粂田 文 (クメダ アヤ)

KUMEDA Aya

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 外国語・総合教育教室 (日吉)

職名

准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1996年03月

    上智大学, 文学部, ドイツ文学科

    大学, 卒業

  • 1996年04月
    -
    1999年03月

    上智大学, 文学研究科, ドイツ文学専攻

    大学院, 修了, 博士前期

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    上智大学, 文学研究科, ドイツ文学専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学), 上智大学, 2013年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 (20世紀・現代ドイツ文学)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ハンナ・アーレント:〈世界への愛〉への物語

    エリザベス・ヤング=ブルーエル(著)矢野久美子、橋爪大樹、粂田 文(分担訳), みすず書房, 2021年03月

    担当範囲: 第3章、第4章

  • 『デーブリーンの黙示録』

    粂田 文, 鳥影社, 2017年02月

  • Christian Zemsauer, Leopold Schlöndorff, Nakai Sanayuki (Hg.): Möglichkeiten und Querschläge: Erkenntnis durch Erzählung. Ein Tagungsband

    KUMEDA AYA, Präsens Verlag, Wien, 2016年04月

    担当範囲: „Guten Tag, Herr Doktor.“ : Alfred Döblins autobiographische Schrift Erster Rückblick. Erzählen als „Querschläger“, S. 124-136

  • アルフレート・デーブリーン短編集成『たんぽぽ殺し』

    粂田 文 / 山本浩司(分担訳), 河出書房新社, 2016年02月

論文 【 表示 / 非表示

  • Avifauna auf den Trümmern : Eine Naturgeschichte der Zerstörung in Marcel Beyers Kaltenburg

    Aya Kumeda

    『慶應義塾大学日吉紀要ドイツ語学・ 文学』  ( 59 ) 39 - 55 2019年10月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • 歴史叙述の物語(1)ーA・デーブリーンの歴史小説論とその実践

    粂田 文

    『慶應義塾大学日吉紀要ドイツ語学・文学』  ( 58 ) 75 - 91 2019年03月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • „Am Anfang war die Sonne.“ Eine postapokalyptische Landschaft in Christoph Ransmayrs Strahlender Untergang

    Aya Kumeda

    『慶應義塾大学日吉紀要ドイツ語学・文学』  ( 53 ) 103 - 118 2016年03月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • Zur Verfilmbarkeit eines „unreinen“ Romans―Alfred Döblins Berlin Alexanderplatz und R. W. Fassbinder

    Aya Kumeda

    Neue Beiträge zur Germanistik (JGG)  13 ( 1 ) 49 - 62 2014年11月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • カタストロフィは細部に宿る:デーブリーン『November 1918』におけるテクストの錯乱

    粂田 文

    『ドイツ文学』 (日本独文学会)   ( 128 ) 41 - 55 2014年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 老ロビンソンの祈り 

    粂田 文

    図書新聞  ( 3420 )  2019年10月

    書評論文,書評,文献紹介等, 単著

     概要を見る

    アルフレート・デーブリーン『運命の旅』(長谷川純訳, 河出書房新社)書評

  • ドイツ11月革命100周年に寄せて

    粂田 文

    『フェリス女学院大学学内共同研究「ポピュリズムとアート」』 (フェリス女学院大学)     125 - 129 2019年03月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要), 単著

     概要を見る

    エッセイ

  • Torsten Hahn: Fluchtlinien des Politischen―Das Ende des Staates bei Alfred Döblin

    粂田 文

    日本独文学会『ドイツ文学』  ( 125 ) 146 - 146 2005年10月

    書評論文,書評,文献紹介等, 単著

     概要を見る

    新刊紹介

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ダニエル・ケールマンの歴史小説について—『Tyll』を中心に

    第75回ドイツ現代文学ゼミナール, 

    2021年03月

  • "Sonntag, der 10. November 1918" デーブリーンとエルザス=ロートリンゲンー『市民と兵士たち』を手がかりに

    粂田 文

    上智大学ドイツ文学会, 

    2018年11月

    上智大学ドイツ文学会

  • Poetologie der Wüste – Eine Sprache für die abtretende Menschheit in Ransmayrs Strahlender Untergang

    Aya Kumeda

    オーストリア現代文学ゼミナール (Sakaya, Nozawa Onsem, Nagano) , 

    2015年10月

    口頭発表(一般), オーストリア現代文学ゼミナール

  • Das Inkommensurable in Marcel Beyers Kaltenburg

    Aya Kumeda

    XIII. Kongress der Internationalen Vereinigung für Germanistik Shanghai, 2015 (Shanghai) , 

    2015年08月

    Internationale Vereinigung für Germanistik (IVG)

  • „Guten Tag, Herr Doktor.“: Alfred Döblins autobiographische Schrift Erster Rückblick

    Aya Kumeda

    2014 Sophia-Symposium: Erkenntnis durch Erzählung (Tokyo) , 

    2014年10月

    Sophia Universität

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 抵抗のヒストリオグラフィー:現代ドイツ文学における歴史小説の諸相

    2020年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 粂田 文, 若手研究, 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第13回日本独文学会学会賞(日本語論文部門 )

    2016年05月, 日本独文学会

  • 第47回ドイツ語学文学振興会奨励賞

    2007年

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ドイツ語インテンシブ2

    2021年度

  • ドイツ語インテンシブ1

    2021年度

  • ドイツ語4

    2021年度

  • ドイツ語3

    2021年度

  • ドイツ語2

    2021年度

全件表示 >>