佐藤 智典 (サトウ トシノリ)

Sato, Toshinori

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 生命情報学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年10月
    -
    1990年09月

    長崎大学, 工学部工業化学科, 助手

  • 1990年10月
    -
    1992年03月

    京都大学, 工学部高分子学科, 助手

  • 1992年04月
    -
    2000年03月

    東京工業大学, 生命理工学部生体分子学科, 助教授

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    慶應義塾大学, 理工学部応用化学科, 助教授

  • 2000年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 委員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年03月

    九州大学, 工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1983年03月

    九州大学, 総合理工学研究科, 分子工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1983年09月

    九州大学, 総合理工学研究科, 分子工学専攻博士課

    大学院, 退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学, 京都大学, 論文, 1990年11月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学・生体材料学 (医用生体工学・生体材料学)

  • ケミカルバイオロジー

  • ナノバイオサイエンス (ナノ材料・ナノバイオサイエンス)

  • 生体関連化学 (Chemistry Related to Living Body)

  • デバイス関連化学 (機能材料・デバイス)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ドラッグデリバリーシステム

  • ペプチドアプタマー

  • 多糖

  • 生体膜モデル

  • 糖鎖ライブラリー

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • インフルエンザウイルスの感染阻害剤とセンシング技術の開発, 

    2015年
    -
    継続中

  • 多糖ナノ粒子の作製とドラッグデリバリーシステムへの応用, 

    2000年
    -
    継続中

  • ファージライブラリー法による糖鎖結合性ペプチドおよび糖鎖ミミックペプチドの開発, 

    1999年
    -
    継続中

  • 糖鎖プライマー法を活用した新規グライコミクスを基盤とする細胞機能の解析と制御, 

    1998年
    -
    継続中

  • 生体膜モデルを用いた糖脂質の機能評価, 

    1992年
    -
    継続中

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ウイルス検出のための認識分子の開発

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 共同研究

     概要を見る

    ペプチドアプタマーと糖鎖ライブラリーを用いた病原体の検出手法の開発

  • ムコ多糖症診断基質の開発

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 共同研究

     概要を見る

    糖鎖ライブラリーを用いたムコ多糖症診断基質の開発

  • 多糖ナノ粒子を用いた細胞との相互作用

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 共同研究

     概要を見る

    キトサン/ヒアルロン酸/コンドロイチン硫酸等の多糖により形成される多糖ナノ粒子による細胞機能制御

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 生命高分子科学入門

    西村 紳一郎、畑中 研一、佐藤 智典、和田 健彦, 講談社サイエンティフィク, 1999年

  • 細胞膜に働く人工細胞?人工ウイルスと人工ワクチン

    佐藤 智典, 膜は生きている(日本化学会編)、大日本図書, 1993年

  • 第4版新実験化学講座 27 生物有機

    佐藤智典、砂本順三, 第4版新実験化学講座 27 生物有機、, 1991年

    担当範囲: 141-148

  • Koubunshi to Iryou ( Polymers and Medicine), Mita Press, Tokyo

    T. Sato, J. Sunamoto, 1989年

    担当範囲: 544-577

論文 【 表示 / 非表示

  • Heterogeneous Ganglioside-Enriched Nanoclusters with Different Densities in Membrane Rafts Detected by a Peptidyl Molecular Probe

    Matsubara T., Iijima K., Kojima T., Hirai M., Miyamoto E., Sato T.

