小川 愛実 (オガワ アミ)

Ogawa, Ami

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 システムデザイン工学科 (矢上)

職名

専任講師

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 特別研究員 (DC2)

  • 2019年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 助教

  • 2022年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, システムデザイン工学科

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 前期博士課程

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 後期博士課程

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of the area of a lithium niobate transducer on the efficiency of ultrasonic atomization driven by resonance vibration

    Yoshioka K., Kurashina Y., Ogawa A., Asakura T.

    Ultrasonics Sonochemistry (Ultrasonics Sonochemistry)  86   106019 2022年05月

    ISSN  13504177

     概要を見る

    In recent years, individual control of one's personal environment has been drawing increasing attention due to the growing interest in health care. Wearable devices are especially useful because of their controllability regardless of location. Humidity is one of the inevitable factors in the personal environment as a preventive against infectious diseases. Although atomization devices are commonly used as a method of humidity control, at present, there are no wearable humidity control devices. Vibration of a lithium niobate (LN) device in the thickness mode is a promising piezoelectric method for miniaturization of atomization devices for humidity control. To miniaturize the atomization device, the transducer size needs to be small not so much as to decrease the atomization efficiency. However, the effect of the device area on the atomization efficiency of LN at a size suitable for mounting in wearable devices has not been studied. Here, we conducted an atomization demonstration of LN devices with different sizes to evaluate particle size and atomization efficiency. Furthermore, to reveal the relationship between vibration behavior and atomization efficiency, resonance vibration in the MHz frequency band was evaluated by the finite element method and an impedance analyzer. The results showed that the peak size of water particles atomized by each device was in the range of 3.2 to 4.2 µm, which is smaller than particles produced by typical piezoelectric ceramics. Moreover, the best LN size for efficient atomization was found to be 8 mm × 10 mm among the five LN device sizes used in experiments. From the relationship between vibration behavior and atomization efficiency, the size of the transducer was suggested to affect the vibration mode. The obtained result suggested that the LN device is suitable for small wearable nebulizer devices.

  • PREDICTION OF WALKING TURNS FOCUSING ON THE CENTER OF GRAVITY

    Sugimoto N., Ogawa A., Mita A.

    AIJ Journal of Technology and Design (AIJ Journal of Technology and Design)  28 ( 68 ) 510 - 514 2022年02月

    ISSN  13419463

     概要を見る

    This study revealed proper parameters to predict walking turns to-support the residents as a built environment function. We used a non contact sensor that did not disturb everyday life and aimed to extract highly versatile prediction parameters by considering the movement strategy and the rotation direction. After carefully examining the prediction accuracy for the center-of-gravity shift and the head and upper body rotation parameters, we found the position of the head’s center-of-gravity (Left-Right) and the head rotation (Yaw) were valuable indicators. The time needed for prediction was between 0.18 to 0.48 steps with a prediction accuracy of 70%.

  • 重心に着目した歩行中の方向転換動作の予測

    杉本寧々, 小川愛実, 三田彰

    日本建築学会技術報告集 28 (68), 510-514 2022年

  • 主成分分析を用いた居住空間における立ち上がり動作の包括的分析

    原口直大, 小川愛実, 三田彰

    日本建築学会環境系論文集 87 (794), 282-290 2022年

  • A COMPREHENSIVE ANALYSIS OF SIT-TO-STAND MOVEMENT IN A LIVING SPACE INVOLVING PRINCIPAL COMPONENT ANALYSIS

    Haraguchi N., Ogawa A., Mita A.

    Journal of Environmental Engineering (Japan) (Journal of Environmental Engineering (Japan))  87 ( 794 ) 282 - 290 2022年

    ISSN  13480685

     概要を見る

    The analysis of Sit-to-Stand (STS) movement can lead to the early detection of a decline in physical functioning. The present study clarified the differences between age groups in common STS movements of daily life. We measured the three patterns of STS movement assumed to be performed in living spaces. Principal component analysis was applied to the overall time series data. From the synthesized principal component space, principal components with significant differences between the elderly and young adults were extracted, and the movement strategies of elderly participants were revealed.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 人・居住環境間の力学的インタラクションのモデル化による空間の歩行支援性能評価

