岡田 英史 (オカダ エイジ)

Okada, Eiji

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 電子工学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 理工学部長

  • 理工学研究科委員長

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1991年03月

    日本学術振興会 ,特別研究員

  • 1990年10月
    -
    1991年03月

    慶應義塾大学理工学部電気工学科 ,訪問研究員

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    慶應義塾大学理工学部電気工学科 ,助手

  • 1993年04月
    -
    1996年03月

    慶應義塾大学理工学部 ,専任講師

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    Honorary Lecturer,Department of Medical Physics and Bioengineering,University College London兼日本学術振興会海外 ,特別研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月

    慶應義塾, 理工学部, 電気工学科

    大学, 卒業

  • 1988年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 電気工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1990年09月

    慶應義塾, 理工学研究科, 電気工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士, 慶應義塾, 課程, 1990年09月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 光・画像工学

  • 生体医用光工学

  • 計測工学 (Electronic Measurements)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Application of Near Infrared Spectroscopy in Biomedicine

    岡田 英史, Springer, 2013年

    担当範囲: 37-58

  • シミュレーション辞典

    岡田 英史, コロナ社, 2012年02月

    担当範囲: 68

  • NIRS -基礎と臨床-

    岡田 英史,川口拓之, 新興医学出版社, 2012年01月

    担当範囲: 6-14

  • 精神疾患とNIRS 光トポグラフィー検査による脳機能イメージング

    岡田 英史、川口拓之, 中山書店, 2009年06月

    担当範囲: 31-38

  • 電気・電子・情報工学系テキストシリーズ3 電子回路

    高橋進一・岡田 英史, 培風館, 2002年05月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Partial optical path length in the scalp in subject-specific head models for multi-distance probe configuration of near infrared spectroscopy

    Yanagisawa T., Kawaguchi H., Obata T., Okada E.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering (Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering)  10711 2018年

    ISSN  9781510619791

     概要を見る

    © 2018 SPIE. In the brain function measurement by near infrared spectroscopy using a multi-distance probe configuration, the ratio of the partial optical path length in the scalp for the long spacing probe pair to that for the short spacing probe pair is important for the calculation to eliminate the scalp component in the signal. Light propagation in the subject specific head models of 45 volunteers was calculated to predict the dependence of the partial optical path length in the scalp and the weighting factor for the multi-distance probe configuration. The weighting factor ranges from 1.0 to 2.3 and increases with the scalp thickness when the scalp thickness is less than 15 mm.

  • Measurement of head phantom by functional near infrared imaging using multi-distance probe configuration

    Hayabusa K., Okada E.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering (Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering)  10711 2018年

    ISSN  9781510619791

     概要を見る

    © 2018 SPIE. The contamination of the signal corresponding to the blood volume change in the scalp is one of the serious problems in functional near infrared imaging and the multi-distance probe configuration has been used to reduce the contamination of the scalp signal. The head phantom mimicking the local absorption change in the gray matter and global absorption change in the scalp was measured by a functional near infrared spectroscopy system using the multi-distance probe configuration to obtain the topographic image of the absorption change in the phantom. The measurement using the multi-distance probe configuration can effectively reduce the contamination of the scalp signal during the functional near infrared imaging.

  • Evaluation of improvement of diffuse optical imaging of brain function by high-density probe arrangements and imaging algorithms

    岡田 英史

    Optical Reivew (Springer)  23 ( 2 ) 323 - 331 2016年04月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Estimation of partial optical path length in the brain in subject-specific head models for near-infrared spectroscopy

    岡田 英史

    Optical Review (Springer)  23 ( 2 ) 316 - 322 2016年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Magnetic resonance imaging appropriate for construction of subject-specific head models for diffuse optical tomography

    岡田 英史

    Biomedical Optics Express 6 ( 9 ) 3197 - 3209 2015年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 拡散光イメージングと脳機能計測への応用

    岡田 英史

    光アライアンス 27 ( 2 ) 12 - 17 2016年02月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 拡散光イメージングと脳機能計測への応用

    岡田英史,栗原一樹,川口拓之,小畠隆行

    光技術コンタクト 53 ( 7 ) 16 - 23 2015年07月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 脳機能の近赤外光イメージングの技術動向

