竹村 研治郎 (タケムラ ケンジロウ)

Takemura, Kenjiro

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 機械工学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

    日本学術振興会 , 特別研究員(DC2)

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学, 理工学部機械工学科, 助手(有期)

  • 2003年04月
    -
    2008年03月

    東京工業大学, 精密工学研究所, 助教(助手)

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    東京工業大学, 精密工学研究所, 非常勤講師

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学, 理工学部機械工学科, 専任講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月

    慶應義塾, 理工学部

    大学, 卒業

  • 2000年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 生体医工学専攻

    日本, 大学院, 修了, 修士

  • 2002年09月

    慶應義塾, 理工学研究科, 総合デザイン工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 慶應義塾, 課程, 2002年09月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー (設計工学・機械機能要素・トライポロジー)

  • 流体工学 (Fluidics)

  • 機械力学・制御 (Engineering mechanics, Control)

  • 細胞生物学 (細胞・組織培養工学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アクチュエータ・センサ

  • 細胞培養システム

  • 触力覚技術

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 動物細胞培養・自動化におけるトラブル発生原因と対策

    竹村 研治郎 他, 技術情報協会, 2017年11月

    担当範囲: 第5章第6節 細胞培養基材の共振を用いた効率的細胞培養方法, 第7章第7節 超音波振動を用いた細胞培養技術,  担当ページ: 190-196, 314-319

  • 狙いどおりの触覚・触感をつくる技術

    竹村 研治郎 他, サイエンス&テクノロジー, 2017年11月

    担当範囲: 629-636

  • Next-generation Actuators - Principle and Design Method

    Kenjiro Takemura et.al., Kagakujyoho shuppan Co. Ltd., 2017年04月

  • 触り心地の制御、評価技術と新材料・新製品開発への応用

    株式会社技術情報協会, 2017年02月

  • ソフトアクチュエータの材料・構成・応用技術

    竹村 研治郎, S&T出版, 2016年11月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Acoustic streaming induced by MHz-frequency ultrasound extends the volume limit of cell suspension culture

    Oyama T., Imashiro C., Kuriyama T., Usui H., Ando K., Azuma T., Morikawa A., Kodeki K., Takahara O., Takemura K.

    Journal of the Acoustical Society of America (Journal of the Acoustical Society of America)  149 ( 6 ) 4180 - 4189 2021年06月

    ISSN  00014966

     概要を見る

    Large-scale cell suspension culture technology opens up opportunities for numerous medical and bioengineering applications. For these purposes, scale-up of the culture system is paramount. For initial small-scale culture, a simple static suspension culture (SSC) is generally employed. However, cell sedimentation due to the lack of agitation limits the culture volume feasible for SSC. Thus, when scaling up, cell suspensions must be manually transferred from the culture flask to another vessel suitable for agitation, which increases the risk of contamination and human error. Ideally, the number of culture transfer steps should be kept to a minimum. The present study describes the fabrication of an ultrasonic suspension culture system that stirs cell suspensions with the use of acoustic streaming generated by ultrasound irradiation at a MHz frequency. This system was applied to 100-mL suspension cultures of Chinese hamster ovary cells—a volume ten-fold larger than that generally used. The cell proliferation rate in this system was 1.88/day when applying an input voltage of 40 V to the ultrasonic transducer, while that of the SSC was 1.14/day. Hence, the proposed method can extend the volume limit of static cell suspension cultures, thereby reducing the number of cell culture transfer steps.

  • Suspension culture in a T-flask with acoustic flow induced by ultrasonic irradiation

    Fujii G., Kurashina Y., Terao Y., Azuma T., Morikawa A., Kodeki K., Takahara O., Takemura K.

