牛山 潤一 (ウシヤマ ジュンイチ)

Ushiyama, Junichi

写真a

所属(所属キャンパス)

環境情報学部 (湘南藤沢)

職名

教授

HP

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, リハビリテーション医学, 兼担准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学 , 総合政策学部, 非常勤講師

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学, 体育研究所, 助手(嘱託)

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾大学, 体育研究所, 助教(有期)

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    慶應義塾大学医学部, リハビリテーション医学教室, 特別研究助教

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾大学医学部, リハビリテーション医学教室, 特任助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾大学, 環境情報学部

    大学, 卒業

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    東京大学, 総合文化研究科, 広域科学専攻 生命環境科学系

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    東京大学, 総合文化研究科, 広域科学専攻 生命環境科学系

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術), 東京大学, 課程, 2005年03月

  • 修士(学術), 東京大学, 課程, 2002年03月

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 2013年10月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / スポーツ科学 (Sports Science)

  • 神経・筋肉生理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Subjective vividness of kinesthetic motor imagery is associated with the similarity in magnitude of sensorimotor event-related desynchronization between motor execution and motor imagery

    Toriyama H., Ushiba J., Ushiyama J.

    Frontiers in Human Neuroscience (Frontiers in Human Neuroscience)  12 2018年07月

     概要を見る

    © 2018 Toriyama, Ushiba and Ushiyama. In the field of psychology, it has been well established that there are two types of motor imagery such as kinesthetic motor imagery (KMI) and visual motor imagery (VMI), and the subjective evaluation for vividness of motor imagery each differs across individuals. This study aimed to examine how the motor imagery ability assessed by the psychological scores is associated with the physiological measure using electroencephalogram (EEG) sensorimotor rhythm during KMI task. First, 20 healthy young individuals evaluated subjectively how vividly they can perform each of KMI and VMI by using the Kinesthetic and Visual Imagery Questionnaire (KVIQ). We assessed their motor imagery abilities by summing each of KMI and VMI scores in KVIQ (KMItotal and VMItotal). Second, in physiological experiments, they repeated two strengths (10 and 40% of maximal effort) of isometric voluntary wrist-dorsiflexion. Right after each contraction, they also performed its KMI. The scalp EEGs over the sensorimotor cortex were recorded during the tasks. The EEG power is known to decrease in the alpha-and-beta band (7–35 Hz) from resting state to performing state of voluntary contraction (VC) or motor imagery. This phenomenon is referred to as event-related desynchronization (ERD). For each strength of the tasks, we calculated the maximal peak of ERD during VC, and that during its KMI, and measured the degree of similarity (ERDsim) between them. The results showed significant negative correlations between KMItotal and ERDsim for both strengths (p < 0.05) (i.e., the higher the KMItotal, the smaller the ERDsim). These findings suggest that in healthy individuals with higher motor imagery ability from a first-person perspective, KMI efficiently engages the shared cortical circuits corresponding with motor execution, including the sensorimotor cortex, with high compliance.

  • Corticomuscular coherence reflects somatosensory feedback gains during motor adaptation

    Kasuga S., Momose N., Ushiyama J., Ushiba J.

    Neuroscience Research (Neuroscience Research)  131   10 - 18 2018年06月

    ISSN  01680102

     概要を見る

    © 2017 Beta-band corticomuscular coherence (CMC) observed between the sensorimotor cortex activity and contracting muscle is declaratively described as a neurophysiological reflection of sensorimotor binding. However, much remains unknown about the functional meaning of ‘sensorimotor binding.’ The efficacy of information binding in the sensorimotor system is assumed to be influenced by the gain of the feedback controller, which is regulated through a process that may in part be implemented in the primary sensorimotor cortex (SM1). Thus, we predicted that CMC is modulated together with feedback gains during motor learning. We examined this hypothesis using a hand-reaching adaptation task under a novel dynamical environment. CMC modulation was assessed before and after adaptation, and feedback gains were probed by long latency triggered muscle reactions. Overall, we found that CMC significantly decreased during the adaptation period, and such CMC decrease was associated with the decreased long latency reflexes. These results suggest that CMC has a related function to modulation of feedback gains. Our findings provided an electrophysiological hallmark of the sensorimotor binding process, which was stated as a function of CMC but poorly understood.

