磯部 徹彦 (イソベ テツヒコ)

Isobe, Tetsuhiko

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 私たちの研究室では、ユニークな液相合成法を活用して0次元や2次元の形態を有するナノ蛍光体材料を開発しています。たとえば、ディスプレイの広色域化を可能にするペロブスカイト量子ドット、太陽電池応用を指向した近紫外線を赤色や近赤外線に波長変換するナノシート、低毒性・環境親和性を有するカーボンドット、近紫外線照射で可視光を発する銀イオン交換ゼオライトナノ粒子などを研究しています。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学(理工学部応用化学科),助手

  • 1993年09月
    -
    1994年08月

    Vanderbilt大学(米国)(Department of Materials Science and Engineering), 訪問研究員

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

    慶應義塾大学(理工学部応用化学科),専任講師

  • 1999年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学(理工学部応用化学科),助教授

  • 1999年09月
    -
    2000年08月

    École Supérieure de Physique et de Chimie Industrielles de la Ville de Paris (ESPCI)(フランス), 訪問研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月

    慶應義塾, 理工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1988年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1991年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 慶應義塾, 課程, 1992年02月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノバイオサイエンス (ナノ材料・ナノバイオサイエンス)

  • 無機材料・物性

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 蛍光体

  • ナノ蛍光体

  • 蛍光ナノ材料

  • ナノ複合材料

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 量子ドット材料の技術と応用展開: ディスプレイ・照明・バイオ応用から太陽電池まで

    磯 由樹, 磯部 徹彦, 情報機構, 2017年06月

    担当範囲: 第4章第2節 ペロブスカイト型量子ドット蛍光体

  • 次世代蛍光体材料の開発

    磯 由樹, 磯部 徹彦, シーエムシー出版, 2016年07月

    担当範囲: 第4編 第1章 CdフリーCuInS2量子ドット,第2章 ドープ型量子ドット,第3章 ナノシート蛍光体

  • ナノ粒子の表面修飾と分析評価技術~各種特性を向上するためのナノ粒子表面関連技術とその評価~

    磯部 徹彦, 情報機構, 2016年01月

    担当範囲: 第4章 第6節 蛍光ナノ粒子の表面修飾

  • 近赤外・紫外線-波長変換と光吸収増大による太陽電池の高効率化技術

    磯 由樹, 磯部 徹彦, S&T出版, 2016年01月

    担当範囲: 第1章 第1節 ナノ蛍光体による近紫外線→可視光・近赤外線変換と結晶シリコン太陽電池への応用

  • 『光』の制御技術とその応用 事例集

    磯 由樹、磯部 徹彦, 技術情報協会, 2014年03月

    担当範囲: 第4章 第3節 ナノ蛍光体波長変換膜の作成と応用

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Photoluminescence properties of L-cysteine-derived carbon dots prepared in non-aqueous and aqueous solvents

    Yoshinaga T., Akiu M., Iso Y., Isobe T.

    Journal of Luminescence (Journal of Luminescence)  224 2020年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00222313

     概要を見る

    © 2020 Elsevier B.V. Fluorescent carbon dots (CDs) can be produced from amino acids such as L-cysteine by an intermolecular dehydration reaction between NH2 and COOH groups, followed by carbonization. This dehydration reaction may be hindered in aqueous media because the amino acid molecules are surrounded by water; therefore, we used a non-aqueous reaction media to facilitate the dehydration reaction. In the present study, L-cysteine was heated at 230 °C for 30 min in a non-aqueous solvent, diphenyl ether, which has a high boiling point of 258 °C, to yield CDs-NA. For comparison, we also hydrothermally prepared CDs-A from L-cysteine dissolved in water, with the use of an autoclave and microwave heating system under the same temperature and time conditions. The maximum photoluminescence (PL) intensity of the water dispersion of CDs-NA was 1.5 times as high as that of the CDs-A. The absolute PL quantum yield (QY) of CDs-NA was 4.2%, which was 1.4 times as high as that of CDs-A, 3.0%. Characterization of the elemental compositions, particulate properties, and chemical bonding states confirmed that the non-aqueous solvent not only facilitated CD formation via the dehydration reaction but also contributed to the formation of sulfonic acid groups by oxidation of thiol groups. The rapid particle growth and formation of the additional functional groups might contribute to the increased PL intensity and absolute PLQY of CDs-NA. Through the optimization of the synthesis conditions in a non-aqueous solvent, the absolute PLQY of CDs-NA was increased from 4.2% to 10.2%.

  • Surface modification strategy for fluorescence solvatochromism of carbon dots prepared from: P -phenylenediamine

    Sato K., Sato R., Iso Y., Isobe T.