    Ultrasonics Sonochemistry (Ultrasonics Sonochemistry)  73   105488 2021年05月

    ISSN  13504177

     概要を見る

    Suspension culture is an essential large-scale cell culture technique for biopharmaceutical development and regenerative medicine. To transition from monolayer culture on the culture surface of a flask to suspension culture in a bioreactor, a pre-specified cell number must first be reached. During this period of preparation for suspension culture, static suspension culture in a flask is generally performed because the medium volume is not large enough to use a paddle to circulate the medium. However, drawbacks to this static method include cell sedimentation, leading to high cell density near the bottom and resulting in oxygen and nutrient deficiencies. Here, we propose a suspension culture method with acoustic streaming induced by ultrasonic waves in a T-flask to create a more homogeneous distribution of oxygen, nutrients, and waste products during the preparation period preceding large-scale suspension culture in a bioreactor. To demonstrate the performance of the ultrasonic method, Chinese hamster ovary cells were cultured for 72 h. Results showed that, on average, the cell proliferation was improved by 40% compared with the static method. Thus, the culture time required to achieve a 1000-fold increase could be reduced by 32 h (a 14% reduction) compared with the static method. Furthermore, the ultrasonic irradiation did not compromise the metabolic activity of the cells cultured using the ultrasonic method. These results demonstrate the effectiveness of the ultrasonic method for accelerating the transition to large-scale suspension culture.

  • Focused surface acoustic wave locally removes cells from culture surface

    Inui T., Mei J., Imashiro C., Kurashina Y., Friend J., Takemura K.

    Lab on a Chip (Lab on a Chip)  21 ( 7 ) 1299 - 1306 2021年04月

    ISSN  14730197

     概要を見る

    Regenerative medicine and drug development require large numbers of high-quality cells, usually delivered from in vitro culturing. During culturing, the appearance of unwanted cells and an inability to remove them without damaging or losing most if not all the surrounding cells in the culture reduce the overall quality of the cultured cells. This is a key problem in cell culturing, as is the inability to sample cells from a culture as desired to verify the quality of the culture. Here, we report a method to locally remove cells from an adherent cell culture using a 100.4 MHz focused surface acoustic wave (SAW) device. After exposing a plated C2C12 mouse myoblast cell culture to phosphate buffered solution (PBS), ultrasound from the SAW device transmitted into the cell culture via a coupling water droplet serves to detach a small grouping of cells. The cells are removed from an area 6 × 10-3 mm2, equivalent to about 12 cells, using a SAW device-Petri dish water gap of 1.5 mm, a PBS immersion time of 300 s, and an input voltage of 75 V to the SAW device. Cells were released as desired 90% of the time, releasing the cells from the target area nine times out of ten runs. In the one trial in ten that fails, the cells partially release and remain attached due to inter-cellular binding. By making it possible to target and remove small groups of cells as desired, the quality of cell culturing may be significantly improved. The small group of cells may be considered a colony of iPS cells. This targeted cell removal method may facilitate sustainable, contamination-free, and automated refinement of cultured cells. This journal is

  • Containerless Bioorganic Reactions in a Floating Droplet by Levitation Technique Using an Ultrasonic Wave

    Matsubara T., Takemura K.

    Advanced Science (Advanced Science)  8 ( 3 ) 2002780 - 2002780 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

     概要を見る

    To ensure sustainable consumption and production patterns, alternative process design without plastics for chemical and biological reactions will benefit future generations. Reaction flasks used in chemical and biological laboratories have been made from glass, metals, and plastics so far. If containerless processing can be realized, researchers will have a next-generation reaction process, which will be reactor and plastic-free, and without risks of unforeseen issues induced by contact with reactions flasks, including contamination and alteration of the reactants. Here, polymerization, click chemistry, and enzymatic reactions can proceed effectively in a floating droplet at a node of standing wave generated by ultrasonic levitation. These results demonstrate that floating droplets levitated by acoustic waves can represent a revolutionary containerless reactor for performing various reactions in the fields of chemistry and biology.

  • Travelling ultrasound promotes vasculogenesis of three-dimensional-monocultured human umbilical vein endothelial cells

    Imashiro C., Azuma T., Itai S., Kuribara T., Totani K., Onoe H., Takemura K.

