森田 武史 (モリタ タケシ)

Morita, Takeshi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 管理工学科 (矢上)

職名

准教授(有期)

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • ソフトウェアが意味理解可能なWeb(セマンティックWeb)を実現するために必要な技術やその応用に関する研究を行っています。特に、テキストやWikipediaなどの既存情報資源から半自動的にオントロジーを構築する研究に取り組んでいます。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学, 経済学部, 非常勤講師

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    日本学術振興会, 特別研究員 (DC2)

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学, 訪問研究員

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    日本学術振興会, 特別研究員 (PD)

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    大妻女子大学, 短期大学部, 非常勤講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    静岡大学, 情報学部, 情報科学科

    日本, 大学, 卒業

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    静岡大学, 情報学研究科, 情報学専攻

    日本, 大学院, 修了, 修士

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 開放環境科学専攻

    日本, 大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 慶應義塾, 課程, 2008年03月

    セマンティックWebコンテンツ構築支援ツールの実装と評価

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 知能情報学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • オントロジー

  • オントロジー学習

  • セマンティックWeb

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学大事典

    共立出版, 2017年

    担当範囲: 18-13,18-21,19-3 ,19-4

  • オントロジーの普及と応用

    森田 武史, 山口 高平, オーム社, 2012年

    担当範囲: 3章 オントロジー学習の現状と動向

論文 【 表示 / 非表示

  • Integrating Smart Glasses with Question-Answering Module in Assistant Work Environment

    Ryutaro Nambu, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi

    The Review of Socionetwork Strategies 11 ( 1 ) 1 - 16 2017年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Implementing mobility service with Japanese Linked Data

    Morita Takeshi, Iijima Chie, Okawara Wataru, Enomoto Yoshitaro, Yamaguchi Takahira

    International Journal of Critical Infrastructures 13 ( 1 ) 267 - 288 2017年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1475-3219

     概要を見る

    <p>This study aims at developing a web service with Japanese Linked Data and evaluating the service. Recently, Japanese government has set open data as a new strategy in information technology field and focuses on 'Linked Open Data (LOD)' as a means to publish. However, the number of dataset as Japanese Linked Data is small, and the effect by introducing Japanese Linked Data has not been shown yet. Therefore, we created Japanese Linked Data focused on geographical or positional data, and implemented a mobility service to reduce user's cognitive load. Moreover, we conducted verification experiment for using the service and compared with conventional services. As a result, the possibilities of Linked Data to respond to various queries easily and to apply for information services by crossing some domains were explored.</p>

  • Teaching Assistant Robot Development by PRINTEPS

    Chihiro Nishimoto, Shunsuke Akashiba, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi

    Robots 4 Learning, HRI2017 2017年03月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

  • PRINTEPS for development integrated intelligent applications and application to robot teahouse

    Kodai Nakamura, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi

    2nd International Workshop on Platforms and Applications for Social problem Solving and Collective Reasoning    1199 - 1206 2017年

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

  • Development of applications for teaching assistant robots with teachers in PRINTEPS

    Shunsuke Akashiba, Chihiro Nishimoto, Naoya Takahashi, Takeshi Morita, Reiji Kukihara, Misae Kuwayama, Takahira Yamaguchi

    2nd International Workshop on Platforms and Applications for Social problem Solving and Collective Reasoning    1184 - 1190 2017年

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 統合知能アプリケーション開発プラットフォームPRINTEPS

    山口 高平, 森田武史

    人工知能学会誌 32 ( 5 ) 721 - 729 2017年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • Linked Dataとセマンティック技術の海外動向

    川村 隆浩, 森田 武史, 福田 直樹

    人工知能学会誌 30 ( 5 ) 580 - 589 2015年11月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 業務ルール管理システムBRMSの現状と動向

    森田 武史,山口 高平

    人工知能学会誌 29 ( 3 ) 277 - 285 2014年

    総説・解説(学術雑誌), 共著,  ISSN  21882266

  • Linked Dataを利用した情報統合

    森田 武史, 山口 高平

    人工知能学会誌 27 ( 2 ) 189 - 199 2012年

    総説・解説(学術雑誌), 共著,  ISSN  09128085

  • 体感知教育を基軸にしたサービス・イノベーション人材育成

    山口高平, 森田武史

    人工知能学会誌 26 ( 2 ) 196 - 202 2011年

    総説・解説(学術雑誌), 共著,  ISSN  09128085

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Implementing customer reception service in robot cafe using stream reasoning and ROS based on PRINTEPS

    Morita Takeshi, Sugawara Yu, Nishimura Ryota, Yamaguchi Takahira

    International Semantic Web Conference (Posters & Demos), 2016年10月, ポスター(一般)

     概要を見る

    <p>We have developed PRactical INTElligent aPplicationS (PRINTEPS) which is a platform for developing comprehensive intelligence applications. This paper introduces an application of PRINTEPS for customer reception service in robot cafe by using stream reasoning and Robot Operating System (ROS) based on PRINTEPS, and for integrating image sensing with knowledge processing. Based on this platform, we demonstrate that the behaviors of a robot in a robot cafe can be modified by changing the applicable rule sets.</p>

  • Constructing a class hierarchy with properties by refining and aligning Japanese wikipedia ontology and Japanese WordNet

    Takeshi Morita, Susumu Tamagawa, Takahira Yamaguchi

    The Ninth International Workshop on Ontology Matching, 2014年, ポスター(一般)

  • Building up a Large Ontology from Wikipedia Japan with Infobox and Category Tree

    Shinya Sakurai, Takuya Tejima, Takeshi Morita, Noriaki Izumi, Takahira Yamaguchi

    4th Asian Semantic Web Conference, 2009年, ポスター(一般)

  • A Domain Ontology Construction Method Supported by an Ontology Search Engine

    Takeshi Morita, Takuya Tejima, Noriaki Izumi, Takahira Yamaguchi

    The 6th International Semantic Web Conference, 2007年, ポスター(一般)

  • RDF/OWL Representation of WordNet 2.1 and Japanese EDR Electronic Dictionary

    Seiji Koide, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi, Hendry Muljadi, Hideaki Takeda

    The 5th International Semantic Web Conference, 2006年, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 大規模多言語RDFグラフからのクラススキーマ階層の構築および洗練

    2015年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 森田 武史, 若手研究(B), 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 理工学基礎実験

    2019年度

  • データハンドリング

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 高度プログラミング

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義