眞田 幸俊 (サナダ ユキトシ)

Sanada, Yukitoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 電気情報工学科 (矢上)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    日本学術振興会 ,特別研究員

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    東京工業大学(工学部電気・電子工学科) ,助手

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

    株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 ,アシスタントリサーチャー

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    慶應義塾大学専任講師(理工学部電子工学科)

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    慶應義塾先端科学技術研究センターリエゾン委員会委員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年03月

    慶應義塾, 理工学部, 電気工学科

    大学, 卒業

  • 1995年03月

    ビクトリア大学, 工学部電気・計算機工学専修

    -, 大学院, 修了, 修士

  • 1997年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 電気工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学, 慶應義塾, 1997年03月

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • ソフトウェアで作る無線機の設計法担当

    眞田 幸俊, 科学情報出版, 2016年09月

    担当範囲: 3章3-7節

  • 4G Mobile and Wireless Communications Technologies

    Y. Imaoka, H. Obata, Y. Suzuki, Y. Sanada, River Publishers, 2008年09月

    担当範囲: Chapter entitled "Experimental Investigation of Channel Estimation for IEEE802.11b WLAN System"

  • MATLABマルチメディア信号処理

    池原雅章,島村徹也,眞田 幸俊, 2004年12月

    担当範囲: 193-276

  • マルチメディア通信

    池原雅章,眞田 幸俊, 培風館, 2002年12月

  • Software Radio: Technologies and Services

    R.Kohno, R.Miura, H.Harada, S.Haruyama, Y.Sanada, and L.B.Michael, 2001年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of Joint Detection on System Throughput in Distributed Antenna Network

    Ishikawa Haruya, Sanada Yukitoshi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS E102B ( 3 ) 641 - 647 2019年03月

    ISSN  0916-8516

  • Non-orthogonal multiple access with joint maximum likelihood detection in heterogeneous network

    Sanada Yukitoshi

    EURASIP JOURNAL ON WIRELESS COMMUNICATIONS AND NETWORKING 2018年12月

    ISSN  1687-1472

  • Performance of MMSE interference rejection followed by joint MLD for DAN

    Miyagi H., Sanada Y.

    IEICE Transactions on Communications (IEICE Transactions on Communications)  E101B ( 12 ) 2471 - 2478 2018年12月

    ISSN  09168516

     概要を見る

    Copyright © 2018 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. This paper applies minimum mean square error (MMSE) interference rejection followed by joint maximum likelihood detection (MLD) to a receiver in a distributed antenna network (DAN).DANreceivers capture not only the desired signals, but also the interference signals from nearby uncoordinated antennas. For the overloaded signal situation, nonlinear detection schemes such as joint MLD can be applied to the received signals. However, the amount of metric calculations in joint MLD increases exponentially with the number of signal streams. Therefore, MMSE interference rejection followed by MLD detection is proposed. The proposed scheme reduces the complexity by a factor of 1=2M (NT -1) where NT is the number of interference signals with 2MQAM modulation. The effect of residual interference after the MMSE interference rejection is evaluated. Numerical results obtained through computer simulation and experiment show that the performance of the proposed scheme is about 4:0 dB worse at a bit error rate (BER) of 10-3 than that of the joint MLD while its complexity is four times lower for QPSK signal streams. The BER performance degradation can be suppressed to about 2:5 dB by adjusting the value of the coefficient in the MMSE matrix.

  • Downlink Performance of MRT-BD in Multiuser Massive MIMO with Low Resolution ADCs

    Gao P., Sanada Y.

    IEEE 5G World Forum, 5GWF 2018 - Conference Proceedings (IEEE 5G World Forum, 5GWF 2018 - Conference Proceedings)     52 - 59 2018年10月

    ISSN  9781538649824

     概要を見る

    © 2018 IEEE. The multiuser massive MIMO (multi-input multi-output) system using the low-resolution analog-to-digital converters (ADCs) in the uplink is to realize low cost and power consumption demands, which, however, reduce the signal quality. Beamforming as a signal processing technique can supply high throughputs in the MIMO systems. In this paper, we investigate the robustness of low-resolution ADCs against the interference among the different streams in the uplink and the different users in downlink systems respectively, and propose the maximum ratio transmission - block diagonalization (MRT-BD) scheme as a kind of beamforming to evaluate the effects of low-resolution ADCs in the full digital massive MIMO system. The preliminary conclusion is that the MRT-BD scheme achieves our anticipation to make the rate achievable, even more than it in the infinite-resolution (no quantization) of BD case can be approached using ADCs with only a few bits of resolution.

