大橋 洋士 (オオハシ ヨウジ)

Ohashi, Yoji

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    日本学術振興会特別研究員(大阪大学基礎工学部)

  • 1995年04月
    -
    1998年04月

    筑波大学物理学系助手

  • 1998年

    佐賀大学理工学部非常勤講師(併任、集中講義)

  • 1998年05月
    -
    2006年03月

    筑波大学物理学系講師

  • 1999年

    佐賀大学理工学部非常勤講師(併任、集中講義)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 物理学科

    大学, 卒業

  • 1994年03月

    東京工業大学, 理工学研究科, 物理学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 東京工業大学, 課程, 1994年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Foundations of Quantum Mechanics in the Light of New Technology

    S. Tsuchiya, and Y. Ohashi, World Scientific, 2009年

    担当範囲: 37-40

  • Foundations of Quantum Mechanics in the Light of New Technology

    Y. Ohashi, and N. Fukushima, World Scientific, 2009年

    担当範囲: 18-23

  • RECENT PROGRESS IN MANY-BODY THEORIES

    Y. Ohashi, World Scientific, 2006年

    担当範囲: 18-23, 37-40

  • 科学大辞典(第2版)

    大橋 洋士, 丸善, 2005年

    担当範囲: 項目執筆

  • Encyclopedia of Physics

    H. Matsumoto and Y. Ohashi, Wiley-VCH, 2005年

    担当範囲: Bose-Einstein condensation(218-221)

論文 【 表示 / 非表示

  • Kovtun-Son-Starinets Conjecture and Effects of Mass Imbalance in the BCS-BEC Crossover Region

    D. Kagamihara, and Y. Ohashi

    J. Phys. Soc. Jpn. 89   044005(1-10) 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • BCS–BEC crossover in cold atomic and in nuclear systems

    Ohashi Y., Tajima H., van Wyk P.

    Progress in Particle and Nuclear Physics (Progress in Particle and Nuclear Physics)  111   103739(1-54) 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  01466410

     概要を見る

    © 2019 Elsevier B.V. We review the BCS (Bardeen–Cooper–Schrieffer)–BEC (Bose–Einstein condensation) crossover phenomenon discussed in an ultracold Fermi atomic gas and a neutron superfluid in the low-density crust regime of a neutron star. A purpose of this paper is to show that these two very different atomic and nuclear systems can be closely related to each other from the viewpoint of this quantum many-body phenomenon. We explain how the BCS–BEC crossover is realized in the former atomic system by using the novel pairing mechanism called Feshbach resonance. We present a simple explanation for this crossover phenomenon to grasp the essence, as well as detailed microscopic theories that can cover the entire BCS–BEC crossover region. In the latter, we point out that the ordinary BCS theory already has the ability to describe the BCS–BEC crossover at T=0. At finite temperatures T>0, however, we need to go beyond this mean-field theory. Besides general aspects of the BCS–BEC crossover phenomenon, we also pick up special topics peculiar to each atomic gas and neutron fluid. The first one is the pseudogap phenomenon in the normal state of a Fermi atomic gas. The second one is the problem of non-zero effective range in an s-wave neutron superfluid.

  • Thermodynamic Stability and Effects of Bose-Bose Repulsion in an Ultracold Bose-Fermi Mixture with Strong Hetero-Pairing Fluctuations

    Koki Manabe, and Yoji Ohashi

    J. Low Temp. Phys. 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Spin-dipole mode in a trapped Fermi gas near unitarity

    Hiroyuki Tajima, Alessio Recati, Yoji Ohashi

    Physical Review A 101   013610(1-7) 2020年01月

    共著, 査読有り

  • Non-equilibrium strong-coupling theory for a driven-dissipative ultracold Fermi gas in the BCS-BEC crossover region

    T. Kawamura, R. Hanai, D. Kagamihara, D. Inotani, and Y. Ohashi

    Phys. Rev. A 101   013602(1-20) 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • BCS-BEC クロスオーバー

    大橋洋士

    数理科学 (サイエンス社)  58 ( 6 ) 21 - 27 2020年06月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • フェルミ原子ガス超流動と中性子星内部状態への応用

    大橋洋士

    日本物理学会誌 (日本物理学会)  73 ( 12 ) 842 - 851 2018年12月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 「Superfluid Fermi atomic gas as a quantum simulator for the study of neutron-star equation of state」(P. van Wyk, H. Tajima, D. Inotani, A. Ohnishi, and Y. Ohashi, Physical Review A 97, 013601(1-13) (2018). )の紹介記事

    大橋洋士

    慶應義塾大学理工学部 (慶應義塾大学理工学部)   2018年04月

    単著

  • フェルミ原子ガス超流動のBCS-BECクロスオーバー理論と中性子星状態方程式への挑戦

    大橋洋士、Pieter van Wyk, 田島裕之

    原子核研究 61 ( 1 ) 70 - 84 2016年09月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • フェルミ超流動とボース・アインシュタイン凝縮の統一描像

    大橋洋士

    日本物理学会誌 71   450 - 451 2016年07月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 非平衡定常状態にあるフェルミ超流動の安定性解析

