田中 健一 (タナカ ケンイチ)

Tanaka Kenichi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 管理工学科 (矢上)

職名

教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾, 理工学部, 管理工学科

    日本, 大学, 卒業

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 開放環境科学専攻

    日本, 大学, 修了, 博士前期

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 開放環境科学専攻

    日本, 大学, 修了, 博士後期

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A continuous districting model focusing on intra- and inter-zonal squared distances and its Voronoi-based heuristic

    Morimoto K., Tanaka K.

    International Transactions in Operational Research (Wiley)  28 ( 3 ) 1109 - 1134 2021年05月

    ISSN  09696016

     概要を見る

    We consider the problem of dividing a given convex polygon into p convex polygons called zones, each of which receives a designated land area. The position and shape of each zone is determined so that intra- and inter-zonal trips for the resulting zones are conducted efficiently. To evaluate the compactness of the resulting zones, we derive the average squared distance between two points uniformly distributed in each zone, as well as the average squared distance between two points uniformly distributed in two zones. The weighted sum of these measures is used as the objective function, and a Voronoi-based heuristic algorithm is proposed that iteratively updates the positions of p generator points placed inside a convex polygon. The method is used to divide several regular polygons, and the results show that zones become (i) rounded when intra-zonal trips are prioritized and (ii) elongated with longer boundary lines when inter-zonal trips are prioritized.

  • Modelling the order of scoring in team sports

    Hamada K., Tanaka K.

    IMA Journal of Management Mathematics 32   283 - 301 2021年

    共著

  • The Probabilistic Minisum Flow Interception Problem: Minimizing the Expected Travel Distance until Intercept under Probabilistic Interception

    Tanaka K., Kurita O.

    Geographical Analysis (Wiley)  52 ( 2 ) 211 - 230 2020年04月

    ISSN  00167363

     概要を見る

    We develop a variant of the flow interception problem (FIP) in which it is more desirable for travelers to be intercepted as early as possible in their trips. In addition, we consider flows being intercepted probabilistically instead of the deterministic view of coverage assumed in the FIP literature. We call the proposed model the probabilistic minisum FIP (PMFIP); it involves minimizing the sum of the expected distance that each flow travels until intercepted at a facility among placed facilities. This extension allows us to evaluate the effect of facility location under any given value of the interception probability and to apply the model to a variety of situations. We apply the proposed model to an example network by assuming a hypothetical situation in which people gather at a stadium from various nodes on the network, and receive some goods or services on the way to the stadium. We analyze optimal solutions obtained by varying the number of facilities and interception probability. It is shown that the expected travel distance until intercept is greatly reduced by means of a few optimally located facilities under a moderate interception probability.

  • City shapes that maximize the number of walking-only trips based on Manhattan distance

    Misaki S., Tanaka K.

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems and Manufacturing 14 ( 5 )  2020年

     概要を見る

    Various modes of transportation are available when people travel within cities, and trips can be classified into two types depending on whether some type of vehicle is used. Compared to vehicular travel, trips conducted only by walking have the advantages of lower environmental impact and less space required for road networks. By assuming that the proportion of walking-only trips decreases exponentially with the distance traveled, we explore the problem of finding a city shape with a fixed land area that maximizes the number of walking-only trips based on Manhattan distance. For many-to-one travel with the city center as the destination, we show that the optimal city shape is a diamond. For many-to-many travel, a method is presented that expresses the number of walking-only trips as a double integral, originally formulated as a four-dimensional integral. Using this, an optimization problem is formulated whose variables are the vertex coordinates of a polygon, and approximate solutions for the optimal city shape under several different settings are obtained numerically. For many-to-many travel, it is shown that a large number of walking-only trips occur when the city shape is close to being circular, although the exact shape varies with the distance deterrence coefficient.

  • 複数回の広告接触を考慮したCMスケジューリング問題―視聴パターンに着目したフロー捕捉型配置モデル―

    小貝 洸希,八尾 優作,丹野 一輝,濱田 賢吾,田中 健一,栗田 治

    オペレーションズ・リサーチ 65 ( 2 ) 93 - 103 2020年

    共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 格子状網をもつ凸多角形領域における総歩行者数の導出

    御前 汐莉,田中 健一

    日本オペレーションズ・リサーチ学会2018年春季研究発表会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • サッカーの試合における得点過程に着目した確率モデル

    濱田 賢吾,田中 健一

    日本オペレーションズ・リサーチ学会2018年春季研究発表会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • 噴石シェルターの適正な配置計画に関する数理モデル

    田中 健一,鳥海 重喜

    日本オペレーションズ・リサーチ学会2018年春季研究発表会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • Flow capturing location problem with probabilistic demand coverage

    K. Tanaka, O. Kurita

    Urban Operations Research Workshop 2017, 2017年12月, 口頭(一般)

  • 投票定理を用いたサッカーにおける圧勝確率の計算

    濱田 賢吾,田中 健一

    「都市のOR」ワークショップ2017, 2017年12月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 人の流れに着目した都市インフラの適正配置と運用に関する数理モデルの開発とその応用

    2018年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 田中 健一, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 火山噴火時における避難施設の適正な配置計画に関する数理モデルの開発とその応用

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 田中 健一, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

  • 時空間的な人の流れに着目した施設の配置・運営モデルの開発と事例研究への展開

    2013年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 田中 健一, 基盤研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    都市における人の流れに着目し,施設の配置場所とサービス提供時間帯を同時に最適化する数理モデルを構築し,鉄道網上での配置分析を行った.具体的には,(1) 終業後の帰宅途中に施設へ立ち寄りサービスを受ける状況において早く帰宅できるほど望ましい点を考慮したモデル,(2) サービス提供時間帯のどこかで一定時間以上立ち寄ればよいモデル,(3) サービス提供時間を可変とした拡張モデル等を提案した.さらに,オリンピック開催期間中の観戦客輸送に関わる数理モデル,ネットワークを段階的に改変するための数理モデルなど,時間軸を幅広い視点で捉え,理論と事例研究の両面から様々な研究を行った.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 管理工学輪講

    2021年度

  • オペレーションズ・リサーチ第2

    2021年度

  • オペレーションズ・リサーチ第1

    2021年度

  • 開放環境科学課題研究

    2021年度

  • 開放環境科学特別研究第2

    2021年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本応用地域学会, 

    2014年11月
    -
    継続中
  • 形の科学会, 

    2002年03月
    -
    継続中
  • 日本応用数理学会, 

    2001年11月
    -
    継続中
  • 日本都市計画学会, 

    2001年03月
    -
    継続中
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 

    2000年11月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年05月
    -
    継続中

    論文誌編集委員, 日本オペレーションズ・リサーチ学会

  • 2016年03月
    -
    継続中

    「オリンピック,パラリンピックとOR」研究部会 幹事, 日本オペレーションズ・リサーチ学会

  • 2015年07月
    -
    2016年03月

    2016年秋季研究発表会実行委員, 日本オペレーションズ・リサーチ学会

  • 2014年03月
    -
    2016年02月

    「公共的社会システムとOR」研究部会 幹事, 日本オペレーションズ・リサーチ学会