大村 亮 (オオムラ リョウ)

Ohmura, Ryo

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 機械工学科 (矢上)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2000年03月

    日本学術振興会特別研究員(DC1)

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    独立行政法人 産業技術総合研究所 研究員

  • 2006年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学専任講師

  • 2009年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月

    慶應義塾, 理工学部, 機械工学科

    大学, 卒業

  • 2000年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 機械工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 慶應義塾, 課程, 2000年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 物理化学 (Physical Chemistry)

  • 熱工学 (Thermal Engineering)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エネルギー

  • クラスレート水和物

  • 物理化学

  • 環境

  • 結晶成長

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • クラスレート水和物の物理化学, 

    1996年
    -
    継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Thermophysical property measurements of tetrabutylphosphonium acetate (TBPAce) ionic semiclathrate hydrate as thermal energy storage medium for general air conditioning systems

    Arai Yuta, Yamauchi Yuji, Tokutomi Hiroki, Endo Fuyuaki, Hotta Atsushi, Alavi Saman, Ohmura Ryo

    International Journal of Refrigeration 88   102 - 107 2018年04月

    ISSN  0140-7007

     概要を見る

    <p>This paper reports the experimental study on measuring the phase equilibrium temperatures and the dissociation heats of ionic semiclathrate hydrate formed with tetrabutylphosphonium acetate (TBPAce) under atmospheric pressure. The phase equilibrium temperature and the dissociation heat measurements were performed in the range of the mass fraction of TBPAce aqueous solution from 0.10 to 0.42. The highest phase equilibrium temperature was 11.0 °C at the mass fraction range from 0.35 to 0.39. The largest dissociation heat of pure TBPAce hydrate was 192.0 kJ kg–1 at the mass fraction 0.36. The obtained results indicate that TBPAce hydrate would be suitable for a new thermal energy storage medium for general air conditioning systems.</p>

  • Interfacial tension measurements in the (CO2 + H2) gas mixture and water system at temperatures from 271.2 K to 280.2 K and pressures up to 7.0 MPa

    Fukuzawa Kazuki, Watanabe Kosuke, Yasuda Keita, Ohmura Ryo

    Journal of Chemical Thermodynamics 119   20 - 25 2018年04月

    ISSN  0021-9614

     概要を見る

    <p>This paper reports the experimental values of the interfacial tension between a gas mixture (CO2 + H2) and water measured with the pendant drop method. The measurements were conducted for temperatures from 271.2 K to 280.2 K and pressures up to 7.0 MPa, at increments of 1 MPa. These temperature-pressure ranges were nearly close to the (CO2 + H2) hydrate-stability-zone but each result is obtained without existence of any hydrate. The temperature dependency of the interfacial tension in this system could not be observed, but the interfacial tension decreased almost linearly with increasing pressure, indicating that the observed decrease was caused by an increase in adsorption of the gas phase onto the liquid water with pressure. The gradient of the interfacial tension, with respect to the pressure, was confirmed to be determined by the gas phase composition. The interaction between gases has a marginal influence on the interfacial tension between the (CO2 + H2) gas mixture and water.</p>

  • Solubility of Nitrogen Gas in Aqueous Solution of Tetra-n-Butylammonium Bromide

    大村 亮

    INTERNATIONAL JOURNAL OF THERMOPHYSICS 38 ( 12 ) 20 - 25 2017年12月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0195-928X

  • Thermodynamic Properties of Ionic Semiclathrate Hydrate Formed with Tetrabutylammonium Propionate

    大村 亮

    CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY 40 ( 10 ) 1810 - 1816 2017年10月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0930-7516

  • Preservation of carbon dioxide clathrate hydrate in the presence of fructose or glucose and absence of sugars under freezer conditions

    大村 亮

    JOURNAL OF INDUSTRIAL AND ENGINEERING CHEMISTRY 54   332 - 340 2017年10月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  1226-086X

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 二酸化炭素分離に適したクラスレートハイドレートの探索と物性測定

    大村 亮

    化学工学会第46回秋季大会, 2014年09月, 口頭(招待・特別), 公益社団法人 化学工学会

  • Crystallographic structure and thermodynamic stability of clathrate hydrates formed with halogen-containing guests

    Ryo Ohmura

    2012 "Natural Gas Hydrate Systems" Gordon Research Conference (Ventura, CA) , 2012年03月, 口頭(招待・特別)

