中迫 雅由 (ナカサコ マサヨシ)

Nakasako, Masayoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理学科 (矢上)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1993年12月

    東京大学 薬学部 薬品物理分析研究室 助手

  • 1994年01月
    -
    1997年05月

    理化学研究所 生物物理研究室 研究員

  • 1996年04月
    -
    1997年03月

    東京大学 分子細胞生物学研究所 蛋白質解析分野 非常勤講師

  • 1996年10月
    -
    1999年09月

    科学技術振興事業団さきがけ研究21場と反応領域 兼務研究員

  • 1997年06月
    -
    2001年03月

    理化学研究所 和光研究所 協力研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年03月

    静岡大学, 理学部, 物理学科

    大学, 卒業

  • 1987年03月

    東北大学, 理学研究科, 物理学第二専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1990年03月

    東北大学, 理学研究科, 物理学第二専攻

    大学院, その他, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学, 東北大学, 1990年04月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    2006年度 理工学部RI取扱従事者教育訓練 講義資料

  • 2010年04月

    2010年度 理工学部RI取扱従事者教育訓練 講義資料

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 (X線ナノイメージング)

  • 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 (生体分子水和)

  • 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 (蛋白質結晶学)

  • 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 (生物物理学)

  • 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 (放射光)

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質水和構造解析

  • コヒーレントX線回折イメージング

  • 低温蛋白質結晶学

  • 非結晶粒子の構造解析

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質の水和構造, 

    1995年
    -
    継続中

  • X線自由電子レーザーのバイオサイエンス分野での利用技術開発, 

    2006年
    -
    継続中

  • 放射光X線利用研究, 

    1985年
    -
    継続中

  • 蛋白質の立体構造解析, 

    1991年
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • X-ray diffraction imaging of biological cells (Springer Ser. Optic. Sciences Vol.210)

    Nakasako Masayoshi, Springer Nature, 2018年05月

    担当範囲: all contents

  • 'Coherent X-ray diffraction imaging of Cyanidioschyzon merolae' in Cyanidioschyzon merolae: A New Model Eukaryote for Cell and Organelle Biology

    Yuki Sekiguchi, Amane Kobayashi, Yuki Takayama, Mao Oide, Asahi Fukuda, Takahiro Yamamoto, Koji Okajima, Tomotaka Oroguchi, Takeshi Hirakawa, Yayoi Inui, Sachihiro Matsunaga Masaki Yamamoto and Masayoshi Nakasako, Springer Nature, 2018年02月

    担当範囲: Chapter 10

  • タンパク質結晶の最前線

    松岳大輔、中迫雅由, 2013年12月

    担当範囲: 221-229

  • 標準免疫学 第三版

    中迫 雅由, 2013年03月

    担当範囲: 107-114

  • タンパク質科学-構造・物性・機能

    中迫雅由, 化学同人, 2005年10月

    担当範囲: 32-43

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Common architectures in cyanobacteria Prochlorococcus cells visualized by X-ray diffraction imaging using X-ray free-electron laser

    A. Kobayashi, Y. Takayama, T. Hirakawa, K. Okajima, M. Oide, T. Oroguchi, Y. Inui, M. Yamamoto, S. Matsunaga and M. Nakasako

    Scientific Reports (Springer-Nature)  in press   in press 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Red light‑induced structure changes in phytochrome A from Pisum sativum

    Mao Oide and Masayoshi Nakasako

    Scientific Reports (Springer-Nature)  11   2827(1) - 2827(11) 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Assessment of Force Field Accuracy Using Cryogenic Electron Microscopy Data of Hyper-thermostable Glutamate Dehydrogenase

    Oroguchi T., Oide M., Wakabayashi T., Nakasako M.

