今井 宏明 (イマイ ヒロアキ)

Imai, Hiroaki

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 材料化学、バイオミネラリゼーション、無機機能材料、自己組織化プロセス

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1985年11月

    日本酸素株式会社開発本部

  • 1985年11月
    -
    1987年12月

    工業技術院電子技術総合研究所出向

  • 1988年01月
    -
    1992年03月

    日本酸素株式会社技術本部

  • 1992年04月
    -
    1993年03月

    日本酸素株式会社電子機材事業本部

  • 1993年04月
    -
    1996年03月

    慶應義塾大学(理工学部)助手

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年03月

    慶應義塾, 工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1985年03月

    慶應義塾, 工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , 慶應義塾, 1990年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Nanoscience Volume 1:Nanostructures through Chemistry

    今井 宏明, The Royal Society of Chemistry, 2013年

    担当範囲: 1-28

  • Mesoscale Chemistry

    今井 宏明, Pan Stanford Publishing. Ltd., 2012年

  • 最先端材料システムワンポイントシリーズ「自己組織化と機能材料」

    今井 宏明, 共立出版, 2012年

  • セラミックデータブック 2010/11

    今井 宏明,緒明佑哉, 2010年

    担当範囲: 68-72

  • ナノ蛍光体の開発と応用

    今井 宏明, エヌ・ティー・エス, 2007年

    担当範囲: 173-181

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Bending Fibers of Hydroxyapatite for Ordered Parallel Architecture in Bovine Tooth Enamel

    Yukimasa Y., Takasaki M., Oaki Y., Imai H.

    ACS Omega (ACS Omega)  4 ( 2 ) 3739 - 3744 2019年02月

     概要を見る

    Copyright © 2019 American Chemical Society. The nanometer-scale bending structure in the enamel-dentin interfacial region of bovine teeth was clarified using detailed electron micrographs. We found that enamel prisms of width 5-10 μm in the enamel are regarded as a bundle of nanometer-scale hydroxyapatite (HA) fibers of width 20-30 nm that are connected to the enamel-dentin interface. The radial arrangements of HA fibers elongated in the c-axis were formed on the dentin surface at the boundary. The orientation adjustment of the HA fibers was observed through stepwise bending with a gradual change of the c direction in the ordered parallel array of the enamel prisms. Our observation suggests that the crystallographic ordering in the enamel layer originates from the growth-induced orientation of HA crystals in the interfacial region.

  • Highly porous polymer dendrites of pyrrole derivatives synthesized through rapid oxidative polymerization

    Ishii K., Sato K., Oaki Y., Imai H.

    Polymer Journal (Polymer Journal)  51 ( 1 ) 11 - 18 2019年01月

    ISSN  00323896

     概要を見る

    © 2018, The Society of Polymer Science, Japan. Highly porous organic structures are synthesized by the oxidative polymerization of pyrrole derivatives in a concentrated monomer and oxidant solution. The rapid polymerization of pyrrole by oxidation with FeCl 3 in CHCl 3 as a cosolvent for the monomer and the oxidant leads to nanometer-scale branching morphologies that have a specific surface area of ~200 m 2 g −1 . The polymerization of pyrrole derivatives, such as 1-methylpyrrole and 1-ethylpyrrole, produced intragranular micropores of ~1 nm in diameter in the polymer grains of nanoscale dendrites. We obtained highly porous polymers of polypyrrole derivatives that have high specific surface areas (~900 m 2 g −1 ) with bimodal pore-size distribution. The enhanced adsorbability of porous polymer dendrites for aromatic molecules was confirmed, in comparison with that of conventional polystyrene adsorbents.

  • Tunable Stimuli-Responsive Color-Change Properties of Layered Organic Composites

    Takeuchi M., Gnanasekaran K., Friedrich H., Imai H., Sommerdijk N., Oaki Y.