    Chemical Communications (Chemical Communications)  56 ( 14 ) 2174 - 2177 2020年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  13597345

     概要を見る

    This journal is © The Royal Society of Chemistry. The fluorescence solvatochromism of p-phenylenediamine-derived carbon dots (CDs) was modulated through surface modification with decanoic acid or perfluorodecanoic acid. This is attributed to the adjustment of the dipole interaction between solvent molecules and the CD surface in terms of steric hindrance of a surface modifier and polarization of the modified CD surface.

  • Critical Review - Photostable Fluorescent Cd-Free Quantum Dots Transparently Embedded in Monolithic Silica

    Iso Y., Isobe T.

    ECS Journal of Solid State Science and Technology (ECS Journal of Solid State Science and Technology)  9 ( 1 )  2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  21628769

     概要を見る

    © The Author(s) 2019. Published by ECS.. Fluorescent Cd-free quantum dots (QDs) such as InP/ZnS and CuInS2/ZnS have attracted attention for use as color converters for blue light emitting diodes. To protect QDs from oxygen, which degrades them by photo-oxidation during excitation, we fabricated a transparent monolithic silica composite containing the QDs using an aqueous solution of tetramethylammonium silicate (TMAS) as a silica source. The TMAS solution readily dispersed the negatively charged QDs prepared by ligand exchange of 1-dodecanethiol for 3-mercatopropionic acid (MPA). A highly transparent monolithic TMAS-derived silica composite containing the MPA-capped QDs was obtained from the QD dispersion through a sol-gel process. Improved photostability of QDs was explained by the TMAS-derived silica acting as a gas barrier to protect the embedded QDs from photo-oxidation by oxygen in air.

  • Effective Stabilization of Perovskite Cesium Lead Bromide Nanocrystals through Facile Surface Modification by Perfluorocarbon Acid

    Sato D., Iso Y., Isobe T.

    ACS Omega (ACS Omega)  5 ( 2 ) 1178 - 1187 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2020 American Chemical Society. CsPbX3 (X = Cl, Br, I) perovskite nanocrystals (NCs) have attracted much attention as promising materials for next-generation optoelectronic applications. However, improvement of their low stabilities against heating and humidity is needed for practical use. In this work, we focused on perfluorodecanoic acid (PFDA) as a surface ligand and investigated the thermal and chemical stabilities of the photoluminescence (PL) properties of CsPbBr3 NCs. Oleic acid (OA) adsorbed on the NCs was exchanged for decanoic acid (DA) and PFDA. OA-modified and DA-modified NCs exhibited drastic fluorescence quenching to 12.9 and 21.1% of their initial PL intensities, respectively, after heating at 100 °C for 4 h. In contrast, the PFDA-modified NCs maintained 92.1% of their PL intensity after the same heating. Furthermore, the polar solvent resistance was also improved by PFDA modification. These improvements can be attributed to the strong adsorptivity and high chemical stability of the PFDA ligand.

  • Musa AAA and Jatropha curcas L. sap mediated TiO<inf>2</inf> nanoparticles: Synthesis and characterization

    Wagutu A., Yano K., Sato K., Park E., Iso Y., Isobe T.

    Scientific African (Scientific African)  6 2019年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2019 Titanium dioxide (TiO2) nanoparticles were synthesized using East African highland banana (Musa AAA) and Jatropha curcas L. sap. The nanoparticles were characterized with X-ray diffractometry (XRD), Raman spectroscopy, Fourier transform infrared (FT-IR) spectroscopy and scanning electron microscopy (SEM). FT-IR peaks show presence of amino, carboxyl and hydroxyl groups on the crystal surface of the nanoparticles. XRD and Raman characteristic indicate anatase phases. The average crystallite size calculated from XRD peak width using Scherrer equation are 5.5 nm and 6.1 nm for Jatropha and Musa AAA sap TiO2 particles respectively. SEM images show polydispersed spherical clusters of agglomerated nanoparticles. The nanoparticles showed antimicrobial activity against gram-negative bacteria when irradiated in natural sunlight for 2 h. The sap extracts provide a simple, cheaper and more environmentally benign reducing and stabilizing agents for transforming transition metal salts into nano-scale particles, which have wide range of industrial applications.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ナノ蛍光体が透明に分散した波長変換TMAS誘導シリカプレート

    磯 由樹, 磯部 徹彦

    Material Stage 16 ( 9 ) 81 - 83 2016年09月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • Preface to the Focus Issue on Novel Applications of Luminescent Optical Materials

