藤本 ゆかり (フジモト ユカリ)

Fujimoto Yukari

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 化学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1998年

    住友化学工業株式会社, 研究員

  • 1998年08月
    -
    2001年03月

    コロンビア大学化学科, Research Associate

  • 2002年04月
    -
    2003年02月

    名古屋大学大学院理学研究科, 研究員

  • 2003年03月
    -
    2006年05月

    大阪大学大学院理学研究科, 助手

  • 2006年05月
    -
    2008年02月

    大阪大学大学院理学研究科, 講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    大阪大学, 理学部, 化学科

    日本, 大学, 卒業

  • 2002年03月

    大阪大学, 博士(理学)

    大学院, その他

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物分子化学

  • 有機化学

  • 生体関連化学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学、糖質化学、天然物有機化学、ケミカルバイオロジー

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 有機化学を武器にした生体機能の解明, 

    1998年08月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 天然物の化学 II 自然からの贈り物

    藤本 ゆかり (共著), 東京化学同人, 2018年

  • 未来を創るグライコサイエンス −我が国のロードマップー

    藤本 ゆかり(共著), 日本糖質科学コンソーシアム(JCGG) 編, 2018年

  • “Sugar Synthesis by Microfluidic Techniques” In Glycochemical Synthesis : Strategies and Applications

    Fukase, K., Tanaka, K., Fujimoto, Y., Shimoyama, A., Manabe, Y., John Wiley & Sons, 2016年

  • "Microbial glycoconjugates recognition with tlrs and nlrs in innate immunity" In Glycoscience: Biology and Medicine

    Yukari Fujimoto, Koichi Fukase, Springer Japan, 2015年

  • 「糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック~創薬・医療 からヘルスケアまで」第4編 糖鎖の工学—合成・機能, 第2章 糖鎖合成(化学合成)と機能, 7.免疫増強複合糖質

    藤本 ゆかり, エヌ・ティー・エス, 2015年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The key entity of a DCAR agonist, phosphatidylinositol mannoside Ac 1PIM 1: Its synthesis and immunomodulatory function

    Arai Y., Torigoe S., Matsumaru T., Yamasaki S., Fujimoto Y.

    Organic and Biomolecular Chemistry 18 ( 19 ) 3659 - 3663 2020年05月

    査読有り,  ISSN  14770520

     概要を見る

    © The Royal Society of Chemistry 2020. Ac1PIM1is a potential biosynthetic intermediate for phosphatidylinositol mannosides (PIMs) fromMycobacterium tuberculosis. We achieved the first synthesis of Ac1PIM1by utilizing an allyl-type protecting group strategy and regioselective phosphorylation of inositol. A very potent agonist of an innate immune receptor DCAR, which is better than previously known agonists, is demonstrated.

  • Design and Discovery of Covalent α-GalCer Derivatives as Potent CD1d Ligands

    Kishi J., Inuki S., Kashiwabara E., Suzuki T., Dohmae N., Fujimoto Y.

    ACS Chemical Biology 15 ( 2 ) 353 - 359 2020年02月

    査読有り,  ISSN  15548929

     概要を見る

    © 2020 American Chemical Society. CD1d is a nonpolymorphic antigen-presenting protein responsible for the regulation of natural killer T (NKT) cell activation. α-Galactosyl ceramide (α-GalCer, KRN7000) is the representative CD1d ligand that can bind to the CD1d protein. The resulting complex is recognized by the T cell receptors of the NKT cell, inducing various immune responses. Previous structure-activity relationship studies of α-GalCer have revealed that the ability of NKT cells to induce cytokines depends on the ligand structure, and in particular, ligands that form more stable complexes with CD1d display potent activity. We focused on the Cys residue of the large hydrophobic pockets of CD1d (A′ pocket) and developed α-GalCer derivatives containing groups that can form covalent bonds. The assay results revealed that these ligands displayed higher levels of cytokine production and Th2 cell-type cytokine polarization response. Furthermore, the LC-MS/MS analysis indicated that the chloroacetylamide-containing ligand was covalently bound to Cys12 of CD1d, which suggests that the enhanced activities result from the formation of a stable CD1d-ligand complex. To our knowledge, this is the first ligand that allows covalent bond formation to CD1d under physiological conditions.