    Advanced Functional Materials (Advanced Functional Materials)  28 ( 45 )  2018年11月

    ISSN  1616301X

     概要を見る

    © 2018 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Stimuli-responsive properties of soft materials originate from dynamic structure changes. Layered polydiacetylene (PDA) shows color-change properties with the application of external stimuli, such as thermal and mechanical stresses. Layered organic materials possessing intercalation capabilities and dynamic properties have potentials for tuning their structures and properties by the intercalated guests. A variety of sensing and imaging devices can be developed by control of the stimuli responsivity. Here, the key structures, processes, and mechanisms for tuning the stimuli-responsive color-change properties of layered PDA are studied by in situ analyses with heating and cooling. The in situ analyses indicate that heating initiates thermal motion of the alkyl side chains of the PDA main chain in the host layers around 60 °C, regardless of the type of intercalated guests. Further heating induces torsion of the PDA main chain leading to color changes at different temperatures, depending on the types of the intercalated guest. Then, the layered structure is irreversibly deformed with lowering the crystallinity. The results indicate that the stimuli-responsive color-change properties are controlled by the rigidity of the layered structures consisting of the host layers and guests. The control strategy based on rigidity tuning can be applied to a variety of soft materials with stimuli responsivity.

  • Layer-by-Layer Manipulation of Heterogeneous Rectangular Nanoblocks: Brick Work for Multilayered Structures with Specific Heterojunction

    Matsumoto R., Takasaki M., Tsukiyama K., Oaki Y., Imai H.

    Inorganic Chemistry (Inorganic Chemistry)  57 ( 18 ) 11655 - 11661 2018年09月

    ISSN  00201669

     概要を見る

    © 2018 American Chemical Society. The combination of heterogeneous inorganic nanocrystals provides novel nanometer-scale architectures for exploration of novel functions. In the present study, heterogeneous bilayers, such as BaTiO3-Fe3O4 and Mn3O4-CeO2, are fabricated via layer-by-layer stacking of several rectangular nanoblocks 5-23 nm in size by evaporation-driven self-assembly. Specific heterojunctions between inorganic crystals are constructed by nanoscale simple brick work through spontaneous adjustment of the crystallographic orientations of the nanoblocks in the lower and upper layers.

  • Layer-by-layer manipulation of anisotropic nanoblocks: Orientation-switched superlattices through orthogonal stacking of: A and c directions

    Nakagawa Y., Matsumoto R., Kageyama H., Oaki Y., Imai H.

    Nanoscale (Nanoscale)  10 ( 27 ) 12957 - 12962 2018年07月

    ISSN  20403364

     概要を見る

    © 2018 The Royal Society of Chemistry. Nanometer-scale switching of the crystallographic orientation enables production of novel superlattices for exploration of new functions. Elaborate multilayered architectures of Mn3O4 nanocuboids were constructed by a convective self-assembly process. The nanometric cuboids were accumulated into orientation-switched superlattices on micrometric scales by controlling the a and c directions of the tetragonal crystal periodically. The orthogonal stacking of the tetragonal nanoblocks was achieved through the layer-by-layer manipulation process of two types of 2D arrays with different orientations.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • バイオミネラリゼーションを応用した有機/無機複合材料の開発とこれからの研究開発テーマ

    緒明佑哉, 今井宏明

    研究開発リーダー 1   8 - 12 2014年

    総説・解説(その他), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ゾルゲル法による多孔質スピネル型MgMn2O4の合成およびマグネシウム二次電池への応用

    福見雄、伊勢隆太、緒明佑哉、今井宏明

    日本セラミックス協会2019年年会 (東京都新宿区 工学院大学 新宿キャンパス) , 2019年03月, 口頭(一般)

  • ドライおよびウェットな低温環境におけるカルサイトナノ結晶の開裂と粒成長

    髙﨑美宏、緒明佑哉、今井宏明

    日本セラミックス協会2019年年会 (東京都新宿区 工学院大学 新宿キャンパス) , 2019年03月, 口頭(一般)

