近藤 寛 (コンドウ ヒロシ)

Kondoh, Hiroshi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 化学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1997年03月

    通産省工業技術院, 化学技術研究所, 研究員

  • 1997年03月
    -
    1998年03月

    通産省工業技術院 , 物質工学工業技術研究所, 主任研究官

  • 1998年03月
    -
    2002年03月

    東京大学 , 大学院理学系研究科化学専攻, 専任講師

  • 2002年03月
    -
    2006年05月

    東京大学, 大学院理学系研究科化学専攻, 助教授

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

    名古屋大学, 大学院工学研究科, 非常勤講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年03月

    東京大学, 理学部, 化学科

    大学, 卒業

  • 1990年03月

    東京大学, 理学系研究科, 化学専攻

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 東京大学, 論文, 1995年09月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 物理化学 (Physical Chemistry)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 放射光科学

  • 表面科学

  • 触媒化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 固体表面における動的現象を調べるためのシンクロトロン放射光を用いた新手法の開発と応用, 

    1998年
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • XAFSの基礎と応用

    近藤 寛, 講談社, 2017年07月

    担当範囲: 5章5節、6節

  • XAFS Techniques for Catalysts, Nanomaterials, and Surfaces

    近藤 寛, Springer International Publishing, Switzerland, 2016年10月

    担当範囲: pp.365-382

  • ブルーバックス「すごいぞ!身の回りの表面科学」

    尾嶋正治 他, 講談社, 2015年10月

  • Current Trends of Surface Science and Catalysis

    近藤 寛, Springer, New-York, 2014年03月

    担当範囲: Chapter 9

  • 現代表面科学シリーズ(全6巻)

    日本表面科学会編, 共立出版, 2013年10月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Dehydration Pathway for the Dissociation of Gas-Phase Formic Acid on Pt(111) Surface Observed via Ambient-Pressure XPS

    近藤 寛

    J. Phys. Chem. C (The American Chemical Society)  122 ( 4 ) 2064 - 2069 2017年12月

    共著, 査読有り

  • Catalytic CO oxidation over Pd70Au30(111) alloy surface: spectroscopic evidence for Pd ensemble dependent activity

    近藤 寛

    Chem. Commun. (The Royal Society of Chemistry)  53   12657 - 12660 2017年11月

    共著, 査読有り

  • Chemical states of surface oxygen during CO oxidation on Pt(110) surface revealed by ambient pressure XPS

    近藤 寛

    J. Phys.: Condens. Matter. (IOP)  29   464001-(1) - 464001-(6) 2017年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Ambient pressure phase transitions over Ir(111): At the onset of CO oxidation

    近藤 寛

    J. Phys.: Condens. Matter. (IOP)  29   444002-(1) - 444002-(10) 2017年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Operando Observation of NO Reduction by CO on Ir(111) Surface Using NAP-XPS and Mass Spectrometry: Dominant Reaction Pathway to N2 Formation under Near Realistic Conditions

    近藤 寛

    J. Phys. Chem. C (American Chemical Society)  121 ( 3 ) 1763 - 1769 2017年01月

    査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • In-situ Observations of Catalytic Surface Reactions with Soft X-rays under Working Conditions

    近藤 寛

    J. Phys.: Condens. Matter (Institute of Physics)  27   083003(1) - 083003(15) 2015年02月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • In-situ observation of model catalysts under reaction conditions using x-ray core-level spectroscopy

    近藤 寛

    Chem. Rec. (Wiley)  14 ( 5 ) 806 - 818 2014年08月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • オペランド分光による触媒の動的挙動の観測

    近藤 寛

    電気化学会第85回大会 (東京) , 2018年03月, 口頭(招待・特別), 電気化学会

  • 触媒反応のオペランド計測

    近藤 寛

    科学技術未来戦略ワークショップ「高度炭素・水素循環に資する革新的反応・分離のためのCxHyOz制御科学」 (東京) , 2017年11月, 口頭(招待・特別), JST-CRDS

  • 作動する触媒を追う-分光観測を通して-

    近藤 寛

    第57回オーロラセミナー (旭川) , 2017年07月, 口頭(招待・特別), 触媒学会北海道支部

  • Operando Observations of Catalytic Reactions on Platinum Group Metal Surfaces with Near Ambient Pressure XPS

    近藤 寛

    TIMS-CENIDE Joint Symposium on Nanoscience and Nanotechnology (Tsukuba, Japan) , 2017年03月, 口頭(招待・特別), TIMS, Tsukuba University

  • オペランド観測と触媒開発-見ると造るが1 つになる時代へ-

    近藤 寛

    触媒学会界面分子変換研究会・日本表面科学会触媒表面科学研究部会合同ワークショップ (東京都・文京区) , 2017年03月, 口頭(招待・特別), 触媒学会界面分子変換研究会・日本表面科学会触媒表面科学研究部会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 極端軟X線大気圧表面XAFSの開発と大気圧下触媒反応のオペランド観測への展開

    2018年06月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 近藤 寛, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

  • 軟X線および赤外線オペランド分光の融合による触媒反応機構解明への展開

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 近藤 寛, 基盤研究(A), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本課題では、軟X線および赤外線を用いた分光的オペランド観測システムを立ち上げ、これらを用いることによって、触媒が活性になったときの活性相とそれに吸着した反応種を反応条件下で捉えることを目的とした。両オペランド観測システムは順調に立ち上がり、質量分析計による活性観測に併せ、X線光電子分光、偏光X線吸収分光、偏光変調赤外反射吸収分光を通して、活性な触媒表面を観測できるようになった。このようなアプローチによって、これまでは分かりにくかった触媒の活性相や反応機構を明らかにすることができるようになり、触媒研究におけるこのアプローチの有用性を実証することができた。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度電気化学会論文賞

    2015年03月, 電気化学会, Structure and Photo-Induced Charge Transfer of Pyridine Molecules Adsorbed on TiO2(110): A NEXAFS and Core-Hole-Clock Study

  • 日本表面科学会フェロー

    2014年05月, 公益社団法人日本表面科学会

    受賞区分: その他の賞

  • 第7回花王研究奨励賞

    近藤 寛, 2005年05月, 走査型トンネル顕微鏡と放射光X線分光法による自己組織化膜の構造と分子プロセスの解明

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 配位化学(無機分析基礎第2)

    2020年度

  • 卒業研究

    2020年度

  • 化学A

    2020年度

  • 分子化学特別講義B

    2020年度

  • 表面界面科学

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 表面物性特論

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 40人

  • 現代化学概論

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 教養科目, 講義, 1時間, 200人

  • 周期表の化学第2

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 35人

  • 周期表の化学第1

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 40人

  • 化学B

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 教養科目, 講義, 専任, 1時間, 200人

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • VUV・SX高輝度光源利用者懇談会

    2012年04月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 触媒学会, 

    2002年04月
    -
    継続中
  • 日本放射光学会, 

    1999年04月
    -
    継続中
  • 日本表面科学会, 

    1992年12月
    -
    継続中
  • 日本化学会, 

    1991年03月
    -
    継続中
  • 日本物理学会, 

    1988年10月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    幹事, 日本化学会物理化学ディビジョン

  • 2017年10月
    -
    継続中

    評議員, 日本放射光学会

  • 2016年11月
    -
    継続中

    専門委員, 文部科学省科学技術・学術審議会

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    副委員長, 日本化学会第97春季年会・会場総務委員会

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    専門調査員, 文部科学省科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター

全件表示 >>