神保 謙 (ジンボ ケン)

JIMBO Ken

写真a

所属(所属キャンパス)

総合政策学部 (湘南藤沢)

職名

教授

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了(政策・メディア博士)。専門は国際政治学、安全保障論、アジア太平洋の安全保障、日本の外交・防衛政策。タマサート大学(タイ)で客員教授、國立政治大学(台湾)で客員准教授、南洋工科大学ラジャラトナム国際研究院(シンガポール)客員研究員を歴任。政府関係の役職として、防衛省参与(2020)、国家安全保障局顧問(2018-2020)、外務省政策評価アドバイザリーグループ委員などを歴任。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年07月
    -
    2003年03月

    (財)日本国際問題研究所, アジア太平洋研究センター, 研究員

  • 2003年04月
    -
    2004年12月

    (財)日本国際フォーラム, 研究主幹

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学総合政策学部専任講師(有期)

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学総合政策学部専任講師(有期)

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学総合政策学部准教授(有期)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月

    慶應義塾大学, 政策・メディア研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 政策・メディア, 慶應義塾大学, 課程, 2005年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 国際関係論 (International Relationship Theory)

  • 人文・社会 / 国際関係論 (International Relationship Theory)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アジア太平洋の安全保障

  • 地域安全保障アーキテクチャ

  • 日本の外交・安全保障政策

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 経済安全保障とは何か

    東洋経済新報社, 2024年05月,  ページ数: 278

    担当範囲: 日米関係と経済安全保障

  • 流動する世界秩序とグローバルガバナンス

    神保, 謙, 廣瀬, 陽子, 加茂, 具樹, 和田, 龍磨, 土屋, 大洋, 鶴岡, 路人, 中山, 俊宏, 國枝, 美佳, 田島, 英一, 鄭, 浩瀾, 野中, 葉, Vu, Le Thao Chi, 慶應義塾大学総合政策学部,慶應義塾大学出版会 (発売), 2023年03月,  ページ数: vi, 243p

  • Foreign and security: policy The pursuit of strategy

    Jimbo K., Critical Review of the Abe Administration: Politics of Conservatism and Realism, 2023年01月,  ページ数: xx, 264 p.

    担当範囲: Foreign and Security Policy: Pursuit of Strategy

     概要を見る

    Foreign and Security Policy is the major legacy of the Abe Administration. This chapter will review the foreign and security policies pursued by the Abe administration in two parts. The first part will examine national security and defense policies. Based on the assumption that Abe sought to establish a “seamless security system,” the outcome and challenges of his security policy will be examined. The second part will review the administration’s foreign policy. Based on the understanding that the key tenet behind the increased global presence of Japan’s diplomacy lay in the administration’s success in “simultaneously developing the Japan-U.S. alliance and the Japan-China relationship” and “taking the lead in the effort to build a broader regional order,” the background to these diplomatic initiatives, including some that failed to achieve their goals, will be explored.

  • 中国は「力」をどう使うのか : 支配と発展の持続と増大するパワー

    加茂, 具樹, 鄭, 浩瀾, Macikenaite, Vida, 土屋, 貴裕, 荒川, 雪, 内藤, 寛子, 渡邉, 真理子, 増田, 雅之, 飯田, 将史, 福田, 円, 神保, 謙, 八塚, 正晃, 一藝社, 2023年01月,  ページ数: xvii, 213p

  • バイデンのアメリカ : その世界観と外交

    佐橋, 亮, 鈴木, 一人, 東京大学出版会, 2022年04月,  ページ数: 240p

    担当範囲: バイデン政権と東南アジア――米中対立の「アリーナ」

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本の安全保障戦略の新しい展開—焦点:ウクライナ戦争後の安全保障戦略

    神保 謙

    国際問題 = International affairs / 『国際問題』編集委員会 編 (東京 : 日本国際問題研究所)   ( 715 ) 6 - 18 2023年10月

    ISSN  0452-3377

  • The Global South Concept and Its Historical Development and Outlook (Edited lecture transcript)

    K Jimbo

    安全保障研究= Security studies 5 (4), 1-13 2023年

  • Foreign and security policy: The pursuit of strategy

    K Jimbo

    Critical Review of the Abe Administration, 88-113 2023年

  • 50th Year of ASEAN-Japan Friendship and Cooperation: Roundtable Discussion of Track Record and Future Prospects

    Mie O., Tamaki E., Ken J., Fumiharu M.

