石榑 崇明 (イシグレ タカアキ)

Ishigure, Takaaki

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理情報工学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    財団法人神奈川科学技術アカデミー ,研究員

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学理工学部助手(有期)

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学理工学部 ,助手

  • 2003年04月
    -
    2008年03月

    慶應義塾大学理工学部,専任講師

  • 2005年01月
    -
    2005年12月

    コロンビア大学 電気工学科 訪問研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1993年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 物質科学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1996年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 物質科学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学, 慶應義塾大学, 1996年03月

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 光インターコネクションのためのポリマー光導波路, 

     

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 科学立国日本を築くPartⅡ 次代を拓く気鋭の研究者たち

    一般財団法人丸文財団選考委員会 (編集) 榊 裕之 (監修) (分担) 石榑 崇明, 日刊工業新聞社, 2017年03月

    担当範囲: ポリマ光導波路の低分散化と光インターコネクションへの応用

  • 光インターコネクションの第二普及世代に向けた課題と予測 (光回路実装技術ロードマップ2016年度版)

    石榑 崇明, エレクトロニクス実装学会光回路実装技術委員会, 2017年02月

    担当範囲: 121-134

  • Optical Interconnects for Data Centers

    Takaaki Ishigure and Marika Immonen, Woodhead Publishing, 2016年11月

    担当範囲: Chapter 7, Design and fabrication of multimode polymer waveguides for optical interconnects

  • 光インターコネクションの普及とさらなる進展 (光回路実装技術ロードマップ2013年度版)

    石榑 崇明, エレクトロニクス実装学会光回路実装技術委員会, 2014年01月

    担当範囲: 66-75

  • O Plus E

    石榑 崇明, アドコム・メディア株式会社, 2011年03月

    担当範囲: 370-375

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Mosquito method based polymer tapered waveguide as a spot size converter

    Kobayashi Y., Sakaguchi Y., Yasuhara K., Ishigure T.

    Optics Express (Optics Express)  29 ( 6 ) 9513 - 9531 2021年03月

     概要を見る

    We create a compact low-loss spot-size converter (SSC) which utilizes a tapered core polymer optical waveguide with circular cross-sectional graded-index (GI) core using the Mosquito method we developed. First, we theoretically analyze the mutual diffusion between the core and cladding monomers, which is a feature unique to the Mosquito method when forming GI cores. The monomer diffusion effect depends on the initial core diameter that is dispensed by a microdispenser and the diffusion time before UV curing: in a small core the monomer diffuses more rapidly than in a large core. Using this diffusion dependence on the initially dispensed core diameter, it is theoretically found that a tapered polymer waveguide based SSC can adiabatically convert the mode-field diameter between 4.0 and 8.6 µm at a 1550-nm wavelength waveguide as short as 4 mm. Next, the tapered waveguide based SSC with the designed structure is experimentally fabricated using the Mosquito method, and we confirm an 8-mm long tapered waveguide with an insertion loss of 1.83dB functions as a SSC that converts the MFD from 4.7 µm to 7.5 µm at 1550-nm wavelength.

  • Low loss single-mode polymer optical waveguide with circular cores

    Yakabe S., Kobayashi Y., Matsui H., Saito Y., Manabe K., Ishigure T.

    OSA Continuum (OSA Continuum)  4 ( 3 ) 1070 - 1085 2021年03月

     概要を見る

    We experimentally demonstrate that the Mosquito method is capable of fabricating single-mode polymer optical waveguides with multiple cores while maintaining an identical mode-field diameter among them. The Mosquito method we developed is a technique to form circular cores in polymer waveguides using a commercially available microdispenser and multi-axis syringe scanning robot. However, the core shape tends to deteriorate from a circle because of the monomer flow due to the needle scan. We also demonstrate both theoretically and experimentally for the first time in this paper that the needles with a tapered outer form or just titled straight needles enable to form cores with a high circularity even if those cores are dispensed on any heights from the substrate surface.

  • Multi-Channel Single-Mode Polymer Waveguide Fabricated Using the Mosquito Method

    Yakabe S., Matsui H., Kobayashi Y., Saito Y., Manabe K., Ishigure T.

