深堀 浩樹 (フカホリ ヒロキ)

Fukahori, Hiroki

写真a

所属(所属キャンパス)

看護医療学部 (湘南藤沢)

職名

教授

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 1999 年東大医学部健康科学・看護学科卒後, 2007 年同大大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修了。虎の門病院看護師,三重県立看護大学助教,米ペンシルバニア大学看護員,東京医科歯科大学准教授を経て,18 年より現職。博士(保健学)。専門は,老年看護学,家族看護学,看護管理学。高齢者施設等における看護・ケアの質の向上に関する研究に取り組んでいる。

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 保健士, 1999年04月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 調査報告 分娩後出血のリスク因子のエビデンスの提示に対する臨床看護職の評価 Evidence Based Practiceの促進を目指した調査

    比佐, 加奈子, 角川, 綾菜, 中西, 愛海, 廣山, 奈津子, 岩崎, 弓子, 山縣, 千尋, 小笹, 由香 and 深堀, 浩樹

    看護管理 28 ( 8 ) 694 - 701 2018年08月

    ISSN  0917-1355

     概要を見る

    <文献概要>はじめに Evidence-Based Practice(EBP)とは,「研究によるエビデンスと,臨床現場の専門能力,患者や家族の価値観を統合させ,協働で意思決定を行う過程」と定義され,看護領域での促進が望まれる。米国では臨床の実践者が主体のEBP促進のモデルとしてIOWAモデルがあり,活用例として開腹手術後の腸蠕動音聴取の取りやめや,手術時の手袋の二重装着の促進がある。しかし,日本の看護領域ではEBPは十分には普及していない。EBPの個人的バリアには,研究に価値を感じないなどの「価値観」,文献検索能力の不足などの「スキル」の側面がある。また,組織的バリアとして時間不足,情報検索ツールへのアクセスや,英文献の読解という言語的な壁も指摘されている。本調査ではこれらの阻害要因への対応となりうる活動として,学生のEBPプロジェクトが職員・学生の学習や大学と臨床現場の協働を促進する可能性に着目し,看護系大学の学部学生・教員・大学院生らが,文献の系統的検索,質の評価,結果の統合を行い,まとめたエビデンスを臨床看護職に提示する活動(便宜的にこの一連の活動をEBP活動と呼称する。この活動はEBPの促進を目的としたもので看護実践は含まない)を行い,その活動への看護職の評価を明らかにすることを目的とした。本調査から日本におけるEBP促進の示唆が得られることが期待される。

  • 【老年医学(下)-基礎・臨床研究の最新動向-】 老年看護学 さまざまな健康状態に応じた高齢者の看護

    山縣, 千尋, 西川, 裕理, 奥村, 朱美, 那須, 佳津美 and 深堀, 浩樹

    日本臨床 76 ( 増刊7 老年医学(下) ) 711 - 716 2018年08月

    ISSN  0047-1852

  • 意外に知られていない高齢者の事故 本当は怖い○○の話(第8回) 本当は怖い"ベッド柵"の話

    深堀, 浩樹

    看護技術 64 ( 9 ) 897 - 901 2018年08月

    ISSN  0449-752X

  • Development of the End-of-Life Care Nursing Attitude Scale for Japanese Geriatrics

    Okumura-Hiroshige Akemi, Fukahori Hiroki, Yoshioka Sachiko, Kuwata Miyoko, Nishiyama Midori, Takamichi Kaori

    Journal of Hospice and Palliative Nursing 20 ( 3 ) 272 - 278 2018年06月

    ISSN  1522-2179

     概要を見る

    <p>This study aimed to develop an end-of-life (EOL) care nursing attitude scale for Japanese geriatric nurses (ELNAS-JG). The items of the ELNAS-JG were developed to cover important topics related to EOL care (eg, motivation for providing EOL care, pain and symptom management, and decision-making support care for older adults). Participants were 1663 nurses employed in 32 institutions across Japan. Of these, 1298 participants were analyzed. An exploratory factor analysis of the 26 scale items revealed a 3-factor solution describing the concepts of responsibility, willingness, and confidence: responsibility and willingness were captured in factor 1 (16 items), and confidence was split into factor 2 (6 items) and factor 3 (4 items) to capture individual and collaborative behaviors. The overall Cronbach α coefficient for the 26 items was 0.95, and the intraclass correlation coefficient was 0.83. Overall, the ELNAS-JG was confirmed to have good internal consistency, test-retest reliability, content validity, known-groups validity, and construct validity. It can comprehensively measure nurses' attitudes toward EOL care for older adults in any EOL setting. Furthermore, this scale can be used to evaluate educational programs aimed at improving care quality and encouraging related activities in facilities that provide EOL care.</p>

  • Advance care planning for heart failure

    Nishikawa Yuri, Fukahori Hiroki, Ota Erika, Mizuno Atsushi, Hiroyama Natsuko, Miyashita Mitsunori, Yoneoka Daisuke, Kwong Joey S.W.

    Cochrane Database of Systematic Reviews 2018 ( 5 )  2018年05月

    ISSN  1361-6137

     概要を見る

    <p>This is a protocol for a Cochrane Review (Intervention). The objectives are as follows: To assess the effects of advance care planning (ACP) in people with heart failure compared to usual care strategies that do not have any components promoting ACP.</p>

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高齢者施設・住まいにおける避けられる救急搬送・入院を削減する複雑介入の開発

    2020年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 深堀 浩樹, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 高齢者ケア施設における看取りのケアパスの開発

    2016年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 深堀 浩樹, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

  • 高齢者ケア施設の入居者家族へのケアとその効果に関する縦断的研究

    2015年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 深堀 浩樹, 基盤研究(B), 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 老年看護論

    2020年度

  • 老年サポートシステム・制度論

    2020年度

  • プロジェクトⅡ(応用)

    2020年度

  • プロジェクトⅠ(基礎)

    2020年度

  • 看護研究

    2020年度

全件表示 >>