松本 緑 (マツモト ミドリ)

Matsumoto, Midori

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 生命情報学科 (矢上)

職名

准教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1988年10月

    三菱化成生命科学研究所

  • 1988年11月
    -
    2000年03月

    東京工業大学生命理工学部生命理学科, 助手

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    慶應義塾大学理工学部化学科, 専任講師

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    慶應義塾大学理工学部生命情報学科, 教室幹事

  • 2002年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学理工学部生命情報学科, 助教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年03月

    甲南大学, 理学部, 生物学科

    大学, 卒業

  • 1983年03月

    奈良女子大学, 理学研究科, 生物学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1987年03月

    大阪大学, 医学研究科, 生理系

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学 , 大阪大学, 1987年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学 (Developmental Biology)

  • 動物生理・行動 (Animal Physiology/Behavior)

  • 生物多様性・分類 (Living Organisms Diversity/Classification)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • プラナリア 生殖戦略

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • クマムシの生殖戦略, 

    2015年04月
    -
    継続中

  • 3倍体プラナリアの有性生殖, 

    2005年04月
    -
    継続中

  • プラナリアの生殖戦略, 

    2000年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 性を操る生殖戦略 プラナリアの生殖様式転換機構

    松本 緑, 慶應義塾出版会, 2015年09月

  • 棘皮動物の受精

    松本 緑, 化学同人, 2014年

  • Echinoderms in a Changing World

    MASAHIRO NARUSE, HIROSHI SAKAYA, MOTONORI HOSHI and MIDORI MATSUMOTO, 2013年

    担当範囲: 297

     概要を見る

    棘皮動物における先体反応誘起物質の保存性について論じた。

  • Sperm Cell Research in the 21st Century: Historical Discoveries to New Horizons

    MIDORI MATSUMOTO, MASAHIRO NARUSE, KEISUKE NIIKURA and MOTONORI HOSHI, 2013年

    担当範囲: 174-178

     概要を見る

    ヒトデ先体反応誘起分子群の協調的な作用について紹介した。

  • Echinoderms in a Changing World

    MIDORI MATSUMOTO, OSAMU KAWASE, SADIQUL M.ISLAM, MASAHIRO NARUSE and MOTONORI HOSHI, 2013年

    担当範囲: 263

     概要を見る

    ヒトデ先体反応の細胞内cGMP,cAMP,Ca2+についての先体反応誘起分子群による協調的な調節機構について紹介した。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A comprehensive comparison of sex-inducing activity in asexual worms of the planarian Dugesia ryukyuensis: The crucial sex-inducing substance appears to be present in yolk glands in Tricladida

    Nakagawa H., Sekii K., Maezawa T., Kitamura M., Miyashita S., Abukawa M., Matsumoto M., Kobayashi K.

    Zoological Letters (Zoological Letters)  4 ( 1 )  2018年06月

     概要を見る

    © 2018 The Author(s). Background: Turbellarian species can post-embryonically produce germ line cells from pluripotent stem cells called neoblasts, which enables some of them to switch between an asexual and a sexual state in response to environmental changes. Certain low-molecular-weight compounds contained in sexually mature animals act as sex-inducing substances that trigger post-embryonic germ cell development in asexual worms of the freshwater planarian Dugesia ryukyuensis (Tricladida). These sex-inducing substances may provide clues to the molecular mechanism of this reproductive switch. However, limited information about these sex-inducing substances is available. Results: Our assay system based on feeding sex-inducing substances to asexual worms of D. ryukyuensis is useful for evaluating sex-inducing activity. We used the freshwater planarians D. ryukyuensis and Bdellocephala brunnea (Tricladida), land planarian Bipalium nobile (Tricladida), and marine flatworm Thysanozoon brocchii (Polycladida) as sources of the sex-inducing substances. Using an assay system, we showed that the three Tricladida species had sufficient sex-inducing activity to fully induce hermaphroditic reproductive organs in asexual worms of D. ryukyuensis. However, the sex-inducing activity of T. brocchii was sufficient only to induce a pair of ovaries. We found that yolk glands, which are found in Tricladida but not Polycladida, may contain the sex-inducing substance that can fully sexualize asexual worms of D. ryukyuensis. Conclusions: Our results suggest that within Tricladida, there are one or more common compounds or functional analogs capable of fully sexualizing asexual worms of D. ryukyuensis; namely, the crucial sex-inducing substance (hydrophilic and heat-stable, but not a peptide) produced in yolk glands.

