稲田 周平 (イナダ シュウヘイ)

Inada, Shuhei

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 管理工学科 (矢上)

職名

准教授

HP

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学, 慶應義塾大学, 課程, 2000年01月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学 (Production System Management)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Industrial Engineering

  • Engineering Economy

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 生産管理オペレーション

    稲田 周平,他, 2008年01月

論文 【 表示 / 非表示

  • 離散イベントシミュレーションを利用した応援作業者を含む業務の効率改善 -外食店舗を考察対象にした事例研究-

    竹内華帆,角晴美子,稲田周平

    日本経営工学会論文誌 72 ( 4 ) 212 - 222 2022年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 責任著者

  • Greedy Policies for the Storage Location Management in the Distribution Center

    角晴美子,稲田周平

    J. of Japan Industrial Management Association 72 ( 4E ) 234 - 244 2022年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 責任著者, 査読有り

  • Search algorithm of the assembly sequence of products by using past learning results

    Watanabe K., Inada S.

    International Journal of Production Economics (International Journal of Production Economics)  226 2020年08月

    ISSN  09255273

     概要を見る

    © 2020 In the future smart factory, the production system will further head in the direction of on-demand production. Products will be assembled one by one based on different specifications of customers. In these recognitions, this paper considers a method for raising productivity of the robot work cell. Under the assumption that the dual-arm robot assembles products in the work cell where one robot is in charge of all steps of assembling the product, we propose a computational algorithm for searching the efficient assembly sequence and work assignment to the robot hands utilizing reinforcement learning. Furthermore, we intend to use past learning results to determine work plans of robots more effectively. The proposed methods can eliminate or decrease the workload of the robot teaching. In addition, they can contribute to shorten the assembly time of products by giving the efficient work plan. In this research, the basic theory for automating the work planning of actual assembled products is considered using a building block model.

  • Improvement of order picking operations in distribution centers by focusing on floor layout and product storage location

    Sumi H., Inada S.

    Journal of Japan Industrial Management Association (Journal of Japan Industrial Management Association)  71 ( 2 ) 47 - 57 2020年

    ISSN  13422618

     概要を見る

    © 2020 Japan Industrial Management Association. All rights reserved. Due to the rapid growth of electronic commerce via the Internet, there is a need to streamline the supply chain in order to reduce product distribution costs and shorten delivery lead times. Among these, the role of distribution centers that connect physical and commercial distribution has become more important. Improvement in work efficiency in the distribution centers has also become an important theme. Aware of such problems, we focus on order picking operations where products are collected based on the customer order since it is one of the most labor-intensive activities in the distribution center. We consider methods to shorten the average traveling distance of order-picking operators from two perspectives: 1) Improving the floor layout of the distribution center, and 2) introducing better management rules to determine the storage position of products. In the first half of the paper, the mathematical model to evaluate the average traveling distance of the picker is proposed. The model proposed assumes that the width of the aisle and the size of the shelf are sufficiently small, and obtains the value of the traveling distance analytically. In addition, improvement measures are considered from the two perspectives stated above, and are evaluated by comparing with the case in conventional Traditional Layout with horizontal and vertical aisles. In the second half of the paper, two improvement measures combining the two perspectives are proposed based on the results of the first half of the paper. Both measures move the accumulation point of products to the center of the lower side of the floor. In addition, the first measure adopts the addition of a diagonal aisle on the floor and class-based management to determine the storage position of products. The second measure executes class-based storage in an area where the work floor is divided using diagonal straight lines, which means being equidistant from the accumulation point of products. As a result, this paper clarifies that the two improvement measures proposed in the second half of the paper shorten the average traveling distance by 25% or more compared to case in conventional Traditional Layout.

