矢ヶ崎 香 (ヤガサキ カオリ)

Yagasaki, Kaori

写真a

所属(所属キャンパス)

看護医療学部 (湘南藤沢)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    2007年03月

    社会福祉法人三井記念病院

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    聖路加看護大学, 助教

  • 2010年04月
    -
    2014年05月

    慶應義塾大学看護医療学部, 終末期看護学, 助教

  • 2014年06月
    -
    継続中

    慶應義塾大学看護医療学部, 慢性期・終末期看護学, 准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 看護学専修, 准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月

    聖路加看護大学, 看護学研究科博士前期課程

    大学院, 修了, 修士

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    日本赤十字看護大学, 看護学研究科博士後期課程

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 看護学修士, 聖路加看護大学, 論文, 2004年03月

  • 看護学博士, 日本赤十字看護大学大学院看護学研究科, 課程, 2014年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • がん看護専門看護師認定資格 (2016年12月まで)

  • 看護師

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 臨床看護学 (Clinical Nursing Science)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • がん看護学

  • 成人看護学(慢性期看護)

  • 緩和ケア

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 自宅で経口化学療法を続ける患者の服薬の実態解明と安全、確実な服薬支援モデル開発, 

    2011年
    -
    2014年

  • がん医療におけるEBNと臨床実践のgapと波及モデルの開発, 

    2008年
    -
    2010年

     研究概要を見る

    本研究は、エビデンスに基づくがん看護の質の向上を目指して、次のことを実施した。1)波及モデル開発を目的にがん化学療法のエキスパートナースを対象に質的記述的研究を行った。コアカテゴリー「ガイドラインの実践のための多面的アプローチ」と11のカテゴリーが見出された。1)の結果に基づき、2)波及モデルを開発して有用性を検証した。前向きコホート研究は

 

著書 【 表示 / 非表示

  • がん看護コアカリキュラム日本版

    矢ヶ崎 香 秋元典子、眞嶋朋子、山内洋子、森恵子ほか, 医学書院, 2017年02月

  • 耳鼻咽喉科 第13版

    矢ヶ崎 香 小松浩子、生井明浩、村田千年 ほか, 医学書院, 2017年01月

    担当範囲: 236-241

  • がん看護学 第2版

    矢ヶ崎 香 小松浩子、中根実、神田清子、ほか, 医学書院, 2017年01月

    担当範囲: 280-290,

  • ≪がん看護実践ガイド≫ 分子標的治療薬とケア

    矢ヶ崎 香 中根実、渡邊純一郎、川上武志、山崎健太郎ほか, 医学書院, 2016年11月

    担当範囲: 編集

  • ≪がん看護実践ガイド≫ 病態・治療をふまえた がん患者の排便ケア

    矢ヶ崎 香 内藤正規、渡邊昌彦、松原康美ほか, 医学書院, 2016年06月

    担当範囲: 編集

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Impact of a web-based educational program on Japanese nurses tobacco cessation practice and attitudes in oncology settings

    Mizuno M., Yagasaki K., Imai Y., Ueta I., Bando T., Takahashi A., Komatsu H., Asanuma C., Sarna L., Wells M., Brook J., Floegel-Shetty A., Bialous S.

    Journal of Nursing Scholarship (Journal of Nursing Scholarship)  54 ( 3 ) 315 - 323 2022年05月

    ISSN  15276546

     概要を見る

    Purpose: To evaluate the effects of a short web-based educational program on Japanese nurses’ self-reported attitudes toward tobacco cessation and their use of interventions to help smokers to quit. Design: Prospective, single-group design with a pre-educational survey, a short web-based educational program, and a follow-up survey at 3 months. Methods: Clinical nurses were asked to view two prerecorded webcasts about helping smokers quit. They completed two online surveys, one at baseline and one at a 3-month follow-up. Generalized linear models were used to determine changes in nurses’ self-reported routine practice after the study intervention. Findings: A total of 1401 nurses responded to the baseline survey, 678 of whom completed the follow-up survey. Compared with baseline, nurses at follow-up were more likely to advise smokers to quit (odds ratio [OR] = 1.45, 95% confidence interval [CI: 1.15, 1.82]), assess patients’ interest in quitting (OR = 1.46, 95% CI [1.01, 1.04]), and assist patients with smoking cessation (OR = 1.34, 95% CI [1.04, 1.72]). However, the proportion of nurses who consistently recommended resources for tobacco cessation did not significantly improve at follow-up. Conclusions: This study provides preliminary evidence that a web-based educational program can increase nurses’ implementation of tobacco dependence interventions in cancer care practice. Sustaining these educational efforts could increase nurses’ involvement in providing these interventions, encourage nurses to refer patients to cessation resources, and support nurses’ attitudes towards their role in smoking cessation. Clinical relevance: Our short web-based educational program can increase nurses’ use of tobacco-dependence interventions in cancer care practice. This role can be enhanced with additional information about existing cessation resources that nurses could use to refer patients for support post-discharge. Japanese nurses, when properly educated, are willing and significant contributors to promote tobacco use cessation for cancer patients. The contribution can be facilitated through nursing care protocol that integrate tobacco use cessation interventions within evidence-based cancer care approaches.

