梶村 眞弓 (カジムラ マユミ)

Kajimura, Mayumi

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 (日吉)

職名

教授

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • My research focuses on how various gaseous molecules such as molecular hydrogen (H2), molecular oxygen (O2), NO, H2S, CO2 and CO are sensed in our body. We are particularly interested in the interaction between gaseous molecules and their receptor proteins, gas-sensing proteins and how these gaseous molecules modulate vascular tone in various organs. While the NO signaling has been well-defined, the CO signaling requires further investigation with respect to identifying receptor molecules and their downstream effectors. Like NO, CO has an ability to bind to the ferrous heme of a variety of proteins with high affinity; thus, it is capable of either stimulating or inhibiting catalytic activities of heme proteins. Thus in current studies we are investigating the possibility that CO targets for proteins containing prosthetic heme and by altering their activity it controls the CNS function. We use both in vivo and in vitro systems in parallel to compensate inherent weakness of each model. This requires developing techniques which range from molecular biology, cell biology, protein biochemistry, and single vessel studies to whole animals.

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年11月
    -
    1999年09月

    Imperial College School of Medicine, London, UK, Section of Cellular & Integrative Biology, Division of Biomedical Sciences, Postdoctoral Researcher (Wellcome trust fellow)

  • 1999年10月
    -
    1999年11月

    慶應義塾大学, 医学部・医化学, 共同研究員

  • 1999年12月
    -
    2006年09月

    慶應義塾大学, 医学部・医化学, 助手

  • 2006年10月
    -
    2008年12月

    慶應義塾大学, 医学部・医化学, 専任講師 (学部内)

  • 2009年01月
    -
    2012年09月

    慶應義塾大学, 医学部・医化学, 専任講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年10月
    -
    1995年12月

    カリフォルニア大学ディビス校, 医学研究科, 生理学系

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Philosophy in Physiology, University of California, Davis (Davis, CA, USA), 1995年12月

    The Role of Endothelial Cell-to-Extracellular Matrix Interactions to Modulate Microvessel Permeability after Hypertonic Stress in Single Perfused Microvessels

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般 (General Medical Chemistry)

  • 病態医化学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Vascular Biology

  • Gaseous mediator

  • Stroke

  • Cerebral metabolism

  • Neuro-vascular coupling

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • The role of gaseous mediators in the regulation of vascular functions and neural function in the central nervous system, 

    1999年10月
    -
    継続中

     研究概要を見る

    My research focuses on how various gaseous molecules such as molecular oxygen (O2), NO, H2S, CO2 and CO are sensed in our body. We are particularly interested in the interaction between gaseous molecules and their receptor proteins, gas-sensing proteins and how these gaseous molecules modulate vascular tone in various organs. While the NO signaling has been well-defined, the CO signaling requires further investigation with respect to identifying receptor molecules and their downstream effectors. Like NO, CO has an ability to bind to the ferrous heme of a variety of proteins with high affinity; thus, it is capable of either stimulating or inhibiting catalytic activities of heme proteins. Thus in current studies we are investigating the possibility that CO targets for proteins containing prosthetic heme and by altering their activity it controls the CNS function. We use both in vivo and in vitro systems in parallel to compensate inherent weakness of each model. This requires developing techniques which range from molecular biology, cell biology, protein biochemistry, and single vessel studies to whole animals.

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Interactions of multiple gas-transducing systems: hallmarks and uncertainties of CO, NO, and H2S gas biology

    M. Kajimura, R. Fukuda, R. M. Bateman, T. Yamamoto and M. Suematsu

    Antioxid Redox Signal 13 ( 2 ) 157 - 192 2010年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Paradoxical ATP elevation in ischemic penumbra revealed by quantitative imaging mass spectrometry

    K. Hattori, M. Kajimura, T. Hishiki, T. Nakanishi, A. Kubo, Y. Nagahata, M. Ohmura, A. Yachie-Kinoshita, T. Matsuura, T. Morikawa, T. Nakamura, M. Setou and M. Suematsu

    Antioxid Redox Signal 13 ( 8 ) 1157 - 1167 2010年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Hypoxic regulation of the cerebral microcirculation is mediated by a carbon monoxide-sensitive hydrogen sulfide pathway

    T. Morikawa, M. Kajimura, T. Nakamura, T. Hishiki, T. Nakanishi, Y. Yukutake, Y. Nagahata, M. Ishikawa, K. Hattori, T. Takenouchi, T. Takahashi, I. Ishii, K. Matsubara, Y. Kabe, S. Uchiyama, E. Nagata, M. M. Gadalla, S. H. Snyder and M. Suematsu

    Proc Natl Acad Sci U S A 109 ( 4 ) 1293 - 1298 2012年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Large-area surface-enhanced Raman spectroscopy imaging of brain ischemia by gold nanoparticles grown on random nanoarrays of transparent boehmite

