加藤 貴昭 (カトウ タカアキ)

Kato, Takaaki

写真a

所属(所属キャンパス)

環境情報学部 (湘南藤沢)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年02月
    -
    1999年03月

    MLB Chicago Cubs Baseball Club所属選手

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

    大学専任講師(有期)(総合政策学部)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月

    慶應義塾, 環境情報学部

    大学, 卒業

  • 2000年03月

    慶應義塾, 大学院政策・メディア研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2003年03月

    慶應義塾, 政策・メディア研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術), 慶應義塾, 課程, 2003年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 家政・生活学一般 (生活科学一般)

  • スポーツ科学 (Sports Science)

  • 実験心理学 (Experimental Psychology)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • スキルサイエンス入門 ―身体知の解明へのアプローチ―

    加藤 貴昭, 東京・オーム社, 2009年03月

    担当範囲: 312

     概要を見る

    新時代の人工知能に関わりの深い技術、学術の知識を書籍にまとめた「知の科学シリーズ」の一冊。舞踏やスポーツなど 身体を動かす技巧の巧拙はどこから生まれるのか。本書では、動きの計測から計測データの解析、そして上達へとつなげる実例までを紹介する。

  • 「メジャーリーグの数理科学 下」(シュプリンガー数学リーディングス 第3巻)

    J.アルバート;J.ベネット著; 加藤貴昭訳, シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004年09月

    担当範囲: 249p

  • 「メジャーリーグの数理科学 上」(シュプリンガー数学リーディングス 第2巻)

    J.アルバート;J.ベネット著 加藤貴昭訳, シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004年08月

    担当範囲: 248p

  • 最新スポーツ心理学 - その軌跡と展望

    加藤 貴昭, 2004年

論文 【 表示 / 非表示

  • Visual behaviors and expertise in race driving situation

    Kato T.

    Advances in Intelligent Systems and Computing (Advances in Intelligent Systems and Computing)  823   245 - 248 2019年

    ISSN  9783319960739

     概要を見る

    © Springer Nature Switzerland AG 2019. It is generally considered that experts are typically more accurate and quicker in their responses and generally employ fewer fixations and longer duration. In motorsports, very few attempts have been made at perceptual-motor skills of racing drivers. We analyzed visual search activities of racing drivers in the simulated racing driving situation. A total of 15 subjects took part in the experiment and they all had normal or corrected-to-normal vision. Two expert racecar drivers were competing in national and international races at that moment. Two intermediate drivers had experienced in race driving on the motor racing circuits. Others had no race experience. The results indicated differences between experts, intermediates and novices. Experts’ vehicle speed was higher than others. It can be seen that experts held the brake pedal position earlier and smaller time when they approached the corner, then stepped on the accelerator earlier and reached the maximum throttle position faster at the middle or apex of the corner. RMS of Steering wheel acceleration reveled that experts moved steering more variable while cornering. Proportion of eye movements types showed fixations of experts were more than intermediates and novices and, experts seldom blink and tended to set their line of sight towards and beyond the tangent point during the corner. SD of horizontal eye angle of experts were smaller than intermediates and novices. Findings which reveals expert racing driver used a systematic visual search strategy and control a car efficiently are discussed from not only expert performance approach but also empirical perspectives.

  • Rally driver’s eye movements when driving the corner on gravel road – differences between world rally championship and national championship drivers

    Hariyama T., Kato T.

