山田 徹 (ヤマダ トオル)

Yamada, Toru

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 化学科 (矢上)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1997年03月

    三井石油化学工業株式会社

  • 1993年10月
    -
    1994年03月

    三井石油化学工業株式会社 室長研究員

  • 1994年04月
    -
    1997年03月

    三井石油化学工業株式会社 室長主任研究員

  • 1997年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学理工学部化学科 ,助教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1982年03月

    東京大学, 理学部, 化学科

    大学, 卒業

  • 1984年03月

    東京大学, 理学系研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1987年03月

    東京大学, 理学系研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学 , 東京大学, 1987年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Silver Catalysis in Organic Synthesis

    Chao-Jun Li and Xihe Bi, Wiley-VCH, 2019年02月

    担当範囲: Silver-Catalyzed CO2 Incorporation,  担当ページ: 407-438

  • 二酸化炭素を用いた化学品製造技術

    山田 徹, S&T出版, 2016年

    担当範囲: 87-105

  • 第5版実験化学講座17 日本化学会編

    山田 徹, 2004年

  • プロフェッショナル英和辞書SPED TERRA 物質・工学編

    山田 徹, 2004年

  • 有機金属と触媒 工業プロセスへの展開

    山田 徹, 2003年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Stereoselective amination: Via vinyl-silver intermediates derived from silver-catalyzed carboxylative cyclization of propargylamine

    Sadamitsu Y., Saito K., Yamada T.

    Chemical Communications (Chemical Communications)  56 ( 66 ) 9517 - 9520 2020年08月

    ISSN  13597345

     概要を見る

    © The Royal Society of Chemistry. The stereoselective synthesis of aminovinyloxazolidinones based on the electrophilic amination of a vinyl-silver intermediate, generated by silver-catalyzed carbon dioxide incorporation on a propargyl amine, was achieved. The geometry of the aminated product was determined by a single crystal X-ray analysis and NOE measurement and it was elucidated that the geometry was proved to be opposite to the geometry predicted from the previous silver-catalyzed carbon dioxide fixation on a propargyl amine derivative. This unexpected stereoselectivity could be successfully explained by a radical mechanism. This journal is

  • Silver-Catalyzed Carbon Dioxide Fixation on Alkynylindenes

    Okumura A., Chuang P.Y., Saito K., Yamada T.

    Organic Letters (Organic Letters)  2020年

    ISSN  15237060

     概要を見る

    © The synthesis of polycyclic indene derivatives via silver-catalyzed carbon dioxide fixation on 2-alkynylindene derivatives was achieved by nucleophilic addition of the indenyl anion to carbon dioxide involving carbon-carbon bond formation and subsequent intramolecular cyclization to the alkyne part activated by a silver catalyst. This cascade process could be applied to various substrates to obtain the corresponding products in high yields. The endo/exo selectivity of the cyclization could be controlled by the steric or electronic effect of the substituents on the substrates, and 6-endo-selective cyclization was realized to afford α-pyrone-fused indenes.

  • Thermal decarboxylative Nazarov cyclization of cyclic enol carbonates involving chirality transfer

    Kozuma A., Komatsuki K., Saito K., Yamada T.

    Chemistry Letters (Chemistry Letters)  49 ( 1 ) 60 - 63 2020年

    ISSN  03667022

     概要を見る

    © 2020 The Chemical Society of Japan. Decarboxylative Nazarov cyclization of chiral cyclic enol carbonates proceeded to afford chiral 2-cyclopentenones with excellent chirality transfer under thermal conditions without any catalyst. Interestingly, the thermal decarboxylative Nazarov cyclization furnished the desired product with better chirality transfer than the Lewis acid-catalyzed reaction.

  • Decarboxylative Nazarov Cyclization-Based Chirality Transfer for Asymmetric Synthesis of 2-Cyclopentenones

    Komatsuki K., Kozuma A., Saito K., Yamada T.

    Organic Letters (Organic Letters)  21 ( 17 ) 6628 - 6632 2019年09月

    ISSN  15237060

     概要を見る

    © 2019 American Chemical Society. Asymmetric synthesis of 2-cyclopentenones was achieved by chirality transfer based on Lewis acid catalyzed decarboxylative Nazarov cyclization of optically active cyclic enol carbonates, which are prepared by silver-catalyzed carbon dioxide incorporation into optically pure propargyl alcohols. The stereochemistry at the 4,5-positions of the 2-cyclopentenones was cleanly constructed by reflecting the stereochemistry of the starting materials. This method could be applied to various substrates to obtain the corresponding products in high yields with highly efficient chirality transfer.

  • Microwave specific effect on catalytic enantioselective reactions

    Yamada T.

    Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings, APMC (Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings, APMC)  2018-November   1627 - 1629 2019年01月

    ISSN  9784902339451

     概要を見る

    © 2018 IEICE The microwave specific effect was investigated on the catalytic enantioselective reactions; atropo-enantiveselective ring-opening reaction of biaryl lactones and enantioselective Claisen rearrangement reaction. These reactions were efficiently enhanced with microwave irradiation under reaction temperature control, thought any loss of the enantioselectivities were not detected. It was also found that the racemization rate of the atropo-optically active biaryl lactone was enhanced by microwave irradiation. As these observations could not be explained by the simple thermal effect, microwave specific effect should be considered.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 金触媒と光が織りなす反応の世界=金(I)/金(III)の触媒サイクルを経る反応の新展開

    山田 徹

    化学 (化学同人)  73 ( 2 ) 66 - 67 2018年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著,  ISSN  0451-1964

  • 銀触媒を用いる二酸化炭素の固定化反応

    山田 徹

    TCIメール (東京化成工業株式会社)  175   2 - 18 2017年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著,  ISSN  1349-4856

  • Silver-Catalyzed CO2 Incorporation Reactions

    山田 徹

    TCIMAIL (東京化成工業株式会社)  175   2 - 13 2017年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著,  ISSN  1349-4848

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 脱炭酸型ナザロフ環化反応による2-シクロペンテノン誘導体の合成

    上妻紅音,駒月恵一,齊藤巧泰,山田 徹

    日本化学会第99春季年会, 2019年03月, 口頭(一般)

  • 銀触媒を用いるアルキニルインデン誘導体に対する二酸化炭素固定化反応

    奥村晶,荘 博尭,齊藤巧泰,山田 徹

    日本化学会第99春季年会, 2019年03月, 口頭(一般)

  • マイクロ波の加熱効果と特異効果:有機合成反応への適用

    山田 徹

    日本化学会第99春季年会, 2019年03月, 口頭(招待・特別)

  • Silver-Catalyzed Carbon-Carbon Bond Formation with Carbon Dioxide

    T. Yamada

    China-Japan Joint Symposium on Catalysis for Transformation of Carbon Dioxide, 2019年01月, 口頭(招待・特別)

  • Microwave Specific Effect on Catalytic Enantioselective Reaction

    Tohru Yamada

    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals, 2018年12月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新概念マイクロ波化学の合成有機化学的展開

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山田 徹, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 円偏波マイクロ波によるキラリティ制御の合成化学的研究

    2015年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山田 徹, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    円偏波マイクロ波の効果を調べた。無照射,右旋・左旋照射で反応し,ケトン還元の不斉収率を調べた。光学活性な触媒反応に12.4 GHz円偏波マイクロ波を照射すると,右旋条件の不斉収率は無照射より向上し,左旋条件では低下した。一方,ラセミ触媒反応の 2.45 GHz / 50 W円偏波マイクロ波照射では,右旋・左旋いずれも向上,マイクロ波効果を考慮すべきである。
    アトロプ異性化に対する円偏波マイクロ波の効果を調べた。2.45 GHz / 20 W円偏波照射後にラセミ化を抑制,還元後に不斉収率を調べた。統計処理の結果ラセミ体の95%信頼区間にあるが,左旋右旋で逆方向に不斉収率が観測される条件を見出した。

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 光学活性イソオキサゾリン類の製造方法

    特願: 特願2002-64038  2002年03月 

    特許

  • エポキシ基含有化合物の製造方法

    特願: 特願2001-046082  2001年02月 

    特許

  • 光学活性コバルト(II)、及びコバルト(III)錯体、その中間体の製造方法

    特願: 特願2000-344191  2000年11月 

    特許

  • 光学活性1,3-プロパンジオール類の製造方法

    特願: 特願2000-70712  2000年03月 

    特許

  • 光学活性シクロプロパン誘導体の製造方法

    特願: 特願平11-163426  1999年06月 

    特許

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2009年度有機合成化学協会 第1回日産化学・有機合成新反応/手法賞

    山田 徹, 2010年02月, 光学活性コバルト錯体による触媒的不斉合成反応の開発

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 平成4年度日本化学会進歩賞

    山田 徹, 1993年03月, 日本化学会

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 反応有機化学特論

    2020年度

  • 反応有機化学(有機化学基礎第2)

    2020年度

  • 化学輪講

    2020年度

  • 精密有機合成(有機化学第2)

    2020年度

  • 基本有機化学(有機化学基礎第1)

    2020年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会, 

    1981年
    -
    継続中
  • 有機合成化学協会, 

    1994年
    -
    継続中
  • 日本薬学会, 

    1996年
    -
    継続中
  • 近畿化学協会, 

    2005年
    -
    継続中
  • 日本電磁波エネルギー応用学会, 

    2018年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    代議員, 近畿化学協会

  • 2004年11月
    -
    2005年10月

    関東支部平成17年度代議員, 日本化学会

  • 2004年04月
    -
    2006年02月

    関東支部常任幹事, 日本化学会

  • 2004年02月
    -
    2006年02月

    関東支部常任幹事, 有機合成化学協会

  • 2003年11月
    -
    2004年10月

    関東支部平成16年度代議員, 日本化学会

全件表示 >>