小茂鳥 潤 (コモトリ ジュン)

Komotori, Jun

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 機械工学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • チタン合金やステンレス鋼のような金属系バイオマテリアルには様々な特性が要求されます。我々は、新しい金属系生体材料を開発するために表面改質法に関する研究に取り組んでいます。詳細はホームページをご覧ください。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,助手

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師

  • 1998年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,助教授

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    慶應義塾大学(理工学部),准教授

  • 2008年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学(理工学部),教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 機械工学科

    大学, 卒業

  • 1987年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 機械工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1990年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 機械工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , 慶應義塾大学, 1990年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 材料強度学

  • 生体材料

  • 疲労設計

  • 表面改質

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 初心者のための疲労用語の解説

    小茂鳥 潤ほか, 日本材料学会, 2015年08月

  • Electrolytic In-Process Dressing (ELID) Technologies

    H.Ohmori, Ioan D. Marinescu, K.Katahira,Y.Watanabe, H.kasuga, J.Komotori, S.Yin,M.Mizutani,T.Naruse,, CRC Press, 2011年

  • 改訂 材料強度学

    小茂鳥潤ほか, 日本材料学会, 2005年

  • 先端医療シリーズ・歯科医学1 歯科インプラント

    小茂鳥潤,李秉濬, 先端医療技術研究所, 2000年01月

    担当範囲: 76-81

     概要を見る

    (第2章・第6節)

  • 日本機会学会

    小茂鳥潤,他988名, 日本機械学会, 1997年08月

論文 【 表示 / 非表示

  • 炭素粉末を用いたAIH-FPP浸炭プロセスの開発

    梅野玄, 羽山元晶, 武末翔吾, 富田翼, 加藤健郎, 三阪佳孝, 小茂鳥潤,

    材料 71 ( 9 ) 787 - 794 2022年09月

    査読有り

  • Evaluation of the compressive residual stress relaxation behavior by in situ X-ray stress measurement

    M. Hayama, S. Kikuchi, J.Komotori

    ISIJ International 62 ( 4 ) 758 - 765 2022年04月

  • Titanium Culture Vessel Capable of Controlling Culture Temperature for Evaluation of Cell Thermotolerance

    Imashiro C., Ida Y., Miyata S., Komotori J.

    Materials Transactions (Materials Transactions)  63 ( 633 ) 373 - 378 2022年03月

    ISSN  13459678

     概要を見る

    Surgery, radiation therapy, and chemical therapy have been reported as the main treatments for cancer, which is one of the deadliest reported diseases. However, because of the high invasiveness of patients, cancer hyperthermia has been studied as a non-invasive treatment. Hyperthermia uses a difference in thermal tolerance between normal and cancer cells and provides an affected part thermal stimulation to kill cancer cells selectively. To develop effective conditions for hyperthermia, an in vitro study to evaluate the thermal tolerance is required. However, because the existing cell culture vessels cannot control the culture temperature, genuine thermal tolerance of cells cannot be investigated appropriately. To reveal the critical temperature proper for hyperthermia, we developed a culture device controlling culture temperature. With the developed device, culture temperature was regulated considerably more quickly than the conventional method with the existing vessels, which enabled us to study the thermal tolerance of cells appropriately. For the control of culture temperature, the device has a titanium culture substrate, where a Peltier element is adhered. Because the biocompatibility of the device was confirmed, the difference in thermal tolerance between normal and cancer cells was investigated using the developed device as well as normal human dermal fibroblasts and Michigan Cancer Foundation-7 as model cell species. Therefore, it was confirmed that cancer cells were more sensitive to thermal stimulation than normal cells, which was qualitatively consistent with previous studies. Thus, our developed device can be used to investigate the thermal tolerance of each cell species, which will contribute to the development of cancer hyperthermia.

  • Change Behavior of Retained Austenite and Residual Stress on Carburized SCM420H Steel during Fatigue Process

    M. Hayama, Y. Maki, S. Kikuchi, J. Komotori

    鉄と鋼 108 ( 11 ) 891 - 899 2022年

    査読有り

  • Effect of room temperature fine particle peening pretreatment on grain refinement of Fe-Cr alloys by AIH-FPP

    S. Takesue, S. Kikuchi, J.Komotori

    Materials Transactions 63 ( 2 ) 203 - 208 2022年

    査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • レーザ誘起湿式表面改質法によるチタン合金の生体適合性向上

    江面篤志,片平和俊,小茂鳥潤

    砥粒加工学会誌 64 ( 12 ) 606 - 609 2020年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 窒素雰囲気下での高周波誘導加熱によるチタン合金の極短時間窒化

