山本 直希 (ヤマモト ナオキ)

Yamamoto, Naoki

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理学科 (矢上)

職名

准教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    ワシントン大学, 原子核理論研究所, 日本学術振興会 海外特別研究員

  • 2012年04月
    -
    2013年08月

    京都大学, 基礎物理学研究所, 日本学術振興会 特別研究員 (PD)

  • 2013年09月
    -
    2014年03月

    メリーランド大学, メリーランド基礎物理学センター, 博士研究員

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 理工学部物理学科, 専任講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    東京大学, 理学部, 物理学科

    大学, 卒業

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 物理学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 物理学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 東京大学, 課程, 2010年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Dipole symmetries from the topology of the phase space and the constraints on the low-energy spectrum

    Tomáš Brauner, Naoki Yamamoto, Ryo Yokokura

    SciPost Physics 16 ( 2 ) 051:1 - 051:32 2024年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Chiral asteroseismology: seismic oscillations caused by chiral transport in neutron stars and supernovae

    Sota Hanai, Naoki Yamamoto

    Journal of Cosmology and Astroparticle Physics 10 ( 018 ) 1 - 25 2023年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    We study the novel asteroseismology of the chiral magnetic wave (CMW) of the quark number density in relativistic quark matter inside neutron stars and core-collapse supernovae and the chiral vortical wave (CVW) of the neutrino number density in relativistic neutrino matter at the core of supernovae. We call the oscillation modes for these chiral waves the chiral magnetic mode (CM-mode) and chiral vortical mode (CV-mode), respectively. We derive the dispersion relations of these new modes in the presence of the chirality flipping due to the finite quark mass and diffusion. We then estimate the possible frequencies of these modes and amplitudes of the resulting gravitational waves. In particular, since the CM-mode can exist only in quark matter with nearly gapless quarks (such as the two-flavor color superconductivity) for a sufficiently strong magnetic field, corresponding gravitational waves provide a new possible probe for such quark matter and the magnetic field in neutron stars.

  • Generalized chiral instabilities, linking numbers, and non-invertible symmetries

    Naoki Yamamoto, Ryo Yokokura

    Journal of High Energy Physics 07 ( 45 ) 1 - 29 2023年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    We demonstrate a universal mechanism of a class of instabilities in infrared regions for massless Abelian p-form gauge theories with topological interactions, which we call generalized chiral instabilities. Such instabilities occur in the presence of initial electric fields for the p-form gauge fields. We show that the dynamically generated magnetic fields tend to decrease the initial electric fields and result in configurations with linking numbers, which can be characterized by non-invertible global symmetries. The so-called chiral plasma instability and instabilities of the axion electrodynamics and (4+1)-dimensional Maxwell-Chern-Simons theory in electric fields can be described by the generalized chiral instabilities in a unified manner. We also illustrate this mechanism in the (2+1)-dimensional Goldstone-Maxwell model in electric field.

  • Effective Chiral Magnetic Effect from Neutrino Radiation

    Naoki Yamamoto, Di-Lun Yang

    Physical Review Letters 131 ( 1 ) 012701(1-6) 2023年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00319007

     概要を見る

    We develop an approach to chiral kinetic theories for electrons close to equilibrium and neutrinos away from equilibrium based on a systematic power counting scheme for different timescales of electromagnetic and weak interactions. Under this framework, we derive electric and energy currents along magnetic fields induced by neutrino radiation in general nonequilibrium states. This may be regarded as an effective chiral magnetic effect (CME), which is present without a chiral chemical potential, unlike the conventional CME. We also consider the so-called gain region of core-collapse supernovae as an example and find that the effective CME enhanced by persistent neutrino emission in time is sufficiently large to lead to the inverse cascade of magnetic and fluid kinetic energies and observed magnitudes of pulsar kicks. Our framework may also be applicable to other dense-matter systems involving nonequilibrium neutrinos.

  • Chiral effects in astrophysics and cosmology

    Kohei Kamada, Naoki Yamamoto, Di-Lun Yang

    Progress in Particle and Nuclear Physics 129   104016 2023年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  01466410

     概要を見る

    The microscopic quantum nature of elementary particles, chirality, leads to macroscopic phenomena like the chiral anomaly, chiral magnetic effect, and chiral plasma instability. We review recent progress of the studies of these chiral effects in high-energy astrophysics, such as pulsar kicks, magnetars, and core-collapse supernovae, and early Universe cosmology, such as the primordial magnetic field, baryogenesis, and chiral gravitational waves. We also provide a pedagogical introduction to the chiral effects and low-energy effective theories to describe them in and out of equilibrium—the chiral (magneto)hydrodynamics, chiral kinetic theory, and chiral radiation transport theory for neutrinos.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Crossover Between Quark Nuclear Matter and Condensed-Matter Physics

    Tomáš Brauner, Naoki Yamamoto

    Handbook of Nuclear Physics (Springer)     1 - 25 2022年07月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • カイラリティと宇宙

    山本 直希

    数理科学(特集:カイラリティとは何か) 59 ( 3 ) 45 - 51 2021年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • トポロジカル輸送現象入門

    山本 直希

    原子核研究 64   22 - 29 2020年02月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • カイラル輸送現象

    山本 直希

    原子核研究 63 ( 2 ) 72 - 73 2019年03月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • 相対論的流体力学

    山本 直希

    数理科学(特集:相対論的思考法のすすめ) 55 ( 8 ) 36 - 42 2017年08月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 素粒子論に基づく超新星のカイラル輻射流体力学の構築

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山本 直希, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • カイラル輸送現象による超新星爆発・初期宇宙の新物理

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山本 直希, 若手研究(B), 補助金,  研究代表者

Works 【 表示 / 非表示

  • 他大学セミナー講演(東北大学 原子核理論研究室)

    山本 直希

    東北大学, 

    2023年11月

    その他, 単独

     発表内容を見る

    弱い力のパリティの破れと超新星

  • 他大学セミナー招待講演(東京工業大学 宇宙論研究室)

    山本 直希

    東京工業大学, 

    2022年07月

    その他

     発表内容を見る

    Gravitational Spin Hall Effect

  • 他研究所セミナー招待講演(高エネルギー加速器研究機構)

    山本 直希

    オンライン, 

    2020年07月

    その他

     発表内容を見る

    Magnetic monopoles and fermion number violation in chiral matter

  • 他研究所セミナー招待講演(高エネルギー加速器研究機構)

    山本 直希

    高エネルギー加速器研究機構, 

    2019年06月

    その他

     発表内容を見る

    Chiral Soliton Lattice in QCD

  • 他大学セミナー招待講演(早稲田大学 天体物理学研究室)

    早稲田大学 天体物理学研究室, 

    2018年07月

    その他

     発表内容を見る

    Chirality and Astrophysics

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • クォーク・ハドロン物理学

    2023年度

  • 量子力学第3

    2023年度

  • 原子核物理学

    2023年度

  • 論文講読発表

    2023年度

  • 基礎理工学課題研究

    2023年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会, 

    2006年09月
    -
    継続中