    Journal of Physical Chemistry B (Journal of Physical Chemistry B)  124 ( 39 ) 8479 - 8494 2020年10月

    ISSN  15206106

     概要を見る

    © 2020 American Chemical Society. Molecular dynamics (MD) simulations in biophysically relevant time scales of microseconds is a powerful tool for studying biomolecular processes, but results often display force field dependency. Therefore, assessment of force field accuracy using experimental data of biomolecules in solution is essential for simulation studies. Here, we propose the use of structural models obtained via cryo-electron microscopy (cryoEM), which provides biomolecular structures in vitreous ice mimicking the environment in solution. The accuracy of the AMBER (ff99SB-ILDN-NMR, ff14SB, ff15ipq, and ff15FB) and CHARMM (CHARMM22 and CHARMM36m) force fields was assessed by comparing their MD trajectories with the cryoEM data of thermostable hexameric glutamate dehydrogenase (GDH), which included a cryoEM map at a resolution of approximately 3 Å and structure models of subunits reflecting metastable conformations in domain motion occurring in GDH. In the assessment, we validated the force fields with respect to the reproducibility and stability of secondary structures and intersubunit interactions in the cryoEM data. Furthermore, we evaluated the force fields regarding the reproducibility of the energy landscape in the domain motion expected from the cryoEM data. As a result, among the six force fields, ff15FB and ff99SB-ILDN-NMR displayed good agreement with the experiment. The present study demonstrated the advantages of the high-resolution cryoEM map and suggested the optimal force field to reproduce experimentally observed protein structures.

  • Domain organization in plant blue-light receptor phototropin2 of arabidopsis thaliana studied by small-angle x-ray scattering

    Nakasako M., Oide M., Takayama Y., Oroguchi T., Okajima K.

    International Journal of Molecular Sciences (International Journal of Molecular Sciences)  21 ( 18 ) 6638(1) - 6638(21) 2020年09月

    ISSN  16616596

     概要を見る

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Phototropin2 (phot2) is a blue-light (BL) receptor protein that regulates the BL-dependent activities of plants for efficient photosynthesis. Phot2 is composed of two light-oxygen-voltage sensing domains (LOV1 and LOV2) to absorb BL, and a kinase domain. Photo-activated LOV domains, especially LOV2, play a major role in photo-dependent increase in the phosphorylation activity of the kinase domain. The atomic details of the overall structure of phot2 and the intramolecular mechanism to convert BL energy to a phosphorylation signal remain unknown. We performed structural studies on the LOV fragments LOV1, LOV2, LOV2-linker, and LOV2-kinase, and full-length phot2, using small-angle X-ray scattering (SAXS). The aim of the study was to understand structural changes under BL irradiation and discuss the molecular mechanism that enhance the phosphorylation activity under BL. SAXS is a suitable technique for visualizing molecular structures of proteins in solution at low resolution and is advantageous for monitoring their structural changes in the presence of external physical and/or chemical stimuli. Structural parameters and molecular models of the recombinant specimens were obtained from SAXS profiles in the dark, under BL irradiation, and after dark reversion. LOV1, LOV2, and LOV2-linker fragments displayed minimal structural changes. However, BL-induced rearrangements of functional domains were noted for LOV2-kinase and full-length phot2. Based on the molecular model together with the absorption measurements and biochemical assays, we discuss the intramolecular interactions and domain motions necessary for BL-enhanced phosphorylation activity of phot2.

  • Energy landscape of domain motion in glutamate dehydrogenase deduced from cryo-electron microscopy

    Oide M., Kato T., Oroguchi T., Nakasako M.