    Mikhail Brik, Tetsuhiko Isobe, Alan Piquette, Gregg S. Kottas, Alok M. Srivastava, Kailash C. Mishra

    ECS J. Solid State Sci. Technol. 5 ( 1 ) Y1 - Y1 2016年01月

    その他記事, 共著

  • 波長変換蛍光ナノ材料の開発

    磯 由樹, 磯部 徹彦

    光アライアンス 26 ( 8 ) 59 - 62 2015年08月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • フランスのサイエンスの基盤 -E.S.P.C.I.での留学を通じて-

    磯部 徹彦

    コロイドおよび界面化学部会NEWSLETTER Vol.26, No.4    18-19 2001年09月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

     概要を見る

    パリ市立工業物理化学高等専門大学E.S.P.C.I. (École Supérieure de Physique et de Chimie Industrielles de la Ville de Paris)のLaboratoire de Physique Quantique(LPQ)で訪問研究員として過ごした留学体験を紹介した。

  • ドープ型半導体ナノクリスタル蛍光体材料の開発と展望

    磯部徹彦

    機能材料 19 ( 2 ) 17-25 1999年01月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

     概要を見る

    ドープ型半導体ナノクリスタル蛍光体材料の開発の現状と今後の展望を解説した。(9頁)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 高色純度CsPb(Br1−xIx)3ペロブスカイト量子ドット緑色蛍光体の探求

    宮田 新平, 磯 由樹, 磯部 徹彦

    第65回応用物理学会春季学術講演会 (東京(早稲田大学・西早稲田キャンパス)) , 2018年03月, 口頭(一般)

  • フェニレンジアミン誘導カーボンドットの蛍光特性

    佐藤 里奈, 磯 由樹, 磯部 徹彦

    第65回応用物理学会春季学術講演会 (東京(早稲田大学・西早稲田キャンパス)) , 2018年03月, 口頭(一般)

  • CsPbBr3ペロブスカイト量子ドット分散液の安定性に与えるオレイン酸の影響

    小杉 拓磨, 磯 由樹, 磯部 徹彦

    第65回応用物理学会春季学術講演会 (東京(早稲田大学・西早稲田キャンパス)) , 2018年03月, 口頭(一般)

  • コア/シェル型InP/ZnS量子ドット蛍光体の耐光性の向上

    磯 由樹, 渡邉太一, 磯部 徹彦, 佐々木 洋和

    第371回蛍光体同学会講演会 (東京(日本科学未来館)) , 2018年02月, 口頭(招待・特別)

  • PVPコートY2O3:Bi3+,Eu3+ナノシート電気泳動堆積膜の作製・特性評価・太陽電池応用

    小菅 裕太, 磯 由樹, 磯部 徹彦

    第56回セラミックス基礎科学討論会 (つくば(つくば国際会議場)) , 2018年01月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • カーボンドットの発光特性を制御した先進的な液相合成法の開拓

    2019年06月
    -
    2022年03月

    慶應義塾大学, 磯部 徹彦, 磯 由樹, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    従来の無機蛍光体の主流は、希土類元素や遷移金属を結晶にドープし、f軌道やd軌道の準位間での遷移を通じて発光するタイプである。近年、バンドギャップで発光し、量子サイズ効果によって粒子径制御で発光色を調整できる量子ドット(QD)が台頭している。しかし、QD材料として、CdSe、InP、CsPbBr3などが開発されているが、毒性や安定性の面で問題がある。このような背景のもと、本研究では、資源として豊富に存在する炭素材料を用いて、高色純度かつ高効率で発光するカーボンドット(CD)を液相中で合成する指針を構築することを目指す。

