青森 達 (アオモリ トオル)

Aomori, Tohru

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 病院薬学講座 (芝共立)

職名

准教授

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 「アンサングシンデレラ」・「治療薬マニュアル」コラボ小冊子

    青森達, 医学書院, 2020年

  • 老年医学(上)-基礎・臨床研究の最新動向-

    青森達, 望月眞弓, 日本臨牀社, 2018年

    担当ページ: 347-353

  • 早期臨床体験テキスト

    青森 達中村智徳, ネオメディカル, 2017年

  • 精神科領域におけるEBP. Progressive Pharmacist

    青森 達, 2010年

  • 薬剤師による処方支援 ワルファリン投与における処方支援

    青森 達, 医薬ジャーナル, 2008年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 診療科間における情報共有を可能とした妊娠・授乳と薬相談業務の取組み

    鈴木靖奈, 三浦あす美, 滝澤詠美子, 杉谷綾佳, 西木美優, 川島沙織, 櫻井しおり, 潮田佳奈,玉川知鮎, 清宮啓介, 小谷宙, 山吉康子, 村松博, 青森達

    日本病院薬剤師会雑誌 58   408 - 415 2022年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者, 査読有り

  • Chromatographic columns packed with thermoresponsive-cationic-polymer-modified beads for therapeutic drug monitoring

    Nagase Kenichi, Takagi Hikaru, Nakada Hideo, Ishikawa Haruki, Itoh Yoshiko, Aomori Tohru, Kanazawa Hideko

    Scientific Reports 12   12847 2022年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Cancer genomic medicine in Japan and the roles of pharmacists

    Tohru Aomori, Hiroomi Sakurai, Hiroshi Nishihara

    Pharmacogenetics and Genomics 32   242 - 245 2022年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 最終著者, 査読有り

  • 薬学教育モデル・コアカリキュラムに基づく実務実習におけるルーブリック形式の概略評価は実習生のパフォーマンスレベルを測定できるか?

    河添仁, 鈴木小夜, 平賀ゆい, 横山雄太, 地引綾, 岩田紘樹, 小林典子, 藤本和子, 中田英夫,青森達, 山浦克典, 中村智徳

    医療薬学 47   513 - 524 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Effect of renin-angiotensin system inhibitors on pemetrexed plus platinum-induced hematological toxicities: A multicenter retrospective study using three propensity score analyses

    Arami T., Kawazoe H., Uozumi R., Hashimoto H., Egami S., Sakiyama N., Ohe Y., Nakada H., Aomori T., Ikemura S., Yasuda H., Kawada I., Fukunaga K., Soejima K., Yamaguchi M., Nakamura T.

    Pharmazie (Pharmazie)  76 ( 6 ) 266 - 271 2021年06月

    ISSN  00317144

     概要を見る

    Hematological toxicities induced by pemetrexed plus platinum therapy remain a critical issue in clinical practice. We hypothesized that inhibition of the renin-angiotensin system (RAS) can ameliorate pemetrexed-induced hematological toxicities through drug-drug interactions involving organic anion transporters. Thus, this study aimed to clarify whether RAS inhibitors (RASIs) could prevent pemetrexed plus platinum-induced hematological toxicities. We retrospectively analyzed data from 305 consecutive patients with non-small cell lung cancer or malignant pleural mesothelioma who received their first cycle of a pemetrexed plus platinum regimen and were treated with or without RASIs. The primary endpoint was the incidence of severe myelosuppression after the first cycle. Propensity score (PS)-matched, PS-adjusted, and inverse probability of treatment weighting (IPTW) analyses were used. The number of patients with grade ≥3 hematological toxicities was 27 (8.9%). PS-matched analyses revealed that the concomitant use of RASIs was slightly associated with a lower risk of grade ≥3 hematological toxicities (odds ratio [OR], 0.68; 95% confidence interval [CI], 0.20-2.32; p = 0.536). Additionally, sensitivity analyses using PS-adjusted and IPTW methods demonstrated similar results (OR, 0.63; 95% CI, 0.19-2.15; p = 0.463 and OR, 0.37; 95% CI, 0.11-1.29; p = 0.117, respectively). These findings suggest that RASIs might prevent pemetrexed plus platinum-induced hematological toxicities.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Cancer genomic medicine in Japan and the roles of pharmacists

    Aomori Tohru, Sakurai Hiroomi, Nishihara Hiroshi

    Pharmacogenetics and Genomics  2022年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 責任著者

  • Genomic medicine from a team approach and the role of pharmacists

    Aomori T., Mochizuki M.

