矢ヶ崎 香 (ヤガサキ カオリ)

Yagasaki, Kaori

写真a

所属(所属キャンパス)

看護医療学部 (湘南藤沢)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    2007年03月

    社会福祉法人三井記念病院

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    聖路加看護大学, 助教

  • 2010年04月
    -
    2014年05月

    慶應義塾大学看護医療学部, 終末期看護学, 助教

  • 2014年06月
    -
    継続中

    慶應義塾大学看護医療学部, 慢性期・終末期看護学, 准教授

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科, 看護学専修, 准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月

    聖路加看護大学, 看護学研究科博士前期課程

    大学院, 修了, 修士

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    日本赤十字看護大学, 看護学研究科博士後期課程

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 看護学修士, 聖路加看護大学, 論文, 2004年03月

  • 看護学博士, 日本赤十字看護大学大学院看護学研究科, 課程, 2014年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • がん看護専門看護師認定資格 (2016年12月まで)

  • 看護師

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学 (Clinical Nursing Science)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • がん看護学

  • 成人看護学(慢性期看護)

  • 緩和ケア

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 自宅で経口化学療法を続ける患者の服薬の実態解明と安全、確実な服薬支援モデル開発, 

    2011年
    -
    2014年

  • がん医療におけるEBNと臨床実践のgapと波及モデルの開発, 

    2008年
    -
    2010年

     研究概要を見る

    本研究は、エビデンスに基づくがん看護の質の向上を目指して、次のことを実施した。1)波及モデル開発を目的にがん化学療法のエキスパートナースを対象に質的記述的研究を行った。コアカテゴリー「ガイドラインの実践のための多面的アプローチ」と11のカテゴリーが見出された。1)の結果に基づき、2)波及モデルを開発して有用性を検証した。前向きコホート研究は

 

著書 【 表示 / 非表示

  • がん看護コアカリキュラム日本版

    矢ヶ崎 香 秋元典子、眞嶋朋子、山内洋子、森恵子ほか, 医学書院, 2017年02月

  • 耳鼻咽喉科 第13版

    矢ヶ崎 香 小松浩子、生井明浩、村田千年 ほか, 医学書院, 2017年01月

    担当範囲: 236-241

  • がん看護学 第2版

    矢ヶ崎 香 小松浩子、中根実、神田清子、ほか, 医学書院, 2017年01月

    担当範囲: 280-290,

  • ≪がん看護実践ガイド≫ 分子標的治療薬とケア

    矢ヶ崎 香 中根実、渡邊純一郎、川上武志、山崎健太郎ほか, 医学書院, 2016年11月

    担当範囲: 編集

  • ≪がん看護実践ガイド≫ 病態・治療をふまえた がん患者の排便ケア

    矢ヶ崎 香 内藤正規、渡邊昌彦、松原康美ほか, 医学書院, 2016年06月

    担当範囲: 編集

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Falls and Physical Inactivity in Patients with Gastrointestinal Cancer and Hand-Foot Syndrome

    Komatsu Hiroko, Yagasaki Kaori, Hamamoto Yasuo, Takebayashi Toru

    Asia-Pacific Journal of Oncology Nursing 5 ( 3 ) 307 - 313 2018年07月

    ISSN  2347-5625

     概要を見る

    <p>Objective: This study aims to ascertain the incidence and association of falls and physical inactivity in patients with gastrointestinal cancer and hand-foot syndrome (HFS) after receiving chemotherapy or targeted therapy. Methods: The present cross-sectional study was conducted on 50 outpatients with HFS of Grade 1 or above, according to the National Cancer Institute Common Terminology Criteria for Adverse Events, following the receipt of chemotherapy or targeted therapy for gastrointestinal cancer in Japan between November 2016 and February 2017. For measurement, Dermatology Life Quality Index (DLQI) and the International Physical Activity Questionnaire were used. Data were analyzed by logistic regression analysis. Results: Of the participants, 18% experienced falls and 60% reported physical inactivity. Multivariate logistic regression revealed that the DLQI treatment domain score was the only factor associated with falls (odds ratio [OR] =8.01, 95% confidence interval [CI] =1.27-50.63, P = 0.027). Physical inactivity was associated with DLQI symptom and feeling domain scores (OR = 5.54, 95% CI = 1.26-24.33, P = 0.023) and the with-oxaliplatin or paclitaxel regimen (OR = 3.71, 95% CI = 1.06-13.03, P = 0.041). Conclusions: The results of the present study suggest patients should be informed that HFS is a risk factor for physical inactivity and falls.</p>