    FEBS Journal (FEBS Journal)  287 ( 16 ) 3472 - 3493 2020年08月

    ISSN  1742464X

     概要を見る

    © 2020 Federation of European Biochemical Societies Analysis of the conformational changes of protein is important to elucidate the mechanisms of protein motions correlating with their function. Here, we studied the spontaneous domain motion of unliganded glutamate dehydrogenase from Thermococcus profundus using cryo-electron microscopy and proposed a novel method to construct free-energy landscape of protein conformations. Each subunit of the homo-hexameric enzyme comprises nucleotide-binding domain (NAD domain) and hexamer-forming core domain. A large active-site cleft is situated between the two domains and varies from open to close according to the motion of a NAD domain. A three-dimensional map reconstructed from all cryo-electron microscopy images displayed disordered volumes of NAD domains, suggesting that NAD domains in the collected images adopted various conformations in domain motion. Focused classifications on NAD domain of subunits provided several maps of possible conformations in domain motion. To deduce what kinds of conformations appeared in EM images, we developed a novel analysis method that describe the EM maps as a linear combination of representative conformations appearing in a 200-ns molecular dynamics simulation as reference. The analysis enabled us to estimate the appearance frequencies of the representative conformations, which illustrated a free-energy landscape in domain motion. In the open/close domain motion, two free-energy basins hindered the direct transformation from open to closed state. Structure models constructed for representative EM maps in classifications demonstrated the correlation between the energy landscape and conformations in domain motion. Based on the results, the domain motion in glutamate dehydrogenase and the analysis method to visualize conformational changes and free-energy landscape were discussed. Database: The EM maps of the four conformations were deposited to Electron Microscopy Data Bank (EMDB) as accession codes EMD-9845 (open), EMD-9846 (half-open1), EMD-9847 (half-open2), and EMD-9848 (closed), respectively. In addition, the structural models built for the four conformations were deposited to the Protein Data Bank (PDB) as accession codes 6JN9 (open), 6JNA (half-open1), 6JNC (half-open2), and 6JND (closed), respectively.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • KOTOBUKI-1 apparatus for cryogenic X-ray diffraction imaging

    M. Nakasako, M. Yamamoto

    SPring-8 Research Frontiers 2014    128-129 2015年08月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要), 共著

  • Blue light-induced conformational chanes in Chlamydomonas phototropin

    K. Okajima M. Nakasako

    SPring-8 Research Frontiers 2014    32-33 2015年08月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要), 共著

  • Crystal Structure of LOV1 Domains in Arabidopsis Phototropin 1 and 2

    M. Nakasako & S. Tokutomi

    SPring-8 Research Frontiers 2008    32-33 2009年07月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • XFEL回折イメージングの空間分解能向上に向けた金ピラーパターニング試料基盤の開発

    高山裕貴、小林周、大出真央、山本隆寛、溝口陽太、岡島公司、苙口友隆、山本雅貴、中迫雅由、米倉功治

    第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム、, 2019年01月, ポスター(一般)

  • 細胞の低温コヒーレントX線回折イメージングトモグラフィー実験における計測手法の高度化

    小林周、高山裕貴、山本隆寛、朝倉健太、大出真央、大野哲、溝口陽太、岡島公司、苙口友隆、香村芳樹、山本雅貴、中迫雅由

    第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム、, 2019年01月, ポスター(一般)

  • 低温X線回折イメージング・トモグラフィーによる酵母細胞の三次元構造解析

    朝倉健太、小林周、高山裕貴、大出真央、岡島公司、山本隆寛、溝口陽太、大野哲、苙口友隆、香村芳樹、山本雅貴、中迫雅由

    第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム、, 2019年01月, ポスター(一般)

  • 酵母核内核酸分布の多様性と普遍性:XFEL-低温X線回折イメージングによる構造解析

    山本隆寛、小林周、大出真央、岡島公司、溝口陽太、高山裕貴、苙口友隆、山本雅貴、中迫雅由

    第32回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム、, 2019年01月, ポスター(一般)

  • 量子ビームを用いる細胞の空間階層イメージング(招待講演)

    中迫雅由

    平成30年度 東北大学多元物質科学研究所 附属先端計測開発センター講演会 第2回「計測とデータ科学の協奏」 (仙台) , 2018年10月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質機能を駆動する水和構造の時空間階層イメージング

    2017年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 中迫 雅由, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  代表

  • コヒーレントX線回折による酵母核内の核酸分布イメージング

    2016年04月
    -
    2017年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

  • 時間分解蛍光測定を軸とする蛋白質水和と機能発現の相関解析

    2016年04月
    -
    2017年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • SACLAにおける低温X線回折イメージング実験の展開と標準化