    2022年04月
    -
    2025年03月

    科学研究費助成事業, 小川 愛実, 若手研究, 未設定

  • 見守りインフィルを用いた居住空間内での日常生活動作に対する環境・身体要因の解明

    2020年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小川 愛実, 若手研究, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本研究では、運動器疾患罹患者もしくは予備軍を主な対象とし、動作計測システム、環境設置型の環境センサおよび時計型のウェアラブルセンサから構成される見守りインフィルを住宅内に導入することで、日常生活中の動作計測と動的な環境情報および身体情報の取得を長期にわたり実施する。医師による定期的な診断結果より得られる真の身体機能レベルを用いて、環境要因および身体要因の変動と、取得される動作パラメタの変化からそれらの要因が動作に与える影響を定量化する。これにより将来的に定期的な医師による診断を受けずに、見守りインフィルのみから真の身体機能レベルを推定することが期待される。

  • 運動器疾患の発症危険性評価のための精神状態を考慮した歩行t軸推移モデルの構築

    2017年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 小川 愛実, 特別研究員奨励費, 未設定

     研究概要を見る

    本研究は住宅内に導入可能な歩行情報取得システムを構築し、これを用いて居住者の運動器疾患の発症危険性検知が可能な歩行t軸(時間軸)推移モデルを構築することを目的とした。提案システムの居住空間への導入可能性の検証、および運動器疾患の早期診断に役立つ指標の開発を達成した。提案システムはRGB-Dセンサ搭載ロボットを用いて対象者の下肢関節座標および角度を推定する。ロボットが対象者から一定距離を保つことで、距離の制限のないデータ取得が可能である。階段歩行では、センサを階段下と階段上に設置し同システムを適用する。搭載センサで取得した対象者の後ろ姿の深度データ(距離データ)を用いて歩行情報を推定する。
    提案システムの精度を直線歩行と階段歩行において検証したところ、従来手法よりも高精度で推定が可能であった。居住空間内での試用実験では、方向転換時など片足が死角に入る場合を除いて歩行情報推定が概ね可能であった。被験者が歩行した全経路のうちデータ取得可能であった区間は平均54 %であったことから、日常的にシステムを運用させた場合に従来の歩行テストと比較して十分なサンプル数が得られると考察される。
    運動器疾患として特に高齢者に罹患者の多い変形性膝関節症(膝OA)を取り上げ、地域在住高齢者を対象とした計測会において提案システムによる階段歩行計測を実施した。取得データから膝関節の空間上の軌跡を用いた独自のパラメタを算出したところ、膝関節部のレントゲン画像を用いた理学療法士による膝OAの5段階診断結果と相関が認められ、膝OAリスク評価指標の新たな提案と位置付けられた。
    膝OAは膝関節の変形と疼痛が徐々に進行するため、自覚症状が出る頃には既に介入が手遅れと言われる。本研究では提案システムを用いた膝OAの早期発見の可能性を示唆した。提案システムの活用により運動器疾患の早期発見による健康寿命の延伸が期待される。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学女性未来賞

    2019年03月, 一般社団法人日本機械学会

  • 2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会 環境工学部門 若手優秀発表賞

    2017年11月, 日本建築学会

  • 2016年度日本建築学会大会(九州)学術講演会 情報システム技術部門 若手優秀発表賞

    2016年09月, 日本建築学会

  • 日本機械学会畠山賞

    2014年03月, 一般社団法人日本機械学会

  • 義塾賞

    2014年03月, 慶應義塾大学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 空間・環境デザイン工学特別講義第1

    2022年度

  • 空間構造力学

    2022年度

  • システムデザイン工学輪講

    2022年度

  • 大規模環境システム構築法

    2022年度

  • システムデザイン工学実験第1

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生体医工学会, 

    2019年04月
    -
    継続中
  • 計測自動制御学会, 

    2019年04月
    -
    継続中
  • 日本機械学会, 

    2018年10月
    -
    継続中
  • 日本建築学会, 

    2014年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    2021年03月

    関東支部 第27期総会・講演会実行委員会, 日本機械学会

  • 2019年07月
    -
    2019年09月

    LIFE2019 実行委員会, 日本機械学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    サスティナブル情報デザイン小委員会, 日本建築学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    システム・情報部門 コンピューテーショナル・インテリジェンス部会, 計測自動制御学会