    Langmuir (Langmuir)  37 ( 2 ) 646 - 654 2021年01月

    ISSN  07437463

     概要を見る

    © 2021 American Chemical Society. The specific features of the lateral distribution of gangliosides play key roles in cell-cell communications and the onset of various diseases related to the plasma membrane. We herein demonstrated that an artificial peptide identified from a phage-displayed library is available as a molecular probe for specific ganglioside nanoclustering sites in caveolae/membrane rafts on the cell surface. Atomic force microscopy studies indicated that the peptide specifically binds to the highly enriched monosialoganglioside GM1 nanodomains of reconstituted lipid bilayers composed of GM1, sphingomyelin, cholesterol, and unsaturated phospholipids. The ganglioside-containing area recognized by the peptide on the surface of PC12 cells was part of the area recognized by the cholera toxin B subunit, which has high affinity for GM1. Furthermore, the peptide bound to the cell surface after a treatment with methyl-β-cyclodextrin (MβCD), which disrupts membrane rafts by removing cholesterol. The present results indicate that there are heterogeneous ganglioside clusters with different ganglioside densities in caveolae/membrane rafts, and the peptidyl probe selectively recognizes the high-density ganglioside nanodomain that resists the MβCD treatment. This peptidyl probe will be useful for obtaining information on the lipid organization of the cell membrane and will help clarify the mechanisms by which the lateral distribution of gangliosides affects biological functions and the onset of diseases.

  • Avian Influenza Virus Detection by Optimized Peptide Termination on a Boron-Doped Diamond Electrode

    Matsubara T., Ujie M., Yamamoto T., Einaga Y., Daidoji T., Nakaya T., Sato T.

    ACS Sensors (ACS Sensors)  5 ( 2 ) 431 - 439 2020年02月

     概要を見る

    Copyright © 2020 American Chemical Society. The development of a simple detection method with high sensitivity is essential for the diagnosis and surveillance of infectious diseases. Previously, we constructed a sensitive biosensor for the detection of pathological human influenza viruses using a boron-doped diamond electrode terminated with a sialyloligosaccharide receptor-mimic peptide that could bind to hemagglutinins involved in viral infection. Circulation of influenza induced by the avian virus in humans has become a major public health concern, and methods for the detection of avian viruses are urgently needed. Here, peptide density and dendrimer generation terminated on the electrode altered the efficiency of viral binding to the electrode surface, thus significantly enhancing charge-transfer resistance measured by electrochemical impedance spectroscopy. The peptide-terminated electrodes exhibited an excellent detection limit of less than one plaque-forming unit of seasonal H1N1 and H3N2 viruses. Furthermore, the improved electrode was detectable for avian viruses isolated from H5N3, H7N1, and H9N2, showing the potential for the detection of all subtypes of influenza A virus, including new subtypes. The peptide-based electrochemical architecture provided a promising approach to biosensors for ultrasensitive detection of pathogenic microorganisms.

  • Ikoamide, an Antimalarial Lipopeptide from an Okeania sp. Marine Cyanobacterium

    Iwasaki K., Iwasaki A., Sumimoto S., Matsubara T., Sato T., Nozaki T., Saito-Nakano Y., Suenaga K.

    Journal of Natural Products (Journal of Natural Products)  83 ( 2 ) 481 - 488 2020年02月

    ISSN  01633864

     概要を見る

    Copyright © 2020 American Chemical Society and American Society of Pharmacognosy. An antimalarial lipopeptide, ikoamide, was isolated from an Okeania sp. marine cyanobacterium. Its gross structure was established by spectroscopic analyses, and the absolute configuration was clarified based on a combination of chiral-phase HPLC analyses, spectroscopic analyses, and derivatization reactions. Ikoamide showed strong antimalarial activity with an IC50 value of 0.14 μM without cytotoxicity against human cancer cell lines at 10 μM.

  • Detection of influenza virus by agglutination using nanoparticles conjugated with a sialic acid-mimic peptide

    Matsubara T., Kubo A., Sato T.

    Polymer Journal (Polymer Journal)  52 ( 2 ) 261 - 266 2020年02月

    ISSN  00323896

     概要を見る

    © 2019, The Society of Polymer Science, Japan. Abstract: Influenza virus (IFV) detection in the early phase of disease is critical for effective anti-influenza therapy using neuraminidase inhibitors. Sialyloligosaccharide receptors on the surface of respiratory cells are recognized by IFV hemagglutinin (HA) in the infection. Here, we show that agglutination of IFV is detected using poly(glycidyl methacrylate) (PGMA)-coated polystyrene nanoparticles conjugated with a sialic acid-mimic peptide. The azido peptide was immobilized onto the surface of the PGMA-coated nanoparticles by click chemistry. The distribution of particle size, determined by dynamic light scattering, indicated that the peptide-conjugated nanoparticles were agglutinated in the presence of HA and IFV. Nanoparticles conjugated with the receptor-mimic peptide may be a useful alternative to red blood cells in the global surveillance and clinical diagnosis of influenza.

