三田 彰 (ミタ アキラ)

Mita, Akira

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 システムデザイン工学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    2000年03月

    清水建設株式会社

  • 1986年07月
    -
    1986年08月

    兼カリフォルニア大学サンディエゴ校、訪問研究員

  • 1986年09月
    -
    1986年10月

    兼メキシコ自治大学工学研究所、訪問研究員

  • 1996年08月
    -
    1996年12月

    兼香港科学技術大学土木工学科、客員准教授

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科、助教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1979年03月

    東北大学, 工学部, 建築学科

    大学, 卒業

  • 1981年03月

    京都大学, 工学研究科, 建築学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1986年06月

    カルフォルニア大学サンディエゴ校, 工学研究科, 応用力学専攻

    -, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , カルフォルニア大学サンディエゴ校, 1986年06月

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 電気工学ハンドブック第7版

    三田彰, 電気学会, 2013年09月

    担当範囲: pp.567-568「5.4.3構造物の健全度モニタリングシステムとセンサネットワーク」

  • Handbook of Technichal Diagnostics, Fundamentals and Application to Structures and Systems

    三田 彰, Springer, 2013年

    担当範囲: 425-428

  • System Design: Paradigm Shift from Intelligence to Life

    三田 彰, Keio University, 2008年03月

    担当範囲: 113-121

  • 生命に学ぶシステムデザイン-知能化から生命化へのパラダイムシフト

    三田 彰, コロナ社, 2008年03月

    担当範囲: 110-118

  • サステナブル生命建築

    三田 彰, 共立出版, 2006年02月

    担当範囲: 81-102

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Innovative substructure approach to estimating structural parameters of shear structures

    Lijun Xie, Akira Mita, Longxi Luo, Maria Q. Feng

    Journal of Structural Control and Health Monitoring (John Wiley & Sons, Inc.)  25 ( 4 ) e2139 2018年04月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Performance of a Sensor Agent Robot in a Real Living Environment for Monitoring in Houses

    Ami Ogawa and Akira Mita

    Proc. International Conference on Smart, Sustainable and Sensuous Settlements Transformation 35 ( 40 )  2018年03月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 査読有り

  • Proposal of Home Robot with an Affinity to Live Together in a Residential House

    Hiroaki Komotori and Akira Mita

    Proc. International Conference on Smart, Sustainable and Sensuous Settlements Transformation    14 - 20 2018年03月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

  • Seismic Performance Evaluation of Wood Frame House using Capacity Spectrum for Safer Living Environments

    Tomoyuki Shimoda and Akira Mita

    Proc. International Conference on Smart, Sustainable and Sensuous Settlements Transformation 150 ( 155 )  2018年03月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 査読有り

  • Markerless Knee Joint Position Measurement Using Depth Data during Stair Walking

    Ami Ogawa, Akira Mita, Ayanori Yorozu, Masaki Takahashi

    Sensors 17   2698 2017年02月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Structural Health Monitoring System for Buildings and Its Future

    Akira Mita

    Third Kwang-Hua World Forum (Shanghai, China) , 2010年10月, 口頭(招待・特別)

  • 建築構造物ヘルスモニタリング技術の現状とこれから

    三田 彰

    第4回光防災センシング振興協会シンポジウム (東京) , 2008年10月, 口頭(招待・特別), 光防災センシング振興協会

  • 構造ヘルスモニタリングと構造システムの生命化

    三田 彰

    (財)高速道路技術センター 技術研究委員会 情報技術研究部会 講演会 (東京) , 2008年09月, 口頭(招待・特別), (財)高速道路技術センター 技術研究委員会 情報技術研究部

  • 建物性能の可視化とセンサネットワーク

    三田 彰

    東京電機大学総研プロジェクト・講演会 (東京) , 2008年02月, 口頭(招待・特別), 東京電機大学総研

  • Sensors and Structures

    三田 彰

    IStructE Centenary Conference 'Turning Idea Into Reality (Hong Kong) , 2008年01月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 健康寿命を延ばすロボット共生住空間

    2018年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 三田 彰, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 見守り支援ロボットを組み込んだ独居高齢者の自立生活を支える住空間

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 三田 彰, 基盤研究(B), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会賞(論文)

    三田 彰, 2009年06月

  • 日本建築学会 奨励賞

    三田 彰, 1991年09月, 日本建築学会

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 空間・環境デザイン工学特別講義第1

    2019年度

  • 空間構造力学

    2019年度

  • 空間デザイン海外研修

    2019年度

  • システムデザイン工学輪講

    2019年度

  • システムデザイン工学実験第1

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • (日米共同研究)高知能建築構造システムの開発 センサー部会

    2000年04月
    -
    2003年03月
  • (日米共同研究)高知能建築構造システムの開発 センサー部会

    1998年04月
    -
    2003年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 第5回構造制御とモニタリングに関する世界会議 論文部会, 

    2010年01月
    -
    2010年07月
  • 構造制御とモニタリング国際協会, 

    2008年01月
    -
    2012年12月
  • 日本学術会議, 

    2006年08月
    -
    2014年09月
  • 日本建築学会「構造ヘルスモニタリング小委員会」, 

    2002年04月
    -
    2014年03月
  • 日本建築学会 「サステナブル・ビルディング小委員会」, 

    2001年04月
    -
    2005年03月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    2010年07月

    部会長, 第5回構造制御とモニタリングに関する世界会議 論文部会

  • 2008年01月
    -
    2012年12月

    理事, 構造制御とモニタリング国際協会

  • 2006年08月
    -
    2014年09月

    連携会員, 日本学術会議

  • 2002年04月
    -
    2014年03月

    委員, 日本建築学会「構造ヘルスモニタリング小委員会」

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    委員, 日本建築学会 「サステナブル・ビルディング小委員会」

全件表示 >>