山本 直希 (ヤマモト ナオキ)

Yamamoto, Naoki

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理学科 (矢上)

職名

准教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    ワシントン大学, 原子核理論研究所, 日本学術振興会 海外特別研究員

  • 2012年04月
    -
    2013年08月

    京都大学, 基礎物理学研究所, 日本学術振興会 特別研究員 (PD)

  • 2013年09月
    -
    2014年03月

    メリーランド大学, メリーランド基礎物理学センター, 博士研究員

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 理工学部物理学科, 専任講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    東京大学, 理学部, 物理学科

    大学, 卒業

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 物理学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 物理学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 東京大学, 課程, 2010年03月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Helical magnetic effect and the chiral anomaly

    Naoki Yamamoto, Di-Lun Yang

    Physical Review D 103   125003(1-7) 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Wigner functions and quantum kinetic theory of polarized photons

    Koichi Hattori, Yoshimasa Hidaka, Naoki Yamamoto, Di-Lun Yang

    Journal of High Energy Physics 02 ( 1 ) 1 - 26 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2021, The Author(s). We derive the Wigner functions of polarized photons in the Coulomb gauge with the ħ expansion applied to quantum field theory, and identify side-jump effects for massless photons. We also discuss the photonic chiral vortical effect for the Chern-Simons current and zilch vortical effect for the zilch current in local thermal equilibrium as a consistency check for our formalism. The results are found to be in agreement with those obtained from different approaches. Moreover, using the real-time formalism, we construct the quantum kinetic theory (QKT) for polarized photons. By further adopting a specific power counting scheme for the distribution functions, we provide a more succinct form of an effective QKT. This photonic QKT involves quantum corrections associated with self-energy gradients in the collision term, which are analogous to the side-jump corrections pertinent to spin-orbit interactions in the chiral kinetic theory for massless fermions. The same theoretical framework can also be directly applied to weakly coupled gluons in the absence of background color fields.

  • Topological term, QCD anomaly, and the η′ chiral soliton lattice in rotating baryonic matter

    Kentaro Nishimura, Naoki Yamamoto

    Journal of High Energy Physics 07 ( 196 ) 1 - 23 2020年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  11266708

     概要を見る

    We study the ground states of low-density hadronic matter and high-density color-flavor locked color superconducting phase in three-flavor QCD at finite baryon chemical potential under rotation. We find that, in both cases under sufficiently fast rotation, the combination of the rotation-induced topological term for the η′ meson and the QCD anomaly leads to an inhomogeneous condensate of the η′ meson, known as the chiral soliton lattice (CSL). We find that, when baryon chemical potential is much larger than isospin chemical potential, the critical angular velocity for the realization of the η′ CSL is much smaller than that for the π CSL found previously. We also argue that the η′ CSL states in flavor-symmetric QCD at low density and high density should be continuously connected, extending the quark-hadron continuity conjecture in the presence of the rotation. 0

  • Chiral Radiation Transport Theory of Neutrinos

    Naoki Yamamoto, Di-Lun Yang

    Astrophysical Journal 895 ( 1 ) 1 - 16 2020年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0004637X

     概要を見る

    We construct the chiral radiation transport equation for left-handed neutrinos in the context of radiation hydrodynamics for core-collapse supernovae. Based on the chiral kinetic theory incorporating quantum corrections due to the chirality of fermions, we derive a general relativistic form of the chiral transfer equation with collisions. We show that such quantum corrections explicitly break the spherical symmetry and axisymmetry of the system. In the inertial frame, in particular, we find that the so-called side jump leads to quantum corrections in the collisions between neutrinos and matter. We also derive analytic forms of such corrections in the emission and absorption rates for the neutrino absorption process. These corrections result in the generation of kinetic helicity and cross helicity of matter, which should then modify the subsequent evolution of matter. This theoretical framework can be applied to investigate the impacts of the chirality of neutrinos on the evolution of core-collapse supernovae.

