小池 智子 (コイケ トモコ)

Koike, Tomoko

写真a

所属(所属キャンパス)

看護医療学部 (湘南藤沢)

職名

准教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    2001年03月

    大学医学部看護婦

  • 2001年04月
    -
    継続中

    看護医療学部・専任講師

  • 2005年04月
    -
    継続中

    看護医療学部・助教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1982年03月

    慶應義塾大学医学部附属厚生女子学院

    その他, 卒業

  • 1996年03月

    明治大学, 文学部, 史学地理研究科・西洋史専攻

    大学, 卒業

  • 1998年03月

    東京医科歯科大学, 医学系研究科, 保健衛生学専攻博士前

    大学院, 修了, 修士

  • 2001年03月

    東京医科歯科大学, 医学系研究科, 保健衛生学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 看護学博士, 東京医科歯科大学, 課程, 2001年03月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1996年03月

    海外研修生の研修コーディネート

     活動内容を見る

    慶應義塾大学病院において、海外(タイ・フィリピン・エクアドル・ケニア・スーダン)からの看護研修生に対して、それぞれの国の医療制度や看護体制を考慮した研修プログラムをコーディネートした。

  • 1994年07月
    -
    1996年03月

    看護婦現任教育の理論化および推進

     活動内容を見る

    慶應義塾大学病院看護部教育係として現任教育に従事した。プライマリ-ナ-シングの確立と看護婦のキャリア開発を目的に“プライマリ-ナ-スの発達モデル”を開発し,さらに,これをもとにキャリア育成を促進する教育プログラムを作成および実施し,看護婦の力量形成に努めた。また,“看護過程とその考え方”を作成し,看護デ-タ-ベ-スシ-トの開発,関連図の導入,アセスメントに必要な看護理論を概説した。

  • 1996年06月
    -
    継続中

    難病患者および家族に対する在宅療養相談活動

     活動内容を見る

    東京都医師会難病医療相談(毎月第2木曜日)の相談員として,難病患者及び家族への療養相談指導・カウンセリング活動に従事し,広域難病患者支援事業の推進に携わっている。

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学 (Clinical Nursing Science)

  • 看護政策学

  • 看護管理学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾創立150年記念未来先導基金2012年度公募プログラム「アジア・プライマリヘルスケア体験型学習支援プログラム」報告書

    小池 智子, 2012年03月

  • 慶應義塾創立150年記念未来先導基金2009年度公募プログラム「アジア・プライマリヘルスケア体験型学習支援プログラム」報告書

    小池 智子, 2009年03月

  • 看護展望

    小池 智子, 2009年01月

    担当範囲: 83

  • よくわかる関節リウマチの全て

    小池 智子, 永井書店, 2009年

    担当範囲: 250-258

  • 看護展望

    小池 智子, 2007年

    担当範囲: 5

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 経営の「見える化」をしよう

    小池 智子

    訪問看護ステーションニュース  ( 105 ) 4 2012年03月

    研究論文(その他), 単著, 査読無し

  • 文部科学省 大学改革推進事業 看護職キャリアシステム構築~ジェネラリスト・ナースの発達モデル~ 平成22年度 事業報告書

    小池 智子

    文部科学省 大学改革推進事業 看護職キャリアシステム構築~ジェネラリスト・ナースの発達モデル~ 平成22年度 事業報告書 2012年03月

    研究論文(その他), 単著, 査読無し

  • チーム医療の推進における看護師等の役割拡大・専門性向上に関する研究

    小池 智子

    チーム医療の推進における看護師等の役割拡大・専門性向上に関する研究(平成23年度厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業 総括研究報告書) (平成23年度厚生労働科学研究補助金(地域医療基盤開発推進研究事業))  2012年03月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し

  • チーム医療の推進における看護師等の役割拡大・専門性向上に関する研究

    小池 智子

    チーム医療の推進における看護師等の役割拡大・専門性向上に関する研究(平成22年度・23年度厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業 総合研究報告書) (平成22年度・23年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業))  2012年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 共著, 査読無し

  • 訪問看護の基礎強化に関する調査研究事業~「訪問看護支援事業」の支援・評価とその普及~

    小池 智子

    訪問看護の基礎強化に関する調査研究事業~「訪問看護支援事業」の支援・評価とその普及~(平成23年度厚生労働省老人保健事業推進費等補助金報告書) (平成23年度厚生労働省老人保健事業推進費等補助金(老人保健増進等事業))  2012年03月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

  • 巻頭言

    小池, 智子

    Keio SFC journal (慶應義塾大学湘南藤沢学会)  14 ( 2 ) 3 - 5 2014年

    ISSN  13472828

研究発表 【 表示 / 非表示

  • チーム医療の推進における看護師等の専門性向上・役割拡大に関する研究―看護師の専門職性の発揮の実際と発展―

    小池 智子

    第31回日本看護科学学会学術集会 (ホテル日航高知旭ロイヤルゴールデンパシフィック2(高知県)) , 2011年12月, その他, 日本看護科学学会

  • チーム医療の推進における我が国の看護師と看護補助者の連携の実情

    小池 智子

    第31回日本看護科学学会学術集会 (高知市文化プラザかるぽーと(高知県)) , 2011年12月, 口頭(一般), 日本看護科学学会

  • ‘ Trends of Interprofessional Education and Team Approach in Japan ‘

    小池 智子

    International Perspectives on Interprofessional Education Conference (Lecture Theatre 2 UCS Waterfront Building ,Ipswich) , 2011年09月, 口頭(一般)

