斎藤 英雄 (サイトウ ヒデオ)

Saito, Hideo

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 情報工学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,助手

  • 1994年04月
    -
    1997年08月

    日本体育大学 ,非常勤講師

  • 1995年04月
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師

  • 1997年08月
    -
    1999年08月

    米国カーネギーメロン大学 ,訪問研究員

  • 2001年04月
    -
    2006年03月

    慶應義塾大学 理工学部 助教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月

    慶應義塾, 理工学部, (電気工学科)

    大学, 卒業

  • 1989年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 電気工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1992年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 電気工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学, 慶應義塾, 1992年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報学基礎理論 (計算機科学)

  • 通信・ネットワーク工学 (情報通信工学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • コンピュータビジョン

  • パターン認識

  • ヒューマンインタフェース

  • 画像処理

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 人工生命「5.3 金融市場シミュレーションへの応用」分担

    尹 煕元,斎藤英雄,棚橋隆彦, 同文書院 編 井上春樹, 2002年

     概要を見る

    金融市場の株価の変動をGAを用いて解析する手法を提案し,実際の価格変動データを利用して解析結果の妥当性を検討した.

  • 'アドバンスド・センサ・ハンドブック, 「9-2-2 CT手法の産業応用」分担'

    '斎藤英雄, 中島真人', 培風館, 1994年

     概要を見る

    CT手法の産業応用例について解説した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Synchronizing 3D point cloud from 3D scene flow estimation with 3D Lidar and RGB camera

    Hiroki Usami, Hideo Saito, Jun Kawai and Noriko Itani

    IS&T International Symposium on Electronic Imaging 2018: 3D Image Processing, Measurement (3DIPM), and Applications 2018 proceedings.    1 - 6 2018年01月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

     概要を見る

    We present a method for synchronizing three-dimensional (3D)
    point cloud from 3D scene with estimation using a 3D Lidar and an
    RGB camera. These 3D points sensed by the 3D Lidar are not
    captured at the same time, which makes it difficult to measure the
    correct shape of the object in a dynamic scene. In our method, we
    generate synchronized 3D points at arbitrary times using linear
    interpolation in four-dimensional space, time and space. For
    interpolating the 3D point, we obtain corresponding 3D point
    matching with the pixel value captured by the RGB camera in a
    continuous frame. The experimental results demonstrate the
    effectiveness of the presented method by depicting a synchronized
    3D point cloud that is correctly shaped.

  • Augmented Visualization: Observing as Desired

    Shohei Mori and Hideo Saito

    Proceedings of 2017 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC)    351 - 356 2017年12月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 査読有り

     概要を見る

    Over 20 years have passed since a free-viewpoint video technology has been proposed in which a user's viewpoint can be freely set up reconstructed 3D space of a target scene photographed by multi-view cameras. This technology allows us to capture and reproduce the real world as it recorded. Once we capture the world in a digital form, we can modify the world as augmented reality does (i.e., placing virtual objects in the digitized real world). As oppose to this concept, the augmented world also allows us to see through real objects by synthesizing the backgrounds that cannot be observed in our raw perspective directly. The key idea is to generate the background image using multi-view cameras observing the backgrounds at different positions, and seamlessly overlaying the recovered image in our digitized perspective. In this article, our studies regarding such desired view generation techniques are reviewed, and its future directions and open problems are discussed.

  • 回転台を用いて撮像した多視点画像列による工業部品の外観検査

    鶏内 朋也, 森 尚平, 斎藤 英雄, 菅野 純一, 足立 秀之

    精密工学会誌 83 ( 12 ) 1184 - 1191 2017年12月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

     概要を見る

    Visual inspection is a vital step for maintaining the quality of industrial parts. In visual inspection, the relation between the three factors, camera pose, lights direction and normal vector of a part is very important to detect abnormalities on industrial part. We propose a visual inspection method for industrial parts using an image sequence captured while rotating an industrial part using a rotating table. By rotating a part, we can easily change the relation between three factors. We track the points on part's surfaces in an image sequence. We discriminate abnormal surface points such as scratches from the normal ones based on pixel value transitions in an image sequence. For accurately tracking the points on the part surface, we propose a novel camera calibration method of the rotating table and the camera with a telecentric lens and a pose estimation method for the rotating part. We use angular invariant feature vectors for improving robustness against types and shapes of industrial parts to be inspected. We presented experimental results using real data of industrial parts and verified that the proposed method could detect scratches on surfaces.

  • 都市環境における線分特徴の方向性分布を利用したSLAM

    上原 啓, 斎藤英雄, 原 孝介

    画像電子学会誌 46 ( 4 ) 522 - 532 2017年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    本論文では,線分特徴の事前分布を考慮した自動運転車のためのSLAM (Simultaneous Localization and Mapping) を提案する.提案手法は,道路標示や建物など,線分を検出しやすい物体が存在する都市環境を走行する車両に搭載されたカメラにより撮影される動画像を入力とすることを前提とし,この動画像から検出される線分特徴の方向に関する制約を加えることによりSLAM の精度を向上させるものである.線分特徴の方向に関する制約を加えるため,本手法では道路標示中の線分が車両進行方向に対して平行,もしくは垂直であるものが多いことに着目し,それら2 つの線分間の角度分布が混合ガウス分布に則ると仮定し,バンドル調整による最適化に導入する.これにより,カメラの位置姿勢と線分特徴の位置推定の精度を高めることが期待できる.本手法の有効性を確かめるため,カメラを1 つ用いたシングルカメラシステムと,2 つ用いたマルチカメラシステムの両方に提案手法を適用し精度検証を行った.その結果マルチカメラによる従来手法の精度と,シングルカメラによる本手法の精度が同等となった.また提案手法により生成した路面地図は,線分の方向に関する制約を導入したことにより補正され,精度向上を確認した.