    武末翔吾,塚原真宏,三阪佳孝,小茂鳥潤

    熱処理 60 ( 6 ) 233 - 238 2020年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 高周波誘導加熱を利用したチタン合金の超短時間窒化処理

    武末翔吾,小茂鳥潤

    チタン 68 ( 2 ) 148 - 152 2020年04月

  • レーザ誘起湿式表面改質処理によるバイオマテリアルの高機能化

    [1] 江面篤志,片平和俊,小茂鳥潤

    材料の科学と工学 57 ( 5 ) 168 - 171 2020年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 近年における疲労研究の趨勢 3.微粒子ピーニングを応用した表面改質と疲労特性に及ぼす効果

    菊池将一,小茂鳥潤

    材料 別冊 66 ( 7 ) 535 - 541 2017年07月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 大気圧プラズマと高周波誘導加熱を利用したチタン合金の超短時間窒化プロセスの開発

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小茂鳥 潤, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  研究代表者

  • 高温微粒子ピーニングによる構造用鋼の多機能化と効果発現メカニズム

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小茂鳥 潤, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • チタン材の表面窒化処理方法

    出願日: 特願201680026872.2  2017年11月 

    特許権, 共同

  • チタン材の表面窒化処理方法

    出願日: 特願10-2017-7031496  2017年10月 

    公開日: 特開10-2017-0131686  2017年11月 

    特許権, 共同

  • チタン材の表面窒化処理方法

    出願日: 特願15/569988  2017年10月 

    発行日: 米国特許10487387  2019年11月

    特許権, 共同

  • チタン材の表面窒化処理方法

    出願日: PCT/JP2016/063250  2016年04月 

    公開日: WO2016/181847  2016年11月 

    特許権, 共同

  • 表面処理装置及び表面処理方法

    出願日: 特願2016-064579  2016年03月 

    公開日: 特開2016-117953  2016年04月 

    発行日: 特許第6118931号  2017年03月

    特許権, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本材料学会関東支部功労賞

    2019年05月, 日本材料学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 工作機械技術振興賞(論文賞)

    水谷正義,本多遼,村上諒,益子直人,小茂鳥潤,厨川常元, 2016年06月, 公益財団法人 工作機械技術振興財団, 純チタンへのナノ秒パルスレーザ照射による生体活性表面の創成

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 砥粒加工学会賞論文賞

    水谷正義,村上諒,益子直人,小茂鳥潤,本多遼,厨川常元, 2016年03月, 公益社団法人 砥粒加工学会, 純チタンへのナノ秒パルスレーザ照射による生体活性表面の創成

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Best Paper Award

    Yuta Kurashina,Iza Husuna M. Hashim,Kenjiro Takemura,Shogo Miyata,Jun Komotori, 2015年11月, 2015 ASME International Mechanical Engineering Congress & Exposition, Resonance Vibration and Temperature Modulation Enhances Cell Detachment from Cultivation Substrate

  • 学術貢献賞

    2014年05月, 日本材料学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    金属材料の表面改質に関する研究と材料学会活動への貢献

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 熱処理と微粒子ピーニングによる構造用鋼表面の高機能化

    2021年06月

     内容を見る

    (一社)日本熱処理技術協会主催「第91回講演大会」基調講演

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 材料と構造の強度学

    2022年度

  • マルチディシプリナリ・デザイン科学特別講義

    2022年度

  • マテリアルデザイン

    2022年度

  • 理工学基礎実験

    2022年度

  • 材料力学の基礎

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 砥粒加工学会, 

    2020年10月
    -
    継続中
  • 日本脊椎インストゥルメンテーション学会, 

    2012年07月
    -
    継続中
  • 日本溶接協会, 

    2010年10月
    -
    継続中
  • 日本材料科学会, 

    2008年04月
    -
    継続中
  • 日本金属学会, 

    2007年10月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年10月
    -
    2024年09月

    第38期 学識委員, 一般社団法人 日本溶接協会

  • 2022年09月
    -
    2023年03月

    委員長, (一財)発電設備技術検査協会 輸送・貯蔵兼用金属製乾式キャスクの異材溶接補修工法に関する確性試験委員会

  • 2022年08月
    -
    2024年08月

    運営委員, 慶応工学会

  • 2022年08月
    -
    2024年03月

    運営委員, 公益信託 日新製糖奨学育英基金

  • 2022年04月
    -
    2025年03月

    客員研究員, 理化学研究所

全件表示 >>