    岡田英史,栗原一樹,川口拓之,小畠隆行,星詳子

    日本レーザー医学会誌 36 ( 2 ) 187 - 194 2015年07月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 上腕圧迫時の分光反射スペクトル変化に基づく皮膚内実効光路長の波長依存性の測定

    佐藤 里奈,白井 大貴,加藤 陽,岡田 英史

    日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2017 (東京) , 2017年10月, ポスター(一般)

  • Effect of broadened probing region on functional areas measured by a probe pair of fNIRS

    NITTA TOMONORI, TSUYUKI RYOHEI, KAWAGUCHI HIROSHI, OKADA EIJI

    European Conference on Biomedical Optics 2017 (Munich, Germany) , 2017年06月, ポスター(一般)

  • Solid phantom mimicking localized absorption change in the brain and scalp for near infrared imaging

    HAYABUSA KOKI, OKADA EIJI

    European Conference on Biomedical Optics 2017 (Munich, Germany) , 2017年06月, 口頭(一般)

  • Influence of superficial tissue thickness on noninvasive detection of fluorescent probe in the brain

    ASAI KOTA,KAWAGUCHI HIROSHI, OBATA TAKAYUKI, OKADA EIJI

    European Conference on Biomedical Optics 2017 (Munich, Germany) , 2017年06月, 口頭(一般)

  • Light propagation analysis for fluorescence measurements of a molecular probe in the brain

    ASAI KOTA, TOGASHI TAKUYA, OKADA EIJI

    Biomedical Imaging and Sensing Conference 2017 (Yokohama, Japan) , 2017年04月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ダイナミックファントムによる高密度プローブ拡散光イメージング法の実証実験

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 岡田 英史, 基盤研究(C), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第10回日本ME学会秋季大会 若手研究論文優秀賞

    岡田 英史, 1996年10月, 日本ME学会

  • 第15回丹羽記念賞

    岡田 英史, 1992年02月

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 日本ME学会 科学新聞賞学術奨励賞

    岡田 英史, 1990年05月, 日本ME学会

  • IEEE Engineering in Medicine and Biology Society Student Paper Award

    岡田 英史, 1989年11月, IEEE

  • 安藤博記念 学術奨励賞

    岡田 英史, 1989年06月

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用数学

    2019年度

  • 卒業研究

    2019年度

  • コンピュータシミュレーション同実習

    2019年度

  • 総合デザイン工学特別研究第1

    2019年度

  • 総合デザイン工学特別研究第2

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 光情報計測

    慶應義塾, 2018年度, 専門科目, 講義, 専任

  • 光情報計測

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任

  • コンピュータシミュレーション同実習/数値解析

    慶應義塾, 2014年度, 講義

  • 総合デザイン工学特別研究第2

    慶應義塾, 2014年度, 通年

  • 総合デザイン工学特別研究第1

    慶應義塾, 2014年度, 通年

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター

    2012年04月
    -
    2014年03月
  • 一般財団法人光産業技術振興協会 光技術動向調査委員会

    2011年04月
    -
    2014年03月
  • 一般社団法人 電子情報技術産業協会 医用光生体計測に関する国際標準化対応委員会

    2011年04月
    -
    2014年03月
  • 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

    2011年01月
    -
    2012年03月
  • 日本学術会議国際光学委員会(ICO)分科会光量子化学技術連携委員会

    2010年03月
    -
    2011年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ヒト脳機能マッピング学会, 

    2012年08月
    -
    継続中
  • 日本シミュレーション学会, 

    2012年06月
    -
    継続中
  • International Conference on Modeling and Simulation Technology, 

    2011年01月
    -
    2011年10月
  • 応用物理学会日本光学会年次学術講演会OPJ2010プログラム委員会, 

    2010年03月
    -
    2010年11月
  • 応用物理学会JJAP編集委員会, 

    2009年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2017年11月

    OPJ2017実行委員長, 日本光学会

  • 2016年10月
    -
    2017年06月

    Program Committee Member, European Conference on Biomedical Optics

  • 2016年07月
    -
    2017年08月

    Program Committee, Category Chair, The 24th Congress of the International Commission for Optics

  • 2016年04月
    -
    2016年11月

    OPJ2016 副実行委員長, 日本光学会

  • 2016年02月
    -
    2019年12月

    International Advisory Board for Physics in Medicine and Biology, Institute of Physics

全件表示 >>