  • Targeted Therapy-induced Facial Skin Toxicities

    Yagasaki Kaori, Komatsu Hiroko, Soejima Kenzo, Naoki Katsuhiko, Kawada Ichiro, Yasuda Hiroyuki, Hamamoto Yasuo

    Asia-Pacific Journal of Oncology Nursing 5 ( 2 ) 172 - 177 2018年04月

    ISSN  2347-5625

     概要を見る

    <p>Objective: Targeted therapy-induced facial skin toxicities may reduce overall quality of life (QoL) in cancer patients. We investigated whether facial skin toxicities affect QoL and attempted to identify factors related to QoL in patients with advanced/recurrent cancer. Methods: We performed a cross-sectional study in 34 outpatients with advanced/recurrent cancer showing targeted therapy-induced facial skin toxicities in Japan between November 2016 and February 2017. For measurement, we used the Kessler Psychological Distress Scale (K6), Mental Adjustment to Cancer (MAC) Scale, and Dermatology Life Quality Index (DLQI). Data were analyzed using Spearman's rank correlation coefficient. Results: Mean DLQI score in 34 patients was 4.59 (standard deviation ± 4.70), which was interpreted as a small effect on a patient's life. Acneiform rash was the most common skin condition noted, followed by xerosis, pruritus, and erythema. Analysis of DLQI scores revealed that symptoms and feelings was the domain most commonly affected among different domains constituting the DLQI. MAC analysis revealed that the fighting spirit score was the highest among MAC scales. We found that age, K6, and fatalism construct in MAC were significantly correlated with total DLQI scores (age: Spearman's ρ= -0.48, P = 0.004; K6: ρ= 0.58, P &lt; 0.001; fatalism; ρ= -0.39, P = 0.025). Conclusions: This is the first study investigating targeted therapy-induced facial skin toxicities in cancer patients. Our results suggest potential negative effects of facial skin toxicities on overall QoL in patients with advanced/recurrent cancer in middle and early old age.</p>

  • Preparing for a paradigm shift in aging populations

    Komatsu Hiroko, Yagasaki Kaori, Kida Hisashi, Eguchi Yoko, Niimura Hidehito

    International Journal of Qualitative Studies on Health and Well-being 13 ( 1 )  2018年01月

    ISSN  1748-2623

     概要を見る

    <p>Purpose: Current healthcare systems are not suitable for serving future societies in which the oldest old are commonplace. The objective of this study was to understand what the oldest old care most about in their daily lives. Methods: Semi-structured in-depth interviews and thematic analysis were used. Face-to-face interviews were conducted in 17 elderly residents (≥ 95 years) of Arakawa-ku, Tokyo, Japan from July to November 2017. Results: Three themes emerged from the interview responses: “unshakable beliefs and social ties,” “natural acceptance,” and “my day-to-day life with precious moments.” The oldest old strongly believe in diligence and compassion and maintain strong relationships with people around them. Despite their small social networks, they are concerned about future society. They accept their selves and their lives, including their impending deaths. Despite their functional decline, they control their lives by making very small decisions. They live on a moment-to-moment basis, cherishing simple events. Conclusion: Maintaining autonomy through making small decisions and enjoying small pleasures are important to the oldest old. Understanding the needs of the oldest old is the first step towards developing optimal geriatric care for an aging population.</p>

  • Regular group exercise contributes to balanced health in older adults in Japan:A Qualitative study.