  • Individual difference in β-band corticomuscular coherence and its relation to force steadiness during isometric voluntary ankle dorsiflexion in healthy humans

    USHIYAMA JUNICHIYamada Junya , Liu Meigen , Ushiba Junichi

    Clinical Neurophysiology 128 ( 2 ) 303 - 311 2017年

  • Inhibitory interneuron circuits at cortical and spinal levels are associated with individual differences in corticomuscular coherence during isometric voluntary contraction.

    Matsuya R, Ushiyama J, Ushiba J

    Scientific Reports  7:44417 2017年

  • 人間工学のための計測手法 第4部:生体電気現象その他の計測と解析(3)—脳機能の非侵襲計測法:EEG,fMRI,fNIRS—

    牛山 潤一武田湖太郎, 岡崎俊太郎

    人間工学 51 ( 6 ) 411 - 419 2015年12月

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 書評:開一夫・金山範明(編),河内山隆紀・松本敦・宮腰誠(著)(2016).『脳波解析入門 EEGLABとSPMを使いこなす』.東京:東京大学出版会

    牛山潤一

    認知科学 24   261 - 262 2017年

  • 脳波

    牛山潤一

    神経科学の最前線とリハビリテーション 脳の可塑性と運動(里宇明元・牛場潤一 監修)     84 - 87 2015年

  • 脳機能の非侵襲計測法:EEG, fMRI, fNIRS

    武田湖太郎,岡崎俊太郎,牛山潤一

    人間工学 51   411 - 419 2015年

  • Oscillatory corticomuscular coupling as a determinant of motor precision and quickness

    Ushiyama J

    Advance in Exercise and Sports Physiology  19   25 - 31 2013年

  • Resonance between cortex and muscle

    Ushiyama J, Ushiba J

    Clinical Neurophysiology 124    5 - 7 2013年

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 不活動中のレジスタンストレーニングが muscle functional MRI に及ぼす影響

    秋間広,牛山潤一,久保潤二郎,伊藤雅充,金久博昭,福永哲夫.

    第56回日本体力医学会 (宮城) , 

    2001年09月

    ポスター発表

  • アキレス腱への長時間機械的振動刺激が随意最大筋力発揮における足底屈筋群の筋活動に及ぼす影響.

    牛山潤一,神崎素樹,政二慶,金久博昭,福永哲夫.

    第56回日本体力医学会 (宮城) , 

    2001年09月

    ポスター発表

  • 随意最大筋力発揮におけるガンマ環の貢献およびその協働筋間での比較

    牛山潤一,神崎素樹,政二慶,金久博昭,福永哲夫.

    第57回日本体力医学会 (高知) , 

    2002年09月

    ポスター発表

  • 腓腹筋の筋活動ならびに筋線維長変化がヒラメ筋H反射に与える影響.

    牛山潤一,若原卓,神﨑素樹,村岡哲郎,政二慶,金久博昭,福永哲夫.

    第54回日本体育学会 (熊本) , 

    2003年09月

    口頭発表(一般)

  • Ia群線維活動からみた筋疲労.

    神﨑素樹,牛山潤一

    日本体育学会東京支部第2回研究会 (東京) , 

    2003年11月

    口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多様な文脈に応じた身体運動の適応過程を皮質-筋コヒーレンスから解明する

    2020年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 牛山 潤一, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 運動誤差の修正に関わる感覚運動統合の機序を脳波筋電図コヒーレンスから解明する

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 牛山 潤一, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 東京体育学奨励賞

    牛山 潤一, 2004年03月, 腓腹筋の筋活動ならびに筋線維長変化がヒラメ筋運動ニューロンの興奮性に与える影響

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 特別研究プロジェクトB

    2022年度

  • 研究会A

    2022年度

  • 神経コミュニケーション

    2022年度

  • 運動の生理と心理

    2022年度

  • 修士研究会

    2022年度

全件表示 >>