岩崎 有紘 (イワサキ アリヒロ)

Iwasaki, Arihiro

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 化学科 (矢上)

職名

専任講師

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    2013年03月

    リアル化学株式会社, 開発部開発課

  • 2009年
    -
    2013年03月

    リアル化学株式会社, 開発部開発課

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学大学院, 理工学研究科, 助教(有期・研究奨励)

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学大学院, 理工学研究科, 助教(有期・研究奨励)

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 理工学部化学科, 助教(有期)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾高等学校

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 化学科

    大学, 卒業, その他

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 化学科

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 基礎理工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 基礎理工学専攻

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 慶應義塾大学, 課程, 2016年03月

    海洋シアノバクテリア由来ペプチド性化合物の構造と生物活性

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 海洋天然物化学

  • 海洋天然物化学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Marine Natural Products, Topics in Heterocyclic Chemistry Vol. 58

    Kiyotake Suenaga, Arihiro Iwasaki, Reda A. Abdelhamid, Nicole E. Avalon, Bill J. Baker, Erick M. Carreira, Sarah Dietrick, Darren J. Dixon, Ahmed H, H. El-Desoky, Masaru Enomoto, James R. Frost, Haruhiko Fuwa, Kristin Herrera, Yasuhiro Igarashi, Jun Ishihara, Hayate Ishizuka, Pavol Jakubec, Carlos Jiménez, Hiromasa Kiyota, Sofia Kokkaliari, Hiroyuki Konno, Masaki Kuse, Shigefumi Kuwahara, Steven V. Ley, Kazuo Nagasawa, Kentaro Okano, Ryuichi Sakai, Philipp Sondermann, Tomoya Sugai, Sachiko Tsukamoto, Robert A. Uria, Toshiyuki Wakimoto, Joshua Welsch, Bingjie Yang, Ryan M. Young, Springer, 2021年,  ページ数: viii, 517 p.

    担当範囲: Bioactive Substances from Marine Cyanobacteria

論文 【 表示 / 非表示

  • 20-N-methylpurpuramine E

    Teruya Toshiaki, Iwasaki Arihiro, Suenaga Kiyotake

    Bulletin of the Chemical Society of Japan (CHEMICAL SOC JAPAN)  81 ( 8 ) 1026 - 1027 2008年08月

    共著, 査読有り,  ISSN  0009-2673

     概要を見る

    A new bromotyrosine-derived metabolite. 20-N-methylpurpuramine E (1), was isolated from the marine sponge Pseudoceratina purpurea. The structure was elucidated by spectroscopic analysis. 20-N-Methylpurpuramine E (1) showed weak cytotoxicity against HeLa S-3 Cells.

  • Isolation and structure of koshikalide, a 14-membered macrolide from the marine cyanobacterium Lyngbya sp.

    Iwasaki Arihiro, Teruya Toshiaki, Suenaga Kiyotake

    Tetrahedron Letters (PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD)  51 ( 6 ) 959 - 960 2010年02月

    共著, 査読有り,  ISSN  0040-4039

     概要を見る

    <p>A 14-membered macrolide, koshikalide (1), was isolated from the marine cyanobacterium Lyngbya sp., and its planar structure was elucidated by spectroscopic analysis. The relative stereochemistry of C-11 and C-13 was elucidated by NOESY experiments and by an analysis of 1H-1H coupling constants. Koshikalide (1) exhibited weak cytotoxicity against HeLa S3 cells. © 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.</p>

  • Maedamide, a novel chymotrypsin inhibitor from a marine cyanobacterial assemblage of Lyngbya sp.

    Iwasaki Arihiro, Ohno Osamu, Sumimoto Shinpei, Suda Shoichiro, Suenaga Kiyotake

    Tetrahedron Letters (PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD)  55 ( 30 ) 4126 - 4128 2014年07月

    共著, 査読有り,  ISSN  0040-4039

     概要を見る

    <p>Maedamide, a novel chymotrypsin-inhibiting depsipeptide, was isolated from a cyanobacterial assemblage that mostly consisted of Lyngbya sp. Its structure was elucidated by spectroscopic analyses and chiral HPLC analyses of hydrolysis products. Maedamide selectively inhibited chymotrypsin but not elastase and trypsin. In addition, Maedamide strongly inhibited the growth of HeLa cells and HL60 cells. © 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.</p>

  • An inhibitor of the adipogenic differentiation of 3T3-L1 cells, yoshinone A, and its analogs, isolated from the marine cyanobacterium Leptolyngbya sp.

    Inuzuka Toshiyasu, Yamamoto Keita, Iwasaki Arihiro, Ohno Osamu, Suenaga Kiyotake, Kawazoe Yoshinori, Uemura Daisuke

    Tetrahedron Letters (PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD)  55 ( 49 ) 6711 - 6714 2014年12月

    共著, 査読有り,  ISSN  0040-4039

     概要を見る

    <p>Three novel compounds, yoshinones A, B1, and B2, were isolated from the marine cyanobacterium Leptolyngbya sp., and their structures were elucidated by NMR spectral analysis. Yoshinone A, but not yoshinone B1 or B2, inhibited the differentiation of 3T3-L1 cells into adipocytes. In addition, yoshinone A did not exhibit cytotoxicity, suggesting that yoshinone A may be useful in studies on the treatment of obesity.</p>

  • Kurahyne, an acetylene-containing lipopeptide from a marine cyanobacterial assemblage of Lyngbya sp.