    Yakugaku Zasshi (Yakugaku Zasshi)  140 ( 5 ) 649 - 650 2020年05月

    ISSN  00316903

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 新規レイアウトで作成した要指導・一般用医薬品の添付文書に関する理解度調査

    杉浦愛子, 石川春樹, 望月眞弓, 青森達

    第32回日本医療薬学会年会, 

    2022年09月

    ポスター発表

  • ノセボ効果の発現メカニズムとCholecystokininに関する文献調査

    加藤未来, 間宮桐子, 井澤美苗, 石川春樹, 望月眞弓, 青森達

    第32回日本医療薬学会年会, 

    2022年09月

    ポスター発表

  • 薬剤師を対象としたオンライン服薬指導に関するアンケート調査

    植田光紀, 大野由紀子, 石川春樹, 井澤美苗, 望月眞弓, 青森達

    第32回日本医療薬学会年会, 

    2022年09月

    ポスター発表

  • HIV感染症外来におけるPBPM実施の効果

    神成はるか, 西松直美, 小谷宙, 村松博, 青森達, 大谷壽一

    日本医療薬学会 第5回フレッシャーズ・カンファランス, 

    2022年06月

    口頭発表(一般)

  • ヒドロモルフォンの注射剤から経口剤への換算比の検討

    傳田容子, 金子健, 袴田潤, 坂本麻味, 滝澤詠美子, 大野あゆみ, 伊原奈帆, 瀧野陽子, 大岸美和子, 青森達, 大谷壽一, 竹内麻理

    第15回日本緩和医療薬学会年会, 

    2022年05月

    ポスター発表

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • AI を用いた医薬品の未承認・禁忌・適応外使用データベースの構築と医療安全への応用

    2019年

    2019年度慶應義塾学事振興資金(個人研究), 青森達、青森達, 補助金,  研究代表者

  • 慢性呼吸器疾患治療の高度化と標準化に向けた吸入動作評価技術の開発研究

    2019年

    日本医療研究開発機構研究費, 橋渡し研究戦略的推進プログラム, 下野誠通, 補助金,  研究分担者

  • 生活者にとって分かりやすい要指導・一般用医薬品添付文書の構成に関する研究

    2018年
    -
    2020年

    日本医療研究開発機構研究費, 望月眞弓, 受託研究,  研究分担者

  • プラセボ効果の個体間変動要因:プラセボームとパーソナリティ解析による個別薬物療法

    2018年
    -
    2020年

    日本学術振興会科学研究費補助金, 基盤研究 (C), 井澤美苗, 補助金,  研究分担者

  • ゲノム医療従事者の育成プログラム開発

    2018年
    -
    2020年

    日本医療研究開発機構研究費, 豊岡伸一, 受託研究,  研究分担者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀演題賞

    富永佳子, 青森達, 早川智久, 井澤美苗, 望月眞弓, 2018年10月, 第7回日本くすりと糖尿病学会学術集会, 糖尿病患者の服薬アドヒアランス不良リスク推定モデルの作成と介入支援ツールの構築 -患者への個別化対応実践のために-.

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 学生優秀発表賞

    富永佳子, 青森達, 早川智久, 望月眞弓, 2018年03月, 日本薬学会第138年会,, 糖尿病患者におけるアドヒアランス影響因子に関する研究-内的要因としての病識に着目した探索的検討-

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 優秀発表賞

    菊山史博, 鈴木小夜, 高木彰紀, 地引綾, 横山雄太, 青森達, 中村智徳, 2017年09月, 第2回日本薬学教育学会大会, 薬学実務実習が実習生の専門知識(C1~C18)の定着及び新規構築に与える影響

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 優秀ポスター発表賞

    羽田有里, 青森達, 坡下真大, 荒木拓也, 山本康次郎, 鈴木小夜, 地引綾, 中村智徳, 2015年09月, 第59回日本薬学会関東支部大会, アプレピタントによる補助療法ががん化学療法の治療経過に与える影響

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第66回日本食道学会学術集会優秀ポスター演題賞(メディカルスタッフ)

    荒木聖美、長嶺 歩、青森 達、荒木拓也、飯塚恵子、田中成岳、浅尾高行、桑野博行、中村智徳、山本康次郎., 2012年06月, 日本食道学会, 食道癌化学放射線療法における免疫栄養剤併用の有用性.

     説明を見る

     

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(病院薬学)

    2022年度

  • 個別化治療で活躍する専門薬剤師

    2022年度

  • 演習(病院薬学)

    2022年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2022年度

  • 実務実習事前学習4

    2022年度

全件表示 >>