  • 単一製品の販売価格・販売量・市場寿命の不確実性に対する製造投資案の安全性分析

    稲田周平,市来嵜治

    日本経営工学会論文誌 70 ( 2 ) 62 - 70 2019年07月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • IEによる現場力の向上

    稲田 周平

    プラントエンジニア ((公社)プラントメンテナンス協会)  47 ( 7 ) 15 - 21 2015年06月

    記事・総説・解説・論説等(その他), 単著,  ISSN  0289-0178

     概要を見る

    製造企業における現場力の向上に向けて,Industrial Engineeringの役割を解説したもの。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 強化学習を利用した製品の組立順序生成方法の提案

    渡邊 敬次郎,荒井 恭佑,稲田 周平

    2018年度精密工学会春季大会学術講演会, 

    2017年03月

    口頭発表(一般), 精密工学会

  • 多要因の不確実性を考慮した製造・販売活動の安全性分析

    榎本龍之輔,市来嵜治,稲田 周平

    日本経営工学会2016年秋季大会予稿集, 

    2016年10月

    口頭発表(一般)

  • モーションセンサを利用した作業姿勢分析システムの提案

    櫻庭 彬生,柳生 大輔,稲田 周平

    日本経営工学会2016年秋季大会予稿集, 

    2016年10月

    口頭発表(一般)

  • 物流倉庫内の通路設計がピッキング作業の効率性に与える影響の考察

    川本 大熙,稲田 周平

    日本経営工学会2016年秋季大会予稿集, 

    2016年10月

    口頭発表(一般)

  • サービス業へのIE手法適用に関する一考察(第2報)

    稲田 周平,荒尾 尚英,大岡 明,二ノ宮 滋,木内 正光

    日本経営工学会2016年春季大会予稿集, 

    2016年05月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生産工場における生産能力向上に関わる研究、生産管理、品質管理、設備管理、資材管理、動線とレイアウトなどの分析と改善に関する研究。工場と関連部門(営業・物流・情報システム・技術・本社管理など)との連携に関わる研究。

    2022年06月
    -
    継続中

    研究分担者

  • グローバルものづくり人材育成トレーニングプログラムの開発

    2014年04月
    -
    継続中

    受託研究,  未設定

  • オントロジーとデータマイニングに基づくインテリジェントサービス開発基盤

    2014年04月
    -
    2018年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究分担者

  • 営業倉庫における、作業、施設利用、事務処理等の営業活動全般にかかわる生産性を把握するための、分析手法ならびに指標設定の実現

    2013年04月
    -
    2018年03月

    受託研究,  研究分担者

  • サービス産業の生産性向上に資する製造業のノウハウに関する調査研究

    2007年04月
    -
    2008年03月

    受託研究,  未設定

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 人と親和性あるロボ追求

    日刊工業新聞, 

    2017年12月
    -
    継続中

    その他

  • 経営工学教育の課題 -大学は社会が求める人材をどう育てるか-

    日本経営工学会秋季研究大会, 

    2017年11月
    -
    継続中

    その他

  • 自ら考えて作業効率化するロボット―組み立て作業時間半分に短縮

    稲田 周平,他

    日刊工業新聞, 

    2016年04月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • FDへの取り組み事例紹介3 -授業「経済性工学」の事例を中心にして-

    稲田 周平

    2010年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 見える化による工場まるごと改善

    稲田 周平

    2008年03月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 理工学基礎実験

    2022年度

  • 管理工学実験・演習2

    2022年度

  • 管理工学概論

    2022年度

  • インダストリアル・エンジニアリング特論

    2022年度

  • 開放環境科学課題研究

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生産管理

    慶應義塾大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 経済性工学

    成蹊大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 経済性分析

    慶應ビジネススクール

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 理工学基礎実験

    慶應義塾大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • Industrial Engineering実験

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    通年, 実習・実験, 兼担, 1時間

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本インダストリアル・エンジニアリング協会

    2000年04月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本経営工学会, 

    1995年01月
    -
    継続中
  • 生産管理学会, 

    1995年01月
    -
    継続中
  • 経営システム学会, 

    1995年01月
    -
    継続中
  • 設備管理学会, 

    1995年01月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中

    IEレビュー誌編集委員, 日本インダストリアル・エンジニアリング協会

  • 1994年01月
    -
    継続中

    論文誌編集担当理事, 日本経営工学会