  • 近紫外→可視波長変換量子ドットによる太陽電池性能の向上

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 磯部 徹彦, 磯 由樹, 基盤研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    Cu/In仕込みモル比の異なるCIS/ZnS量子ドット(QDs)の分散液試料は、白色光下ではCu/In比を低下させることで無色透明に近づき、365 nmのUV照射下ではいずれも黄色蛍光を示した。CIS/ZnS分散液試料の吸収スペクトルからTaucプロットを作成し、バンドギャップ(Eg)を算出した。仕込みモル比Cu/In=1/4, 1/8, 1/10で合成したCIS/ZnSのEgはそれぞれ2.75 eV、2.90 eV、3.00 eVであり、Cu/In比を低下させることでEgが増大した。元素組成分析を行うと、仕込みモル比Cu/In=1/4, 1/8, 1/10で合成したCIS/ZnSの組成はCu/In=1/5.0, 1/7.8, 1/12.0であり、QDsのCu/In組成は仕込みモル比に対応していた。このことからEgの変化はQDsのCu/In組成の変化に起因すると考えられる。仕込みモル比Cu/In=1/4, 1/8, 1/10で合成したCIS/ZnSの絶対蛍光量子収率(PLQY)はそれぞれ19%、24%、24%であった。原料の仕込みモル比をCu/In=1/10とし、シェル剤を2回添加して合成したCIS/ZnS/ZnS分散液試料は、白色光下で薄い黄色であり、UV照射下では黄色蛍光を示した。CIS/ZnS/ZnS分散液試料の吸収スペクトルからEgを算出すると2.96 eVであり、シェル剤を2回添加することによってEgに大きな変化は見られなかった。絶対PLQYを測定すると30%であった。シェル剤を2回添加することにより絶対PLQYが向上したのは、より効果的に表面欠陥がパッシベートされたことに起因すると考えられる。試作したCIS/ZnS/ZnSを分散したエチレン酢酸ビニル共重合体(EVA)波長変換膜について、QDsは透明にEVA膜中に分散し、UV照射下で膜は黄色蛍光を示した。
    原料の仕込みモル比をCu/In=1/10とし、シェル剤を2回添加して合成したCIS/ZnS/ZnS分散液試料の吸収スペクトルからEgを算出すると2.96 eVであり、QDsの光吸収域を太陽電池の感度が低い紫外域に調節できた。絶対PLQYは30%であり、まだ改善の余地があるが、CIS/ZnS/ZnS QDsを透明にEVA膜中に分散でき、UV照射下で黄色蛍光を示すEVA波長変換膜を試作できた。
    昨年度の研究では、紫外光を可視光に変換するコア/シェル型CuInS2/ZnS QDsを次の手順で作製した。ドデカンチオールへ銅原料とインジウム原料を投入し、アルゴンガス中で加熱してCuInS2コアを作製した。つぎに、コア分散液に亜鉛原料、オレイン酸、ドデカンチオールおよびオクタデセンを投入し、コア/シェル型CuInS2/ZnS QDsの分散液試料と粉末試料を作製した。昨年度までの研究で、銅原料を化学量論比よりも少なくすることによって、紫外光だけを吸収するようにEgを調節できることが明らかにされた。しかし、絶対PLQYが30%ほどであった。さらにPLQYを向上させるために、今後は硫黄原料の種類とその添加方法を検討する。また、昨年度の研究の結果、ドデカンチオールとオレイン酸が被覆したCuInS2/ZnS QDs粉末試料、EVAおよび溶剤を混合することによって、フリースタンディングなQDs分散膜を作製することができた。今後は、紫外光を十分に吸収するように、膜中のQDs濃度および膜厚などを調節する。つぎに、QDs分散膜を市販の太陽電池の上部に接着して太陽電池特性を評価する。疑似太陽光下でのI-V特性を測定し、開放電圧、短絡電流、最大出力、曲線因子、光電変換効率を求める。分光感度測定システムを用いて、QDsの波長変換効果による近紫外域での分光感度の向上を評価する。

  • 近紫外光→赤色光変換蛍光ナノシートおよびそのコンポジット膜の作製・評価と応用

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 磯部 徹彦, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    水熱処理によって合成した水酸化物前駆体ナノシートを焼成して、近紫外光照射により赤色に発光するY2O3:Bi3+,Eu3+ナノシートを作製した。ポリエチレンイミンを吸着させて正に帯電したナノシートの分散液を調製した。一定の電圧を印加して透明導電性基板上に電気泳動電着によって蛍光ナノシートを堆積した。さらにポリビニルピロリドンをコーティングした。この膜試料が市販の単結晶シリコン太陽電池の特性に与える影響を評価した。

  • 生体親和性蛍光ナノ粒子複合ビーズの創製と評価

    2011年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学, 磯部 徹彦, 基盤研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    SPG膜乳化法と架橋剤であるトリポリリン酸イオンとの静電的相互作用による架橋法を組み合わせて、キトサンビーズを作製する条件を検討した。次に、緑色に発光するYAG:Ce3+ナノ粒子および赤色に発光するEu3+ドープアパタイトナノ粒子を、キトサンビーズに複合化することを検討した。また、Eu3+ドープアパタイトナノ粒子とシリカビーズとの複合化と、YAG:Ce3+ナノ粒子とアルギン酸ビーズとの複合化も検討した。

