千葉 文野 (チバ アヤノ)

Chiba, Ayano

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理学科 (矢上)

職名

専任講師

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2003年11月

    京都大学理学研究科物理学第一教室 日本学術振興会特別研究員(DC2)

  • 2003年12月
    -
    2005年08月

    京都大学工学研究科高分子化学専攻 日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2005年09月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学理工学部物理学科助手

  • 2007年02月
    -
    2008年03月

    Rutherford Appleton Laboratory, Visiting Scientist (日本学術振興会海外特別研究員, 英国)

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾大学理工学部物理学科助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月

    京都大学, 理学部

    大学, 卒業

  • 2000年03月

    京都大学, 理学研究科, 物理学・宇宙物理学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2003年11月

    京都大学, 理学研究科, 物理学・宇宙物理学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士, 京都大学, 課程, 2003年11月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系 (Physical Properties II)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 液体

  • 高分子

  • 不規則系

  • 分子吸蔵

  • 相転移

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Low energy excitation in liquid Sb and liquid Bi observed in inelastic x-ray scattering spectra

    Inui M., Kajihara Y., Hosokawa S., Chiba A., Nakajima Y., Matsuda K., Stellhorn J.R., Hagiya T., Ishikawa D., Uchiyama H., Tsutsui S., Baron A.Q.R.

    Journal of Physics Condensed Matter (Journal of Physics Condensed Matter)  33 ( 47 )  2021年11月

    ISSN  09538984

     概要を見る

    The dynamic structure factor S(Q, E), where Q and E are momentum and energy transfer, respectively, has been measured for liquid Sb, using inelastic x-ray scattering. A modified damped harmonic oscillator model function was applied to analyse S(Q, E) of liquid Sb and also to that of liquid Bi by Inui et al (2015 Phys. Rev. B 92, 054206). The obtained excitation energy was in fairly good agreement with that predicted by ab initio molecular dynamics simulations on these liquid semi-metals. The excitation energy of the longitudinal acoustic mode in liquid Sb and liquid Bi exhibits flat-topped Q dependence whereas the lower excitation energy below the longitudinal acoustic excitation shows Q-gap behaviour. From the viscosity estimated from the Q-gap experimentally obtained, it is inferred that the lower energy excitation arises from the transverse acoustic excitation in the liquids.

  • Longitudinal acoustic and higher-energy excitations in the liquid phase-change material Ge2Sb2Te5

    Inui M., Kajihara Y., Hosokawa S., Chiba A., Nakajima Y., Matsuda K., Tsuchiya Y., Stellhorn J.R., Hagiya T., Uchiyama H., Tsutsui S., Baron A.Q.R.

    Physical Review B (Physical Review B)  104 ( 6 )  2021年08月

    ISSN  24699950

     概要を見る

    The dynamic structure factor S(Q,E) of liquid Ge2Sb2Te5 has been obtained by inelastic x-ray scattering, where Q and E are momentum and energy transfer, respectively. The dispersion curve of the longitudinal acoustic excitation energy exhibits flat-topped Q dependence similarly to that in liquid GeTe and liquid Bi, where the local structure is modulated by Peierls distortion. The flat-topped energy in liquid Ge2Sb2Te5 is split into low and high energy parts arising from Sb-Te and Ge-Te correlations, respectively. Furthermore, the high energy part depends on Q like an optical mode with decreasing Q to zero, and it approaches the vibrational energy of fourfold coordinated Ge atoms with octahedral configurations. The result indicates that a majority of Ge in the liquid stays in octahedral order as predicted by first-principles molecular dynamics simulations.

  • Selective molecular absorption from low molecular weight mixed solution to a polymer p4mp1 film

    Chiba A., Akiyama R.

    Review of High Pressure Science and Technology/Koatsuryoku No Kagaku To Gijutsu (Review of High Pressure Science and Technology/Koatsuryoku No Kagaku To Gijutsu)  31 ( 2 ) 82 - 89 2021年

    ISSN  0917639X

     概要を見る

    Recently isotactic poly(4-methyl-1-pentene) (P4MP1) has been found to selectively absorb long-chain alkanes from alkane mixed systems. In this article, we introduce the idea of this study from the pressure-temperature phase diagram. We also show that such selective absorption characteristics can be explained from a simple model, namely Asakura-Oosawa theory, and the relationship with molecular recognition is explained.

  • Streak Patterns Observed in Small Angle X-Ray Scattering from Highly Oriented Pyrolytic Graphite (HOPG)

    Ohmasa Y., Chiba A.

    Zeitschrift fur Physikalische Chemie (Zeitschrift fur Physikalische Chemie)  235 ( 1-2 ) 37 - 57 2020年

    ISSN  09429352

     概要を見る

    © 2020 Walter de Gruyter GmbH, Berlin/Boston. Various forms of streak patterns are observed in small angle X-ray scattering from Highly Oriented Pyrolytic Graphite (HOPG). The streak patterns are assigned as specular reflection, double Bragg scattering, and diffuse + Bragg double scattering. These scatterings contain various information on the mesoscopic structures of the HOPG sample.

