Kiyoki, Yasushi

写真a

Affiliation

Faculty of Environment and Information Studies (Mita)

Position

Professor Emeritus

Related Websites

External Links

Career 【 Display / hide

  • 1983.04
    -
    1984.08

    日本電信電話公社

  • 1988.12
    -
    1996.03

    筑波大学 ,助教授

  • 1996.04
    -
    1998.03

    大学助教授(環境情報学部)

  • 1996.09
    -
    1997.09

    大学環境情報学部学習指導副主任

  • 1998.04
    -
    Present

    大学教授(環境情報学部)

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1978.03

    Keio University, Faculty of Engineering

    University, Graduated

  • 1980.03

    Keio University, Graduate School, Division of Engineering

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1983.03

    Keio University, Graduate School, Division of Engineering

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 工学 , Keio University, 1983.03

 

Books 【 Display / hide

  • 次世代サイバースペースの研究 II.次世代サイバーノレッジの研究

    KIYOKI YASUSHI, 2005

  • 弘文堂

    Takatugu Kitagawa, Yasushi Kiyoki, Yoshihide Hosokawa, Naoki Ishibashi, 2002.06

  • Advanced Database Research and Development Series Vol.10, Advances in Multimedia and Databases for the New Century, A Swiss/Japanese Perspective

    Y. Kiyoki, Y. Hosokawa, Naoki Ishibashi, World Scientific Publishing, 2002.04

    Scope: 158-165

     View Summary

    A Metadatabase System Architecture for Integrating Heterogeneous Databases with Temporal and Spatial Operations.

  • Kluwer Academic Publishers

    S.Spaccapietra(Edt.), F.Maryanski(Edt.), Y. Kiyoki, Naofumi Yoshida, Takashi Kitagawa, 1999.04

    Scope: 105-128

     View Summary

    An Associative Search Method Based on Symbolic Filtering and Semantic Ordering for Database Systems.

  • Multimedia Data Management - using metadata to integrate anda apply digital media

    A.Sheth(Edt), W.Klas(Edt.),Y. Kiyoki, T. Kitagawa, T. Hayama, 1998.05

     View Summary

    A metadatabase system for semantic image search by a mathematical model of meaning.

Papers 【 Display / hide

  • A New Approach of Semantic Computing with Interval Matrix Decomposition for Interpreting Deforestation Phenomenon

    Irene Erlyn Wina Rachmawan, Yasushi Kiyoki

    Information Modelling and Knowledge Bases XXX (IOS Press)  312   353 - 368 2019

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • An Information Retrieval Approach for Text Mining of Medical Records based on Graph Descriptor

    Alexander Dudko, Tatiana Endrjukaite, Yasushi Kiyoki

    Information Modelling and Knowledge Bases XXX (IOS Press)  312   334 - 352 2019

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Relationship between Vegetation Indices and SPAD Values of Waxy Corn using an Unmanned Aerial Vehicle

    Panath Jermthaisong, Sununtha Kingpaiboon, Petchporn Chawakitchareon, Yasushi Kiyoki

    Information Modelling and Knowledge Bases XXX (IOS Press)  312   312 - 318 2019

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • An environmental-semantic computing system of multispectral imagery for coral health monitoring and analysis

    Jinmika Wijitdechakul, Yasushi Kiyoki, Chawan Koopipat

    Information Modelling and Knowledge Bases XXX (IOS Press)  312   293 - 311 2019

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Application of 5D World Map System to Large News-Article Database for Realizing Context-Diversity-Responsive Semantic Associative Search

    Shiori Sasaki, Yasushi Kiyoki, Hanako Fujioka, Toshihiro Watabane, Kyohei Otsuka, Masayuki Ishii

    Information Modelling and Knowledge Bases XXX (IOS Press)  312   276 - 292 2019

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • グローバル環境システムの構想とリーダーの育成 : 博士課程教育リーディングプログラム-グローバル環境システムリーダープログラム(GESL)

    KIYOKI YASUSHI

    三田評論  ( 1173 ) 27 - 32 2013.12

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other), Single Work

Presentations 【 Display / hide

  • 絶滅危惧種と生息国事象間の意味的関係解釈を実現するコンテキスト・ベース知識獲得システム

    井上 紗里,佐々木 史織,清木 康

    第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), 

    2019.03

    Oral presentation (general)

  • 感性計量による映画リコメンデーションシステムの実現

    飯島 萌子,清木 康

    第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), 

    2019.03

    Oral presentation (general)

  • 視覚的印象を表現する楽曲特徴量の抽出および楽曲生成手法

    陳 昀劭,清木 康

    第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), 

    2019.03

    Oral presentation (general)

  • ツアープラン分析による多様性を考慮した観光地推薦・ツアープラン生成システムの実現方式

    菊原 魁人,清木 康

    第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), 

    2019.03

    Oral presentation (general)