    河村泰良、花井亮、大橋洋士

    日本物理学会 (熊本大学(2020年9月8日~11日):ただしオンライン開催) , 2020年09月, 口頭(一般)

  • 奇周波数超流動に対する強結合理論

    岩崎舜平, 真辺幸喜, 大橋洋士

    日本物理学会 (熊本大学(2020年9月8日~11日):ただしオンライン開催) , 2020年09月, 口頭(一般)

  • 強相関Bose-Fermi混合原子気体の安定性と熱力学的性質

    真辺幸喜, 大橋洋士

    日本物理学会 (熊本大学(2020年9月8日~11日):ただしオンライン開催) , 2020年09月, 口頭(一般)

  • 強く相互作用するフェルミ原子気体の熱輸送特性

    古谷浩一朗, 鏡原大地, 大橋洋士

    日本物理学会 (熊本大学(2020年9月8日~11日):ただしオンライン開催) , 2020年09月, 口頭(一般)

  • Shear viscosity and Kovtun-Son-Starinets conjecture in a strongly interacting Fermi gas

    大橋洋士、鏡原大地

    第7回階層を横断する会(量子流体の粘性率​) (web 会議) , 2020年09月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 強相関量子多体状態の形成過程をフェルミ原子気体の高い操作性を使い解明する研究

    2019年04月
    -
    2022年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 強相関量子多体状態の形成過程をフェルミ原子気体の高い操作性を使い解明する研究

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大橋 洋士, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 物質の階層変化および状態変化に伴う普遍的物理

    2018年06月
    -
    2023年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  分担

  • エクサスケール計算機を想定した量子モデルシミュレーションに対する並列化・高速化

    2018年04月
    -
    2021年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  分担

  • 非平衡状態のフェルミ原子ガス超流動を用いて中性子星の冷却機構を解明する理論研究

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 大学院集中講義

    大橋 洋士

    京都大学, 

    2017年11月

    その他, 単独

     発表内容を見る

    フェルミ原子ガス超流動におけるBCS-BECクロスオーバー

  • 長崎国際テレビ開局25周年記念特別番組「アインシュタイン 美しい国 日本を旅する」監修(物理学)

    大橋洋士

    長崎国際テレビ:2015年10月18日(日)15:00~16:25、BS日テレ:2015年11月1日(日)16:00~17:25, 

    2015年10月

    その他, 単独

  • 研究分野を変えた時のこと

    大橋洋士

    三田評論 No 1187, 2015年3月号:Researcher's Eye, 

    2015年03月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 大学院集中講義

    大橋 洋士

    東京大学, 

    2015年02月

    その他, 単独

     発表内容を見る

    フェルミ原子ガス超流動の物理

  • SFC科学入門講座

    大橋 洋士

    慶應義塾湘南藤沢高等学校, 

    2014年03月

    その他, 単独

     発表内容を見る

    量子の世界と超伝導

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • KEKオンライン研究会「熱場の量子論とその応用」ポスター賞

    河村泰良(研究室研究生)[大橋洋士], 2020年08月, 熱場の量子論とその応用2020, 非平衡フェルミ原子気体の超流動状態の性質 [研究室研究生]

  • 日本物理学会学生優秀発表賞(領域1、2019秋)

    真辺幸喜(研究室学生D1)[真辺幸喜、大橋洋士], 2019年11月, 日本物理学会, 調和トラップ中の冷却Bose-Fermi混合気体における光原子分光スペクトル

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • poster award (Superfluctuations2019)

    古谷浩一郎(研究室学生M2)[古谷浩一郎、大橋洋士], 2019年09月, International Conference on Fluctuations and Highly Non Linear Phenomena in Superfluid and Superconductors (SuperFluctuations 2019) , Strong-coupling Effects on Transport Properties of an Ultracold Fermi Gas [研究室院生]

  • 理研シンポジウム・iTHEMS研究会 「熱場の量子論とその応用」ポスター賞

    真辺幸喜(研究室学生M2)[真辺幸喜、猪谷太輔、大橋洋士], 2018年08月, 熱場の量子論とその応用2018, 強結合冷却Bose-Fermi混合気体の1粒子励起における質量インバランス効果[研究室院生]

  • 藤原賞

    田島裕之(研究室学生D3), 2017年03月, 慶應義塾大学, フェルミ原子ガス超流動の熱力学的性質の理論研究に対して[研究室院生]

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 熱統計力学第2

    2020年度

  • 熱統計力学第1

    2020年度

  • 物理学D

    2020年度

  • 物理学C

    2020年度

  • 論文講読発表

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 凝縮系物理学特論

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 熱統計力学第1

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会, 

    1991年09月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    任期付研究員研究業績評価委員, 日本原子力研究開発機構

  • 2018年10月
    -
    2019年09月

    International program committee member, International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2019)

  • 2018年10月
    -
    2018年12月

    Advisory committee member, International conference on atom and quantum optics (ICQAO2018)

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    任期付研究員研究業績評価委員, 日本原子力研究開発機構

  • 2016年12月
    -
    2017年03月

    任期付研究員研究業績評価委員, 日本原子力研究開発機構

全件表示 >>