秋好 健志 (アキヨシ タケシ)

Akiyoshi, Takeshi

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 臨床薬物動態学講座 (芝共立)

職名

専任講師

総合紹介 【 表示 / 非表示

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • MRテキスト2018, 医薬品情報.

    大谷壽一(編), 大谷壽一, 秋好健志., 南山堂, 東京, 2018年01月

    担当範囲: 16-38

  • MRテキストI, 医薬品情報2012. 2015改訂

    大谷壽一, 岡淳一郎, 折井孝男(編), 大谷壽一, 秋好健志, 他執筆., 南山堂, 東京, 2015年

    担当範囲: 80-109

  • MRテキストI, 医薬品情報2012.

    大谷壽一, 岡淳一郎, 折井孝男(編), 大谷壽一, 秋好健志, 他執筆., 南山堂, 東京, 2012年01月

    担当範囲: 80-129

論文 【 表示 / 非表示

  • pH-dependent transport kinetics of the human organic anion-transporting polypeptide 1A2.

    Morita T, Akiyoshi T, Sato R, Katayama K, Yajima K, Kataoka H, Imaoka A, Sugimoto Y, Ohtani H

    Drug metabolism and pharmacokinetics (Drug Metabolism and Pharmacokinetics)  35 ( 2 ) 220 - 227 2020年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1347-4367

     概要を見る

    © 2019 The Japanese Society for the Study of Xenobiotics Organic anion-transporting polypeptide (OATP) 1A2 is expressed on the apical sides of intestinal and renal epithelial cells and considered to be involved in the intestinal absorption and renal reabsorption of drugs. Although the transport activity of OATP1A2 is considered to be pH-dependent, the effects of pH on its kinetic parameters and on the potency of OATP1A2 inhibitors are yet to be elucidated. Some OATP are known to have multiple binding sites (MBS), but it remains unclear whether OATP1A2 has MBS. In the present study, we evaluated the influence of pH on the OATP1A2-mediated uptake of estrone 3-sulfate using OATP1A2-expressing HEK293 cells. The uptake of 0.3 μM estrone 3-sulfate by HEK293-OATP1A2 cells was pH-dependent. OATP1A2 exhibited bimodal saturation kinetics at pH 6.3 and 7.4. Compared with that seen at pH 6.3 (5.62 μM), the Km value of the high-affinity site was 8-fold higher at pH 7.4 (43.2 μM). In addition, the influence of pH on the potency of inhibitors varied among the examined inhibitors. These results suggest that the transport properties of OATP1A2 under lower pH conditions, such as those found in the microenvironments of the small intestinal mucosa and distal tubules, differ from those seen under neutral pH conditions.

  • 医薬品の第三者への転売・譲渡の違法性に関する消費者の意識調査.

    大谷壽一, 藤井萌未, 今岡鮎子, 望月真弓, 山浦克典, 秋好健志.

    医薬品情報学 22 ( 1 ) 30 - 34 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Novel method to estimate the appropriate dosing interval for activated charcoal to avoid drug interaction with other drugs.

    Ohtani H, Nakamura K, Imaoka A, Akiyoshi T

    Eur J Clin Pharmacol In press 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Inhibition profile of gefitinib on CYP2D6 variants.

    Semba Y, Akiyoshi T, Hibino H, Imaoka A, Ohtani H.

    (Int J Clin Pharmacol Ther.)  In press 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Irinotecan-induced gastrointestinal damage impairs the absorption of dabigatran etexilate.

    Hattori T, Imaoka A, Akiyoshi T, Ohtani H

    Biopharmaceutics & drug disposition (Biopharmaceutics and Drug Disposition)  40 ( 9 ) 315 - 324 2019年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0142-2782

     概要を見る

    © 2019 John Wiley & Sons, Ltd. Irinotecan causes serious gastrointestinal damage. Dabigatran etexilate (DABE), an oral anticoagulant and substrate of P-glycoprotein (P-gp), is poorly absorbed and exhibits low bioavailability in humans. The aim of this study was to evaluate the effects of irinotecan-induced gastrointestinal damage on the pharmacokinetics/pharmacodynamics (PK/PD) of DABE. Irinotecan was administered intravenously to rats for 4 days to induce gastrointestinal damage. To investigate the PK profile of dabigatran (DAB), an active moiety of DABE, DABE was administered orally on day 5, and then DAB was administered intravenously on day 6. To evaluate the PD profile of DAB, the activated partial thromboplastin time (APTT) was measured. The protein expression level of intestinal P-gp was evaluated. In the irinotecan-treated rats, the area under the concentration–time curve of DAB after the oral administration of DABE and the bioavailability of DABE were decreased significantly. The APTT ratio also decreased, suggesting that the impaired efficacy of DABE was attributable to a reduction in its bioavailability. The expression of intestinal P-gp was higher in the irinotecan-treated rats. Taking into consideration the histological damage caused to the intestinal epithelium, both the increased P-gp expression and the reduced passive diffusion were considered to be responsible for the reduction in the bioavailability of DABE.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Epstein-Barr-Virus 感染癌細胞における microRNA を介した癌転移機構の解明

    秋好 健志

    Annual Report of YOKOYAMA Foundation for Clinical Pharmacy 25   58 - 60 2017年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • P450を介した薬物相互作用に個人差をもたらす遺伝的要因の定量的解明と予測

    秋好 健志 大谷壽一 今岡鮎子

    臨床薬理の進歩 (臨床薬理研究振興財団)     128 - 129 2016年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • CYP2C19 変異型分子種の代謝活性に及ぼす温度の影響.

