岩崎 有紘 (イワサキ アリヒロ)

Iwasaki, Arihiro

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 化学科 (矢上)

職名

助教

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    2013年03月

    リアル化学株式会社, 開発部開発課

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学大学院, 理工学研究科, 助教(有期・研究奨励)

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 理工学部化学科, 助教(有期)

  • 2017年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 理工学部化学科, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾, 理工学部, 化学科

    日本, 大学, 卒業, その他

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 基礎理工学専攻

    日本, 大学院, 修了, 修士

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 基礎理工学専攻

    日本, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 慶應義塾大学

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物分子化学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 海洋天然物化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 20-N-methylpurpuramine E

    Teruya Toshiaki, Iwasaki Arihiro, Suenaga Kiyotake

    Bulletin of the Chemical Society of Japan 81 ( 8 ) 1026 - 1027 2008年08月

    ISSN  0009-2673

  • Isolation and structure of koshikalide, a 14-membered macrolide from the marine cyanobacterium Lyngbya sp.

    Iwasaki Arihiro, Teruya Toshiaki, Suenaga Kiyotake

    Tetrahedron Letters 51 ( 6 ) 959 - 960 2010年02月

    ISSN  0040-4039

     概要を見る

    <p>A 14-membered macrolide, koshikalide (1), was isolated from the marine cyanobacterium Lyngbya sp., and its planar structure was elucidated by spectroscopic analysis. The relative stereochemistry of C-11 and C-13 was elucidated by NOESY experiments and by an analysis of 1H-1H coupling constants. Koshikalide (1) exhibited weak cytotoxicity against HeLa S3 cells. © 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.</p>

  • Maedamide, a novel chymotrypsin inhibitor from a marine cyanobacterial assemblage of Lyngbya sp.

    Iwasaki Arihiro, Ohno Osamu, Sumimoto Shinpei, Suda Shoichiro, Suenaga Kiyotake

    Tetrahedron Letters 55 ( 30 ) 4126 - 4128 2014年07月

    ISSN  0040-4039

     概要を見る

    <p>Maedamide, a novel chymotrypsin-inhibiting depsipeptide, was isolated from a cyanobacterial assemblage that mostly consisted of Lyngbya sp. Its structure was elucidated by spectroscopic analyses and chiral HPLC analyses of hydrolysis products. Maedamide selectively inhibited chymotrypsin but not elastase and trypsin. In addition, Maedamide strongly inhibited the growth of HeLa cells and HL60 cells. © 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.</p>

  • An inhibitor of the adipogenic differentiation of 3T3-L1 cells, yoshinone A, and its analogs, isolated from the marine cyanobacterium Leptolyngbya sp.

    Inuzuka Toshiyasu, Yamamoto Keita, Iwasaki Arihiro, Ohno Osamu, Suenaga Kiyotake, Kawazoe Yoshinori, Uemura Daisuke

    Tetrahedron Letters 55 ( 49 ) 6711 - 6714 2014年12月

    ISSN  0040-4039

     概要を見る

    <p>Three novel compounds, yoshinones A, B1, and B2, were isolated from the marine cyanobacterium Leptolyngbya sp., and their structures were elucidated by NMR spectral analysis. Yoshinone A, but not yoshinone B1 or B2, inhibited the differentiation of 3T3-L1 cells into adipocytes. In addition, yoshinone A did not exhibit cytotoxicity, suggesting that yoshinone A may be useful in studies on the treatment of obesity.</p>

  • Kurahyne, an acetylene-containing lipopeptide from a marine cyanobacterial assemblage of Lyngbya sp.