    Komatsu Hiroko, Yagasaki Kaori, Saito Yoshinobu, Oguma Yuko

    BMC Geriatrics 17 ( 1 ) 190 2017年08月

    ISSN  1471-2318

     概要を見る

    <p>Background: While community-wide interventions to promote physical activity have been encouraged in older adults, evidence of their effectiveness remains limited. We conducted a qualitative study among older adults participating in regular group exercise to understand their perceptions of the physical, mental, and social changes they underwent as a result of the physical activity. Methods: We conducted a qualitative study with purposeful sampling to explore the experiences of older adults who participated in regular group exercise as part of a community-wide physical activity intervention. Four focus group interviews were conducted between April and June of 2016 at community halls in Fujisawa City. The participants in the focus group interviews were 26 older adults with a mean age of 74.69 years (range: 66-86). The interviews were analysed using the constant comparative method in the grounded theory approach. We used qualitative research software NVivo10® to track the coding and manage the data. Results: The finding 'regular group exercise contributes to balanced health in older adults' emerged as an overarching theme with seven categories (regular group exercise, functional health, active mind, enjoyment, social connectedness, mutual support, and expanding communities). Although the participants perceived that they were aging physically and cognitively, the regular group exercise helped them to improve or maintain their functional health and enjoy their lives. They felt socially connected and experienced a sense of security in the community through caring for others and supporting each other. As the older adults began to seek value beyond individuals, they gradually expanded their communities beyond geographical and generational boundaries. Conclusions: The participants achieved balanced health in the physical, mental, and social domains through regular group exercise as part of a community-wide physical activity intervention and contributed to expanding communities through social connectedness and mutual support. Health promotion through physical activity is being increasingly emphasized. The study results can help to develop effective physical activity programs for older adults in the community.</p>

  • 若年乳がん女性のがん治療と妊孕性の意思決定支援に対する看護師の認識

    矢ヶ崎 香, 小松 浩子, 森明子

    日本生殖看護学会誌 (日本生殖看護学会)  14 ( 1 ) 21 - 29 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    本研究は、若年乳がん女性の治療と妊孕性に対する意思決定支援について、看護師がどのように認識し、実践しているのかを明らかにするために、フォーカスグループと内容分析による質的研究を行った。研究参加者は、若年乳がん患者に携わる専門看護師と認定看護師15名であった。結果として、<不確かなライフプランの支援>がコアカテゴリーとして導かれ、3つのカテゴリー〈不確かな将来を歩むための準備〉〈ライフプランの不確かさに伴う葛藤への支援〉〈女性の決断に沿った最善のケア〉が含まれた。看護師は、若年女性ががん治療と妊孕性の課題に伴う葛藤から納得や折り合いをつけたライフプランを支援し、そして女性が決断した不確かな道に歩み出すことを支え、最善を尽くすことの重要性を認識し、実践していた。さらに、看護師は、女性の真の願いを叶えるために組織を超えた多職種の連携、協働や最善のケアを提供することの重要性を認識していた。

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 「がん放射線療法看護認定看護師」領域認定申請報告と認定看護師への期待

    矢ヶ崎 香藤本美生、小松浩子、内布敦子、藤田佐和、荒尾晴惠、菅野かおり、祖父江由紀子、田墨恵子、千崎美登子、野村美香、増島麻里子、奥朋子、井沢知子、長谷川久巳、鈴木志津枝、佐藤禮子、日本がん看護学会教育・研究活動委員会

    日本がん看護学会誌 25 ( 1 ) 62 - 63 2011年05月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • がん看護コアカリキュラム日本版の作成 日本がん看護学会教育・研究活動委員会コアカリ検討班報告(平成19~21年度)

    矢ヶ崎 香藤田佐和、小松浩子、内布敦子、鈴木志津枝、千崎美登子、荒尾晴惠、祖父江由紀子、井沢知子、奥朋子、菅野かおり、田墨恵子、野村美香、長谷川久巳、藤本美生、増島麻里子、佐藤禮子、日本がん看護学会教育・研究活動委員会コアカリ検討班

    日本がん看護学会誌 25 ( 1 ) 54 - 61 2011年05月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 胸部食道がん患者の術後機能回復促進プログラムを実施する看護師の講習会によるコミュニケーション能力および患者教育能力の向上

