大谷 俊郎 (オオタニ トシロウ)

Otani, Toshiro

写真a

所属(所属キャンパス)

看護医療学部 (湘南藤沢)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • ■ 1980年慶應義塾大学医学部卒、専任講師(整形外科学)等を経て2006年4月より看護医療学部教授、医学部整形外科兼担教授。2007年4月より大学院健康マネジメント研究科教授(スポーツマネジメント専修)、医学部スポーツ医学総合センター兼担教授。医学博士。1991年-93年英国Leeds大学に留学、主として関節軟骨のバイオメカニクスを研究。専門は膝関節外科、関節のバイオメカニクス、およびスポーツ整形外科。 ■ 現在は看護医療学部での教育、医学部スポーツ医学総合センターでの診療(外来・手術)、教育を担当。 ■ 主な資格と社会活動として日本整形外科学会認定専門医、スポーツ医、リウマチ医、脊髄脊椎病医、日本体育協会認定スポーツドクター、日本相撲協会医務医員、日本関節鏡学会評議員、日本膝関節学会評議員、日本整形外科スポーツ医学会評議員、慶應義塾体育会バスケットボール部部長、医学部体育会バスケットボール部監督など。 ■ 著書として『スポーツインジャリーズ-スポーツマンのための傷害ガイドブック』(監訳)、『整形外科研修医マニュアル』(共著)、『図説 膝の臨床』(共著)、『NEW MOOK整形外科20 リハビリテーション 下肢の外傷』(共著)、『整形外科専門医になるための診療スタンダード全4巻』(監修)、『最新整形外科学大系4 リハビリテーション』(共著)、『中高年のためのスポーツ医学 Q&A』(共著)など。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 整形外科学, 教授(兼担)

  • 医学部, スポーツ医学総合センター, 教授(兼担)

  • 大学院健康マネジメント研究科, 看護・医療・スポーツマネジメント専攻, 教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学看護医療学部教授

  • 2007年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1980年08月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 論文, 1992年12月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツ医学

  • バイオメカニクス

  • 膝関節外科

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動作解析, 

    2014年04月
    -
    継続中

     研究概要を見る

    動作解析装置を研究toolとして、基礎から臨床まで幅広いテーマについて研究を指導しています

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ジュニア期の発育・発達と運動・スポーツ

    隅田祥子;大谷俊郎, MEDICAL VIEW社, 2015年

    担当範囲: 14-21

論文 【 表示 / 非表示

  • ライフスキルと集団凝集性がテニスの競技力に及ぼす影響-大学体育会テニス部員を対象として-

    大谷 俊郎

    テニスの科学 25   91 - 101 2017年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Three-dimensional knee kinematics in patients with discoid lateral meniscus during gait

    大谷 俊郎

    The Knee 2016年03月

    共著

  • 人工膝関節全置換術後の膝蓋骨外側の疼痛に対して膝蓋骨外側の骨切除が有効であった1例

    石原慎一, 長島正樹, 藤井武, 梅澤仁, 藤田成人, 福井康之, 大谷俊郎

    日本関節病学会誌 34 ( 2 ) 195 - 198 2015年

    共著

  • One-year changes in bone mineral density and bone turnover markers in premenopausal amateur runners: A prospective study

    大谷 俊郎

    The Keio Journal of Medicine 63 ( 3 ) 43 - 51 2014年09月

  • 特集 半月(板)損傷の治療―現状と未来― Ⅱ半月(板)手術の適応・術式・成績  半月(板)切除術① ―若手整形外科医のための基本手技―

    原藤健吾; 二木康夫; 大谷俊郎

    関節外科 33 ( 9 ) 28 - 32 2014年09月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 小学生野球選手の肩痛―全国アンケート調査の結果よりわかったこと―

    高岸憲二; 松浦哲也; 正富隆; 帖佐悦男; 田鹿毅; 岩間徹; 渡邉幹彦; 大谷俊郎; 稲垣克記; 池上博泰; 別府諸兄

    第91回日本整形外科学会学術総会, 2018年05月, 口頭(一般)

  • 運動および認知課題がdrop vertical jumpの膝関節動態に及ぼす影響

    385. 原藤健吾; 今井覚志: 森重雄太郎; 小林 秀; 二木康夫: 大谷俊郎; 松本秀男; 松本守雄; 中村雅也; 名倉武雄

    第91回日本整形外科学会学術総会, 2018年05月, 口頭(一般)

  • 日本整形外科学会認定スポーツ医の役割

    大谷俊郎; 石田浩之; 世良泰; 松本秀男 : 

    第91回日本整形外科学会学術総会, 2018年05月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 内側半月板前角の破格11例の検討

    長島正樹; 大谷俊郎; 松本亮; 関広幸; 磯貝宜広; 石原慎一; 船尾陽生; 西山誠; 石井賢

    第91回日本整形外科学会学術総会, 2018年05月, ポスター(一般)

  • 膝蓋置換TKAにおける膝蓋骨部品外側部分の骨折の有効性

    島正樹; 大谷俊郎; 松本亮; 関広幸; 磯貝宣広; 石原慎一; 船尾陽生; 西山誠; 石井賢

    第48回日本人工関節学会, 2018年02月, 口頭(一般)

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 中学生のスポーツ障害とその予防

    大谷 俊郎

    2012年07月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 実は間違いだらけ?!本当は健康になれるストレッチ

    大谷 俊郎

    2011年06月
    -
    継続中

    その他

  • トップアスリートの膝関節傷害とその治療戦略

    大谷 俊郎

    東京, 

    2009年10月
    -
    継続中

    その他

  • 膝関節の痛みと対策

    大谷 俊郎

    東京, 

    2009年10月
    -
    継続中

    その他

  • 中高年の肩腰膝の痛みと対策

    大谷 俊郎

    東京, 

    2009年10月
    -
    継続中

    その他

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本膝関節学会:the best paper of the year, basica

    Suda Yasunori, Matsumoto Hideo, Otani Toshiro, Niki Yasuo, Fujikawa Kyosuke, 2001年02月, 日本膝関節学会, Effect of reconstructions of the posterior cruciate ligament and posterolateral structures on varus instability of the knee. A biomechanical study

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • プロジェクトⅡ(応用)

    2020年度

  • プロジェクトⅠ(基礎)

    2020年度

  • フィジカルアセスメント

    2020年度

  • 急性期病態学総論

    2020年度

  • 慢性期病態学各論

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 急性期病態学

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 専門科目, 演習, 専任, 3時間, 110人

  • 病態学入門

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 110人

  • 老年医学

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 教養科目, 講義, 専任, 1時間, 10人

  • 運動生理学・バイオメカ

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 教養科目, 講義, 1時間, 10人