  • Potent Th2 Cytokine-Bias of Natural Killer T Cell by CD1d Glycolipid Ligands Based on “Anchoring Effect” of Polar Groups in Their Lipid Component.

    Inuki, S., Kashiwabara, E., Hirata, N., Kishi, J., Nabika, E., Fujimoto, Y.

    Angew. Chem. Int. Ed. 57 ( 31 ) 9655 - 9659 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  14337851

     概要を見る

    © 2018 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Th2-biasing CD1d ligands are attractive potential candidates for adjuvants and therapeutic drugs. However, the number of potent ligands is limited, and their biasing mechanism remain unclear. Herein, a series of novel Th2-biasing CD1d glycolipid ligands, based on modification of their lipid part, have been identified. These have shown high binding affinities and efficient Th2 cytokine production. Importantly, the truncated acyl chain containing variants still retain their binding affinities and agonistic activities, which can be associated with an “anchoring effect,” that is, formation of a buried hydrogen bond between a polar group on the acyl chain and the CD1d lipid-binding pocket. The analysis indicated that the appearance rates of ligand–CD1d complexes on the cell surface were involved in Th2-biasing responses. The designed ligands, having the anchor in the shorter lipid part, are one of the most potent Th2-biasing ligands among the known ligands.

  • Syntheses and Immunological Evaluation of Self-Adjuvanting Clustered N-Acetyl and N-Propionyl Sialyl-Tn Combined with A T-helper Cell Epitope as Antitumor Vaccine Candidates.

    Chang, T. C., Manabe, Y., Fujimoto, Y., Ohshima, S., Kametani, Y., Kabayama, K., Nimura, Y., Lin, C. C., Fukase, K.

    Angew. Chem. Int. Ed. (Angewandte Chemie - International Edition)  57 ( 27 ) 8219 - 8224 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著,  ISSN  14337851

     概要を見る

    © 2018 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Sialyl-Tn (STn) is a tumor-associated carbohydrate antigen (TACA) rarely observed on healthy tissues. We synthesized two fully synthetic N-acetyl and N-propionyl STn trimer (triSTn) vaccines possessing a T-helper epitope and a TLR2 agonist, since the clustered STn antigens are highly expressed on many cancer cells. Immunization of both vaccines in mice induced the anti-triSTn IgG antibodies, which recognized triSTn-expressing cell lines PANC-1 and HepG2. The N-propionyl triSTn vaccine induced the triSTn-specific IgGs, while IgGs induced by the N-acetyl triSTn vaccine were less specific. These results illustrated that N-propionyl triSTn is a valuable unnatural TACA for anticancer vaccines.

  • Isolated Polar Amino Acid Residues Modulate Lipid Binding in the Large Hydrophobic Cavity of CD1d

    Inuki, S., Aiba, T., Hirata, N., Ichihara, O., Yoshidome, D., Kita, S., Maenaka, K., Fukase, K., Fujimoto, Y.

    ACS Chem. Biol. 11   3132 - 3139 2016年09月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • “次世代免疫アジュバント開発:微生物由来の自然免疫活性をもつ分子群とワクチンへの展開”

    藤本 ゆかり

    『未来材料』 12 ( 11 ) 13 - 21 2012年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Synthesis and functional analysis of the key compounds responsible for signal transduction

    Yukari Fujimoto

    Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry 65 ( 12 ) 1170 - 1178 2007年12月

    総説・解説(学術雑誌)

  • ここまで分かった「自然免疫」-リピドA等複合糖質の作用解明

    深瀬浩一,藤本ゆかり

    『化学』 (化学同人)     30 - 36 2007年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Glycoconjugates; Synthesis and the latent functions in immune system

