矢向 高弘 (ヤコウ タカヒロ)

Yakoh, Takahiro

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 システムデザイン工学科 (矢上)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    日本鋼管株式会社情報システム部情報技術室

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    慶應義塾大学メディアネット本部ネットワークテクノロジーセンター(仮称)

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学理工学部 ,助手

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学理工学部1年 ,クラス担任

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 ,執行部補助

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月

    慶應義塾, 工学部, 計測工学科

    大学, 卒業

  • 1991年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 計算機科学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1994年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 計算機科学専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学, 慶應義塾, 1995年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報学基礎理論 (計算機科学)

  • 知能機械学・機械システム (Intelligent Mechanics and Machine System)

  • 通信・ネットワーク工学 (情報通信工学)

  • 制御・システム工学 (システム工学)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Mn'M Workbook 3: Future Urban Intensities

    矢向 高弘, フリックスタジオ, 2014年03月

    担当範囲: 42-47

  • HUMAN – COMPUTER SYSTEMS INTERACTION: BACKGROUNDS AND APPLICATIONS 2 -Advances in Intelligent and Soft Computing-

    佐藤智矢、境野翔、矢向 高弘, Springer Berlin / Heidelberg, 2012年

    担当範囲: 91-107

  • Remote and Telerobotics

    Shinichi Hamasaki, YAKOH TAKAHIRO, InTech, 2010年05月

    担当範囲: 17-32

     概要を見る

    遠隔操作の操作性が通信遅延により低下してしまう問題点を、クロスモーダルな装飾により解消できる可能性があることを提案し、実験を通して検証している。

  • Engineering & Neuro-Psychoanalysis Forum Book

    Charlotte Roesener, Tobias Deutsch, Roland Lang Brit Muller, and YAKOH TAKAHIRO, Springer-Verlag, 2008年10月

    担当範囲: 324-338

     概要を見る

    工学と脳神経科学の境界領域の開拓を目指したフォーラムが査読論文を編纂したものであり、我々は脳の認知行動のモデル化や、シミュレータ構築、挙動に関する考察を記している。

  • 数理工学基礎シリーズ「コンピュータの数理」

    矢向高弘、村上俊之、大西公平, 朝倉書店, 2000年10月

     概要を見る

    コンピュータのハードウェアの基礎から、2進数による数値計算法、C言語によるプログラミング、計算誤差にまで言及した工学者向けの教科書である。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Position and Velocity Measurement Method from a Single Image using Modulated Illumination

    Kentaro Matsuo, YAKOH TAKAHIRO

    International Workshop on Advanced Motion Control, AMC    353 - 358 2018年03月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

  • Implementation of Schedule Management Mechanism for S-TDMA Switch

    Syunpei Koyasu, YAKOH TAKAHIRO

    International Workshop on Advanced Motion Control, AMC    575 - 580 2018年03月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

  • 無線マルチホップ通信の確率的性能予測手法

    森静奈,矢向高弘

    電気学会論文誌C 137 ( 5 ) 701 - 708 2017年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0385-4221

     概要を見る

    M2M (machine-to-machine) is required and spreads rapidly in recent years. Wireless multi-hop communication is one of the communication styles to construct M2M. However, the performance estimation of such wireless multi-hop communication is not so easy because the bit error ratio and symbol rate adaptation heavily depend on various environmental conditions. Stochastic network calculus (SNC) is a theory for the performance estimation of network. However, current SNC lacks ways to take wireless random errors, branching and joining of traffic flows into calculation, these are necessary to estimate the performance of sink-tree wireless-sensor network. This paper proposed a performance estimation method for sink-tree wireless multi-hop network based on SNC. The proposed method has three attractive points. Firstly, this introduces parameters of hop number and node number considering wireless random error due to packet collision. Secondly, this treats actual sink-tree network model by considering joining of traffic. Thirdly, this separates the service curve and bounding function calculation to avoid double counting. To evaluate the accuracy of the result of the proposed method, conventional estimation methods and simulation evaluation were conducted on a typical wireless multi-hop sensor data collection network. The results validate that the proposed method achieves much higher-accuracy than conventional methods.

