東海林 祐子 (トウカイリン ユウコ)

Toukairin, Yuko

写真a

所属(所属キャンパス)

政策・メディア研究科 (湘南藤沢)

職名

准教授

HP

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 研究テーマはスポーツコーチング。コーチングの複雑な心理的葛藤をゲーム理論を援用し定式化した。現在はアスリートの効果的なエンパワーメントとライフスキルの関連について研究中。著書に『コーチングのジレンマ』・『スポーツコミュニケーション』ブックハウスエイチディ。2015年より公益財団法人日本ハンドボール協会理事・監事など歴任。
    女性アスリートの引退後のキャリア準備へ向けた選択と行動について、一般社団法人日本トップリーグ連携機構と共同で調査中。女性アスリートの人間力(ライフスキル)を社会にいかすしくみについて研究中。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    2002年03月

    瓊浦高校

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月

    筑波大学, 体育専門学群

    大学, 卒業

  • 2004年03月

    筑波大学大学院修士課程 体育研究科 コーチ学, 体育研究科, コーチ学

    大学院, 修了, 修士

  • 2014年02月

    慶應義塾大学, 政策・メディア研究科

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 体育学, 筑波大学, 課程, 2004年03月

  • 博士, 慶應義塾大学, 論文, 2014年02月

    コーチングのジレンマとその解決に向けた新しいモデルの提案

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 社会心理学 (スポーツ心理、ライフスキル、コーチング、コミュニティ)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スポーツ コーチング ライフスキル ジレンマ

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ●初年次教育における大学体育 ●ライフスキルプログラムを目指した大学体育

    大学等の研究機関との共同研究を希望する,  希望形態: 共同研究

  • スポーツコーチング(ライフスキルプログラム)をベースにした企業の人材育成

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 共同研究

  • 部活動指導者を対象にした効果的なコーチング

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 自分で考えて決められる賢い子供 究極の育て方

    サカイク,東海林祐子(監修),  KADOKAWA, 2020年02月,  ページ数: 224

  • ひつじ意味論講座 第7巻 意味の社会性 12、選手とコーチ間のコミュニケーションに関する一考察

    澤田治美編 東海林 祐子, ひつじ書房, 2015年07月

  • コーチングのジレンマ

    東海林 祐子, ブックハウス エイチディ, 2013年07月

     概要を見る

    高校男子ハンドボール部を女性指導者として初めて全国優勝に導いた著者だが、当初は情熱が空回り、コートに行っても選手がいないことすらあった。指導者と選手、選手間など、多くのジレンマを抱えていた。その解決の道を振り返り、ゲーム理論の「囚人のジレンマ」モデルをベースに、コーチングの新しいモデルつくりを試みた一冊。スポーツ団体、NGO、企業の指導者、選手、従業員への取材も含め、「コーチングのジレンマ」とその解決策を示す。体罰問題で揺れる指導者論でもある。『スポーツコミュニケーション』の続編。

    http://www.bookhousehd.com/より引用

  • スポーツコミュニケーション

    東海林 祐子, ブックハウス・エイチディ, 2011年06月

論文 【 表示 / 非表示

  • 指導者のジレンマを読み解く

    東海林 祐子

    コーチング・クリニック (ベースボール・マガジン社)     4 - 9 2018年01月

    研究論文(学術雑誌)

  • 大学体育におけるライフスキル獲得のための授業支援ツール体育ノートの導入とその効果の検討

    東海林 祐子島本好平

    『大学体育学』 (大学体育学)   ( 14 )  2017年03月

    研究論文(学術雑誌)

  • 体育実技受講学生の社会的スキル及び自己効力感の変容に関する検討-授業形態の違いによる比較-

    東海林 祐子

    慶應義塾大学体育研究所紀要 (慶應義塾大学体育研究所)  54 ( 1 ) 9 - 16 2015年

    研究論文(その他学術会議資料等), 共著

  • 対談 スポーツコーチングに潜む「囚人のジレンマ」

    東海林 祐子

    季刊 家計経済研究 (公益財団法人 家計経済研究所)  No.103 2014年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • コーチングのジレンマとその解決モデルの提案 ―高校運動部の実践事例から導かれた仮説に基づく考察―”

    東海林 祐子

    日本コーチング学研究 (日本コーチング学会)  28 ( 1 ) 15 - 28 2014年

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ハンドボール女子アスリートのライフスキルの実態とコミュニケーションスキル獲得過程

    東海林祐子

    第32回日本コーチング学会大会(web開催), 

    2021年03月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 陸上競技における記録向上に有効なスキル指導の検討 〜熟達指導者の言語教示及びアナロジー・スポーツオノマトペに着目して〜.