  • カルサイトナノロッドの単層集積によるナノスケールパターンの形成

    田子誠、髙﨑美宏、緒明佑哉、今井宏明

    日本セラミックス協会2019年年会 (東京都新宿区 工学院大学 新宿キャンパス) , 2019年03月, 口頭(一般)

  • Fe3O4ナノキューブ単層配列体の作製およびその磁気特性の評価

    清水真琴、松本里穂、溝口剛史、佐藤徹哉、髙﨑美宏、緒明佑哉、今井宏明

    日本セラミックス協会2019年年会 (東京都新宿区 工学院大学 新宿キャンパス) , 2019年03月, 口頭(一般)

  • 炭酸含有水酸アパタイトナノ粒子の合成とマクロ造形への応用

    萩原 優樹、髙﨑美宏、緒明佑哉、今井宏明

    日本セラミックス協会2019年年会 (東京都新宿区 工学院大学 新宿キャンパス) , 2019年03月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • デザインされた異方性ナノブロックによる秩序配列マテリアルの構築と機能開拓

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 今井 宏明, 基盤研究(A), 補助金,  代表

  • オリエンテッドアタッチメントによる結晶成長の解明とナノ材料合成への応用

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 今井 宏明, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

Works 【 表示 / 非表示

  • 実験化学講座「無機化合物」

    今井 宏明

    2005年03月
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    固体化学・無機材料化学の研究・教育に重要な各種の実験技術の解説書。

  • セラミックス大学

    今井 宏明

    2000年05月
    -
    2006年10月

    その他, 共同

     発表内容を見る

    年間7〜8回の講義を通して、セラミックスの基礎と応用を社会人、大学生を問わず分かりやすく解説する教育講座の企画および講師を担当。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本結晶成長学会第32回論文賞

    今井宏明, 2015年10月, 日本結晶成長学会, メソ結晶におけるねじれ形態発現機構の解明とその制御

  • 第 68 回(平成 25 年度)日本セラミックス協会賞学術賞

    今井宏明, 2013年11月, 公益社団法人日本セラミックス協会, バイオミネラルに着想を得たセラミックス合成プロセスの深化と応用

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用化学輪講

    2021年度

  • 自己組織化の科学

    2021年度

  • ナノスケール科学ジョイントセミナー

    2021年度

  • マテリアルデザイン科学ジョイントセミナー

    2021年度

  • 応用化学実験C

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 全国高校化学グランプリ2012・2次選考特別講演・公益社団法人日本化学会

    2012年08月

     概要を見る

    参加者:中高生約80名

  • ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI:「生き物による結晶づくりを学び・まねしよう」講義と実験

    2011年08月

     概要を見る

    参加者:中高生19名
    於:慶応義塾大学矢上キャンパス

  • 全国高校化学グランプリ2011 2次選考特別講演

    2011年08月

     概要を見る

    主催:「夢・化学-21」委員会
    参加者:中高生約80名
    於:慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス

  • 独立行政法人産業技術総合研究所

    2008年05月
    -
    継続中
  • 独立行政法人物質・材料研究機構

    2001年05月
    -
    2005年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本セラミックス協会編集委員会, 

    2010年04月
    -
    2018年06月
  • 日本セラミックス協会行事企画委員会, 

    2007年04月
    -
    2009年03月
  • 日本化学会欧文誌編集員会, 

    2005年04月
    -
    2010年03月
  • 日本ゾルゲル学会, 

    2003年07月
    -
    継続中
  • 日本結晶成長学会, 

    2000年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    継続中

    運営委員会委員長, 日本セラミックス協会

  • 2010年04月
    -
    2018年06月

    編集委員, 日本セラミックス協会編集委員会

  • 2008年05月
    -
    2010年04月

    客員研究官, 独立行政法人産業技術総合研究所

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    委員長, 日本セラミックス協会行事企画委員会

  • 2005年04月
    -
    2010年03月

    編集委員, 日本化学会欧文誌編集員会

全件表示 >>