    2016年04月
    -
    2017年03月

    JSTキーテクノロジー, 受託研究,  代表

  • 時間分解蛍光測定を軸とする蛋白質水和と機能発現の相関解析

    2015年04月
    -
    2016年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 低温X線回折イメージング・トモグラフィー技術の確立 -細胞丸ごと、内部構造を非侵襲的に可視化-(プレス・リリース)

    中迫雅由、大出真央、山本隆寛、岡島公司、苙口友隆、他

    2018年10月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • 科学の峰々 No.96 生命になぜ水が必要なのか? 生体タンパク質分子の構造解析で生命の根源活動に迫る(下) 中迫雅由 慶應義塾大学理工学部物理学科教授

    中迫雅由

    科学機器 No. 843 2018年9月号, 

    2018年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • SACLAにより銅キューブ粒子の内部構造を可視化

    中迫雅由

    FUJI SANKEI BUSINESS i. Science View, 

    2018年09月
    -
    継続中

    その他

  • 科学の峰々 No.96 生命になぜ水が必要なのか? 生体タンパク質分子の構造解析で生命の根源活動に迫る(上) 中迫雅由 慶應義塾大学理工学部物理学科教授

    中迫雅由

    科学機器 No. 842 2018年8月号, 

    2018年08月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 内部構造に大きな偏り-金属ナノ粒子

    中迫雅由、苙口友隆、吉留崇、山本隆寛

    化学工業日報 朝刊 4面, 

    2018年08月
    -
    継続中

    その他, 共同

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 冷却装置及びX線装置

    特願: 特開2002-357381  2002年12月 

    特開: 特開2002-357381  2002年12月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 光代謝制御

    特願: 特許第3491669号  2001年03月 

    特許: 特許第3491669号  2004年11月

    特許, 共同, 国内出願

  • X線分析用試料マウント具

    特願: 特許第3439571号   

    特開: 特別公開№338818   

    特許: 特許第3439571号  2003年06月

    特許, 共同, 国内出願

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 物理学セミナー第1

    2021年度

  • 物理学実験第2

    2021年度

  • 物理学実験第1

    2021年度

  • 論文講読発表

    2021年度

  • 自然科学実験

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自然科学実験

    理工学部, 2018年度

  • 物理学実験第一(ブラウン運動)

    理工学部, 2018年度

  • 生物物理学特論

    理工学研究科, 2018年度

  • 生物物理学

    理工学部, 2018年度

  • 電磁気学第二

    理工学部, 2018年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 理化学研究所 播磨研究所 放射光科学総合研究センター 研究グループ最終評価委員会

    2013年02月
    -
    2013年03月
  • 理化学研究所 独立主幹最終評価委員会

    2013年02月
    -
    2013年03月
  • 新学術領域研究専門委員会(3102_天然変性蛋白質)

    2011年12月
    -
    2012年03月
  • 理化学研究所 独立主幹中間評価委員会

    2011年10月
    -
    2011年12月
  • 特定放射光施設検討委員会

    2011年09月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 4-th Japan-France Joint Seminar, 

    2012年04月
    -
    2013年03月
  • 放射光学サイエンス将来計画特別委員会, 

    2010年07月
    -
    2011年03月
  • 日本生物物理学会, 

    2009年10月
    -
    2011年09月
  • 財団法人 新世代研究所 水和ナノ構造研究会, 

    2009年04月
    -
    2012年03月
  • 第4回日本放射光学会若手ワークショップ ―次世代放射光源を用いた生命科学未踏領域への挑戦―組織委員会, 

    2007年05月
    -
    2007年08月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年02月
    -
    2013年03月

    委員, 理化学研究所 播磨研究所 放射光科学総合研究センター 研究グループ最終評価委員会

  • 2013年02月
    -
    2013年03月

    委員, 理化学研究所 独立主幹最終評価委員会

  • 2013年02月
    -
    2013年03月

    Committee Member, 理化学研究所 播磨研究所 放射光科学総合研究センター 研究グループ最終評価委員会

  • 2013年02月
    -
    2013年03月

    Committee Member, 理化学研究所 独立主幹最終評価委員会

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    organizer, 4-th Japan-France Joint Seminar

全件表示 >>