  • トピックモデルを用いた論文分析による企業と研究者のマッチングシステムの提案

    大隈 有紗,清木 康

    第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), 

    2019.03

    Oral presentation (general)

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 宇宙開発事業団 (NASDA) 高度情報化推進部招聘研究員

    2001
    -
    Present

    Other

     View Details

    概要: 宇宙開発事業団における高度情報化、知識ベース化のための方式、システムおよびデータベースの構成方法についての検討を行ない、その指針を提示する。

  • 富士ゼロックスSymbolic Leaders Program 講演

    2000
    -
    Present

    Other

     View Details

    概要: マルチデータベースシステム、知識管理方式についての最近の研究(〜平成13年まで)

  • NEC University 講演

    2000
    -
    Present

    Other

     View Details

    概要: データベースと感性情報についての最近の研究動向、および、我々の研究について、講演を行った。(〜平成13年まで)

  • 日立製作所 OpenTP1フォーラム研究会座長

    1996
    -
    Present

    Other

     View Details

    概要: 日立製作所が開発したミドルウェアシステムOpenTP1に関する研究会の座長として、最近の分散システム、ネットワークシステムの最近の研究動向に関する講演、および、パネル討論の進行を行った。(〜平成12年まで)

Intellectual Property Rights, etc. 【 Display / hide

  • 情報処理支援方法、情報処理支援ステム、プログラム

    Date applied:   2002.12 

    Date issued: 2002-369797 

    Patent

  • 情報処理支援方法、情報処理支援システム、管理サーバ、クライアント端末、プログラム

    Date applied:   2002.12 

    Date issued: 2002-369796 

    Patent

  • Data Processing apparatus and method

    Date applied:   1999.01 

    Date issued: 6,334,129  2001.12

    Patent

  • Method and apparatus for selecting and utilizing one of computers or databases

    Date applied:   1998.12 

    Date issued: 6,347,315  2002.02

    Patent

  • Integrated database system

    Date applied:   1997.07 

    Date issued: 6,269,365  2001.07

    Patent

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 平成14年度情報処理学会論文賞

    清木 康,石原冴子, 2003.03, 社団法人 情報処理学会

    Type of Award: Award from Japanese society, conference, symposium, etc.

     View Description

    本論文では、現在広域ネットワーク上に独立に構築されている異分野の多次元ベクトル空間を統合し、分野横断的な意味的連想検索空間を構成するユニークな方式を提案している。本論文は、環境分野及び医療分野を対象としたシステムの実現と評価を行ない、提案した方式の有効性を示した完成度の高い独創性に富んでいる研究である。提案した方式では、分野という概念を柔軟かつダイナミックに捉え直し、新たな発想や知識を生み出すための基礎を与えている。この方式により、異分野に横断的に関連する情報源に、より高い相関を与える多次元ベクトル空間を生成することが可能になり、データベース統合のための新しい機構の実現可能性を示した。本研究は、今後データベースとネットワークの研究に画期的な貢献を果たすものと考えられる。

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • ENVIRONMENTAL INFORMATION SYSTEM ARCHITECTURE

    2023

  • MULTIMEDIA KNOWLEDGE BASE DESIGN AND IMPLEMENTATION

    2022

  • ENVIRONMENTAL INFORMATION SYSTEM ARCHITECTURE

    2022

  • MULTIMEDIA KNOWLEDGE BASE DESIGN AND IMPLEMENTATION

    2021

  • ENVIRONMENTAL INFORMATION SYSTEM ARCHITECTURE

    2021

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 文部科学省科学技術振興調整費“戦略的研究拠点育成”事業,“デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構

    2004.07
    -
    Present

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 2005 IEEE International Conference on Data Engineering, 

    2004.04
    -
    Present
  • 国際会議 Iasted International Conference on Informatio, 

    2002.09
    -
    Present
  • 国際会議 12th Information Modelling and Knowledge Base, 

    2002.05
    -
    Present
  • Jordan Royal Scientific Society, 

    2002
    -
    Present
  • 情報処理学会データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム, 

    2001.12
    -
    Present

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2004.07
    -
    Present

    副機構長, 文部科学省科学技術振興調整費“戦略的研究拠点育成”事業,“デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構

  • 2004.04
    -
    Present

    Conference Chair, 2005 IEEE International Conference on Data Engineering

  • 2002.09
    -
    Present

    プログラム委員長, 国際会議 Iasted International Conference on Informatio

  • 2002.05
    -
    Present

    プログラム委員, 国際会議 12th Information Modelling and Knowledge Base

  • 2002
    -
    Present

    IT New Trend Seminar における基調講演, Jordan Royal Scientific Society

display all >>