    Iwasaki Arihiro, Ohno Osamu, Sumimoto Shinpei, Suda Shoichiro, Suenaga Kiyotake

    RSC Advances (ROYAL SOC CHEMISTRY)  4 ( 25 ) 12840 - 12843 2014年

    共著, 査読有り,  ISSN  2046-2069

     概要を見る

    <p>Kurahyne, a new acetylene-containing lipopeptide, was isolated from a cyanobacterial assemblage that mostly consisted of Lyngbya sp. Its structure was elucidated by spectroscopic analyses and chiral HPLC analyses of hydrolysis products. Kurahyne inhibited the growth of human cancer cells and induced apoptosis in HeLa cells, and it seemed to localize in mitochondria. This journal is © the Partner Organisations 2014.</p>

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 海洋シアノバクテリア由来の新規ポリケチド caldorin の単離と構造

    日本化学会第98春季年会, 

    2018年03月

    口頭発表(一般)

  • 海洋産リポペプチドMinnamide Aの合成研究と立体化学の決定

    日本化学会第98春季年会, 

    2018年03月

    口頭発表(一般)

  • 新規チアゾール含有ポリケチドtomurulineの合成研究

    岩﨑 有紘

    日本化学会第98春季年会, 

    2018年03月

    口頭発表(一般)

  • 海洋リポペプチドJahanyne類の構造活性相関とビオチンプローブの合成

    日本化学会第98春季年会, 

    2018年03月

    口頭発表(一般)

  • 海洋生物由来のリポポリサッカライド(LPS)の機能を阻害する化合物の探索

    日本化学会第98春季年会, 

    2018年03月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ビッグデータと人工知能を活用した熱帯病治療薬候補物質の探索

    2022年04月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 学事振興資金 部門横断型, 岩﨑有紘, 植草義徳, 研究代表者

  • 難培養性シアノバクテリア由来新規天然有機化合物の探索・合成展開による創薬基盤構築

    2021年10月
    -
    2025年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 吉田 将人, 岩﨑有紘, 植草義徳, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 研究分担者

  • 温泉藻のもつ有用天然物の網羅的探索

    2021年10月
    -
    2022年09月

    戸部眞紀財団, 研究助成, 岩﨑有紘、植草義徳, 研究代表者

  • 海洋生物がもつ末端アルキン天然物のケミカルスペースの開拓

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 岩崎 有紘, 若手研究, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    末端アルキンは、自然界において希少な官能基であり、これまでに知られている末端アルキンをもつ天然物の数は限られている。本研究の目的は、海洋生物の抽出物に対し、官能基特異的な物質精製法(直接的アルキン濃縮法)を駆使し、末端アルキン海洋天然物の網羅的な探索を行い、新たなケミカルスペースを開拓することである。さらに開拓した天然物群を基盤として、ケミカルバイオロジー分野へと研究を展開する。

  • ディープラーニングと革新的NMR手法を組み合わせた次世代型天然物探索法の開発

    2019年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾大学, 若手研究者育成ものづくり特別事業「若手研究者の海外共同研究の推進」, 岩﨑有紘, 研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 化学療法基盤支援活動第3回シンポジウム 優秀ポスター賞

    岩崎有紘, 2014年05月, 文部科学省 科研費・がん支援 化学療法基盤支援活動班, 海洋シアノバクテリア由来新規小胞体ストレス誘導剤kurahyneの単離と機能解析

  • 新規素材探索研究会 第13回セミナー 最優秀ポスター賞

    岩崎有紘, 2014年06月, 新規素材探索研究会, 海洋シアノバクテリア由来新規小胞体ストレス誘導剤kurahyneの単離と機能解析

  • 日本化学会第95春季年会 学生講演賞

    岩崎有紘, 2015年03月, 日本化学会, 海洋微細藻類由来新規リポペプチドの構造および生物活性

  • 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」第7回若手研究者ワークショップ 優秀講演賞

    2015年06月, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」, 藍藻由来新規アポトーシス誘導剤、クラハインの構造と作用機序解明

  • 日本ケミカルバイオロジー学会 第10回年会 ポスター賞

    2015年06月, 日本ケミカルバイオロジー学会, 海洋生物由来新規生物活性物質の構造と生物活性

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 化学輪講

    2022年度

  • 自然科学実験

    2022年度

  • 化学実験第2

    2022年度

  • 卒業研究

    2022年度

  • 自然科学実験

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自然科学実験

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

  • 化学実験第2

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 自然科学実験

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

 

メディア報道 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

     
  • 日本ケミカルバイオロジー学会

     
  • 毒素シンポジウム

     
  • 有機合成化学協会

     
  • 日本菌学会, 

    2022年07月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    2015年09月

    第57回天然有機化合物討論会実行委員, 第57回天然有機化合物討論会実行委員会

  • 2015年12月
    -
    2016年05月

    第4回慶應有機化学若手シンポジウム実行委員, 慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会

  • 2016年05月
    -
    2017年03月

    会場・総務小委員会委員, 日本化学会・第97春季年会

  • 2016年12月
    -
    2017年05月

    第5回慶應有機化学若手シンポジウム実行委員, 慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会

  • 2016年08月
    -
    2017年07月

    第52回天然物談話会実行委員, 第52回天然物談話会実行委員会

全件表示 >>