦略

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 榎木 裕紀, 若手研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究は、慢性腎臓病誘発サルコペニアにおける筋作動因子および尿毒症物質のプロファイルによる病態構造を基盤としたサルコペニアの予防・診断ならびに新規治療戦略を構築するための基盤的情報を明らかにすることである。そのため、本年は、慢性腎臓病誘発サルコペニアモデルマウスを用いて、骨格筋萎縮病態形成の経過について検討し、それに伴う筋作動因子の変動について検討した。慢性腎臓病モデル作製後、4、8、12週と経過するに伴い、体重、腓腹筋、前脛骨筋、ヒラメ筋の重量が減少した。また骨格筋萎縮関連遺伝子である、atrogin-1遺伝子発現は増加し、骨格筋断面積も減少した。顕著な差は12週から認められたものの、8週目においても上述した筋萎縮関連因子の変動が認められた。また骨格筋ミトコンドリア活性を指標としたコハク酸デヒドロゲナーゼ染色による筋線維タイプの検討において、モデルの経過に従い、ミトコンドリア活性の低下が観察された。慢性腎臓病によって持続的にサルコペニア病態が誘導されていることを確認した。そこで骨格筋における各種筋作動因子の発現について評価した。骨格筋の萎縮や筋タンパク分解との関与が報告されているmyostatinは、経月的に増加していた。しかし炎症因子であるmif発現に変動は認められなかった。一方、骨格筋肥大との関連が報告されている筋作動因子であるirisinについては8週目において一過性の上昇が観察されたものの、12週においては減少していた。また筋肥大作用を有する成長因子であるigf-1に変化はみられなかった。
    慢性腎臓病誘発サルコペニアモデルの作製に成功し、それに伴う筋作動因子の発現について検討できている。すでに尿毒症物質を吸着する活性吸着炭(AST-120)を用いた検討を進めており、今後経過について評価する予定である。以上のことから概ね順調に進展している。
    今後は、現在進行中である慢性腎臓病誘発サルコペニアモデルに対するAST-120投与による筋作動因子への影響について評価を行う。また2次性副甲状腺機能亢進症(SHPT)モデルの作製とSHPT治療薬の筋作動因子の発現に及ぼす影響について検討を進める。In vitro培養細胞を用いた検討により尿毒症物質が筋作動因子発現に及ぼす影響とその発現機序について検討を進める。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業研究A

    2019年度

  • 実務実習事前学習4

    2019年度

  • 実務実習事前学習1

    2019年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2019年度

  • 薬学英語演習R

    2019年度

全件表示 >>