萩原 学 (ハギワラ マナブ)

Hagiwara, Manabu

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

専任講師

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    日本学術振興会, 特別研究員(DC1)

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾大学, 理工学部応用化学科, 助教(有期)

  • 2016年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 理工学部応用化学科, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    東京工業大学, 工学部, 無機材料工学科

    日本, 大学, 卒業

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    東京工業大学, 理工学研究科, 材料工学専攻

    日本, 大学院, 修了, 博士前期

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    東京工業大学, 理工学研究科, 材料工学専攻

    日本, 大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 東京工業大学, 課程, 2013年03月

    Study on Nonlinear Phenomena in Piezoelectric Ceramics

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 無機工業材料

  • 無機材料・物性

 

著書 【 表示 / 非表示

  • エレクトロニクス用セラミックスの開発、評価手法と応用

    技術情報協会, 技術情報協会, 2020年08月,  ページ数: 543p

    担当範囲: 第2章・第2節「水熱法を利用した(Bi1/2K1/2)(ZrxTi1-x)O3非鉛圧電セラミックスの作製」(P.82~ P.87)

論文 【 表示 / 非表示

  • Fabrication of highly (1 1 1)-oriented Cu2O films on glass substrates by repeated chemical bath deposition

    Daichi Tonagi, Manabu Hagiwara, Shinobu Fujihara

    Journal of Crystal Growth (Elsevier BV)  551   125920 - 125920 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0022-0248

  • Hydrothermal growth of c-axis oriented ferroelectric (Bi1/2K1/2)TiO3 films on metal substrates

    Masayoshi Yamamoto, Ryotaro Sakurai, Manabu Hagiwara, Shinobu Fujihara

    Thin Solid Films (Elsevier BV)  713   138342 - 138342 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0040-6090

  • Effect of micro-/mesoporous structures on H2O2 sensing ability of YVO4:Eu3+ phosphor particles

    Kasumi MOTOMIYA, Manabu HAGIWARA, Shinobu FUJIHARA

    Journal of the Ceramic Society of Japan (Ceramic Society of Japan)  128 ( 8 ) 532 - 538 2020年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1882-0743

  • (Bi1/2K1/2)TiO3–SrTiO3 solid-solution ceramics for high-temperature capacitor applications

    M Shiga, M Hagiwara, S Fujihara

    Ceramics International (Ceramics International)  46 ( 8 ) 10242 - 10249 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  02728842

     概要を見る

    © 2020 Elsevier Ltd and Techna Group S.r.l. The relaxor state of (Bi1/2K1/2)TiO3 exhibits promising dielectric properties for high-temperature capacitor applications, but the spontaneous phase transition into the low-temperature ferroelectric state and the excessively high dielectric maximum temperature (Tm) at around 360 °C are the main drawback to this material. In this study we examined solid solutions of (Bi1/2K1/2)TiO3 with SrTiO3 to improve the temperature stability of the dielectric properties. As precursors to fabricate the sold-solution ceramics, fine powders of (Bi1/2K1/2)TiO3 and SrTiO3 were both synthesized by the hydrothermal method. Dense (1 − x)(Bi1/2K1/2)TiO3–xSrTiO3 ceramics with x up to 0.5 were then obtained by reaction sintering of the powders. A crystal structure analysis revealed that the average symmetry of the solid-solution ceramics changes from tetragonal to cubic with increasing the SrTiO3 content. Dielectric measurements showed that the incorporation of SrTiO3 into (Bi1/2K1/2)TiO3 stabilizes the relaxor state to shift Tm largely toward lower temperatures. As a result, the sample with x = 0.5 exhibited a temperature-stable dielectric permittivity of 1700 ± 15% over a wide temperature range from room temperature up to 260 °C. The electric-field and temperature dependences of the energy-storage properties of the sample were also investigated.

  • Fabrication of highly textured Ca3Co4O9 ceramics with controlled density and high thermoelectric power factors

    R Shimonishi, M Hagiwara, S Fujihara

    Journal of the European Ceramic Society (Journal of the European Ceramic Society)  40 ( 4 ) 1338 - 1343 2020年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  09552219

     概要を見る

    © 2019 Elsevier Ltd Ca3Co4O9 ceramics have been studied as an alternative p-type thermoelectric material. Thermoelectric properties of the ceramics would be improved by either orientation of grains or introduction of pores. In this study, we fabricated textured Ca3Co4O9 ceramics with controlled density by a reactive-templated grain growth method combined with a hot-forging technique. A powder precursor obtained by mixing β-Co(OH)2 as a template and CaCO3 as a matrix was uniaxially pressed into pellets and sintered under hot-forging pressures up to 5.0 MPa. The relative density of the resulting ceramics was varied between 41.0 and 83.8 % while all the ceramics showed excellent c-axis orientation. The in-plane electrical conductivity of our ceramics could be kept relatively higher than that ever reported previously due to the orientation. Because Seebeck coefficient did not depend on the relative density, the higher electrical conductivity of our ceramics led directly to improved thermoelectric power factors between 67.0 and 409 μW·m−1 K−2.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 水熱法を活用した高品質ビスマス系非鉛圧電セラミックスの作製

    萩原学, 藤原忍

    セラミックス 54 ( 8 ) 559 2019年08月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 層状イットリウム水酸化物の構造制御と蛍光センシング材料への応用

    森山 隼、萩原学、藤原忍

    日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • 水熱合成法による金属基板上への(Bi1/2K1/2)TiO3膜の作製と振動発電素子への応用

    萩原学、櫻井亮太朗、藤原忍

    日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月, 口頭(一般)

  • ゾル-ゲル法によるBaTiO3系ナノコンポジット誘電体膜の作製

    宮川雄貴、萩原学、藤原忍

    日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月, ポスター(一般)

  • 2相ゾル-ゲル法で合成したYVO4:Eu3+ナノ/マイクロ構造膜によるH2O2センシング

    本宮香純、萩原学、藤原忍

    日本セラミックス協会 2018年年会, 2018年03月, ポスター(一般)

  • 異なるイットリウム源を用いた固相反応によるCuYO2半導体セラミックスの作製

    鳴嶋俊介、萩原学、藤原忍

    第37回エレクトロセラミックス研究討論会, 2017年10月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高性能な酸化物熱電材料の開発に向けた複合カチオンエンジニアリングの構築

    2020年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 萩原 学, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 複合カチオンエンジニアリングによる超低熱伝導性酸化物の設計・合成と熱電特性の向上

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 萩原 学, 若手研究, 補助金,  代表

  • Aサイト複合ペロブスカイトのリラクサー相を利用した高温キャパシタ用誘電体の創製

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 萩原 学, 若手研究(B), 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用化学実験A

    2021年度

  • 化学B

    2021年度

  • 卒業研究

    2021年度

  • 無機材料設計特論

    2021年度

  • 自然科学実験

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自然科学実験

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 教養科目

  • 応用化学実験A

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 専門科目, 実習・実験

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本セラミックス協会