  • Real-time scene reconstruction and triangle mesh generation using multiple RGB-D cameras

    Meerits Siim, Nozick Vincent, Saito Hideo

    Journal of Real-Time Image Processing (Springer)     1 - 13 2017年11月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  1861-8200

     概要を見る

    <p>We present a novel 3D reconstruction system that can generate a stable triangle mesh using data from multiple RGB-D sensors in real time for dynamic scenes. The first part of the system uses moving least squares (MLS) point set surfaces to smooth and filter point clouds acquired from RGB-D sensors. The second part of the system generates triangle meshes from point clouds. The whole pipeline is executed on the GPU and is tailored to scale linearly with the size of the input data. Our contributions include changes to the MLS method for improving meshing, a fast triangle mesh generation method and GPU implementations of all parts of the pipeline.</p>

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Special section guest editorial

    Kleihorst Richard, Saito Hideo

    Optical Engineering 53 ( 10 )  2014年10月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ), 共著,  ISSN  0091-3286

研究発表 【 表示 / 非表示

  • デジタルヒューマンモデルを用いた深層学習による物体組込型カメラ画像からの把持姿勢推 定

    稲生健太郎,家永直人,杉浦裕太,斎藤英雄,宮田なつき,多田充徳

    2018年電子情報通信学会総合大会, 2018年03月, ポスター(一般), 電子情報通信学会

  • 3D スキャン点群の建物のセグメンテーション

    王 麒雁,楊 亮,斎藤英雄,木下久史

    2018年電子情報通信学会総合大会, 2018年03月, ポスター(一般), 電子情報通信学会

  • 3次元点群を用いた単一視点画像による絶対スケール測定

    安藤隆平、斎藤英雄

    動的画像処理実利用化ワークショップ2018 (中京大学 名古屋キャンパス) , 2018年03月, 口頭(一般), 精密工学会 画像応用技術専門委員会

  • 距離カメラ付きスマートフォンを用いた人体の足の3次元形状計測

    小林巧、家永直人、杉浦裕太、斎藤英雄、宮田なつき、多田充徳

    動的画像処理実利用化ワークショップ2018 (中京大学 名古屋キャンパス) , 2018年03月, 口頭(一般), 精密工学会 画像応用技術専門委員会

  • 球面ドロネー三角形分割法を用いた3D-LiDAR点群の領域分割処理法

    田中季晃、大石圭、中島由勝、斎藤英雄

    動的画像処理実利用化ワークショップ2018 (中京大学 名古屋キャンパス) , 2018年03月, 口頭(一般), 精密工学会 画像応用技術専門委員会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • フェロー

    2017年03月, 電子情報通信学会

    受賞国: 日本

  • Best Paper

    Yusuke Nakayama, Hideo Saito, Masayoshi Shimizu, and Nobuyasu Yamaguchi, 2016年02月, IS & T, Marker-less AR framework using on-site 3D line segment based model generation

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞,  受賞国: USA

  • 査読功労賞

    2015年08月, 映像情報メディが学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • Jon Campbell Best Paper Prize

    Y. Shinozuka, F. de Sorbier and H. Saito, 2014年08月, Organising Committee of the Irish Machine Vision and Image Processing Conference 2014, Specular 3D Object Tracking by View Generative Learning

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞,  受賞国: United Kingdom

  • 活動功労賞

    斎藤英雄, 2014年06月, 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ, パターン認識・メディア理解研究専門委員会活動への貢献

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用数学

    2019年度

  • 卒業研究

    2019年度

  • コンピュータビジョン

    2019年度

  • 開放環境科学特別研究第1

    2019年度

  • 開放環境科学特別研究第2

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • (マシンビジョンの応用に関する国際ワークショップ)

    1997年08月
    -
    1998年11月
  • 「第3回画像センシングシンポジウム」 (1996年6月)

    1996年10月
    -
    1997年06月
  • 「第2回画像センシングシンポジウム」 (1996年6月 13日、14日)

    1995年11月
    -
    1996年06月
  • (マシンビジョンの応用に関する国際ワークショップ)

    1995年09月
    -
    1996年11月
  • 電子情報通信学会学生会連絡会

    1995年05月
    -
    1997年05月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会, 

    2013年01月
    -
    継続中
  • the 23rd International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT 2013), 

    2012年12月
    -
    2013年12月
  • IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, MIRU Conference Editorial Board, 

    2012年10月
    -
    継続中
  • 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 

    2012年04月
    -
    継続中
  • 日本バーチャルリアリティ学会, 

    2012年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    Editor in Chief, IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Editorial Board

  • 2016年06月
    -
    2018年05月

    副会長(技術会議担当), 電子情報通信学会 情報システムソサイエティ

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    評議員, 日本バーチャルリアリティ学会

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    運営委員, 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    専門委員長, 電子情報通信学会 汎光線時空間映像学研究専門委員会

全件表示 >>