    Journal of Lightwave Technology (Journal of Lightwave Technology)  39 ( 2 ) 547 - 556 2021年01月

    ISSN  07338724

     概要を見る

    We experimentally demonstrate that the Mosquito method is capable of fabricating polymer optical waveguides with single-mode cores. The Mosquito method we developed is a technique to form planar polymer waveguides using a commercially available microdispenser. In this article, the flow of the core monomer dispensed from the tip of the needle is simulated using fluid analysis software. The results show that the shape of the needle periphery significantly affects the fabrication of perfectly circular cross-sectional cores. In addition, we demonstrate that the Mosquito method is capable of reducing the MFD variation to 0.4 μm. We find such a small MFD fluctuation is comparable to that of typical single-mode optical fibers.

  • Guanine crystals regulated by chitin-based honeycomb frameworks for tunable structural colors of sapphirinid copepod, Sapphirina nigromaculata

    Kimura T., Takasaki M., Hatai R., Nagai Y., Uematsu K., Oaki Y., Osada M., Tsuda H., Ishigure T., Toyofuku T., Shimode S., Imai H.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  10 ( 1 )  2020年12月

     概要を見る

    © 2020, The Author(s). Sapphirinid copepods, which are marine zooplankton, exhibit tunable structural colors originating from a layered structure of guanine crystal plates. In the present study, the coloring portion of adult male of a sapphirinid copepod, Sapphirina nigromaculata, under the dorsal body surface was characterized to clarify the regulation and actuation mechanism of the layered guanine crystals for spectral control. The coloring portions are separated into small domains 70–100 µm wide consisting of an ordered array of stacked hexagonal plates ~1.5 µm wide and ~80 nm thick. We found the presence of chitin-based honeycomb frameworks that are composed of flat compartments regulating the guanine crystal plates. The structural color is deduced to be tuned from blue to achromatic via yellow and purple by changing the interplate distance according to vital observation and optical simulation using a photonic array model. The framework structures are essential for the organization and actuation of the particular photonic arrays for the exhibition of the tunable structural color.

  • Polarization Dependence of Optical Properties of Single-Mode Polymer Optical Waveguides Fabricated under Different Processes at 1310/1550 nm

    Morimoto Y., Matsui H., Hikita M., Ishigure T.

    Journal of Lightwave Technology (Journal of Lightwave Technology)  38 ( 14 ) 3670 - 3676 2020年07月

    ISSN  07338724

     概要を見る

    We experimentally investigate the polarization dependence of the optical properties of single-mode polymer optical waveguides. We compare two types of waveguides composed of the same polymer materials: Step-index square-core waveguides fabricated using the direct curing method and graded-index (GI) circular-core waveguides fabricated using the Mosquito method. We demonstrate that the GI circular-core single-mode waveguides exhibit remarkably small dependence of optical loss on the polarization angle, which is less than 0.1 dB polarization dependent loss (PDL) at both 1310 and 1550 nm wavelengths. This steady polarization property is attributed to the material stress free to the composing polymers during the fabrication process of the Mosquito method and to parabolic GI profile formed in symmetric circular core.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ポリマー光導波路の研究開発動向

    石榑 崇明

    エレクトロニクス実装学会誌 (一般社団法人 エレクトロニクス実装学会)  20 ( 5 ) 271 - 277 2017年09月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • なんでモスキート??

    石榑 崇明

    応用物理 (応用物理学会)  86 ( 7 ) 599 - 602 2017年07月

    記事・総説・解説・論説等(その他)

  • ポリマー光導波路

    石榑 崇明

    光技術コンタクト (日本オプトメカトロニクス協会)  55 ( 5 ) 10 - 17 2017年05月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著,  ISSN  0913-7289

  • 3D high-density channel integration of a polymer optical waveguide using the Mosquito method

    Takaaki Ishigure, Daisuke Suganuma, Kazutomo Soma

    Chip Scale Review (Haley Publishing Inc)  19 ( 4 ) 32 - 35 2015年08月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),  ISSN  1526-1344

     概要を見る

    This article includes the review of a conference paper presented at ECTC 2014, which received the outstanding session paper award.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Accurate Core Alignment for Polymer Optical Waveguide in the Mosquito Method for High-Efficient Coupling

    Yoshie Morimoto,Kumi Date,and Takaaki Ishigure

    IEEE 68th Electronic Components and Technology Conference (San Diego, CA, USA) , 

    2018年06月

    ポスター発表, IEEE Electronics Packaging (EP) Society

  • Direct Fabrication for Polymer Optical Waveguide in PMT Ferrule Using the Mosquito Method

    Takaaki Ishigure, Hikaru Masuda,Kumi Date,Chinami Marushima. Tadayuki Enomoto

    IEEE 68th Electronic Components and Technology Conference (San Diego, CA, USA) , 

    2018年05月

    口頭発表(一般), IEEE Electronics Packaging (EP) Society

  • Multimode / Single-mode Polymer Waveguides for Optical Wiring from the Chip to On-Board