    Biotechnology and Bioengineering (Biotechnology and Bioengineering)  2021年

    ISSN  00063592

     概要を見る

    To generate three-dimensional tissue in vitro, promoting vasculogenesis in cell aggregates is an important factor. Here, we found that ultrasound promoted vasculogenesis of human umbilical vein endothelial cells (HUVECs). Promotion of HUVEC network formation and lumen formation were observed using our method. In addition to morphological evaluations, protein expression was quantified by western blot assays. As a result, expression of proteins related to vasculogenesis and the response to mechanical stress on cells was enhanced by exposure to ultrasound. Although several previous studies have shown that ultrasound may promote vasculogenesis, the effect of ultrasound was unclear because of unregulated ultrasound, the complex culture environment, or two-dimensional-cultured HUVECs that cannot form a lumen structure. In this study, regulated ultrasound was propagated on three-dimensional-monocultured HUVECs, which clarified the effect of ultrasound on vasculogenesis. We believe this finding may be an innovation in the tissue engineering field.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • バイオテクノロジーとインフォモーション − 細胞培養プロセスにおける超音波アクチュエーション技術の応用 −

    倉科佑太,竹村研治郎

    トライボロジスト (一般社団法人日本トライボロジー学会)  63 ( 9 ) 599 - 604 2018年09月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 細胞培養への超音波振動技術の応用

    倉科佑太,竹村研治郎

    日本ロボット学会誌 (一般社団法人日本ロボット学会)  36 ( 3 ) 27 - 30 2018年04月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 機能性流体を用いた液体レートジャイロスコープ

    竹村 研治郎

    油空圧技術 (日本工業出版)  57 ( 5 ) 28 - 33 2017年05月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 細胞培養基材の固有振動を用いた効率的細胞培養方法 〜圧電セラミックスによる基材固有振動の励振〜

    倉科佑太,竹村研治郎

    FC Report (日本ファインセラミックス協会)  35 ( 1 ) 35 - 39 2017年01月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • ERMR2016におけるフルードパワー技術の研究動向

    竹村 研治郎

    日本フルードパワーシステム学会誌 (日本フルードパワーシステム学会)  48 ( 1 ) 32 - 33 2017年01月

    総説・解説(学術雑誌), 単著,  ISSN  1346-7719

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Cell sheet fabrication by Langevin piezoelectric transducer having homogeneous thickness vibration mode

    Chikahiro Imashiro, Makoto Hirano, Yuki Fukuma, Kiyoshi Ohnuma, Yuta Kurashina, Kenjiro Takemura

    EMBS Micro and Nanotechnology in Medicine Conference (Hawaii, USA) , 2018年12月, ポスター(一般), IEEE EMBS

  • Establishment of cell culture method using ultrasonic atomization

    Yuki Fukuma, Chikahiro Imashiro, Yuta Kurashina, James Friend, Kenjiro Takemura

    EMBS Micro and Nanotechnology in Medicine Conference (Hawaii, USA) , 2018年12月, ポスター(一般), IEEE EMBS

  • ディッシュ型金属製細胞培養容器を用いたMCF-7細胞の培養

    竹下遥,井田雄太,倉科佑太,宮田昌悟,竹村研治郎,小茂鳥潤

    第40回日本バイオマテリアル学会大会 (兵庫県神戸市) , 2018年11月, ポスター(一般), 日本バイオマテリアル学会

  • 金属製培養器を用いた熱刺激によるMCF-7とヒト皮膚繊維芽細胞(HNDF)の殺細胞効果の検討

    井田雄太,倉科佑太,宮田昌悟,竹村研治郎,小茂鳥潤

    第40回日本バイオマテリアル学会大会予稿集 (兵庫県神戸市) , 2018年11月, ポスター(一般), 日本バイオマテリアル学会

  • 物理量から具体的触感、抽象的触感の推定 ~「ざらざら/ふわふわ」から「好き/嫌い」まで~

    竹村 研治郎

    技術情報協会セミナー「触感、質感の認知メカニズムとその評価技術」 (東京都品川区五反田) , 2018年11月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 株式会社技術情報協会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オートエンコーダによる触察時振動データからの触感知覚特徴量の抽出

