Hagiwara, Masafumi

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Technology, Department of Information and Computer Science (Yagami)

Position

Professor

Related Websites

External Links

Profile Summary 【 Display / hide

  • '''Neural networks, Fuzzy, Language processing, Kansei Engineering'''

Career 【 Display / hide

  • 1987.04
    -
    1990.03

    慶應義塾大学理工学部 ,助手

  • 1990.04
    -
    1995.03

    慶應義塾大学理工学部 ,専任講師

  • 1991.04
    -
    1993.03

    米国スタンフォード大学 ,訪問研究員

  • 1995.04
    -
    2002.03

    慶應義塾大学理工学部 ,助教授

  • 2002.04
    -
    Present

    慶応義塾大学理工学部 ,教授

Academic Background 【 Display / hide

  • 1982.03

    Keio University, Faculty of Engineering, 電気工学科

    University, Graduated

  • 1984.03

    Keio University, Graduate School, Division of Engineering, 電気工学専攻

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1987.03

    Keio University, Graduate School, Division of Engineering, 電気工学専攻

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • Ph.D, Keio University, Coursework, 1987.03

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Intelligent informatics (Intelligent Informatics)

  • Kansei informatics (Sensitivity Informatics/Soft Computing)

Research Keywords 【 Display / hide

  • Neural network

  • Affective information processing

  • Visual information processing

  • Language information processing

Research Themes 【 Display / hide

  • A study on neural network type natural language processing system with huge mount of knowledge, 

    2012
    -
    2014

Proposed Theme of Joint Research 【 Display / hide

  • Various kinds of researches concerning visual information processing, language information processing and sensibility information processing and their integration. Basic research and applications of neural networks and AI.

    Interested in joint research with industry (including private organizations, etc.),  Desired form: Technical Consultation, Funded Research, Cooperative Research

 

Books 【 Display / hide

  • 2050年 未来・世界を変える技術

    萩原 将文, 株式会社日本能率協会総合研究所株式会社日本能率協会総合研究所, 2018.02

    Scope: 2章 情報処理・情報通信・AI分野,“「知」「情」「意」が統合した新しい人工知能を目指して”(12ページ分)

  • 人工知能学大事典

    萩原将文, 共立出版, 2017.07

    Scope: 第7章 ニューロ・ファジィ・GA担当

  • ディジタル信号処理(第2版)

    萩原将文, 森北出版, 2014.11

  • “知識ベース” 知識の森

    萩原 将文, 電子情報通信学会, 2012

    Scope: S3群4編(ソフトコンピューティングとニューラルネットワーク) 編主任担当

  • 感性を反映できる日本語フォント自動作成システム”,“電子化辞書を用いたキャッチコピー作成支援システム”in (社)電気学会 進化技術応用調査専門委員会編“進化技術ハンドブック,”第Ⅱ巻 応用編:情報・通信システム

    岡田浩平,名取琢也,萩原将文, 近代科学社, 2011.11

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 感情を付与した人型ロボット動作自動生成システム

    竹越智也,萩原将文

    感性工学研究論文集 17 ( 1 ) 47 - 54 2018.02

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • An English Neural Network that Learns Texts, Finds Hidden Knowledge, and Answers Questions

    Yuanzhi Ke, Masafumi Hagiwara

    Journal of Artificial Intelligence and Soft Computing Research 7 ( 4 ) 229 - 242 2017.08

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • 対話における文脈を考慮した分散表現生成ニューラルネットワーク

    三上佳孝,萩原将文

    日本知能情報ファジィ学会誌 29 ( 3 ) 595 - 604 2017.06

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • 取扱説明書からの漫画生成支援システム

    蓑谷彩香,萩原将文

    感性工学研究論文集 16 ( 1 ) 121 - 130 2017.02

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • 感情推定と知識獲得機能を有する対話システムの構築

    松井辰哉,萩原将文

    感性工学研究論文集 16 ( 1 ) 35 - 42 2017.02

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Presentations 【 Display / hide

  • 多様な応答のための分散表現ベース対話システム

    三上佳孝, 萩原将文

    第13回日本感性工学会春季大会 (名古屋) , 2018.03, Oral Presentation(general)