  • 蛍光・磁性デュアル機能性ナノ粒子複合体の創製と特性評価

    2008年
    -
    2010年

    慶應義塾大学, 磯部 徹彦, 基盤研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    紫外光の励起によって赤色に発光するYVO_4:Bi^<3+>,Eu^<3+>ナノ粒子を静電的な相互作用を用いてPMMAマイクロビーズへ複合化することを検討した。また、青色光の励起によって緑色に発光するYAG:Ce^<3+>ナノ粒子とYAG/YIGコアシェル型磁性ナノ粒子を静電的な相互作用を用いてPMMAマイクロビーズへ複合化させることを検討した。

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 早慶交換講義「無機ナノ蛍光体の研究開発への挑戦」

    磯部 徹彦

    2013年04月

    その他, 単独

  • 慶應義塾大学メディアセンターMediaNet, No.18, p.25, ティールーム「電子化でちょっと気になること」

    磯部 徹彦

    2011年11月

    その他, 単独

  • ソニーケミカル&インフォメーションデバイス株式会社 鹿沼事業所における講演 「ドープ型ナノ蛍光体に関する研究動向と展望」

    磯部 徹彦

    2011年09月

    その他, 単独

  • 関東学院六浦高等学校 模擬授業 「身近で活躍する発光材料」

    磯部 徹彦

    2011年06月

    その他, 単独

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 発光体の製造方法

    特願: 特願平9-212171  1997年08月 

    特開: 特開平10-310770  1998年11月 

    特許, 国内出願

  • 発光体の製造方法

    特願: 特願平10-273596  1998年09月 

    特開: 特開2000-104058  2000年04月 

    特許, 国内出願

  • ハイドロキシアパタイトの合成方法,ハイドロキシアパタイト複合体およびその製造方法

    特願: 特願2000-607922  1999年03月 

    特開: WO00/58209  2000年10月 

    特許, PCT国際出願

  • リン酸カルシウム粉体の製造方法

    特願: 特願2000-607923  1999年03月 

    特開: WO00/58210  2000年10月 

    特許, PCT国際出願

  • はんだ粉末とその製造方法、およびソルダーペースト

    特願: 特願平11-187637  1999年07月 

    特開: 特開2000-317682  2000年11月 

    特許, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Poster Paper Award

    T. Watanabe, Y. Iso, T. Isobe, H. Sasaki, 2017年12月, The 24th International Display Workshops(IDW'17), Improved Photostability of Tetramethyl Orthosilicate-Modified InP/ZnS Quantum Dots

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • The Poster Award

    Kenji Akisada, Yusuke Noguchi, Tetsuhiko Isobe, 2010年11月, The 3rd International Congress on Ceramics (ICC3) Symposim 5 "Hybrid and Nano-Structured Materials", Preparation of composite PMMA microbeads hybridized with fluorescent YVO4:Bi3+,Eu3+

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Best Paper Award

    Wakana Kichikawa, Fumiaki Nishimura, Tetsuhiko Isobe, 2006年09月, The International Union Materials Research Society - International Conference in Asia 2006 (IUMRS-ICA 2006), Photoluminescence of the Highly Transparent Colloidal Solution of LaPO4:Ce3+, Tb3+ Nanocrystal Phosphors Synthesized by Low-Temperature Solvothermal Method : Effect of Polyphosphate Additive

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 総合デザイン工学特別研究第2

    2020年度

  • 総合デザイン工学特別研究第1

    2020年度

  • 無機化学基礎

    2020年度

  • 固体の機能設計

    2020年度

  • 機能デザイン工学

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 固体の機能設計

    慶應義塾大学大学院, 2018年度

  • 機能デザイン工学

    慶應義塾大学大学院, 2018年度

  • 総合デザイン工学特別研究第1

    慶應義塾大学大学院, 2018年度

  • 総合デザイン工学課題研究

    慶應義塾大学大学院, 2018年度

  • 総合デザイン工学特別研究第2

    慶應義塾大学大学院, 2018年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 蛍光体同学会, 

    2001年01月
    -
    継続中
  • 応用物理学会, 

    1996年02月
    -
    継続中
  • 日本希土類学会, 

    2005年01月
    -
    継続中
  • 電気化学会, 

    2011年01月
    -
    継続中
  • 日本セラミックス協会, 

    2011年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年01月
    -
    継続中

    幹事, 蛍光体同学会

  • 2004年06月
    -
    継続中

    委員, 日本学術振興会 光電相互変換第125委員会

  • 2014年04月
    -
    継続中

    代議員, 電気化学会

  • 2017年10月
    -
    継続中

    Luminescence and Display Materials Division, Executive Committee Member-at-Large, Electrochemical Society

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    委員, 静岡大学電子工学研究所 共同利用・共同研究委員会

全件表示 >>