    小竹珠利亜・加藤貴昭・東海林祐子

    第32回日本コーチング学会大会(web開催), 

    2021年03月

    口頭発表(一般)

  • 高校野球界における投球過多を引き起こす原因の解明.

    長門功・加藤貴昭・東海林祐子

    第32回日本コーチング学会大会(web開催), 

    2021年03月

    口頭発表(一般)

  • 「オンキャンパスで会いたくなるコミュニティづくりの体育」~オンライン体育実技の成果と質保証~.

    東海林祐子

    第27回 大学教育研究フォーラム, 

    2021年03月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 女子バスケットボールトップリーグにおける選手の当事者意識がもたらしたチーム内外のコミュニケーションとパフォーマンスの関係.

    藪内夏美・東海林祐子

    日本体育・スポーツ経営学会第43回大会(オンライン開催)予稿集,96., 

    2021年

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • コーチングのジレンマの解決に向けたライフスキルコーチの育成

    2015年08月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 東海林 祐子, 研究活動スタート支援, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本研究は高校運動部活動指導者が望ましいコーチングを獲得するためのプログラム開発の支援とそれをサポートするライフスキルコーチの育成を目指した。2015年度は高校部活動の指導者と選手にライフスキル現状把握のアンケート調査を実施し、その結果からライフスキルプログラムを介入するという一連の調査を実施した。特にライフスキルプログラムの中でも「考える力」は時間がかかるが、指導者と選手の信頼関係を構築するプログラムが重要であることもわかった。
    2016年度は指導者向けの「コーチングのジレンマ」に関するシンポジウムを開催した。具体的な事例を挙げながら知見を重ねるシンポジウムはホームページを通じて発信された。

  • 長崎県の児童クラブ指導員を対象にしたライフスキルプログラム講習

    2009年01月
    -
    2010年03月

    長崎県子育て支援施設等職員資質向上計画事業, 受託研究,  未設定

Works 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度長崎県公立小・中学校等女性管理職員会研修会

    2017年08月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 「コーチング・ジレンマ~その向き合い方と乗り越え方」

    2017年07月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 障がい者スポーツ指導者のためのコーチング(KOIL)

    2017年05月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 第5回 大学体育研究フォーラム

    沖縄青年会館, 

    2017年03月
    -
    継続中

    その他

  • 女性アスリートの戦略的強化・支援プログラムの女性エリートコーチ育成プログラム(JSC)

    2017年02月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大学体育学優秀論文賞

    2017年06月, 公益社団法人 全国大学体育連合, 大学体育におけるライフスキル獲得のための 授業支援ツール体育ノートの導入とその効果の検討

  • 第4回大学体育研究フォーラム 最優秀賞

    2016年03月, 公益社団法人 全国大学体育連合, 大学体育における体育ノート活用頻度とライフスキルの関連

  • 大学体育研究フォーラム 最優秀

    東海林祐子、萩野達也(慶應義塾大学)、島本好平(兵庫教育大学), 2016年03月, 公益社団法人 全国大学体育連盟, 大学体育における体育ノート活用頻度とライフスキルの関連

  • 2001年全国高校ハンドボール選手権大会優勝(指導歴)

    2001年10月

  • 2001年国民体育大会少年の部優勝 (指導歴)

    2001年08月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • スポーツコミュニケーション

    2022年度

  • 研究会B

    2022年度

  • 体育5

    2022年度

  • 体育4

    2022年度

  • 体育3

    2022年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本ハンドボール協会

    2013年06月
    -
    2015年06月

     概要を見る

    日本ハンドボール協会初の女性理事就任

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年06月
    -
    2015年06月

    理事, 日本ハンドボール協会

     特記事項を見る

    日本ハンドボール協会初の女性理事就任