    S. Yamazoe, M. Naya, M. Shiota, T. Morikawa, A. Kubo, T. Tani, T. Hishiki, T. Horiuchi, M. Suematsu and M. Kajimura

    ACS Nano 8 ( 6 ) 5622 - 5632 2014年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Therapeutic hypothermia achieves neuroprotection via a decrease in acetylcholine with a concurrent increase in carnitine in the neonatal hypoxia-ischemia

    T. Takenouchi, Y. Sugiura, T. Morikawa, T. Nakanishi, Y. Nagahata, T. Sugioka, K. Honda, A. Kubo, T. Hishiki, T. Matsuura, T. Hoshino, T. Takahashi, M. Suematsu and M. Kajimura

    J Cereb Blood Flow Metab 35 ( 5 ) 794 - 805 2015年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著,  ISSN  1559-7016

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Oxidative stress in no-mediated signaling in experimental diabetic retinopathy

    Schaefer Silke, Kajimura Mayumi, Hanawa Toshihiko, Suematsu Makoto, Watanabe Kenji

    World Congress of Internal Medicine, 2002年05月, ポスター(一般)

  • Oxidative stress in experimental diabetic retinopathy

    Schaefer Silke, Kajimura Mayumi, Kashiba Misato, Watanabe Kenji, Uchida Kouji, Suematsu Makoto

    第72回日本生化学学会大会 (2001), 2001年11月

  • 脳微小循環調節機構における一酸化炭素の役割

    石川真実,関塚永一,梶村眞弓,山口則之,寺尾聡,河瀬斌,末松誠

    第26回日本微小循環学会, 2001年02月

  • Roles of endogenous carbon monoxide in regulation of soluble guanylate cyclase-mediated nitric oxide sensing for neural transmission in rat retina

    Kajimura Mayumi, Tsuyama Shingo, Ishimura Yuzuru, Suematsu Makoto

    日本微小循環学会, 2001年02月

  • NO,COによる可溶性グアニル酸シクラーゼ活性化の可視化

    末松誠,梶村真弓,津山伸吾,石村巽

    日本組織細胞化学会シンポジウム「活性酸素の視覚化」, 2000年12月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 水素ガスによる虚血脳エネルギー代謝代償機転の分子機構の解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 梶村 眞弓, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • ガス分子依存性脳血流代謝カップリング機構の解明:代謝解剖学的アプローチを用いて

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 梶村 眞弓, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • JST戦略的創造研究推進事業 ERATO国際化活動支援

    2015年07月
    -
    継続中

    日本科学技術機構, 戦略的創造研究推進事業, その他,  代表

  • 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 二国間学術交流集会開催助成

    2015年06月
    -
    継続中

    その他,  代表

  • 定量的質量イメージング技術とオミクス解析技術を用いたがんおよび感染症の包括的解明と医学応用

    2015年04月
    -
    2017年03月

    島津製作所, 委託研究費, 共同研究契約,  代表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • August Krogh Young Investigator Award

    2004年04月, Microcirculatory Society (USA)

  • Selected for the 50th Anniversary Historical Poster

    2004年04月, American Physiology Society/The Microcirculatory Society

  • International Fellowship

    1993年10月, American Association of University Women

  • Regents Fellowship

    1992年10月, University of California

  • August Krogh Young Investigator Award

    1998年04月, The Microcirculatory Society (USA)

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生物学実験

    2019年度

  • 生物学Ⅰ

    2019年度

  • 生物学

    2019年度

  • 医化学

    2019年度

  • 生物学特論

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生理学実習インストラクター

    カリフォルニア大学デイビス校, 2018年度

  • 神経生理学実習インストラクター 理学部4年

    カリフォルニア大学デイビス校 大学院修士課程, 2018年度

  • 理学部4年

    看護短期大学1年, 2018年度

  • 生化学セミナー

    慶應義塾大学医学部2年, 2018年度

  • 医化学実習コーディネーター

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会, 

    2000年01月
    -
    継続中
  • The American Physiological Society, 

    1999年01月
    -
    継続中
  • 日本微小循環学会, 

    1998年02月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    2016年03月

    学務委員会委員, 慶應義塾大学医学部

  • 2011年10月
    -
    2015年09月

    自主学習委員会委員, 慶應義塾大学医学部

  • 2011年04月
    -
    2015年09月

    国際センター学生交換・在外研修委員会委員, 慶應義塾大学

  • 2010年02月
    -
    継続中

    国際交流委員長, 日本微小循環学会

     特記事項を見る

    Secretary General, The 10th World Congress for Microcirculation (2015, kyoto)

  • 2009年04月
    -
    2015年03月

    動物実験運営委員会委員, 慶應義塾大学医学部

全件表示 >>