  • 画像特徴と単語の分散表現を活用した感性語を付与した画像キャプションの自動生成

    瀬口太郎,萩原将文

    電子情報通信学会技術研究報告 ニューロコンピューティング研究会 (東京) , 2018.03, Oral Presentation(general), IEICE

  • 段階的に多層化するニューラルネットワーク

    佐々木駿也,萩原将文

    電子情報通信学会技術研究報告 ニューロコンピューティング研究会 (東京) , 2018.03, Oral Presentation(general), IEICE

  • Deep Learning Method to Extract Implicit Keywords for Historical Essay Questions

    Yuanzhi K, Kotaro Sakamoto, Madoka Ishioroshi, Hideyuki Shibuki, Masafumi Hagiwara, Tatsunori Mori, Noriko Kando

    第2回東ロボ文系ミーティング (名古屋) , 2018.03, Oral Presentation(general), 国立情報学研究所

  • Deep Learning Method to Extract Implicit Keywords for Historical Essay Questions

    Yuanzhi K, Kotaro Sakamoto, Madoka Ishioroshi, Hideyuki Shibuki, Masafumi Hagiwara, Tatsunori Mori, Noriko Kando

    言語処理学会第24回年次大会 (岡山) , 2018.03, Oral Presentation(general)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 視覚・言語情報を統合処理するニューラルネットワークに関する研究

    2016.04
    -
    2019.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 萩原 将文, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Principal Investigator

  • 膨大な知識を有するニューラルネットワーク型自然言語処理システムに関する研究

    2012.04
    -
    2015.03

    日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, Masafumi Hagiwara, Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    本研究は膨大な知識を有し、優れた思考機能を持つニューラルネットワーク型の自然言語処理システムの構築を行うものである。具体的な大きな課題としては以下の2点がある。
    ・膨大な知識のニューラルネットワーク形式での表現本研究では近年充実してきたさまざまな大容量の言語資源に着目し、膨大な知識をニューラルネットワーク形式で統一的に表現し、さまざまな推論に活用できるようにする。
    ・時系列処理による思考ネットワークの構築情報を時系列信号とみなすことにより、人間の思考を模擬するネットワークの構築研究を行う。

  • 思考機能と長期記憶を有する脳型アーキテクチャ自然言語処理システムに関する研究

    2008.04
    -
    2011.03

    日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, Masafumi Hagiwara, Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    自然言語の文書から知識を学習し、想起と推論を行う言語処理ニューラルネットワークの構築に成功した。自然言語の文が入力されると、まず前処理として、文の知識への分解と単語の深層格推定が行われる。深層格層の導入により複雑な文章の扱いが可能となった。また、未知の知識の扱いを可能とするため、ディジタル日本語語彙大系を用いた辞書層が導入されている。

  • 脳型アーキテクチャによる自然言語処理システムに関する研究

    2005.04
    -
    2008.03

    日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, Masafumi Hagiwara, Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    大きな研究成果として、1) 単語のベクトル表現法に関する方向性が見出せたこと、2) 知識ベ
    ースとして電子辞書を用いる小規模なニューラルネットワークの構築に成功したことがあげられる。これらは、本申請研究に引き継がれて、さらに発展する予定である。査読付き論文4編、国際会議4編(うち1件は招待講演)の研究成果が得られている。また人工頭脳工学シンポジウム(2006年)では基調講演(特別講演)を行った。

  • ファジィ推論ニューラルネットワークを用いた画像からの知識抽出と理解に関する研究

    2000.04
    -
    2003.03

    日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, Masafumi Hagiwara, Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    申請者オリジナルなファジィ推論ニューラルネットワークをもとに、画像認識と画像(イメージ)から知識抽出を行えるネットワークの構築に成功した。査読付き論文6編、国際会議5編の研究成果が得られている。

