ミントン, ティモシィ (ミントン, ティモシィ)

Minton, Timothy

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 (日吉)

職名

教授

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 日本医学英語教育学会 理事 The Journal of Medical English Education 編集長 日本医学英語教育学会第19回学術集会 会長 (2016年) 剣橋牛津会 主席幹事 日英協会 専務理事 東京倶楽部 常務理事 日本英語交流連盟 理事

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 日本人の英語習熟を妨げる文法上・意味論上の誤謬とその原因を実践的に探究。特に、医学論文執筆や研究発表における英語用法と医学英語教育に特有の問題点について、日本医学英語教育学会員の協力を得て研究中。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1991年03月

    日本医科大学, 英語教室, 専任講師

  • 1991年04月
    -
    2012年03月

    日本医科大学, 英語教室, 准教授

  • 2012年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部, 英語(日吉), 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1977年10月
    -
    1984年01月

    Cambridge 大学 St John’s College

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • Master of Arts, University of Cambridge, 1984年01月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 英語学

  • 人文・社会 / 外国語教育

  • 人文・社会 / 教育学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Misconceptions, grammar, semantics, teaching/learning methods, English for Specific Purposes (medical English)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • CNN English Express 特集 知らないと大ケガ 誰も教えてくれなかった英語の“リアル”丁寧表現

    ミントン  D ティモシィ, 株式会社  朝日出版社, 2018年01月

    担当範囲: 平成30年1月号 pp 41 – 49

  • 総合医学英語テキスト Step 2

    株式会社メジカルビュー社, 2017年10月

    担当範囲: 1 – 181

  • リハビリテーションの基礎英語(第3版)

    清水雅子, 株式会社メジカルビュー社, 2017年04月

    担当範囲: 1 - 159

  • 総合医学英語テキスト Step 1

    株式会社メジカルビュー社, 2016年07月

    担当範囲: 1 – 159

  • 医師のための 即効!英会話フレーズ 国際学会編

    伊達 勲, 株式会社メジカルビュー社, 2015年03月

    担当範囲: 1 - 163

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A novel textbook based on JASMEE's medical English educational guidelines

    Masahito Hitosugi, ミントン  D ティモシィ, et al.

    Journal of Medical English Education (メジカルビュー社)  15 ( 3 ) 88 - 89 2016年10月

    共著, 査読有り

  • In defense of the passive voice in medical writing

    Minton Timothy D.

    Keio Journal of Medicine 64 ( 1 ) 1 - 10 2015年03月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著, 査読有り,  ISSN  0022-9717

     概要を見る

    <p>Few medical journals specifically instruct authors to use the active voice and avoid the passive voice, but advice to that effect is common in the large number of stylebooks and blogs aimed at medical and scientific writers. Such advice typically revolves around arguments that the passive voice is less clear, less direct, and less concise than the active voice, that it conceals the identity of the person(s) performing the action(s) described, that it obscures meaning, that it is pompous, and that the high rate of passivevoice usage in scientific writing is a result of conformity to an established and old-fashioned style of writing. Some of these arguments are valid with respect to specific examples of passive-voice misuse by some medical (and other) writers, but as arguments for avoiding passive-voice use in general, they are seriously flawed. In addition, many of the examples that stylebook writers give of inappropriate use are actually much more appropriate in certain contexts than the active-voice alternatives they provide. In this review, I examine the advice offered by anti-passive writers, along with some of their examples of “inappropriate” use, and argue that the key factor in voice selection is sentence word order as determined by the natural tendency in English for the topic of discourse (“old” information) to take subject position and for “new” information to come later. Authors who submit to this natural tendency will not have to worry much about voice selection, because it will usually be automatic.</p>

  • Matching Bring and Take with Come and Go in Terms of Direction of Movement: Should Inconsistencies in Native-speaker Usage Be of Concern to Learners of English as a Foreign Language?

    ミントン D ティモシィ

    Bull. Lib. Arts & Sci. Nippon Med. Sch.  ( 41 ) 1 - 25 2012年09月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • Deficiencies in Japanese University Students’ Knowledge of Polite English Request Patterns

    ミントン D ティモシィ

    Bull. Lib. Arts & Sci. Nippon Med. Sch.  ( 40 ) 1 - 14 2011年05月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Writing Tips: Basic Formatting

    ミントン D ティモシィ

    Journal of Medical English Education 13 ( 3 ) 90 - 91 2014年10月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • Quantifiers and subject-verb agreement

    ミントン D ティモシィ

    Journal of Medical English Education 12 ( 3 ) 98 - 99 2013年10月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • Review of "How to Write, Publish, & Present in the Health Sciences", by Thomas A. Lang (American College of Physicians)

    ミントン D ティモシィ

    Journal of Medical English Education 9 ( 1 ) 53 - 53 2010年01月

    書評論文,書評,文献紹介等, 単著

  • TOEFL ITP導入とその効果

    西川純恵、ミントン D ティモシィ(/)-#HR

    日本医科大学基礎科学紀要  ( 40 ) 67 - 79 2009年12月

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 英語による発表・プレゼンテーションのコツ

    ミントン  D ティモシィ

    国立神経・神経医療研究センタ:医学英語論文ライティング講座 (〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1、国立神経・神経医療研究センタ) , 

    2018年10月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 国立神経・神経医療研究センタ

  • Medical Paper Writing, Hands-on Seminar

    ミントン  D ティモシィ

    国立神経・神経医療研究センタ:医学英語論文ライティング講座 (〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1、国立神経・神経医療研究センタ) , 

    2018年01月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 国立神経・神経医療研究センタ

  • The passive voice and other common problems

    ミントン  D ティモシィ

    国立神経・神経医療研究センタ:医学英語論文ライティング講座 (〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1、国立神経・神経医療研究センタ) , 

    2017年11月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 国立神経・神経医療研究センタ

  • Aspects of English grammar and usage that puzzle high school English teachers

    ミントン  D ティモシィ

    中学高等学校向けセミナー Developing Essential Skills (つくば国際会議場) , 

    2017年10月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, オックスフォード大学出版局&数研出版 

  • Aspects of English grammar and usage that puzzle high school English teachers

    ミントン  D ティモシィ

    中学高等学校向けセミナー Developing Essential Skills (東京都 新宿喜楓ビル) , 

    2017年10月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, オックスフォード大学出版局&数研出版 

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語Ⅳ

    2022年度

  • 英語Ⅲ

    2022年度

  • 英語Ⅱ

    2022年度

  • 英語Ⅰ

    2022年度

  • 英語Ⅳ

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語I・英語II再履修

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    通年, 実習・実験, 専任

  • 英語IV

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 114人

    医学英語

  • 英語II

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 114人

    医学英語

  • 英語IV

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 60時間

    Medical English

  • 英語II

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 60時間

    Medical English

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学教育学会, 

    2012年07月
    -
    継続中
  • 日本英語交流連盟, 

    2011年06月
    -
    継続中
  • 日本医学英語教育学会, 

    1998年07月
    -
    継続中
  • 大学英語教育学会, 

    1984年04月
    -
    継続中
  • 日本アジア協会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年02月
    -
    継続中

    Secretary, The Tokyo Club

  • 2016年07月

    President of The 19th JASMEE Academic Meeting, Japan Society for Medical English Education (JASMEE)

  • 2016年06月
    -
    継続中

    Executive Director, The Japan-British Society

  • 2015年02月
    -
    継続中

    Member of the Board of Directors, The Tokyo Club

  • 2014年06月
    -
    継続中

    Member of the Board, The Japan-British Society

全件表示 >>