    Takaaki Ishigure

    2018 International Conference on Electronics Packaging and iMAPS All Asia Conference (ICEP-IAAC2018) (Mie, Japan) , 

    2018年04月

    口頭発表(招待・特別)

  • 広帯域・高密度オンボード光配線のためのポリマー光導波路

    石榑 崇明

    電子情報通信学会2018総合大会 (東京) , 

    2018年03月

    口頭発表(招待・特別)

     概要を見る

    我々は,データセンタネットワーク配線の主流であったマルチモードファイバ(MMF)との高い接続性に重きを置いてポリマー光導波路の研究開発をを進めてきた.その中から考案したモスキート法は,マルチモードのみならずシングルモード導波路,さらには,従来のリソグラフィを応用した手法では作製が困難な導波路素子を容易に作製できることが分かってきた.本稿では,これまでに我々が報告してきたポリマー光導波路のオンボード光配線への適合性について紹介する.

  • 屈折率分布型ポリマー光導波路のマルチモードファイバ−光源間結合素子への応用

    幡井亮介,香取健司,石榑崇明

    第32回エレクトロニクス実装学会講演大会 (野田市,千葉) , 

    2018年03月

    口頭発表(一般), 一般社団法人 エレクトロニクス実装学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2017年度 エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰

    石榑崇明, 2018年03月, 一般社団法人 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ, 光エレクトロニクス研究専門委員会幹事としての貢献

  • エレクトロニクス実装学会春季講演大会 講演大会優秀賞

    増田輝,中條徳男,石榑崇明, 2018年03月, 一般社団法人 エレクトロニクス実装学会, 多段光デバイスとの接続に向けたオンボード3次元Fan-in/out導波路の作製

  • The 64th Electronic Components and Technology Conference, Outstanding Oral Session Paper Award

    Takaaki Ishigure, Daisuke Suganuma, and Kazutomo Soma, 2015年05月, IEEE CPMT, Three-Dimensional High Density Channel Integration of Polymer Optical Waveguide Using the Mosquito Method

    受賞国: アメリカ合衆国

     説明を見る

    第64回ECTC2014にて口頭発表した論文「Three-Dimensional High Density Channel Integration of Polymer Optical Waveguide Using the Mosquito Method」に対して授与された.

  • The 61st Electronic Components Technology Conference (ECTC 2011) Outstanding Poster Paper Award

    Takaaki Ishigure, Ryota Ishiguro, Hisashi Uno, Hsiang-Han Hsu, 2012年05月, IEEE CPMT Society, Maximum channel density in multimode optical waveguides for parallel interconnection

  • 丸文研究奨励賞

    石榑 崇明, 2008年03月, ポリマー光ファイバ・導波路の低損失・低分散化と超高速光インターコネクションへの応用に関する研究

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • プレゼンテーション技法

    2022年度

  • フォトニクス

    2022年度

  • ナノスケール科学ジョイントセミナー

    2022年度

  • マテリアルデザイン科学ジョイントセミナー

    2022年度

  • 自然科学実験

    2022年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興事業団 創造科学事業

    2000年10月
    -
    2004年09月
  • 通産省 「情報家電機器間の相互接続正確保のための標準化」委員会

    1999年04月
    -
    2001年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会分科会 フォトニクス分科会, 

    2015年01月
    -
    継続中
  • 応用物理学会分科会 日本光学会, 

    2012年04月
    -
    2014年12月
  • The 18th OptoElectronics and Communications Conference (OECC2013) / Photonics in Switching 2013 (PS2013), 

    2012年02月
    -
    2013年07月
  • 電子情報通信学会 光エレクトロニクス(OPE)研究専門委員会, 

    2011年05月
    -
    継続中
  • エレクトロニクス実装学会, 

    2011年05月
    -
    2013年04月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月
    -
    継続中

    副委員長, 電子情報通信学会 光エレクトロニクス(OPE)研究専門委員会

  • 2020年05月
    -
    継続中

    光回路実装技術委員会 委員, エレクトロニクス実装学会

  • 2018年11月
    -
    2019年12月

    The General Chair, IEEE CPMT Symposium JAPAN (ICSJ2019)

  • 2018年05月
    -
    2020年05月

    編集出版会議 庶務・財務幹事, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ

  • 2018年05月
    -
    2020年04月

    光回路実装技術委員会 委員長, エレクトロニクス実装学会

全件表示 >>