Intellectual Property Rights, etc. 【 Display / hide

  • 不審人物検知方法および装置、異常事象検知方法および装置

    Application No.: 特許出願2011-135837  2011.06 

    Registration No.: 特許5717553  2015.03

    Patent, Joint, National application

  • 異常事象検知ルール自動抽出方法、異常事象検知ルール自動抽出装置

    Application No.: 特許出願2011-135836  2011.06 

    Registration No.: 特許公開2013-003929  2013.01

    Patent, Joint, National application

  • 不審行動検知方法および不審行動検知装置

    Application No.: 特許出願2009-259014  2009.11 

    Registration No.: 特許公開2011-107765  2011.06

    Patent, Joint, National application

  • 不審行動検知方法および不審行動検知装置

    Application No.: 特許出願2009-178422  2009.07 

    Registration No.: 特許公開2011-035571  2011.02

    Patent, Joint, National application

  • オブジェクト追尾方法および画像処理装置

    Application No.: 特許出願2008-291488  2008.11 

    Registration No.: 特許公開2010-117946  2010.05

    Patent, Joint, National application

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 日本感性工学会論文賞

    本間幸徳,萩原将文, 2014.09, 日本感性工学会

    Country: 日本

     View Description

    本間幸徳,萩原将文:“Twitter を用いたニュース記事における読み手の感情推定手法の提案とアクセス解析への応用,日本感性工学会論文誌,Vol.12, No.1, pp.167-174, 2013. による。

  • 日本感性工学会優秀論文賞

    本間幸徳,萩原将文, 2014.09, 日本感性工学会, 本間幸徳,萩原将文:“Twitter を用いたニュース記事における読み手の感情推定手法の提案とアクセス解析への応用,感性工学研究論文集,Vol.12, No.1, pp.167-174, 2013. 

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

     View Description

    上記論文に対し、日本感性工学会より、“創意があり学術的に高い価値を有するもの”として受賞された。

  • 最優秀研究賞

    相良 司,萩原将文, 2013.06, 日本神経回路学会, “自然言語を扱うニューラルネットワークと質問応答システムへの応用”による

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

     View Description

    相良 司,萩原将文:“自然言語を扱うニューラルネットワークと質問応答システムへの応用”の研究による

  • 最優秀研究賞

    相良 司,萩原将文, 2013.06, 日本神経回路学会

    Country: 日本

     View Description

    “自然言語を扱うニューラルネットワークと質問応答システムへの応用”研究による。

  • 第9回NICOGRAPH春季大会 優秀論文賞

    HAGIWARA MASAFUMI, 2010.03, 日本芸術科学会, 感性を反映した構図修正による写真品質向上システム

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SOFT COMPUTING

    2021

  • RECITATION IN INFORMATION AND COMPUTER SCIENCE

    2021

  • PATTERN INFORMATION PROCESSING

    2021

  • INDEPENDENT STUDY ON SCIENCE FOR OPEN AND ENVIRONMENTAL SYSTEMS

    2021

  • GRADUATE RESEARCH ON SCIENCE FOR OPEN AND ENVIRONMENTAL SYSTEMS 2

    2021

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • パターン情報処理

    Keio University, 2014, Autumn Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 1h

    pattern recognition, learning,

  • ディジタル信号処理

    Keio University, 2014, Spring Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 1h

    ディジタル信号処理

  • パターン情報処理

    Keio University, 2013, Autumn Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 1h

    pattern recognition, learning,

  • ディジタル信号処理

    Keio University, 2013, Spring Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 1h

    ディジタル信号処理

  • パターン情報処理

    Keio University, 2012, Autumn Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 1h

    pattern recognition, learning,

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 独立行政法人 日本学術振興会

    2014
    -
    2015
  • 戦略的情報通信研究開発推進制度

    2012
  • 戦略的情報通信研究開発推進制度

    2011
    -
    2012
  • 経済産業省

    2010
  • 経済産業省

    2009

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, 

    2012.05
    -
    Present
  • 日本デザイン学会, 

    2012.04
    -
    Present
  • International Conference on Fuzzy Computation Theory and Applications (FCTA 2012), 

    2012
  • International Conference on Awareness Science and Technology (iCAST 2012), 

    2012
  • International Conference on Fuzzy Systems and Knowledge Discovery (FSKD2012), 

    2012

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2017.04
    -
    2018.03

    委員長, 電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究専門委員会

  • 2017

    Program committee, The 24th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2017)

  • 2016.04
    -
    2017.03

    副委員長, 電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究専門委員会

  • 2016
    -
    Present

    シニアメンバ, 電子情報通信学会

  • 2016

    Program committee, International Conference on Fuzzy Computation Theory and Applications (FCTA 2016)

display all >>