  • Confined Space Enables Spontaneous Liquid Separation by Molecular Size: Selective Absorption of Alkanes into a Polyolefin Cast Film

    Ayano Chiba, Akio Oshima,and Ryo Akiyama

    Langmuir (ACS Publications)  35 ( 52 ) 17177 - 17184 2019年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0743-7463

     概要を見る

    © 2019 American Chemical Society. The depletion force has been used to explain phase separation phenomena in colloidal systems. Here, we showed that depletion force can explain not only phase separation of large and small colloidal particles but also preferential absorption of larger molecules from a mixture of large and small molecules in a liquid state. When a polyolefin cast film was immersed in a mixture of long and short normal alkanes, the longer molecules were selectively absorbed into the film. This experimental result was explained from the viewpoint of depletion force. The main finding was the use of confined space to emphasize the separation tendency caused by the force. In general, the increase in entropy may serve as a driving force to mix molecules. However, if sufficiently narrow pores are present, large and small molecules are separated naturally by size as the entropy increases. This finding will lead to size exclusion chromatography of low-mass molecules, similar to gel permeation chromatography of macromolecules. In order to demonstrate the effect of depletion force, we selected and experimented with a system based on a polyolefin isotactic poly(4-methyl-1-pentene) (P4MP1) film and a normal alkane mixture and realized high molecular selectivity. The P4MP1 film we used can be prepared simply by evaporating the solvent from the solution and casting the film. On the basis of the Asakura-Oosawa theory, we concluded that spontaneous and high molecular selectivity is attributed to the depletion force provided by the small sub-nanopores with uniform size in the film.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • X-ray and neutron diffraction of semi-crystalline isotactic poly (4-methyl-1-pentene) with alkane absorption

    Ayano Chiba

    The 18th International Conference on Liquid and Amorphous Metals (LAM-18), 

    2022年09月

    口頭発表(一般)

  • ポリ(4-メチル-1-ペンテン)膜の溶媒吸蔵に伴う構造変化の赤外分光・X 線回折 による測定

    村重博美、千葉文野

    Mini-Symposium on Liquids 2022 (MSL2022) (九州大学伊都キャンパス) , 

    2022年07月

    ポスター発表

  • SWCNT 周辺における混合アルカン溶媒の凝集状態に関する研究

    伊藤大基、千葉文野

    Mini-Symposium on Liquids 2022 (MSL2022), 

    2022年07月

    ポスター発表

  • カーボンナノチューブに吸着した直鎖アルカンの構造とダイナミクス

    客野遥, 井口准甫, 伊藤大基, 松田和之, 真庭豊, 緒方啓典, 秋山良, 千葉文野

    日本物理学会 第77回年次大会 (オンライン開催) , 

    2022年03月

    口頭発表(一般), 日本物理学会

  • カーボンナノチューブにおけるヘキサンやデカンの吸着

    井口准甫, 伊藤大基, 客野遥, 松田和之, 真庭豊, 緒方啓典, 秋山良, 千葉文野

    日本物理学会 第77回年次大会 (オンライン開催) , 

    2022年03月

    ポスター発表, 日本物理学会

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高分子フィルムに対する有機溶媒の優先透過および吸蔵現象

    2022年04月
    -
    2025年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業(科学研究費補助金), 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 高分子のホストゲスト共結晶構造・共アモルファス構造の探索

    2021年09月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 千葉 文野, 学術変革領域研究(A)公募研究, 補助金,  研究代表者

  • エントロピー駆動液体分離

    2020年04月
    -
    2023年03月

    公益財団法人 旭硝子財団, 若手継続グラント, 千葉 文野, 補助金,  研究代表者

  • 高分子結晶の空隙を利用した新しい液体分離法とその理解

    2019年11月
    -
    2020年11月

    公益財団法人 住友財団, 2019年度 基礎科学研究助成, 千葉 文野, 補助金,  研究代表者

  • エントロピー駆動の物質分離法:結晶空隙を用いた低分子サイズ排除クロマトグラフィー

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 千葉 文野, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 他大学セミナー講演

    千葉 文野

    愛媛大学理学部本館3階S31教室, 

    2015年12月

    その他, 単独

     発表内容を見る

    溶融高分子の圧力誘起構造変化: SiO2ガラスとの共通点を中心に

  • 他大学セミナー講演

    千葉 文野

    首都大学東京 8号館302号室, 

    2013年11月

    その他, 単独

  • 他大学 一般公開講演

    千葉 文野

    2013年10月

    その他, 単独

  • 他大学コロキウム講演

    千葉 文野

    九州大学 箱崎キャンパス 物理 第3講義室, 

    2013年01月

    その他, 単独

  • TV出演

    千葉 文野

    2012年12月

    その他, 単独

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • ポリオレフィン系重合体並びにそれを用いた有機化合物の吸着、吸蔵及び分離

    出願日: 特願2020-56735  2020年03月 

    特許権, 単独

  • ポリオレフィン系重合体並びにそれを用いた有機化合物の吸着、吸蔵及び分離

    出願日: 特願2019-67703  2019年03月 

    特許権, 単独

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第11回資生堂 女性研究者サイエンスグラント

    2018年07月, 株式会社 資生堂, 第11回資生堂 女性研究者サイエンスグラント

    受賞区分: その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 振動と波動

    2022年度

  • 物理学セミナー第2

    2022年度

  • 物理学実験第2

    2022年度

  • 物理学実験第1

    2022年度

  • 論文講読発表

    2022年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • Photon Factory News (PFニュース)編集委員会

    2012年04月
    -
    2014年03月
  • 新学術領域研究専門委員会(2002_中性子地球科学)

    2009年12月
    -
    2011年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会, 

    2013年04月
    -
    継続中
  • 日本高圧力学会, 

    2005年11月
    -
    継続中
  • 高分子学会, 

    2003年12月
    -
    2005年11月
  • 日本放射光学会, 

    2003年10月
    -
    継続中
  • 日本化学会, 

    2003年10月
    -
    2004年09月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2023年03月

    日本物理学会 会誌編集委員, 日本物理学会

  • 2019年11月
    -
    継続中

    中性子課題審査部会/P1利用研究課題審査委員, J-PARCセンター

  • 2018年09月
    -
    2020年08月

    評議員、渉外幹事, 日本高圧力学会

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    領域12 運営委員(化学物理), 日本物理学会

  • 2013年04月
    -
    継続中

    会員, 日本化学会

全件表示 >>