    綿貫成明矢ヶ崎 香飯野京子、小山友里江、栗原美穂、武藤正美、市川智里、上杉英生、岡田教子、大幸宏幸、藤田武郎、淺沼智恵、久部洋子、小松浩子

    第29回日本がん看護学会学術集会, 2015年02月

  • 手術を受ける胸部食道がん患者のための教育用DVDの作成 手術に安心して取り組むために先輩患者さんからのメッセージ

    小山友里江矢ヶ崎 香綿貫成明、飯野京子、栗原美穂、武藤正美、市川智里、上杉英生、岡田教子、大幸宏幸、藤田武郎、久部洋子、淺沼智恵、小松浩子

    第29回日本がん看護学会学術集会, 2015年02月

  • 広汎性子宮頸部摘出術を受ける患者を支援するチーム医療の特徴

    秋山沙央里矢ヶ崎 香鄭栄姫、小林幸、荊尾歩、粟野由恵、高橋一寿子、江原朋子、勝又徳子、今井亜矢子、片岡美樹、小松浩子、田中京子、青木大輔

    第29回日本がん看護学会学術集会, 2015年02月

  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群に関する遺伝カウンセリングのクライエントの背景および遺伝子検査の現状

    吉野美紀子矢ヶ崎 香矢形寛、大川恵、金井久子、小松浩子、村上好恵、山内英子

    第22回日本乳癌学会総会, 2014年07月

  • 胸部食道がん患者の術後の回復過程における困難と対処

    綿貫成明矢ヶ崎 香栗原美穂、飯野京子、小山友里江、岡田教子、上杉英生、大幸宏幸、藤田武郎、小松浩子

    第68回日本食道学会学術集会, 2014年07月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • がん薬物療法を受ける高齢者のフレイル予防:縦断研究によるハ-モニ-ケアモデル開発

    2019年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 矢ヶ崎 香, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 基盤研究B 経口分子標的治療のがん患者イニシアチブ皮膚障害予防・管理プログラムの実用性

    2015年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 矢ヶ崎香, 補助金,  代表

  • 経口分子標的治療のがん患者イニシアチブ皮膚障害予防・管理プログラムの実用性

    2015年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 矢ヶ崎 香, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 基盤研究C 自宅で経口化学療法を続ける患者の服薬の実態解明と安全、確実な服薬支援モデル開発

    2011年04月
    -
    2015年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 矢ヶ崎香, 補助金,  代表

  • 基盤研究C がん医療におけるEBNと臨床実践のgapと波及モデルの開発

    2008年04月
    -
    2011年03月

    文部科学省科学研究費補助金 , 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Poster Award 2014(EONS-9 Congress)

    Hiroko Komatsu, Kaori Yagasaki, 2014年09月, Power of Nursing: What Makes Nursing Unique?

    受賞国: Turkey

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • がん治療看護論

    2020年度

  • がん看護援助論

    2020年度

  • がん薬物療法看護論

    2020年度

  • 成人看護学

    2020年度

  • 終末期看護学

    2020年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本看護協会 最新看護索引編集委員

    2017年08月
    -
    継続中
  • 特定非営利活動法人日本肺癌学会 会員委員会委員

    2017年
    -
    継続中
  • 日本看護科学学会和文誌編集委員会専任査読委員

    2015年09月
    -
    2017年09月
  • 一般社団法人 日本がん看護学会 理事

    2015年03月
    -
    2017年03月
  • 第2回日本CNS看護学会 実行委員長

    2014年05月
    -
    2015年06月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本肺がん学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本がん看護学会, 

    2010年04月
    -
    継続中
  • 日本死の臨床研究会関東甲信越支部, 

    2009年11月
    -
    継続中
  • 日本死の臨床研究会, 

    2009年04月
    -
    継続中
  • 日本緩和医療学会, 

    2006年03月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年12月
    -
    継続中

    会員委員会委員, 特定非営利活動法人日本肺癌学会

  • 2017年03月
    -
    継続中

    会員, 一般社団法人 日本がん看護学会

  • 2016年12月
    -
    2018年12月

    会員委員会委員, 特定非営利活動法人日本肺癌学会

  • 2015年03月
    -
    2017年02月

    理事, 一般社団法人 日本がん看護学会 

  • 2015年
    -
    継続中

    会員, 日本肺がん学会

全件表示 >>