  • The relationship between work-related outcomes and symptoms in early breast cancer survivors receiving adjuvant endocrine therapy

    Nakao M., Komatsu H., Hayashida T., Takahashi M., Seki T., Yagasaki K.

    Asia-Pacific Journal of Oncology Nursing (Asia-Pacific Journal of Oncology Nursing)  9 ( 3 ) 174 - 178 2022年03月

    ISSN  23475625

     概要を見る

    Objective: This study examined the relationship between symptom burdens and work-related outcomes, including work participation and overall work impairment (OWI) among breast cancer survivors (BCS) receiving adjuvant endocrine therapy (AET). Methods: This was a cross-sectional study with 140 BCS of working age receiving AET. Data were collected using self-report questionnaires that included an assessment of symptoms and their employment status, and OWI. Data were analyzed using descriptive statistics and multiple logistic regression analysis. Results: A total of 111 (79%) survivors reported being employed at the time of the survey. Symptom burdens were not associated with unemployment. Of the 110 working BCS receiving AET, symptom burdens were significantly related to a higher degree of OWI (OR ​= ​2.14, 95% CI, 1.58–2.89, P ​≤ ​0.001). Conclusions: Participating BCS receiving AET continued to work while experiencing symptoms, with survivors who experienced high symptom burdens being negatively affected in their work life. Healthcare providers need to assess and manage symptoms and their impact on work, with the help of employers, to improve the quality of work life of BCS receiving AET.

  • Rediscovering the Joy of Eating in Older Adults With Gastrointestinal Cancer Undergoing Treatment: A Qualitative Study

    Yagasaki K, Komatsu H, Hamamoto Y.

    Cancer Care Research Online.  2 ( 1 ) e017 2022年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 査読有り

  • A Comparative Study of CIPN Symptom Estimation Methods Based on Machine Learning

    Hamanaka S., Sasaki W., Okoshi T., Nakazawa J., Yagasaki K., Komatsu H.

    UbiComp/ISWC 2021 - Adjunct Proceedings of the 2021 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2021 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp/ISWC 2021 - Adjunct Proceedings of the 2021 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2021 ACM International Symposium on Wearable Computers)     117 - 120 2021年09月

     概要を見る

    Chemotherapy-induced peripheral neuropathy (CIPN) is a common side effect of anticancer medicines that causes muscular weakness and falls in cancer patients. Therefore, we compared the methods for identifying and estimating the factors that cause symptoms in CIPN based on factor analysis and four different machine learning algorithms. The results of factor analysis showed that the latent factors causing CIPN can be classified into three categories: "Morning body condition", "Pain in the legs"and "Dizziness". We chose models for machine learning based on the premise of multi-task learning and built numerous machine learning models to estimate various CIPN symptoms. According to the results of the comparison studies, TabNet has the best generalization performance.

  • The role and attitude of senior leaders in promoting group-based community physical activity: A qualitative study

    Komatsu H., Yagasaki K., Oguma Y., Saito Y., Komatsu Y.

    BMC Geriatrics (BMC Geriatrics)  20 ( 1 )  2020年10月

     概要を見る

    Background: In the context of worldwide public health, it is very important to promote physical activity among the older people. This study explored the roles and attitudes of senior leaders in promoting group-based exercise in their local communities, specifically to determine the level and extent to which to elderly participation was encouraged. Methods: This study conducted semi-structured face-to-face in-depth interviews and employed a subsequent thematic analysis. Participants included 10 club leaders and five sub-leaders who were working at senior clubs in Fujisawa-city, Kanagawa, Japan, from July to September 2018. Results: Four themes emerged from the interview responses, including "unwavering attitude/conviction in relation to the vision,""leaders must set an example,""a search for balance in delegating responsibilities to members,"and "creating and fostering culture and environment of mutual help."Further, each participant outlined several aims, including "achieving healthy longevity for the entire local community,""having older people promote healthy activities among the older people,"and "creating a pro-health town."Conclusions: Findings indicate that policymakers, public health workers, and healthcare providers should recognize the pivotal roles that senior group leaders play in promoting healthy activities for the older people. These efforts should be strongly considered when developing policies and strategies designed to promote overall healthy longevity from a general community perspective.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 「がん放射線療法看護認定看護師」領域認定申請報告と認定看護師への期待

    矢ヶ崎 香藤本美生、小松浩子、内布敦子、藤田佐和、荒尾晴惠、菅野かおり、祖父江由紀子、田墨恵子、千崎美登子、野村美香、増島麻里子、奥朋子、井沢知子、長谷川久巳、鈴木志津枝、佐藤禮子、日本がん看護学会教育・研究活動委員会

    日本がん看護学会誌 25 ( 1 ) 62 - 63 2011年05月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • がん看護コアカリキュラム日本版の作成 日本がん看護学会教育・研究活動委員会コアカリ検討班報告(平成19~21年度)