    Iwasaki Arihiro, Ohno Osamu, Sumimoto Shinpei, Suda Shoichiro, Suenaga Kiyotake

    RSC Advances 4 ( 25 ) 12840 - 12843 2014年

     概要を見る

    <p>Kurahyne, a new acetylene-containing lipopeptide, was isolated from a cyanobacterial assemblage that mostly consisted of Lyngbya sp. Its structure was elucidated by spectroscopic analyses and chiral HPLC analyses of hydrolysis products. Kurahyne inhibited the growth of human cancer cells and induced apoptosis in HeLa cells, and it seemed to localize in mitochondria. This journal is © the Partner Organisations 2014.</p>

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 海洋シアノバクテリア由来の新規ポリケチド caldorin の単離と構造

    日本化学会第98春季年会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • 海洋産リポペプチドMinnamide Aの合成研究と立体化学の決定

    日本化学会第98春季年会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • 新規チアゾール含有ポリケチドtomurulineの合成研究

    岩﨑 有紘

    日本化学会第98春季年会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • 海洋リポペプチドJahanyne類の構造活性相関とビオチンプローブの合成

    日本化学会第98春季年会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • 海洋生物由来のリポポリサッカライド(LPS)の機能を阻害する化合物の探索

    日本化学会第98春季年会, 2018年03月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 海洋天然物由来の抗寄生虫薬リードの創出

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 岩崎 有紘, 若手研究, 補助金,  代表

  • 小胞体ストレス誘導剤クラハインの活性発現メカニズムの解明

    2015年08月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 岩崎 有紘, 研究活動スタート支援, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    海洋天然物クラハインは、破骨細胞分化阻害活性と小胞体膜上のカルシウムイオンポンプ(SERCA)阻害活性を有する鎖状リポペプチドである。本化合物の示す生物活性の作用機序解明を目的として研究を行った。
    結果として、以下のことが明らかとなった。
    ①クラハインによる破骨細胞分化阻害活性に、プロヒビチン-1および-2が関与している可能性が示唆された。②クラハインのSERCA結合部位として、全アミノ酸配列(およそ1000残基)中、特定の14残基のいずれかが関与する可能性が示唆された。③クラハイン類似海洋天然物2種を発見し、それらの構造を解明し、全合成を達成した。また、構造活性相関に関する知見を得た。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 化学療法基盤支援活動第3回シンポジウム 優秀ポスター賞

    岩崎有紘, 2014年05月, 文部科学省 科研費・がん支援 化学療法基盤支援活動班, 海洋シアノバクテリア由来新規小胞体ストレス誘導剤kurahyneの単離と機能解析

  • 新規素材探索研究会 第13回セミナー 最優秀ポスター賞

    岩崎有紘, 2014年06月, 新規素材探索研究会, 海洋シアノバクテリア由来新規小胞体ストレス誘導剤kurahyneの単離と機能解析

  • 日本化学会第95春季年会 学生講演賞

    岩崎有紘, 2015年03月, 日本化学会, 海洋微細藻類由来新規リポペプチドの構造および生物活性

  • 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」第7回若手研究者ワークショップ 優秀講演賞

    2015年06月, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」, 藍藻由来新規アポトーシス誘導剤、クラハインの構造と作用機序解明

  • 日本ケミカルバイオロジー学会 第10回年会 ポスター賞

    2015年06月, 日本ケミカルバイオロジー学会, 海洋生物由来新規生物活性物質の構造と生物活性

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自然科学実験

    2019年度

  • 化学実験第2

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自然科学実験

    慶應義塾, 2017年度

  • 化学実験第2

    慶應義塾, 2015年度

  • 自然科学実験

    慶應義塾, 2015年度

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

     
  • 日本ケミカルバイオロジー学会

     
  • 毒素シンポジウム

     
  • 有機合成化学協会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    2015年09月

    第57回天然有機化合物討論会実行委員, 第57回天然有機化合物討論会実行委員会

  • 2015年12月
    -
    2016年05月

    第4回慶應有機化学若手シンポジウム実行委員, 慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会

  • 2016年05月
    -
    2017年03月

    会場・総務小委員会委員, 日本化学会・第97春季年会

  • 2016年12月
    -
    2017年05月

    第5回慶應有機化学若手シンポジウム実行委員, 慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会

  • 2016年08月
    -
    2017年07月

    第52回天然物談話会実行委員, 第52回天然物談話会実行委員会

全件表示 >>