    趙澄江, 秋好健志, 渡辺大智, 関 博行, 今岡鮎子, 山崎浩史, 下地みゆき, 中村克徳, 大谷壽一.

    日本薬学会第 140 年会 (京都) , 2020年03月, ポスター(一般), 日本薬学会

  • CYP2C9 遺伝的変異型における resveratrol および sesamin の阻害特性の比較

    稲田理乃, 秋好健志, 今岡鮎子, 大谷壽一.

    日本薬学会第 140 年会 (京都) , 2020年03月, ポスター(一般), 日本薬学会

  • High and low affinity kinetics of OATP2B1 - Inhibitory potency and pH-dependency of inhibitors

    佐藤 稜, 秋好健志, 今岡鮎子, 植草義徳, 木内文之, 片山和浩, 杉本芳一, 大谷壽一.

    日本薬物動態学会 第 34 年会, 2019年12月, 口頭(一般)

  • Identification and characterization of a novel OATP2B1 inhibitor from citrus fruits juice

    森田時生, 秋好健志, 矢島広大, 今岡鮎子, 片山和浩, 杉本芳一, 大谷壽一.

    第 13 回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム. (岐阜) , 2019年10月, ポスター(一般), 日本薬学会医療薬科学部会

  • 静注データを用いない絶対バイオアベイラビリティ推定法の推定精度検証.

    岩田夏美, 秋好健志, 今岡鮎子, 大谷壽一.

    第 22 回医薬品情報学会総会・学術大会 (札幌) , 2019年07月, ポスター(一般), 日本医薬品情報学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • フェキソフェナジンと各種柑橘類の消化管吸収過程における相互作用リスクの評価

    2020年06月
    -
    2021年03月

    公益財団法人 一般用医薬品セルフメディケーション振興財団, 令和2年度調査・研究助成金, 秋好健志, 補助金,  代表

  • 標的絶対定量プロテオーム解析を用いた抗がん剤曝露下での薬物輸送担体発現変動解明

    2020年04月
    -
    2021年03月

    中冨健康科学振興財団, 第32回中冨健康科学振興財団 「研究助成金」, 秋好健志, 補助金,  代表

  • 抗がん剤による薬物トランスポーターの発現変動~メカニズムと薬物体内動態への影響~

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 秋好 健志, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • Epstein-Barr-Virus感染癌細胞におけるmicroRNAを介した転移機構の解明

    2017年04月
    -
    2019年03月

    薬学研究奨励財団, 薬学研究奨励財団 研究助成金, 秋好健志, 補助金,  代表

  • Epstein-Barr-Virus感染癌細胞におけるmicroRNAを介した転移機構の解明

    2016年11月
    -
    2017年10月

    一般財団法人横山臨床薬理研究助成基金, 研究助成金, 秋好健志, 補助金,  代表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター発表賞

    森田時生,佐藤稜,秋好健志, 今岡鮎子, 片山和浩, 杉本芳一, 大谷壽一. , 2018年09月, 第62回日本薬学会関東支部会, ヒト小腸有機アニオン輸送ポリペプチド OATP1A2 および OATP2B1 の pH sensitive な輸送特性の解析.

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 優秀口演発表賞

    土谷聡耀, 今岡鮎子, 秋好健志, 大谷壽一, 2017年09月, 第61回日本薬学会関東支部大会, イリノテカンによる消化管障害がジゴキシンの吸収に与える影響

    受賞国: 東京

  • 学生優秀発表賞

    ○中村 幸大, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一, 慶應大・薬., 2017年07月, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 医薬品と活性炭との相互作用の回避のための投与設計法の構築と評価

  • 優秀発表賞

    ○今岡 鮎子, 関 耕平, 秋好 健志, 大谷 壽一., 2017年06月, 日本医療薬学会「第1回フレッシャーズ・カンファランス」, 薬物吸収に対する胃内 pH および食事の影響 -小動物を用いた評価-

  • 優秀発表賞

    ○四元 敬一, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一., 2017年06月, 日本医療薬学会「第1回フレッシャーズ・カンファランス」, 5-FU誘発性消化管障害時のジゴキシンの吸収変動

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • Thai Pharmacy Experience

    2020年度

  • 課題研究(臨床薬物動態学)

    2020年度

  • 演習(臨床薬物動態学)

    2020年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2020年度

  • 実務実習事前学習2

    2020年度

全件表示 >>