山本 直希 (ヤマモト ナオキ)

Yamamoto, Naoki

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理学科 (矢上)

職名

准教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    ワシントン大学, 原子核理論研究所, 日本学術振興会 海外特別研究員

  • 2012年04月
    -
    2013年08月

    京都大学, 基礎物理学研究所, 日本学術振興会 特別研究員 (PD)

  • 2013年09月
    -
    2014年03月

    メリーランド大学, メリーランド基礎物理学センター, 博士研究員

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 理工学部物理学科, 専任講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    東京大学, 理学部, 物理学科

    大学, 卒業

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 物理学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    東京大学, 大学院理学系研究科, 物理学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 東京大学, 課程, 2010年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Chiral plasma instability and inverse cascade from nonequilibrium left-handed neutrinos in core-collapse supernovae

    Jin Matsumoto, Naoki Yamamoto, Di-Lun Yang

    Physical Review D 105   123029(1-7) 2022年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Photonic spin Hall effect from quantum kinetic theory in curved spacetime

    Kazuya Mameda, Naoki Yamamoto, Di-Lun Yang

    Physical Review D 105   096019(1-9) 2022年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Magnetic field induced neutrino chiral transport near equilibrium

    Naoki Yamamoto, Di-Lun Yang

    Physical Review D 104 ( 12 ) 123019(1-15) 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  24700010

     概要を見る

    Based on the recently formulated chiral radiation transport theory for left-handed neutrinos, we study the chiral transport of neutrinos near thermal equilibrium in core-collapse supernovae. We first compute the near-equilibrium solution of the chiral radiation transport equation under the relaxation time approximation, where the relaxation time is directly derived from the effective field theory of the weak interaction. By using such a solution, we systematically derive analytic expressions for the nonequilibrium corrections of the neutrino energy-momentum tensor and neutrino number current induced by magnetic fields via the neutrino absorption on nucleons. In particular, we find the nonequilibrium neutrino energy current proportional to the magnetic field. We also discuss its phenomenological consequences such as the possible relation to pulsar kicks.

  • Chiral soliton lattice phase in warm QCD

    Tomáš Brauner, Helena Kolešová, Naoki Yamamoto

    Physics Letters B 823 ( 10 ) 136767(1-7) 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  03702693

     概要を見る

    We analyze the phase diagram of quantum chromodynamics at low-to-moderate temperature, baryon chemical potential and external magnetic field within chiral perturbation theory at next-to-leading order of the derivative expansion. Our main result is that the anomaly-induced chiral soliton lattice (CSL) phase is stabilized by thermal fluctuations. As a consequence, the CSL state may survive up to temperatures at which chiral symmetry is restored.

  • Floquet vacuum engineering: Laser-driven chiral soliton lattice in the QCD vacuum

    Akihiro Yamada, Naoki Yamamoto

    Physical Review D 104 ( 5 ) 054041(1-7) 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  24700010

     概要を見る

    What happens to the QCD vacuum when a time-periodic circularly polarized laser field with a sufficiently large intensity and frequency is applied? Based on the Floquet formalism for periodically driven systems and the systematic low-energy effective theory of QCD, we show that for a sufficiently large frequency and above a critical intensity, the QCD vacuum is unstable against the chiral soliton lattice of pions; a crystalline structure of topological solitons that spontaneously breaks parity and continuous translational symmetries. Our work would pave the way for novel “Floquet vacuum engineering.”

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • カイラリティと宇宙

    山本 直希

    数理科学(特集:カイラリティとは何か) 59 ( 3 ) 45 - 51 2021年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • トポロジカル輸送現象入門

    山本 直希

    原子核研究 64   22 - 29 2020年02月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • カイラル輸送現象

    山本 直希

    原子核研究 63 ( 2 ) 72 - 73 2019年03月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • 相対論的流体力学

    山本 直希

    数理科学(特集:相対論的思考法のすすめ) 55 ( 8 ) 36 - 42 2017年08月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 素粒子論に基づく超新星のカイラル輻射流体力学の構築

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山本 直希, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • カイラル輸送現象による超新星爆発・初期宇宙の新物理

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山本 直希, 若手研究(B), 補助金,  研究代表者

Works 【 表示 / 非表示

  • 他大学セミナー招待講演(東京工業大学 宇宙論研究室)

    山本 直希

    東京工業大学, 

    2022年07月

    その他

     発表内容を見る

    Gravitational Spin Hall Effect

  • 他研究所セミナー招待講演(高エネルギー加速器研究機構)

    山本 直希

    オンライン, 

    2020年07月

    その他

     発表内容を見る

    Magnetic monopoles and fermion number violation in chiral matter

  • 他研究所セミナー招待講演(高エネルギー加速器研究機構)

    山本 直希

    高エネルギー加速器研究機構, 

    2019年06月

    その他

     発表内容を見る

    Chiral Soliton Lattice in QCD

  • 他大学セミナー招待講演(早稲田大学 天体物理学研究室)

    早稲田大学 天体物理学研究室, 

    2018年07月

    その他

     発表内容を見る

    Chirality and Astrophysics

  • 他大学セミナー招待講演(東京大学 駒場キャンパス 素粒子論研究室)

    東京大学 駒場キャンパス 素粒子論研究室, 

    2017年12月

    その他

     発表内容を見る

    カイラル輸送現象:ニュートリノから超新星爆発へ

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第28回 井上研究奨励賞

    2012年02月, 井上科学振興財団

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 2009年度 東京大学 大学院理学系研究科 研究奨励賞(博士)

    2010年03月, 東京大学 大学院理学系研究科

    受賞区分: その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 量子力学第3

    2022年度

  • 原子核物理学

    2022年度

  • 論文講読発表

    2022年度

  • 総合教育セミナーⅡ

    2022年度

  • 基礎理工学課題研究

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会, 

    2006年09月
    -
    継続中