  • Special Section on Communication Quality in Wireless Networks FOREWORD

    Sanada Yukitoshi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS E101B ( 7 ) 1522 - 1522 2018年07月

    ISSN  0916-8516

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Special section on communication quality in wireless networks

    Sanada Y.

    IEICE Transactions on Communications (IEICE Transactions on Communications)  E101B ( 7 )  2018年07月

    ISSN  09168516

  • 次世代ワイヤレス通信技術 UWBの魅力

    眞田 幸俊

    Computerworld    pp. 130-133 2004年02月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Complexity Reduction Schemes for Gibbs Sampling MIMO Detection with Maximum Ratio Combining

    Y. Sanada

    IEEE 87th Vehicular Technology Conference, 2018年06月, 口頭(一般)

  • Throughput Performance of Adaptive Frequency Offset Selection for Amplify-and-Forward Relay in Multiuser Environment

    T. Shiba and Y. Sanada

    IEEE Vehicular Technology Conference 2018 Spring Workshop: TPoC5G 2018, 2018年06月, 口頭(一般)

  • Offloading Effect of Heterogeneous Network with Non-orthogonal Multiple Access

    T. Yukawa and Y. Sanada

    The 23rd Asia-Pasific Conference on Communications, 2017年12月, 口頭(一般)

  • MMSE Interference Rejection Followed by Joint Maximum Likelihood Detection for Distributed Antenna Network

    H. Miyagi and Y. Sanada

    The 23rd Asia-Pasific Conference on Communications, 2017年12月, 口頭(一般)

  • Cyclic Shift Resolution Effects on OFDM System Employing Cyclic-SLM with Delayed Correlation and Matched Filter

    P. Pamungkasari and Y. Sanada

    IEEE TENCON 2017, 2017年11月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • マルコフ連鎖モンテカルロ法を用いた多信号復調方式の検討

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 眞田 幸俊, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 非直交多元接続を用いたヘテロジニアスネットワークのスループット特性

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 眞田 幸俊, 基盤研究(C), 補助金,  代表

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 通信装置、復調方法及びプログラム

    特願: 特願2015-49558  2015年03月 

    特許, 単独, 国内出願

  • マルチキャリアシステム

    特願: 2008-176119  2008年07月 

    特許: 5305305  2013年07月

    特許, 共同

  • OFDM受信装置

    特願: 特願2008-053847  2008年03月 

    特開: 特開2009-212835  2009年09月 

    特許, 共同, 国内出願

  • OFDM受信装置

    特願: 特願2008ー045323  2008年02月 

    特開: 特開2009-206668  2009年09月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 無線通信装置

    特願: 特願2007-108046  2007年03月 

    特開: 特開2008-219671  2008年09月 

    特許, 共同, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会フェロー

    2017年03月, 電子情報通信学会

  • 電子情報通信学会フェロー

    2017年03月, 電子情報通信学会

    受賞区分: その他の賞

  • 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞

    2015年09月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞

    2015年09月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞

    2015年09月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ワイヤレスコミュニケーション

    2019年度

  • 電気電子工学輪講

    2019年度

  • 電気電子工学実験第2

    2019年度

  • 情報工学

    2019年度

  • 総合デザイン工学課題研究

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • ARIB

    2013年05月
    -
    2014年05月

     概要を見る

    MMAC部会委員長
    UWB-WG主任
    UWB作業班主任

  • 総務省情報通信審議会UWB無線システム作業班携帯電話アドホック委員会

    2012年12月
    -
    2013年05月
  • 自営無線ブロードバンドシステム導入のための周波数共用に関する調査検討会

    2011年05月
    -
    2012年03月
  • 独立行政法人情報通信研究機構研究活動に関する外部評価委員会

    2008年10月
    -
    2011年03月
  • 発明協会

    2008年07月
    -
    2009年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会, 

    1995年
    -
    継続中
  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    継続中

    委員, 電子情報通信学会無線通信システム研究専門委員会

  • 2018年06月
    -
    2020年05月

    調査理事, 電子情報通信学会

  • 2018年02月
    -
    2018年08月

    Technical Program Committee, IEEE VTS APWCS 2018

  • 2018年01月
    -
    2018年12月

    Technical Program Committee, IEEE Globecom 2018

  • 2017年12月
    -
    2018年09月

    Technical Program Committee, IEEE PIMRC 2018

全件表示 >>