  • Integration of Existing Ethernet Devices into Time-Division Multiplexing Ethernet

    山本真明、矢向 高弘

    Proc. of IEEE International Conference on Industrial Technology    1171 - 1176 2017年03月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

  • Performance Evaluation of TCP/IP over Time-Division Multiplexing Ethernet

    太田原香奈、山本真明、矢向 高弘

    International Conference on Industrial Electronics, Control and Instrumentation    4695 - 4700 2016年10月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 学界情報 国際会議レポート

    矢向 高弘

    電気学会論文誌D 132 ( 7 ) PNL7-4 2012年07月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 分散リアルタイムネットワーク

    矢向 高弘、西宏章

    日本機械学会誌 106 ( 1021 ) 36 - 37 2003年12月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Uncertainty Principle in Real-Time Communication - Battle of Quickness against Correctness in NBCS -

    矢向 高弘

    先進的運動制御に関する国際ワークショップ (サラエボ、ボスニア・ヘルツェゴビナ) , 2012年03月, 口頭(招待・特別)

  • コンピュータネットワークを用いた広域制御

    矢向高弘

    日本機械学会 運動と制御研究会(MOVIC), 1999年11月

     概要を見る

    コンピュータネットワークによる実時間通信の可能性を示すとともに、広域制御の具体的な応用例を紹介した。

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 情報処理システム,制御装置,検出装置,情報処理方法,制御方法,検出方法,及びプログラム

    特願: 特許出願2016-230388  2016年11月 

    特許, 単独, 国内出願

  • マスタスレーブ装置,マスタ装置,スレーブ装置,制御方法及びコンピュータプログラム

    特願: 特願 2006-302787  2006年11月 

    特開: 特開2008-119757  2008年05月 

    特許, 共同

  • マルチメディア通信装置

    特願: 特願2005-216804  2005年07月 

    特開: 特開2007-036650  2007年02月 

    特許, 単独

  • 電気レオロジー素子およびこれを備えた電気レオロジーデバイス

    特願: 特願2002-127489  2002年04月 

    特開: 特開2003-322196  2003年11月 

    特許, 共同

  • フリクションフリードライブシステム

    特願: 特願2000-075609  2000年03月 

    特開: 特開2001-263444  2001年09月 

    特許, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • ファナックFAロボット財団論文賞

    矢向 高弘、伊東正尚、大西公平, 2003年03月, 財団法人ファナックFAロボット財団, 仮想力伝搬に基づく協調マニピュレータの分解制御

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • プログラミング演習

    2019年度

  • 卒業研究

    2019年度

  • 分散処理システム

    2019年度

  • 情報処理システム

    2019年度

  • システムデザイン工学輪講

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報学基礎

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 教養科目, 講義, 専任, 1時間, 250人

  • 実時間システム設計論

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 12人

  • システムデザイン工学演習

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 演習, 専任, 2時間, 12人

  • 工学材料

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 兼担, 1時間, 90人

  • 分散処理システム

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 50人

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 8th France-Japan Congress on Mechatronics 2010, 

    2009年08月
    -
    2010年11月
  • IEEE International Workshop on Factory Communication Systems 2010, 

    2009年07月
    -
    2010年05月
  • IEEE International Conference on Industrial Informatics 2010, 

    2008年12月
    -
    2010年07月
  • IEEE International Workshop on Factory Communication Systems 2008, 

    2007年08月
    -
    2008年
  • IEEE International Workshop on Factory Communication Systems 2006, 

    2005年12月
    -
    2006年

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年09月
    -
    2018年06月

    Technical Program Committee, IEEE International Workshop on Factory Communication Systems 2018

  • 2016年10月
    -
    2017年06月

    Program Committee, IEEE International Workshop on Factory Communication Systems 2017

  • 2015年10月
    -
    2016年05月

    Program Committee, IEEE International Workshop on Factory Communication Systems 2016

  • 2014年11月
    -
    2015年05月

    Program Committee, IEEE International Workshop on Factory Communication Systems 2015

  • 2013年07月
    -
    2014年05月

    Technical Program Committee, IEEE International Workshop on Factory Communication Systems 2014

全件表示 >>