    2021年07月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 竹村 研治郎, 挑戦的研究(萌芽)

  • 全方位非接触界面による革新的バイオリアクターの開発

    2020年07月
    -
    2022年03月

    慶應義塾大学, 松原 輝彦, 竹村 研治郎, 挑戦的研究(萌芽)

     研究概要を見る

    本研究では液滴を空中に浮揚することにより、容器材料と接触する界面がどこにもない全方位非接触界面での革新的リアクターの実現を目指す。超音波の音響放射圧を反射板にあてることにより液滴を浮揚させ、安定に水溶液を空中に浮揚させる技術を確立する。浮揚した液滴中において有機合成反応、高分子反応、酵素反応、タンパク質発現などが可能であると考えられ、また細胞培養やウイルス感染などを行うことも期待できる。本研究で取り組む無容器反応技術は、化学・生物学の研究環境を変える革新的技術になることが期待できる。

  • 弾性表面波からの放射圧を用いた細胞接着の力学的特性の解明

    2018年
    -
    2020年

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 竹村 研治郎, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    iPS細胞を用いた再生医療などが注目される中,細胞の大量培養技術への期待が高まっており,手作業に頼っていた細胞の培養,剥離,回収,パターニングといった作業を自動化する必要がある.これまでに,培養基材に適切な固有振動モードを励振することで,酵素フリーで基材から細胞を剥離する手法や,回収・再播種を伴わない連続的な増殖培養を可能にする手法を開発した.また,培養チャンバから細胞懸濁液を回収する方法や細胞をパターニングする方法なども具現化した.しかし,細胞剥離メカニズムなどは不明であった.こうした手法を細胞培養のための基盤技術とするために,本国際共同研究では,弾性表面波(SAW)デバイスから発生する音響放射圧を培養ディッシュに対して領域選択的に照射することによって,プローブ等を必要とせずに非接触で細胞接着の力学的特性を明らかにすることを目的としている.
    2018年度は,細胞の接着に関する力学特性を明らかにするために,音響放射圧の局所的な照射によって,細胞培養面の微小な領域から細胞を剥離できることを確認した.すなわち,国際共同研究先で製作を予定している弾性表面波(SAW)デバイスではなく、先鋭な超音波―ホーンを有するランジュバン型振動子を用いて細胞培養ディッシュ下方から集束した音響放射圧を培養細胞に照射する装置を製作し、代表的な接着性細胞であるマウス由来筋芽細胞株C2C12を微小な領域で剥離できることを明らかにした.また,SAWデバイスを用いることによって,より微小な領域への超音波照射が可能となるため,Focused SAWデバイスを設計し,国際共同研究先の研究室がこれを試作し,イースト菌を用いて局所的に超音波照射が可能であることを確認した.
    本国際共同研究では当初計画において,研究全体を以下の3つのフェーズに分けた.(1) 力学特性測定装置の設計・製作と実験条件の決定(@慶應義塾大学),(2) SAWデバイスの開発と培養ディッシュへの放射圧の透過実験(@UC San Diego), (3) 細胞接着の力学特性の測定(@UC San Diego, 慶應義塾大学).2018年度は,このうち主に(1)に関する成果が得られた.また,2019年度にUC San Diegoに滞在して実施する予定の(2)のためのSAWデバイスの設計を行い,滞在予定研究室の学生の協力によってデバイスの有効性を確かめた.
    以上のように,本国際共同研究の現在までの進捗は順調に推移していると判断している.
    「現在までの進捗状況」で述べたように,当初計画の(1)~(3)に実行に向けて順調に推移している.当初,自身がUC San Diegoで行う予定であったSAWデバイスの製作がすでに滞在予定研究室の協力によって実施されているため,6月中旬に渡米後,本デバイスを用いて培養ディッシュに印加される音響放射圧の分布や強度を明らかにする実験に取り掛かる予定である.特に,細胞に印加される音響放射圧の定量は本国際共同研究の最も重要なポイントであるため,海外共同研究者であるJames Friend教授のSAWデバイスや音響放射圧の理論計算に関する豊富な経験や知見を元に実験計画や実施方法を決定する.具体的には以下の通りである.
    4~6月(渡米前):James Friend教授との研究実施計画の事前打ち合わせ
    7~8月:UC San Diegoでの実験実施のための準備(UC San Diego指定の講習の受講など)
    9~11月:実験装置の組み立てと実施
    12~3月:実験データの整理と成果発表の準備

