濱田 庸子 (ハマダ ヨウコ)

Hamada, Yoko

写真a

所属(所属キャンパス)

環境情報学部 (湘南藤沢)

職名

教授

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 精神分析理論に基づく、乳幼児から青年期までの患者の、臨床精神医学的研究 乳幼児期の発達における情緒応答性の役割に関する研究 育児困難の母親の臨床精神医学的研究 日本版IFEEL Picturesの開発と応用に関する研究 大学生のメンタルヘルスに関する臨床心理学的研究

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学医学部, 精神神経科, 兼担教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年11月
    -
    1987年03月

    大学医学部 助手 精・神科 無給(専修医)

  • 1987年04月
    -
    1992年07月

    大学保健管理センター医師(女子高等学校分室)

  • 1988年02月
    -
    1991年03月

    大学医学部 助手 精・神科 有給

  • 1991年04月
    -
    1991年10月

    大学医学部 助手 精・神科 無給

  • 1991年04月
    -
    1996年03月

    聖徳大学短期大学部 ,助教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年08月

    慶應義塾, 医学部, 医学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 慶應義塾, 9999年12月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1981年11月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会心理学 (教育・社会系心理学)

  • 精神神経科学 (Neuropsychiatry)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • <次世代を育む心>の危機

    小此木啓吾,濱田 庸子,山田康, 慶應義塾大学出版会, 2004年04月

  • 精神医学テキスト

    上島国利、立山萬里編, 南江堂, 2000年04月

    担当範囲: 37-43

     概要を見る

    執筆担当部分: こころの発達理論と防衛機制                       上島国利、立山萬里編、精神医学テキスト、Ⅰ精神医学の基礎知識、C.精神医学の基礎となる知識、所収理学療法士、作業療法士などを目指す学生を対象とした精神医学教科書。精神医学総論の中で、乳幼児期から成人期にいたるこころの発達理論について、精神分析的な観点から概説し、抑圧、反動形成、昇華など、自我が用いる主な防衛機性について説明した。

  • 精神医学テキスト

    濱田 庸子, 南江堂, 2000年04月

    担当範囲: 37-43

     概要を見る

    執筆担当部分:こころの発達理論と防衛機制         上島国利、立山萬里編、精神医学テキスト、Ⅰ精神医学の基礎知識、C.精神医学の基礎となる知識、所収理学療法士、作業療法士などを目指す学生を対象とした精神医学教科書。精神医学総論の中で、乳幼児期から成人期にいたるこころの発達理論について、精神分析的な観点から概説し、抑圧、反動形成、昇華など、自我が用いる主な防衛機性について説明した。

  • John Wiely & Sons

    Osofsky, J. D. and Fitzgerald, H. E. ed. Okonogi, K., Hamada, Y., 2000年01月

    担当範囲: 39-61

     概要を見る

    執筆部分2章 Cross-cultural perspectives on infant mental health: Japan        世界乳幼児精神保健学会World Association for Infant Mental Health, WAIMHが編集した乳幼児精神保健ハンドブックの第1巻。日本での乳幼児精神保健の歴史、特徴、代表的な研究及び研究者について述べた。

  • John Wiely & Sons

    濱田 庸子, John Wiely & Sons, 2000年01月

    担当範囲: 39-61

     概要を見る

    執筆部分2章 Cross-cultural perspectives on infant mental health: Japan        世界乳幼児精神保健学会World Association for Infant Mental Health, WAIMHが編集した乳幼児精神保健ハンドブックの第1巻。日本での乳幼児精神保健の歴史、特徴、代表的な研究及び研究者について述べた。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本版IFEEL Picturesの研究-基礎資料の検討-

    平野直己、濱田 庸子、井上果子、深津千賀子、滝口俊子、小此木啓吾

    学校臨床心理学研究 1 ( 1 ) 91-99 2003年

    研究論文(大学,研究機関紀要), 共著, 査読無し

  • 学生相談における境界例とのかかわり

    加藤志ほ子、濱田庸子、鈴木典子

    心理臨床学研究 16 ( 1 ) 1-11 1998年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    境界例と診断される学生を学生相談であつかった事例を報告し、このような重いパーソナリティー障害を持つ学生をキャンパス内で抱える上での問題点について考察した。