    矢ヶ崎 香藤田佐和、小松浩子、内布敦子、鈴木志津枝、千崎美登子、荒尾晴惠、祖父江由紀子、井沢知子、奥朋子、菅野かおり、田墨恵子、野村美香、長谷川久巳、藤本美生、増島麻里子、佐藤禮子、日本がん看護学会教育・研究活動委員会コアカリ検討班

    日本がん看護学会誌 25 ( 1 ) 54 - 61 2011年05月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 胸部食道がん患者の術後機能回復促進プログラムを実施する看護師の講習会によるコミュニケーション能力および患者教育能力の向上

    綿貫成明矢ヶ崎 香飯野京子、小山友里江、栗原美穂、武藤正美、市川智里、上杉英生、岡田教子、大幸宏幸、藤田武郎、淺沼智恵、久部洋子、小松浩子

    第29回日本がん看護学会学術集会, 

    2015年02月

  • 手術を受ける胸部食道がん患者のための教育用DVDの作成 手術に安心して取り組むために先輩患者さんからのメッセージ

    小山友里江矢ヶ崎 香綿貫成明、飯野京子、栗原美穂、武藤正美、市川智里、上杉英生、岡田教子、大幸宏幸、藤田武郎、久部洋子、淺沼智恵、小松浩子

    第29回日本がん看護学会学術集会, 

    2015年02月

  • 広汎性子宮頸部摘出術を受ける患者を支援するチーム医療の特徴

    秋山沙央里矢ヶ崎 香鄭栄姫、小林幸、荊尾歩、粟野由恵、高橋一寿子、江原朋子、勝又徳子、今井亜矢子、片岡美樹、小松浩子、田中京子、青木大輔

    第29回日本がん看護学会学術集会, 

    2015年02月

  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群に関する遺伝カウンセリングのクライエントの背景および遺伝子検査の現状

    吉野美紀子矢ヶ崎 香矢形寛、大川恵、金井久子、小松浩子、村上好恵、山内英子

    第22回日本乳癌学会総会, 

    2014年07月

  • 胸部食道がん患者の術後の回復過程における困難と対処

    綿貫成明矢ヶ崎 香栗原美穂、飯野京子、小山友里江、岡田教子、上杉英生、大幸宏幸、藤田武郎、小松浩子

    第68回日本食道学会学術集会, 

    2014年07月

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • がん薬物療法を受ける高齢者のフレイル予防:縦断研究によるハ-モニ-ケアモデル開発

    2019年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 矢ヶ崎 香, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 基盤研究B 経口分子標的治療のがん患者イニシアチブ皮膚障害予防・管理プログラムの実用性

    2015年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 矢ヶ崎香, 補助金,  研究代表者

  • 経口分子標的治療のがん患者イニシアチブ皮膚障害予防・管理プログラムの実用性

    2015年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 矢ヶ崎 香, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 基盤研究C 自宅で経口化学療法を続ける患者の服薬の実態解明と安全、確実な服薬支援モデル開発

    2011年04月
    -
    2015年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 矢ヶ崎香, 補助金,  研究代表者

  • 基盤研究C がん医療におけるEBNと臨床実践のgapと波及モデルの開発

    2008年04月
    -
    2011年03月

    文部科学省科学研究費補助金 , 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Poster Award 2014(EONS-9 Congress)

    Hiroko Komatsu, Kaori Yagasaki, 2014年09月, Power of Nursing: What Makes Nursing Unique?

    受賞国: トルコ共和国

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • がん看護論

    2022年度

  • がん治療看護論

    2022年度

  • がん看護援助論

    2022年度

  • がん薬物療法看護論

    2022年度

  • 成人看護学

    2022年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本看護協会 最新看護索引編集委員

    2017年08月
    -
    継続中
  • 特定非営利活動法人日本肺癌学会 会員委員会委員

    2017年
    -
    継続中
  • 日本看護科学学会和文誌編集委員会専任査読委員

    2015年09月
    -
    2017年09月
  • 一般社団法人 日本がん看護学会 理事

    2015年03月
    -
    2017年03月
  • 第2回日本CNS看護学会 実行委員長

    2014年05月
    -
    2015年06月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本肺がん学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本がん看護学会, 

    2010年04月
    -
    継続中
  • 日本死の臨床研究会関東甲信越支部, 

    2009年11月
    -
    継続中
  • 日本死の臨床研究会, 

    2009年04月
    -
    継続中
  • 日本緩和医療学会, 

    2006年03月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年12月
    -
    継続中

    会員委員会委員, 特定非営利活動法人日本肺癌学会

  • 2017年03月
    -
    継続中

    会員, 一般社団法人 日本がん看護学会

  • 2016年12月
    -
    2018年12月

    会員委員会委員, 特定非営利活動法人日本肺癌学会

  • 2015年03月
    -
    2017年02月

    理事, 一般社団法人 日本がん看護学会 

  • 2015年
    -
    継続中

    会員, 日本肺がん学会

全件表示 >>