  • 看護師のキャリア開発意欲を高める要因

    小池 智子

    第15回日本看護管理学会年次大会 (京王プラザホテル(東京都)) , 2011年08月, 口頭(一般), 日本看護管理学会

  • これからの公衆衛生看護学教育に求められる実践力:医療政策論

    小池 智子

    全国保健師教育機関協議会 平成23年度教員研修会 (大阪市立大学医学部) , 2011年07月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 看護職員配置の妥当性に関する調査研究

    2005年10月
    -
    2006年03月

    「看護職員配置の妥当性に関する調査研究」研究班, その他, 

     研究概要を見る

    ① 看護職員の配置の実質的な確保が事故の防止、回復の促進、死亡退院の減少、平均在院日数の短縮に寄与する。
    ② 特に、夜勤帯においては、看護職員1人あたりの稼動病床数が17床以上となると転倒・転落、誤薬-注射、褥瘡、全退院者に占める死亡退院の割合が増える。
    ③ また、看護職員の配置人数だけではなく、質という面から、看護師比率や経験、専門性が今後さらに重要となる。
    ④ さらに、看護職員数と質の確保のみならず、看護職員が効率的、効果的に業務を行えるよう、基盤整備やクリニカルパスを充実させ、他職種との役割分担による協働を進める必要がある。

Works 【 表示 / 非表示

  • モジュール型継続受け持ち方式導入後5年の成果と課題

    関美恵子、市川二葉、水野谷悦子、木村チヅ子、小池智子

    東京, 

    2002年06月
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    モジュール型継続受け持ち方式導入5年後の成果と課題を明らかにするために、ケア提供に対する患者満足、看護師のケア提供に関する役割・責務について自記式調査を行った。入院患者247名から回答を得、ケア提供方式に対する患者の満足は約90%であった。看護師への調査では176名から回答を得、「安全・倫理」の実施が最も高く、「ケアの継続性・一貫性」は職務経験が少ないと困難が強いことがわかった。

  • プライマリーナースの発達モデル導入後の看護師の臨床能力の推移

    水野谷悦子,宮田昌子,杉山栄子,嶋野ひさ子,木村チヅ子,小池智子

    東京, 

    2002年06月
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    プライマリーナースの発達モデル導入後5年間の有用性について,1996年度採用者42名を対象に臨床能力の推移と教育支援システムの効果性を検証した。臨床実践の中核を担う発達レベルⅡの到達には平均3.4年を要していた。発達モデルは個々の看護師の成長の指標となっており,支援システムもほぼ有効であることが分かったが,各レベルの能力要件の内容の妥当性に関する検討が必要であることが示唆された。

  • 療養支援室の患者利用実態及び満足度

    渋澤いずみ、梅田光代、石川有紀、佐内結美子、木村理恵子、小池智子

    東京, 

    2002年06月
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    2001年に慶応義塾大学病院に開設した療養支援室の患者の利用実態および満足度に関する自記式調査を行い、利用者の47.8%から回答を得た。療養支援室の利用のしやすさ、相談指導の有用性はそれぞれ90%以上が良いと評価しており、全体的な患者満足度も約90%が満足と回答した。しかし、がん末期患者および難治性の慢性疾患患者など、療養上の困難が強いケースに対し、さらに有効な地域医療との連携が必要であることが示唆された。

  • 看護職の医療・看護政策に対する関心(1)-関心の実態とその背景-

    小池智子、久常節子、齋藤訓子

    東京, 

    2002年06月
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    '全国5,602名の看護職を対象に、医療・看護政策に対する関心の程度および関心を形成する背景について、郵送調査を行った。約8割が政策に関心があると回答し、年齢、職位、政策に関する講義・研修受講経験の有無により関心の程度が異なった。政策への関心の形成には、医療問題の報道、現場での問題意識、政策に関する学習経験が影響をしていた。

  • 看護職の医療・看護政策に対する関心(2)-看護政策課題に関する認識-

    小池智子、久常節子、齋藤訓子

    東京, 

    2002年06月
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    '全国5,602名の看護職を対象に、医療・看護政策決定過程に対する関心の程度、政策に関する情報の入手およびその有用性について、郵送調査を行った。約6割が政策決定過程に関心があると回答したが、具体的な決定過程を知っているものは約2割に過ぎなかった。看護政策に関する情報は主に「一般メディア」「日本看護協会」から得ていたが、約8割が政策を考える上では不十分であると回答した。

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 看護管理・政策学

    2019年度

  • 看護管理・政策学方法論Ⅰ

    2019年度

  • 看護管理・政策学方法論Ⅱ

    2019年度

  • 世界の医療・保健制度Ⅰ(比較制度論)

    2019年度

  • 今日の看護医療

    2019年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本在宅看護学会, 

    2011年07月
    -
    継続中
  • 日本看護管理学会, 

    2011年
    -
    継続中
  • 日本看護評価学会, 

    2010年
    -
    継続中
  • 日本看護管理学会, 

    2009年
    -
    継続中
  • 第14回日本看護管理学会年次大会, 

    2009年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年07月
    -
    継続中

    理事, 日本在宅看護学会

  • 2011年
    -
    継続中

    理事, 日本看護管理学会

  • 2010年
    -
    継続中

    評議員, 日本看護評価学会

  • 2009年
    -
    継続中

    専門委員, 日本看護管理学会

  • 2009年
    -
    継続中

    専門委員, 第14回日本看護管理学会年次大会

全件表示 >>