  • Crystal growth of clathrate hydrates in hydrophobic-guest fluid + liquid-water systems

    Ohmura Ryo

    ACS 241st National Meeting (Anaheim, CA, USA) , 2011年03月, 口頭(招待・特別), American Chemical Society

  • Understanding thermodynamics of clathrate hydrates toward energy/environment technology innovations

    大村 亮

    21st IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics Conference (ICCT-2010) (Tsukuba) , 2010年08月, 口頭(招待・特別), IUPAC

  • Thermodynamic Simulations of Isobaric Hydrate Forming Operations for Natural Gas Storage

    Naotaka Imura, Hiroyuki Ogawa, Tatsuya Miyoshi, Ryo Ohmura and Yasuhiko H. Mori

    6th International Conference on Gas Hydrates (ICGH 2008) (Vancouver) , 2008年07月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 海水と炭酸ガスの炭酸塩晶析反応に関する基礎研究

    2007年07月
    -
    2008年03月

    受託研究費, 受託研究, 

  • クラスレート水和物の結晶モルフォロジー多様性の解明

    2007年04月
    -
    2008年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

  • シクロペンタンハイドレートの生成特性の解明

    2006年10月
    -
    2007年03月

    東京電力株式会社, 共同研究費, 共同研究契約, 

  • クラスレート水和物の結晶構造多様性を利用した省エネルギー天然ガス貯蔵・輸送技術に関する研究

    2005年10月
    -
    2006年09月

    NEDO, 産業技術研究助成事業, 補助金, 

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 構造Hクラスレート水和物の生成方法

    特開: 特開2003-3181   

    特許, 単独, 国内出願

  • 気体の分離剤及び気体を分離濃縮するための方法と装置

    特開: 特開2003-138281   

    特許, 単独, 国内出願

  • 不凍タンパク質を用いた包接化合物の生成制御法

    特開: 特開2005-89353   

    特許, 単独, 国内出願

  • トレハロースを用いた包接化合物の生成制御法

    特開: 特開2005-89331   

    特許, 単独, 国内出願

  • 新規構造H水和物

    特開: 特願2004-355852   

    特許, 共同, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会奨励賞(研究)

    大村 亮, 2004年04月, 日本機械学会, クラスレートハイドレートに関する熱工学的研究

    受賞国: 日本

  • 日本機械学会奨励賞(研究)

    大村 亮, 2004年04月, クラスレートハイドレートに関する熱工学的研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業研究

    2020年度

  • 図形情報処理

    2020年度

  • 熱工学

    2020年度

  • 分子結晶の物理化学

    2020年度

  • 熱力学の基礎

    2020年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • ガスハイドレート産業創出イノベーション

    2006年09月
    -
    継続中

     概要を見る

    産業技術総合研究所が主催する研究会の会員.産総研,民間企業,大学から会員を集め,ハイドレート利用技術の事業化へ向けた取り組みを進める.

  • 天然ガスハイドレート製造利用システム実証特別委員会

    2006年08月
    -
    2008年03月

     概要を見る

    上記委員会はNEDOから三井造船(株)と中国電力(株)への委託事業におけるプロジェクトリーダーの諮問機関という位置づけ

  • NEDO平成17年度「天然ガスハイドレート技術の国内市場への適用可能性調査」検討委員会

    2005年04月
    -
    2005年07月

     概要を見る

    NEDOから(財)エネルギー総合工学研究所への委託研究の検討委員会委員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会, 

    2011年04月
    -
    継続中
  • 日本機械学会 メカライフ編集委員会, 

    2007年04月
    -
    2008年03月
  • 日本機械学会熱工学部門 広報委員, 

    2005年04月
    -
    2006年03月

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    第89期熱工学部門運営委員, 日本機械学会

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    委員, 日本機械学会 メカライフ編集委員会

  • 2006年09月
    -
    継続中

    会員, ガスハイドレート産業創出イノベーション

     特記事項を見る

    産業技術総合研究所が主催する研究会の会員.産総研,民間企業,大学から会員を集め,ハイドレート利用技術の事業化へ向けた取り組みを進める.

  • 2006年08月
    -
    2008年03月

    委員, 天然ガスハイドレート製造利用システム実証特別委員会

     特記事項を見る

    上記委員会はNEDOから三井造船(株)と中国電力(株)への委託事業におけるプロジェクトリーダーの諮問機関という位置づけ

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    委員, 日本機械学会熱工学部門 広報委員

全件表示 >>