  • 感覚知覚メカニズムに基づく触感センサ/ディスプレイシステムの研究

    2017年04月
    -
    2018年03月

    福澤諭吉記念基金, その他,  代表

  • 超音波技術を基盤としたシーケンシャル細胞培養システム

    2016年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 竹村 研治郎, フレンド ジェームズ, 基盤研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    近年注目される再生医療などの細胞療法において,細胞培養技術は極めて重要な基盤技術である.一般的には培養技術者の手作業によって行われている細胞培養の自動化,高効率化無くして再生医療などの普及は達成できない.これに対して,本研究では,超音波技術を援用することによって細胞培養過程における自動化のボトルネックであった剥離,回収および組織化の過程を自動化し,自動細胞培養システムを実現することを目的としている.
    平成29年度は細胞の剥離過程に対して,培養技術者の手技に頼らずに活性の高い細胞を培養面から剥離する手法を開発した.細胞剥離過程では一般的にタンパク質分解酵素を用いて細胞接着を弱め,培養技術者による培養ディッシュの振とうなどによって細胞を剥離するが,タンパク質分解酵素の作用による細胞活性の低下が指摘されている.これに対して,低温刺激が細胞接着を弱めることに注目し,培養面の温度制御と超音波域の共振を組み合わせることによって,タンパク質分解酵素と手作業による振とうによる従来手法と同等の細胞剥離が達成できることを明らかにした.なお,この方法では細胞剥離後に細胞表面のタンパク質が優位に残存しているため,剥離回収された細胞のその後の増殖性が優位に高いことが明らかとなった.また,細胞を増殖培養したのちに実際の治療などに利用するには複数の細胞からなる組織の生成が重要である.このため,超音波技術を用いた細胞の組織化にも取り組んだ.この結果,細胞懸濁液への超音波照射によって引き起こされる音響流を用いて細胞塊を生成する技術を開発し,直径0.5 mm程度の細胞塊を従来よりも効率的に生成できることを明らかにした.
    前述のように,本研究では細胞培養過程の自動化,高効率化を目指した細胞培養技術の具現化を目指している.こうした目的に対する従来の取り組みでは,培養技術者の主義をロボットなどで忠実に模倣する提案がほとんどであるが,本研究では超音波技術の援用によって全く新しい細胞培養システムの実現を目指している.平成28年度および平成29年度の研究によって,細胞培養基材の超音波域の共振と低温刺激を用いて,培養面からの細胞の剥離,回収を実現し,音響流の生成によって細胞の組織化を達成した.以上のように,これまでの2年間の研究によって超音波技術を援用した全く新しい細胞培養法の基盤技術の有効性を明らかにした.これらは,本研究の目的に対する重要な要素技術であり,必要な知見を獲得できたと言える.今後はこれらを統合したシーケンシャルな培養システムを実現する必要があるものの,当初計画通りに順調に推移していると判断している.
    自動細胞培養システムの具現化に対して,これまでに培養基材からの細胞の剥離,回収と組織化の基盤技術に関する知見を得た.ただし,細胞の剥離,回収を達成した装置は独自に開発した金属製培養基材によるものである.このため,今後は細胞培養基材として,一般的に広く使用されているディスポーザブルな細胞培養ディッシュを用いることを目指す.ディスポーザブルな細胞培養ディッシュは一般に高分子プラスチック製であり,本研究で用いてきたステンレス製培養面とは機械的特性が大きく異なる.このため,例えば固有振動数が異なる.しかし,高分子プラスチックは超音波を透過することが可能であることに鑑みれば,ディッシュ下方から細胞に超音波を照射し,これまでの研究結果と同様に細胞を培養面から剥離することは可能と考えられる.こうしたコンセプトは平成29年度に予備実験によって達成できることを確認している.また,超音波の照射による細胞への影響も今後検討が必要な項目である.これまでにタンパク発現などを評価してきたが,今後は分化能なども評価項目に加え,提案手法の有効性,妥当性を確認する予定である.