    Asia-Pacific Review (Asia-Pacific Review)  30 ( 2 ) 13 - 43 2023年

    ISSN  13439006

     概要を見る

    The establishment of the ASEAN-Japan Forum on Synthetic Rubber in 1973 is said to be the beginning of the partnership between ASEAN and Japan. Half a century has passed since then, and the politics, economics, and societies of Japan and ASEAN countries have dramatically changed. Furthermore, the international and regional circumstances surrounding them are also significantly transforming. They are facing new challenges, such as the escalation of great power rivalry between the United States and China, the rise of protectionism and economic statecraft, the retreat of democracy, the middle-income trap, widening economic and social disparity, aging societies, growing environmental problems, and so on. How can these challenges be overcome through the new partnership between ASEAN and Japan? What should be specifically considered and implemented? With these issues in mind, four specialists exchanged their views at a roundtable discussion held at the International House of Japan on May 2, 2023.

  • 日本を取り巻く安全保障環境の変化 : パワーバランス変化と中国・北朝鮮・ロシア3正面の構図—国を守る : 「新冷戦」下の防衛論

    神保 謙

    安全保障研究 = Security studies (東京 : 鹿島平和研究所 ; 2019-)  4 ( 4 ) 1 - 16 2022年12月

    ISSN  2434-7892

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • How should Japan deal with Ukraine, Gaza and the Indo-Pacific region?

    Ken Jimbo

    Japan Times  2024年03月

  • 国際安全保障秩序と「3つの戦域」の連動性2024年の変化と見通し

    神保謙

    地経学ブリーフィング  2024年02月

  • グローバルサウスの概念とその歴史的発展・展望(発言記録)—グローバルサウスとは何か

    神保 謙

    安全保障研究 = Security studies (東京 : 鹿島平和研究所 ; 2019-)  5 ( 4 ) 1 - 10 2023年12月

    ISSN  2434-7892

  • 国家安全保障をめぐる依存・自律・連携の装備戦略

    神保謙

    地経学ブリーフィング  2023年07月

  • ウクライナ戦争が今後の国際秩序を規定する理由

    神保謙

    地経学ブリーフィング  2023年04月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Maritime Security in Indo-Pacific: Opportunities for Cooperation

    Ken Jimbo

    Council for Security Cooperation in the Asia-Pacific 12th General Conference, Hanoi, Vietnam), 

    2019年12月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

Works 【 表示 / 非表示

  • 核を過大評価した外交的妥協は禁物 日米韓の連携を強化し北朝鮮の戦略的優位を阻め : 「核保有国」を自認する北朝鮮にどう向き合うべきか―。 (WEDGE OPINION : POLITICS 国連制裁が実効性に欠ける中 核・ミサイルは運用段階へ 核の実戦配備が迫る北朝鮮 抑止態勢の強化を急げ)

    Wedge 28(11), 8-10,, 

    2016年11月

    その他

  • 書評 Richard N. Haas, War of necessity, war of choice: a memoir of two Iraq Wars

    神保 謙

    2010年03月

    その他

  • 対談 インド、オーストラリア、湾岸諸国とのEPAの新しさ

    木村福成, 神保謙

    2007年10月

    その他

  • 座談会 地域統合への理念と道筋――いまなぜ「東アジア共同体」なのか(特集 歴史的転換点に立つ東アジア 東アジア共同体形成に向けて)

    浦田秀次郎, 神保謙, 福島安紀子

    2005年10月

    その他

  • 座談会 日本の21世紀グローバル化ビジョン

    浦田秀次郎, 白井早由里, 神保謙

    2005年08月

    その他

受賞 【 表示 / 非表示

  • 中曽根康弘賞(奨励賞)

    2015年07月, 公益財団法人中曽根康弘世界平和研究所

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会A

    2024年度

  • 地域戦略研究(北東アジア)

    2024年度

  • 地域と社会(アジア・大洋州)

    2024年度

  • 安全保障政策

    2024年度

  • 修士研究会

    2024年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会A

    慶應義塾

    2024年04月
    -
    2025年03月

  • 地域戦略研究(北東アジア)

    慶應義塾

    2024年04月
    -
    2025年03月

  • 地域と社会(アジア・大洋州)

    慶應義塾

    2024年04月
    -
    2025年03月

  • 卒業プロジェクト2

    慶應義塾

    2024年04月
    -
    2025年03月

  • 卒業プロジェクト1

    慶應義塾

    2024年04月
    -
    2025年03月

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本国際政治学会, 

    1999年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年11月
    -
    2015年12月

    政策評価アドバイザリーグループ委員, 外務省

  • 2013年11月
    -
    2015年12月

    政策評価アドバイザリーグループ委員, 外務省

  • 2013年11月
    -
    2015年12月

    政策評価アドバイザリーグループ委員, 外務省

  • 2013年04月
    -
    継続中

    サイバーディフェンス連携協議会(CDC)研究会委員, 防衛省

  • 2013年04月
    -
    継続中

    サイバーディフェンス連携協議会(CDC)研究会委員, 防衛省

全件表示 >>