加藤 貴昭 (カトウ タカアキ)

Kato, Takaaki

写真a

所属(所属キャンパス)

環境情報学部 (湘南藤沢)

職名

教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年02月
    -
    1999年03月

    MLB Chicago Cubs Baseball Club所属選手

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

    大学専任講師(有期)(総合政策学部)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月

    慶應義塾大学, 環境情報学部

    大学, 卒業

  • 2000年03月

    慶應義塾大学, 大学院政策・メディア研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2003年03月

    慶應義塾大学, 政策・メディア研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術), 慶應義塾大学, 課程, 2003年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / スポーツ科学 (スポーツ心理学)

  • 人文・社会 / 実験心理学 (眼球運動)

  • 情報通信 / エンタテインメント、ゲーム情報学 (eスポーツ)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • スポーツパフォーマンスと視覚 −競技力と眼の関係を理解する−

    上田太志,枝川宏,江塚彩芽,大沼学,柏野牧夫,片岡沙織,加藤貴昭,亀井明子,木下祐輝,國部雅大,上東悦子,中本浩揮,野原尚美,樋口貴広,福原和伸,松原正男,山田光穗, ナップ, 2019年08月,  ページ数: 176

  • スキルサイエンス入門 ―身体知の解明へのアプローチ―

    加藤 貴昭, 東京・オーム社, 2009年03月

    担当範囲: 312

     概要を見る

    新時代の人工知能に関わりの深い技術、学術の知識を書籍にまとめた「知の科学シリーズ」の一冊。舞踏やスポーツなど 身体を動かす技巧の巧拙はどこから生まれるのか。本書では、動きの計測から計測データの解析、そして上達へとつなげる実例までを紹介する。

  • 「メジャーリーグの数理科学 下」(シュプリンガー数学リーディングス 第3巻)

    J.アルバート;J.ベネット著; 加藤貴昭訳, シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004年09月

    担当範囲: 249p

  • 「メジャーリーグの数理科学 上」(シュプリンガー数学リーディングス 第2巻)

    J.アルバート;J.ベネット著 加藤貴昭訳, シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004年08月

    担当範囲: 248p

  • 最新スポーツ心理学 - その軌跡と展望

    加藤 貴昭, 2004年

論文 【 表示 / 非表示

  • Using “Enzan No Metsuke” (gazing at the far mountain) as a visual search strategy in Kendo

    Kato, T.

    Frontiers in Sports and Active Living 2 ( 40 )  2020年04月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • eスポーツという大いなる可能性

    加藤貴昭, 古谷知之, 南政樹

    KEIO SFC JOURNAL 20 ( 1 ) 184 - 207 2020年09月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 共著,  ISSN  1347-2828

  • Microsaccade Dynamics Reveals Skilled Soccer Players' Ability to Modulate Scope of Visual Spatial Attention for Scene Anticipation

    Saijo Naoki, Kato Takaaki, Yoneya Makoto, Kashino Makio

    JOURNAL OF SPORT & EXERCISE PSYCHOLOGY 42   S54 - S55 2020年08月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り,  ISSN  0895-2779

  • The Effects of Differences in the Executive Functions Between Decision-Making and Visual Search Strategies of Soccer Players

    Natsuhara Takayuki, Kato Takaaki, Nakayama Masao, Asai Takeshi

    JOURNAL OF SPORT & EXERCISE PSYCHOLOGY 42   S50 - S50 2020年08月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り,  ISSN  0895-2779

  • Decision-Making While Passing and Visual Search Strategy During Ball Receiving in Team Sport Play

    Natsuhara T, Kato T, Nakayama M, Yoshida T, Sasaki R, Matsutake T, Asai T

    Perceptual and Motor Skills 127 ( 2 ) 468 - 489 2020年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00315125

     概要を見る

    © The Author(s) 2020. In many team sports, in which environmental change is constant, athletes selectively allocate attention between the approaching ball and other players, and constantly consistently making decisions regarding whom to pass the ball to. Few previous studies on decision-making in team sports such as soccer have included the ball reception phase. This study examined players’ visual search strategies during pass decisions. Using five-on-four soccer-specific film simulations from previously recorded real scenes, high-level players (HLPs) and middle-level players (MLPs) reacted to life-sized soccer scenes. We measured their visual search strategies in decision-making tasks involving ball reception and pass execution and collected their verbal reports. We employed a novel system wherein the ball is ejected toward participants according to the video clips in order to maintain perception–action coupling during the task. We found skill-based differences in decision-making accuracy, eye movement data, and verbal reports. HLPs demonstrated better decision-making than MLPs, and, in eye movement data, HLPs allocated more attention to nonmarked attackers ([M] = 14.1, [SD] = 4.8%, p <.001, η2 = 0.39), the teammate receiving the pass (M = 18.4, SD = 4.3%, p <.05, η2 = 0.15), and opponents (M = 14.6, SD = 6.3%, p <.05, η2 = 0.17) than did MLPs. Furthermore, according to verbal reports, HLPs tended to attend to information on opponent players. Thus, visual search strategies during ball reception suggest that the position and situation of teammates and opponents are the most important information sources for accurate and consistent pass decisions.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • eスポーツがリアルスポーツの発展を助ける

    加藤貴昭, 古谷知之, 南政樹

    日経MOOK eスポーツ・ビジネス (日本経済新聞出版)     60 - 61 2020年06月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 努力か?才能か?

    加藤 貴昭

    三田評論 (慶應義塾)  1189   51 2015年05月

    その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • eSportsの現状と可能性

    加藤貴昭

    東京都医師会 健康スポーツ医学委員会, 

    2020年07月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • トップアスリートは「先を見る」ために何を見ているのか!?

    加藤貴昭, 三宅諒, 永野智久

    スポーツアナリティクスジャパン2020, 

    2020年02月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • eSports for all ゲームが持つ可能性

    加藤貴昭

    OIMACHI RESEARCH FORUM, 

    2019年12月

    口頭発表(招待・特別)

  • 「パワプロ」打撃場面におけるプロ選手と大学野球選手の視覚探索ストラテジーの比較

    加藤貴昭, 郡司裕也, 高橋佑樹

    日本野球科学研究会, 

    2019年11月

    ポスター発表

  • eSportsは研究対象となりえるか?

    加藤貴昭, 永野智久, 川崎陽一, Hyun Baro

    日本体育学会, 

    2019年09月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「先を見る」ための知覚運動スキルの解明とトレーニングへの応用

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 加藤 貴昭, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

Works 【 表示 / 非表示

  • アスリート展トーク「アスリートのコミュニケーション」

    加藤 貴昭

    東京, 

    2017年04月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • アスリート展

    加藤 貴昭

    東京, 

    2017年02月
    -
    2017年06月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    学術協力

  • サイエンス・メール

    2014年11月
    -
    2015年03月

    その他

  • ミラクルボディー スペイン代表 世界最強の“天才脳”

    永野 智久, 加藤 貴昭

    2014年06月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • 視覚・人体計測セミナー 2012

    加藤 貴昭

    2012年08月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 打球具の長さの適否判定方法および打球具の長さの適否判定装置

    出願日: 特願2014-198456  2014年09月 

    公開日: 特開2016-67495  2016年05月 

    発行日:   2016年03月

    特許権, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Presentation

    Kato, T., 2014年08月, Asian-South Pacific Association of Sport Psychology, Vision and action in Kendo: experimental consideration of "Enzan no Metsuke"

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 特別研究プロジェクトB

    2022年度

  • 研究会A

    2022年度

  • 体育5

    2022年度

  • 体育4

    2022年度

  • 体育3

    2022年度

全件表示 >>