  • A comprehensive comparison of sex-inducing activity in asexual worms of the planarian Dugesia ryukyuensis

    松本 緑

    Zoological Science 36 ( 2 ) 120 - 127 2018年

    共著, 査読有り

  • Inhibition of Dr-dut gene causes DNA damage in planarian

    松本 緑

    Molecular Reproduction and Development (Molecular Reproduction and Development)  85 ( 3 ) 188 - 196 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1040452X

     概要を見る

    © 2018 Wiley Periodicals, Inc. The DUT gene encodes Deoxyuridine triphosphatase (dUTPase), which is involved in nucleotide metabolism. dUTPase prevents uracil misincorporation in DNA by balancing the intracellular ratio between dUTP and dTTP. This study aimed to investigate the role of Dr-dut gene in the planarian Dugesia ryukyuensis by assessing the consequences of Dr-dut silencing on known phenomena, including regeneration following amputation and radiation damage. We functionally disrupted planarian Dr-dut mRNA by feeding RNAi-containing food to animals. Dr-dut RNAi resulted in the death of planarians in 28 days, and elevated double-stranded DNA breakage. Expression of the DNA damage response gene Dr-atm and the DNA repair genes Dr-rad51 and Dr-rad51c temporarily increased, and then decreased following the onset of feeding. When RNAi-treated planarians were amputated, both head and tail parts failed to regenerate, and the animals died in 25 and 29 days, respectively. Administration of 5-fluorouracil (5-FU) also resulted in death and DNA damage, and synergistically caused higher genotoxicity in planarian fed Dr-dut RNAi-containing food.

  • Protein kinase A activity leads to the extension of the acrosomal process in starfish sperm

    松本 緑

    Molecular Reproduction and Development 84 ( 7 ) 614 - 625 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • The identification of D-tryptophan as a bioactive substance for postembryonic ovarian development in the planarian Dugesia ryukyuensis

    松本 緑

    Scientific Report 7   45175 2017年

    共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Sexual Reproduction and Meiosis in the Triploid Planarian Dugesia ryukyuensis

    松本 緑茅根文子

    Oocyte Maturation and Fertilization Meeting IV, 2015年06月

  • 生殖戦略(仮題)

    松本 緑

    東京大学理学部特別講義, 2014年10月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 性の有無を決めるものは何か?

    松本 緑

    2013年度慶應義塾大学教養研究センター極東証券寄付講座「生命の教養学」「性」, 2014年04月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 受精と免疫からみた自己非自己認識

    松本 緑

    広島大学理学部生物科学特別講義, 2014年01月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

     概要を見る

    自己と非自己の認識について無脊椎動物を通して受精と免疫の両側面から紹介する。

  • 身体のつくり

    松本 緑

    2013年慶應義塾大学日吉キャンパス公開講座, 2013年11月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

     概要を見る

    動物学的なヒトの身体の構造について、それらを創る元とのある幹細胞の性質について論じた。

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 3倍体プラナリアの有性生殖を可能にする減数分裂における染色体削減の雌雄差

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松本 緑, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • プラナリア生殖様式転換機構の概年リズムを司る因子を探る

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松本 緑, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    プラナリアには季節変化に応じて、無性生殖と有性生殖を転換する個体が存在する。本課題では生殖様式転換を誘起する環境因子を解明するために、沖縄で1年を通して定期的に採集し、実験室内の一定環境下で飼育したのちも生殖様式の転換が観察される系統(転換系統)を確立した。転換系統に対して、夏期の無性生殖状態の転換系統個体に対して明期10時間、暗期14時間、15℃(低温)の冬条件で飼育したところ、有性生殖に転換した。しかし、転換系の性質は実験室環境下では3年以上は維持することができないことがわかった。本実験の継続させるためには、恒常的に新たな転換系統を確立することが必要である。

Works 【 表示 / 非表示

  • ハムスターの体温を遠隔測定.....小型テレメトリ装置の制作

    松本 緑

    1983年

    その他, 単独

     発表内容を見る

    小動物体温測定装置の製作(設計)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学特論

    2019年度

  • 生命情報特別講義第1

    2019年度

  • 生命情報輪講

    2019年度

  • 学外実習第3

    2019年度

  • 学外実習第2

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基礎生物学

    慶應義塾, 2016年度, 春学期, その他, 講義, 専任, 1時間, 20人

  • 発生生物学

    慶應義塾, 2016年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 20人

  • 発生生物学特論

    慶應義塾, 2016年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 35人

  • 階層生物学

    慶應義塾, 2016年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 20人

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人日本学術振興会

    2007年12月
    -
    2010年11月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 社団法人日本動物学会関東支部会準備委員会, 

    2010年01月
    -
    2011年03月
  • 社団法人日本動物学会関東支部公開講演会運営委員会, 

    2009年07月
    -
    2010年06月
  • 社団法人日本動物学会関東支部, 

    2008年10月
    -
    2010年06月
  • Trends in Glycoscience and Glycotechnology (TIGG), 

    2008年01月
    -
    2010年12月
  • International Society of Invertebrate Reproduction and Development, 

    2005年08月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年
    -
    継続中

    商議員, 公益財団法人日本科学協会

  • 2016年12月
    -
    2017年11月

    科学研究費委員会専門委員, 独立行政法人日本学術振興会

  • 2016年
    -
    2020年

    第3期NISTEP定点調査対象候補者, 科学技術・学術政策研究所

  • 2015年04月
    -
    2016年06月

    関東支部 支部委員, 公益社団法人日本動物学会

  • 2014年08月
    -
    2015年07月

    特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員, 独立行政法人日本学術振興会

全件表示 >>