    Yukari Fujimoto

    The 2019 Carbohydrates Gordon Research Conference (GRC) (Hong Kong) , 2019年06月, 口頭(招待・特別)

  • Natural killer T cell activation by CD1d glycolipid ligand based on “anchoring effect” of polar groups in lipid component

    Yukari Fujimoto

    EUROCARB 2019 (Leiden, the Netherlands) , 2019年07月

  • 脂質を介した感染と共生の制御

    藤本ゆかり

    第92回日本細菌学会総会, 2019年04月, 口頭(招待・特別)

  • 生体防御に関わる複合脂質認識機構の理解と創薬展開

    藤本ゆかり

    日本薬学会第139年会, 2019年03月, 口頭(招待・特別)

  • 複合糖質-脂質の化学合成を基盤とした免疫調節機能の解明

    藤本ゆかり

    糖鎖科学中部拠点第15回「若手の力」フォーラム, 2018年09月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 免疫調節性複合脂質の合成・機能の理解と展開

    2021年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤本 ゆかり, 基盤研究(A), 補助金,  代表

  • ネオ・セルフ脂質抗原分子ライブラリ構築と免疫調節機能解析

    2019年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤本 ゆかり, 新学術領域研究(研究課題提案型), 補助金,  代表

  • 免疫機構の複合的な機能制御を可能とする中分子化合物の創製

    2018年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤本 ゆかり, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  代表

  • 革新的中分子創薬技術の開発/先端的な中分子創薬関連技術の開発

    2018年
    -
    2021年03月

    日本医療研究開発機構(AMED), 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業, 藤本 ゆかり

  • 生体防御に関わる脂質認識機構の理解と制御を指向した複合脂質合成と機能解明

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤本 ゆかり, 基盤研究(B), 補助金,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 化合物又はその塩、ナチュラルキラーT細胞活性化剤、及び医薬組成物

    特願: PCT/JP2017/008381  2017年 

    特許, 共同

  • 化合物、化合物の塩、神経機能調節物質、神経機能調節物質の評価方法、化合物の製造方法、及び化合物の塩の製造方法

    特願: 特願2018-148873  2018年08月 

    特許, 共同

  • 化合物又はその塩、ナチュラルキラーT細胞活性化剤、及び医薬組成物

    特願: 特願2016- 57416  2016年03月 

    特許, 共同

  • トール様受容体4活性化作用を有するフニクロシン誘導体及びその用途

    特願: 特願2014-201593  2014年 

    特許: 特許番号6359409号  2018年

    特許, 共同

  • Novel immunostimulatory molecules

    特願: PCT/EP2015/072292  2015年 

    特許, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 長瀬科学振興賞

    2016年04月

  • 大阪大学総長顕彰

    2013年08月, 大阪大学

  • The Alois Nowotny Award

    2012年10月, 国際エンドトキシン&自然免疫学会

  • Bulletin of the Chemical Society of Japan賞

    2008年07月, 社団法人日本化学会

  • 大阪大学教育・研究功績賞

    2007年04月, 大阪大学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 化学特別講義

    2021年度

  • 化学輪講

    2021年度

  • 合成デザイン(有機化学第3)

    2021年度

  • 天然物化学(生命化学第1)

    2021年度

  • 理工学基礎実験

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 天然物有機化学

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 卒業研究

    慶應義塾, 2018年度, 通年

  • 化学輪講

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目

  • 化学B

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 講義

  • 化学実験第2

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 実習・実験

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

     
  • 有機合成化学協会

     
  • 日本糖質学会

     
  • 日本ケミカルバイオロジー学会

     
  • アメリカ化学会|American Chemical Society

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年07月
    -
    継続中

    理事, 日本糖質学会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    副委員長, 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 生命創成探究センター運営委員会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    専門研究員, 独立行政法人日本学術振興会 学術システム研究センター

  • 2020年04月
    -
    継続中

    代議員, 公益社団法人有機合成化学協会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    生体機能関連化学・バイオテクノロジー ディビジョン幹事, 公益社団法人 日本化学会

全件表示 >>