    Advances in Intelligent Systems and Computing (Advances in Intelligent Systems and Computing)  823   174 - 178 2019年

    ISSN  9783319960739

     概要を見る

    © Springer Nature Switzerland AG 2019. We focus on rally drivers’ eye movements and behaviors when they are driving around a corner on a gravel road in this research. Recent studies of visual strategy regarding visual control in driving have been conducted in a driving simulator and on a racing course or paved roads. However, this study was conducted in the real environment of gravel roads and with real vehicles. In this study, the difference between the accomplished and intermediate rally driver’s eye movements and fixation points were defined. The study’s purpose was to understand how expert drivers move their eyes while driving around a corner on a gravel road. Twelve subjects, who were rally drivers in Japan, participated in the experiment; the accomplished driver had won the World Rally Championship (WRC) and was the fast rally driver in Japan. Each subject’s eye movement was measured with mobile eye tracker (Tobii Pro Glasses 2, Tobii, Sweden) and operated at 50 Hz. The eye tracker recordings were analyzed using Frame-By-Frame analysis. This study suggests that the eye movements of accomplished drivers allow them to control the car safely and be conscious of oncoming corners. Furthermore, by looking and thinking ahead like accomplished drivers, the cognitive load associated with driving is likely to decrease; furthermore, it may serve to activate their memories of previous rallies.

  • 眼球運動からみるスポーツ選手の知覚スキル

    加藤 貴昭

    OCULISTA 58   50 - 55 2018年

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • サッカーの状況判断における知覚認知スキルの研究動向と今後の課題-コーチング学への示唆-

    夏原隆之, 加藤貴昭, 中山雅雄, 浅井 武

    コーチング学研究 31 ( 1 ) 1 - 10 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 熟練スポーツ競技者の眼球運動

    加藤 貴昭

    日本臨床スポーツ医学会誌 24 ( 2 ) 185 - 187 2016年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 努力か?才能か?

    加藤 貴昭

    三田評論 (慶應義塾)  1189   51 2015年05月

    その他記事

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Visual search strategies of baseball players in the simulated infield defensive situation

    Kato, T.

    The 14th Word Congress of Sport Psychology (Sevilla, Spain) , 2017年07月, ポスター(一般), International Society of Sport Psychology

  • Visual search strategies of soccer players in offensive situation of soccer: combining eye movement and retrospective verbal protocol data

    Natsuhara, T., Matsutake, T., Kato, T., Nakayama,T., Asai, T.

    The 14th Word Congress of Sport Psychology (Sevilla, Spain) , 2017年07月, ポスター(一般), International Society of Sport Psychology

  • Visual search, body coordination and expertise in Kendo.

    KATO TAKAAKI

    31st International Congress of Psychology (Yokohama) , 2016年07月, ポスター(一般), The International Union of Psychological Science

  • 一流女性テニス競技者の熟達化に関する研究

    竹村りょうこ, 加藤 貴昭

    日本体育学会大会, 2016年, 口頭(招待・特別)

  • 熟練スポーツ競技者の眼球運動

    加藤 貴昭

    第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 (神戸) , 2015年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本臨床スポーツ医学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「先を見る」ための知覚運動スキルの解明とトレーニングへの応用

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 加藤 貴昭, 基盤研究(C), 補助金,  代表

Works 【 表示 / 非表示

  • アスリート展トーク「アスリートのコミュニケーション」

    加藤 貴昭

    東京, 

    2017年04月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • アスリート展

    加藤 貴昭

    東京, 

    2017年02月
    -
    2017年06月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    学術協力

  • サイエンス・メール

    2014年11月
    -
    2015年03月

    その他

  • ミラクルボディー スペイン代表 世界最強の“天才脳”

    永野 智久, 加藤 貴昭

    2014年06月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • 視覚・人体計測セミナー 2012

    加藤 貴昭

    2012年08月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 打球具の長さの適否判定方法および打球具の長さの適否判定装置

    特願: 特願2014-198456  2014年09月 

    特開: 特開2016-67495  2016年05月 

    特許:   2016年03月

    特許, 共同, 国内出願

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Presentation

    Kato, T., 2014年08月, Asian-South Pacific Association of Sport Psychology, Vision and action in Kendo: experimental consideration of "Enzan no Metsuke"

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 特別研究プロジェクトB

    2019年度

  • 研究会A

    2019年度

  • 体育5

    2019年度

  • 体育4

    2019年度

  • 体育3

    2019年度

全件表示 >>