  • Functional renormalization group approach to color superconducting phase transition

    Gergely Fejős, Naoki Yamamoto

    Journal of High Energy Physics 12 ( 69 )  2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  11266708

     概要を見る

    We investigate the order of the color superconducting phase transition using the functional renormalization group approach. We analyze the Ginzburg-Landau effective theory of color superconductivity and more generic scalar SU(N ) gauge theories by calculating the β function of the gauge coupling in arbitrary dimension d based on two different regularization schemes. We find that in d = 3, due to gluon fluctuation effects, the β function never admits an infrared fixed point solution. This indicates that, unlike the ordinary superconducting transition, color superconductivity can only show a first-order phase transition. c

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • カイラリティと宇宙

    山本 直希

    数理科学(特集:カイラリティとは何か) 59 ( 3 ) 45 - 51 2021年03月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • トポロジカル輸送現象入門

    山本 直希

    原子核研究 64   22 - 29 2020年02月

    総説・解説(学術雑誌)

  • カイラル輸送現象

    山本 直希

    原子核研究 63 ( 2 ) 72 - 73 2019年03月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 相対論的流体力学

    山本 直希

    数理科学(特集:相対論的思考法のすすめ) 55 ( 8 ) 36 - 42 2017年08月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ニュートリノのカイラル輻射輸送理論

    山本 直希, Di-Lun Yang

    日本物理学会第76回年次大会 (オンライン) , 2021年03月, 口頭(一般)

  • QCD chiral soliton lattice and nonrelativistic photons

    Naoki Yamamoto

    Topological Phases of Matter: From Low to High Energy (Online) , 2021年03月, 口頭(招待・特別),  Institute for Nuclear Theory

  • Applications of chiral kinetic theory

    Naoki Yamamoto

    Extreme Nonequilibrium QCD (Online) , 2020年10月, 口頭(招待・特別)

  • Chiral transport and turbulence in supernovae

    Naoki Yamamoto

    Chirality and Criticality: Novel Phenomena in Heavy-Ion Collisions (Online) , 2020年05月, 口頭(招待・特別),  Institute for Nuclear Theory

  • 高エネルギー物理学におけるカイラル現象

    山本 直希

    山田研究会「動的過程における右と左」 (アルカディア市ヶ谷) , 2020年02月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 素粒子論に基づく超新星のカイラル輻射流体力学の構築

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山本 直希, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • カイラル輸送現象による超新星爆発・初期宇宙の新物理

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山本 直希, 若手研究(B), 補助金,  代表

Works 【 表示 / 非表示

  • 他研究所セミナー招待講演(高エネルギー加速器研究機構)

    山本 直希

    オンライン, 

    2020年07月

    その他

     発表内容を見る

    Magnetic monopoles and fermion number violation in chiral matter

  • 他研究所セミナー招待講演(高エネルギー加速器研究機構)

    山本 直希

    高エネルギー加速器研究機構, 

    2019年06月

    その他

     発表内容を見る

    Chiral Soliton Lattice in QCD

  • 他大学セミナー招待講演(早稲田大学 天体物理学研究室)

    早稲田大学 天体物理学研究室, 

    2018年07月

    その他

     発表内容を見る

    Chirality and Astrophysics

  • 他大学セミナー招待講演(東京大学 駒場キャンパス 素粒子論研究室)

    東京大学 駒場キャンパス 素粒子論研究室, 

    2017年12月

    その他

     発表内容を見る

    カイラル輸送現象:ニュートリノから超新星爆発へ

  • 他研究所セミナー招待講演(高エネルギー加速器研究機構)

    山本 直希

    高エネルギー加速器研究機構, 

    2017年12月

    その他

     発表内容を見る

    Chirality, Topology, and Astrophysics

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第28回 井上研究奨励賞

    2012年02月, 井上科学振興財団

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 2009年度 東京大学 大学院理学系研究科 研究奨励賞(博士)

    2010年03月, 東京大学 大学院理学系研究科

    受賞区分: その他の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • クォーク・ハドロン物理学

    2021年度

  • 量子力学第3

    2021年度

  • 原子核物理学

    2021年度

  • 論文講読発表

    2021年度

  • 基礎理工学課題研究

    2021年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会, 

    2006年09月
    -
    継続中