  • Synthesis of Various Glycopolymers Bearing Sialyllactose and the Effect of Their Molecular Mobility on Interaction with the Influenza Virus

    Nagao M., Matsubara T., Hoshino Y., Sato T., Miura Y.

    Biomacromolecules (Biomacromolecules)  20 ( 7 ) 2763 - 2769 2019年07月

    ISSN  15257797

     概要を見る

    © 2019 American Chemical Society. Synthetic glyco-ligands are promising candidates for effective nanomedicines against pathogens. Glycopolymers bearing sialyl-oligosaccharides interact with hemagglutinin present on the surface of influenza viruses. In designing new glycopolymers that further enhance the interaction with viruses, both static and dynamic properties of the glycopolymers should be considered. In this report, we evaluated the correlation between dynamic properties of glycopolymers and their interaction with the influenza virus. Glycopolymers with pendant sialyllactoses and various linker structures were synthesized, and their molecular mobility was determined by proton spin-spin relaxation time measurements. The molecular mobility of the glycounits increased as the length of the linker structures increased. Interestingly, glycopolymers with the medium-length linker structure exhibited the strongest interaction with the influenza virus, suggesting that optimal molecular mobility is required for maximizing multivalent interactions with the target.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 糖鎖プライマー法によるバイオコンビナトリアル合成

    佐藤 智典

    中分子創薬に資するペプチド・核酸・糖鎖の合成技術 (シーエムシー出版)     241 - 247 2018年

    総説・解説(その他)

  • 糖鎖模倣ペプチドによる抗インフルエンザ薬の研究

    松原 輝彦、佐藤 智典

    ペプチド医薬のスクリーニング・安定化・製剤化技術 ((株)技術情報協会)     221 - 228 2017年

    総説・解説(その他)

  • キトサンを用いたナノ粒子による遺伝子デリバリーシステム

    佐藤 智典

    キチン・キトサンの最新科学技術、日本キチン・キトサン学会編 (博報堂出版)     209 - 226 2016年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • キトサン

    佐藤 智典

    DDSキャリア作製プロトコル集 (シーエムシー出版)     109 - 117 2015年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 糖鎖プライマー法

    佐藤 智典

    糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック (NTS)     380 - 382 2015年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 感染症サーベイランスのためのインフルエンザウイルス新規検出法の創出

    2020年07月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 佐藤 智典, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

  • 糖鎖プライマー法を基盤とするムコ多糖症診断プローブの創製

    2017年06月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 佐藤 智典, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • バイオ先端知賞

    2010年03月, バイオビジネスコンペJAPAN実行委員会

  • バイオビジネスコンペJAPANバイオ先端知賞

    佐藤 智典, 2010年02月, バイオビジネスコンペJAPAN実行委員会

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • FCCA奨励賞

    佐藤 智典, 1995年03月, FCCA

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本化学会進歩賞

    佐藤 智典, 1993年03月, 日本化学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本化学会第7回若い世代の特別講演会賞

    佐藤 智典, 1991年10月, 日本化学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生命情報特別講義第1

    2021年度

  • 生命情報輪講

    2021年度

  • 生命系の有機化学

    2021年度

  • 現代生物学概論

    2021年度

  • 基礎理工学課題研究

    2021年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本核酸医薬学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本化学会フロンティア生命化学研究会, 

    2008年03月
    -
    継続中
  • 日本再生医療学会, 

    2001年05月
    -
    継続中
  • 東京糖鎖研究会, 

    2000年
    -
    継続中
  • 遺伝子・デリバリー研究会, 

    2000年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年03月
    -
    2020年02月

    会長, 日本化学会フロンティア生命化学研究会

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    運営委員長, 高分子学会バイオ・高分子研究会

  • 2014年03月
    -
    2016年02月

    主査, 日本化学会生体機能関連化学・バイオテクノロジーディビジョン

  • 2010年01月
    -
    継続中

    副会長, 遺伝子・デリバリー研究会

  • 2008年03月
    -
    継続中

    理事, 日本化学会フロンティア生命化学研究会

全件表示 >>