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 胎動を始めた途上国ビジネス〜原点に立ち返り途上国を変える技術の力

    竹村 研治郎

    東京, 

    2010年
    -
    継続中

    その他, 共同

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 細胞パターニング装置及び細胞パターニング方法

    特願: 特願2016-182241  2016年09月 

    特開: 特開2018-042534  2018年03月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 細胞培養器

    特願: 特願2012-265374  2012年 

    特許, 共同, 国内出願

  • 流体レートジャイロ

    特願: 特願2008-138134  2008年05月 

    特開: 特開2009-145317  2009年07月 

    特許: 特許第5360700号  2013年09月

    特許, 共同, 国内出願

  • 流体レートジャイロ

    特願: 特願2008-132214  2008年05月 

    特開: 特開2009-281781  2009年12月 

    特許: 特許第5337929号  2013年08月

    特許, 共同, 国内出願

  • アクチュエータ

    特願: 特願2004-319089  2004年11月 

    特開: 特開2006-132569  2006年05月 

    特許, 共同, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Poster Award, International Conference on Manufacturing, Design and Tribology 2017

    Tomoya Kazumi, Yuta Kurashina, Kenjiro Takemura, 2017年08月, International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology, Ultrasonic Motor with Embedded Preload Mechanism for Miniaturization

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞,  受賞国: South Korea

  • 生体医工学シンポジウムベストリサーチアワード

    Chikahiro Imashiro, Yuta Kurashina, Kenjiro Takemura, 2016年09月, 日本生体医工学会, Cell patterning method using resonance vibration of metallic cell cultivation substrate

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Best Paper Award (Society-Wide Micro and Nanotechnology Forum, 2015 ASME International Mechanical Engineering Congress & Exposition)

    Yuta Kurashina, Iza Husna M. Hashim, Kenjiro Takemura, Shogo Miyata, Jun Komotori, 2015年11月, American Society of Mechanical Engineers, Resonance Vibration and Temperature Modulation Enhances Cell Detachment from Cultivation Substrate

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞,  受賞国: Unites States of America

  • 日本AEM学会著作賞

    竹村 研治郎,平田勝弘,新口昇,矢野智昭,上野敏幸,井門康司,脇若弘之, 2013年12月, 日本AEM学会, 次世代アクチュエータ原理と設計法

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    種々の次世代アクチュエータの原理と設計法に関する書籍

  • AEM学会著作賞

    2013年12月, 日本AEM学会, 次世代アクチュエータ原理と設計法

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 機械工学総合実験

    2021年度

  • 機械力学の基礎

    2021年度

  • 開放環境科学課題研究

    2021年度

  • 機械工学創造演習

    2021年度

  • 開放環境科学特別研究第2

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 機械力学の基礎

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 応用計算力学特論第2

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義

  • 機械系のための電気・電子回路

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義

  • 機械工学創造演習

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 演習

  • グローバルリーダーシップセミナー

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 教養科目, 講義

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会, 

    1998年04月
    -
    継続中
  • 日本ロボット学会, 

    1999年
    -
    継続中
  • IEEE, 

    2017年
    -
    継続中
  • 再生医療学会, 

    2013年03月
    -
    継続中
  • 電気学会, 

    2005年07月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    基礎潤滑設計部門総務委員会副委員長, 日本機械学会

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    基礎潤滑設計部門運営委員会委員, 日本機械学会

  • 2019年04月
    -
    2020年09月

    Organizing Committee Member,  The 23rd CISM IFToMM Symposium on Robot Design, Dynamics and Control (Romansy 2020)

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    基礎潤滑設計部門総務委員会副委員長, 日本機械学会

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    基礎潤滑設計部門運営委員会委員, 日本機械学会

全件表示 >>