  • ヤング・アダルトと母性障害

    濱田 庸子

    臨床精神医学 27   153-157 1998年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

     概要を見る

    女性が出産後母親となる時期を成母期と呼び、思春期と同様に、身体的にも心理的にも大きな変化の時期である。それだけに母親への移行に失敗し、母性障害として臨床的に顕在化しやすいが、その一方適切な介入により、治療的変化も起こりやすい時期でもある。世代間伝達を防止し、子どもの障害の発生を未然に防ぐためにも、多くの精神保健関係者が母性障害を理解し、適切な介入が行われることが必要である。

  • 日本版IFEEL Pictures:母親への施行結果からの特徴の検討

    平野直己、森さち子、井上果子、濱田庸子、滝口俊子、深津千賀子、小此木啓吾

    心理臨床学研究 15   144-151 1997年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    日本版IFEEL Picturesは生後12ヶ月の乳児の表情写真30枚より構成され、これらの写真刺激から感情をよみとるように教示を受けた被験者の回答に基づいて彼らの情緒応答性を把握することが目的である。生後3から15ヶ月児の母親137名を被験者として実施した回答をに基づいて、18のカテゴリーを高頻度、中頻度、低頻度の3群に分類した。また30枚の写真を、喜び、悲哀、怒り、眠気、疲れ、欲求、注意・疑問の7系列に分類した。

  • 乳幼児表情写真(IFEEL Picture)に対する精神分裂病女性患者の情緒反応に関する研究

    濱田 庸子

    慶應医学 6 ( 67 ) 1051-1065 1990年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    I FEELテストを寛解期にある分裂病女性患者27名(出産経験者16名を含む)と対照群28名(出産経験者19名)に,アルバム法,口頭による自由回答法で実施した。分裂病群に表情の意味を解釈し過ぎる傾向,および『悲哀』,『不安』を否認しやすい傾向を認め,ロールシャッハテストと共通の所見を得た。さらに分裂病の母親の養育態度について考察した

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 子どもの育ちと母親への支援

    濱田 庸子

    第16回日本サイコセラピー学会 (東京) , 2015年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本サイコセラピー学会

  • 精神分析的なこころの発達の考え方と、その臨床への応用-乳幼児精神医学の視点から

    濱田 庸子

    第55回日本児童青年精神医学会総会 (静岡県浜松市) , 2014年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本児童青年精神医学会

  • Supportive psychotherapy and developmental guidance of a woman with acute stress disorder: influence of deprivation that the patient herself does not remember

    濱田 庸子, 深津 千賀子

    World Association for Infant Mental Health 14th World Congress (Edinburgh, United Kingdom) , 2014年06月, ポスター(一般), World Association for Infant Mental Health

  • Group work for mothers with childrearing difficulties: an attempt to understand mothers' representation of their children, using pictures of infants' facial expressions

    Sawako Nagaya , Yoko Hamada , Kako Inoue , Chiyo Chiba

    World Association for Infant Mental Health 14th World Congress (Edinburgh, United Kingdom) , 2014年06月, ポスター(一般), World Association for Infant Mental Health

  • How primiparas recognize babies' facial expressions-the relation between their responses to the Japanese IFEEL Pictures and their style of attachement

    Kako Inoue , Yoko Hamada , Hiroko Matsui , Chiyo Chiba , Kyoko Hirata , Sawako Nagaya , Chikako Fukatsu

    World Association for Infant Mental Health 14th World Congress (Edinburgh, United Kingdom) , 2014年06月, ポスター(一般), World Association for Infant Mental Health

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 精神看護論

    2019年度

  • 研究会B

    2019年度

  • 学校・産業保健

    2019年度

  • 心身ウェルネス

    2019年度

  • パーソナリティ発達論

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • ふじさわ人権協議会委員

    2012年04月
    -
    継続中